対象のsslサーバー証明書. ※ ワイルドカード証明書は、さくらのレンタルサーバサービスおよびさくらのマネージドサーバサービスにはご利用いただけません。あらかじめご了承ください。 ワイルドカード証明書とは? 常時ssl化に最適!複数サイトもこれ1枚で楽々管理.

全てのサブドメインに暗号化が適用されるため、複数のサブドメインを利用してWebサイトを運営しているお客様におすすめです。低コストでWebサイト全体にSSLサーバー証明書を導入することが可能です。, 「.jp」の サービスで培った経験から高い信頼性を実現しています。コストだけでなく信頼性も重視したいというお客様にオススメです。, サイトシールは、サーバー証明書による認証を受けた信頼性の高いWebサイトの証。特に、電子商取引(EC)や、個人情報の入力などを必要とするWebサイトに掲載することで、訪問者へ信頼性をアピールできます。サイトシールをクリックすると表示されるサーバー証明書の詳細情報は、日本語と英語の2言語に対応しています。, JPRSのワイルドカード証明書は、費用を抑えながらサブドメインにも設定いただける証明書のため、サイト全体をHTTPS化する「常時SSL化」にも適しています。, 複数のサブドメインをSSL化する場合、通常の証明書であればサブドメインの数だけ証明書が必要になります。ワイルドカード証明書は、同一階層のサブドメインを1枚の証明書でまとめてSSL化できる便利な証明書です。例えば、弊社サイトのようにwww.sakura.ad.jp、vps.sakura.ad.jp、cloud.sakura.ad.jpといった複数のサブドメインを1枚の証明書※でSSL化することができます。

 ご連絡の状況は以下のとおりです。 全体の流れは以下の通りです。 このため、以下の中間CA証明書から発行されたSSLサーバー証明書は再発行手続きを行わない場合、失効処理の実施以降、Webサイトの閲覧ができなくなります。, 2019年8月1日から2020年7月28日の間に発行された以下のSSLサーバー証明書で、失効処理期日より後に有効期間終了を迎えるもの, 2020年8月13日以前に発行された以下のSSLサーバー証明書で、失効処理期日より後に有効期間終了を迎えるもの, ※対象のSSLサーバー証明書を購入されたお客様へはメールにて順次ご連絡いたします。 jprsドメイン認証型; jprsドメイン認証型ワイルドカード; jprs組織認証型; jprs組織認証型ワイルドカード

常時SSL/TLSとはウェブサイトの全てのページをHTTPS化(SSL/TLS暗号化)するセキュリティ手法です。, Encryption Everywhere powered by DigiCert は、小規模企業の経営者向けにセキュリティソリューションを提供できるターンキーパートナーシッププログラムです。小規模企業の経営者の場合、現時点でセキュリティ対策をまったく導入しておらず、その危険性も認識していないこともあります。, PartnerLink は、デジサート専用の包括的なオンラインツールです。デジサート ウェブサイトセキュリティソリューションの販売、管理、サポートに必要なすべての情報に 1 カ所からアクセスできるようになりました。, ワイルドカードSSLサーバ証明書を用いると、同一ドメインに属する複数のサブドメインサイトを1枚の証明書で管理・運用できます。 デジサートのワイルドカードSSLサーバ証明書は、SSL/TLS暗号化機能に加え、ノートンシールやマルウェアスキャンなどのセキュリティ機能が無料で付帯されます。, ワイルドカードSSLサーバ証明書とは、同一ドメイン内であれば複数のサブドメインサイトを1枚のSSLサーバ証明書ですべて保護できるタイプ の証明書です。, ワイルドカードSSLサーバ証明書を利用すると、1つのSSLサーバ証明書で複数のサブドメインサイトを保護できることから、SSLサーバ証明書の インストール作業負荷が軽減されるほか、SSLサーバ証明書の有効期限管理も容易になります。

手続きの流れやオンラインサインアップへのリンクはご連絡するメールに記載されています。, 弊社よりご連絡している以下件名のメールに返信する形で、弊社カスタマーサポートまでご連絡をお願いいたします。, 主要ブラウザである、Google Chrome、Mozilla Firefox、Apple Safari ではセキュリティを強化する目的で2020年9月1日以降、SSLサーバー証明書の最大有効期間は398日であるべきで、それより長い期間を持つSSLサーバー証明書はこれらのブラウザで利用できないという発表を相次いで行いました。, このため全ての認証局において、2020年9月1日以降に発行するSSLサーバー証明書の最大有効期間は397日(※)となりました。 ちなみに、ラピッドsslのひとつ上のランクは「ドメイン認証型ワイルドカード」で、年間16,500円とちょっと高すぎ。認証レベルは同じで信頼性がちょっと違うだけです。 ラピッドssl 申し込みから設定完了まで. ※コモンネームを「*.sakura.ad.jp」で申請した場合, 証明書を購入した後にサブドメインが増えた場合でも、ワイルドカード証明書であれば同じ証明書が利用できるため、追加で購入する必要がありません。複数のサブドメインを運用しているサイト、また今後サブドメインが増える可能性があるサイトにはワイルドカード証明書をおすすめします。, お申し込みの前に、取得条件、ご利用の流れをご確認ください。 変更日. ※証明書種別によりお手続き方法が異なります。, 再発行により194日有効期間が短縮されますが、203日経過後(2021年6月22日以降)にもう一度再発行の手続きを行っていただくことで、194日分を追加して本来発行されるべき有効期間(2022年7月15日)のSSLサーバー証明書を発行いたします。, ※再々発行手続きについては、改めて弊社よりご連絡いたします。

2019年9月30日(月) 詳細.

2019年8月1日から2020年7月28日の間に発行された以下のsslサーバー証明書で、失効処理期日より後に有効期間終了を迎えるもの. 詳しい情報につきましては、サイバートラスト株式会社のお知らせをご確認ください。 ワイルドカードsslサーバ証明書を利用すると、1つのsslサーバ証明書で複数のサブドメインサイトを保護できることから、sslサーバ証明書の インストール作業負荷が軽減されるほか、sslサーバ証明書の有効期限管理も容易になります。 また、以下JPRSサイトに掲載されている証明書発行に関する規則やポリシーについて、同意いただく必要があります。

個別にメールにて手順をご案内させていただいておりますのでご確認の上、お手続きをお願いします。, JPRSドメイン認証型は再発行用のオンラインサインアップよりお手続きいただくことで再発行が可能です。

対象のSSLサーバー証明書. ※設定代行を利用したお客様の設定代行費用は無償となります。. ※398日で設定すると、うるう秒調整時に398日を超える場合があるため, 上記の影響で、再発行手続き実施時点で398日以上有効期間が残っている場合、再発行後の証明書有効期間は397日に短縮となります。, 有効期間が短縮となった場合の補填については認証局により異なりますため、以下をご一読ください。, 今回の再発行により有効期間が212日短縮となりますが、次回更新時の更新費用を無料とさせていただきます。

当社お知らせは以下のページよりご確認ください。, 今回、中間CA証明書にセキュリティリスクが見つかったため、各認証局にて中間CA証明書の失効処理が実施されます。 さくらのレンタルサーバなら、無料で使えるSSLサーバー証明書「Let's Encrypt」がワンクリックで設定可能です。簡単なステップでサイトを常時SSL化することができ、さらに証明書は自動更新のため、面倒な作業は一切必要ありません。

対応時間:平日 9:30-17:30, プライバシーポリシーを更新しました。プライバシーポリシーはこちらからご覧いただけます。, (ただしスプラッシュページにて「ベリサインのサービスが digicert.com の 1 つ以上のサブドメインで使用され…」(通称Genericページ)と表示される), SSL Management, Automation & Discovery (CIC), デジサートとUtimaco、将来のIoTにおける量子コンピューティングに関する脅威への安全確保に向け、マイクロソフトとの連携を強化, デジサートが「IoTセキュリティ調査」を実施、IoTのセキュリティ実装の誤りによる企業の損失が明らかに, 新プラットフォーム「DigiCert CertCentral」一般提供開始について, デジサートとユビセキュア、取引主体識別子による次世代の組織アイデンティティソリューションのためにパートナーシップを締結, デジサート、CNNにVerified Mark 証明書を発行、BIMIメール規格の重要基盤を構築.

また、事業拡大などに伴ってサブドメインの追加を行う場合も、ご利用中のワイルドカードSSLサーバ証明書を利用できるため新たな証明書の 取得作業の手間や費用の軽減も可能です。, オンラインの情報を保護し、Web サイトの信頼性を高める SSL サーバ証明書。「SSLとは?」「なぜSSLが必要なのか」「SSLの種類」「SSLがどのように機能するのか」をわかりやすく説明します。, 音声ガイダンス[3]を選択

 2020年10月15日:ご案内準備中, 上記対象のSSLサーバー証明書をご利用のお客様は、SSLサーバー証明書の再発行・再インストールをお願いいたします。 日本レジストリサービス(以下、JPRS社)ならびにGMOグローバルサイン社の販売するSSLサーバー証明書において、一部セキュリティリスクが指摘されたため再発行のご案内を行っております。, 本ページでは再発行に際した対応方法、ならびに対象のSSLサーバー証明書の判別方法などをご案内いたします。 オンライン、もしくは申込書にてお申し込みください。, フォームよりお申し込みください。書面によるお申し込みも可能ですが、発行までにフォーム申込よりお時間が掛かります。書面申込をご希望の場合はお問い合わせフォームからご連絡ください。, 弊社から申請後、JPRSよりサーバー管理者またはドメイン管理者と想定されるメールアドレスに対して、承認メールが送付されます。メールに記載されているURLにアクセスし、お申込み内容に間違いがなければ承認ボタンをクリックしてください。注文確認が完了となります。, 承認後、証明書発行のお知らせメールが送付されます。メールに記載されているURLにアクセスし、証明書をダウンロードの上、インストール作業を行ってください。, 3つの認証レベルに分けられます。認証する内容・厳格さによって認証レベルが異なります。, 1枚のSSLサーバー証明書で同一階層の複数のサブドメインを全て保護することができる機能です。, SSLサーバー証明書の拡張領域で、申請したコモンネーム(FDQN)とは別に、wwwを追加したコモンネームをSANsに自動登録する機能です。, ルート認証局の過失でデータ流出が発生し、被害を受けた場合は補償を受けることができます。, 原則表示期間で発行されますが、支払い方法、書類不備などで期間を超過する場合があります。, CSRの作成からサーバーへのインストールまで弊社技術スタッフが代行します。(お申し込み時の有料オプション), サイトシールは、認証を受けた信頼性の高いWebサイトの証です。Webサイトを訪れるお客様に対し、安全で信頼できるサイトであることをアピールすることができます。, セコム電子認証基盤認証運用規程(Certification Practice Statement), ※ 発行スピードは入金確認後からの日付です。あくまで目安となっておりますので、あらかじめご了承ください。, ※ ワイルドカード証明書は、さくらのレンタルサーバサービスおよびさくらのマネージドサーバサービスにはご利用いただけません。あらかじめご了承ください。, ※ JPRSでの審査状況により、弊社での申請後、書類のご提出をお願いする場合がございます。, ※ 請求書払いは、コンビニエンスストア、ゆうちょ銀行・郵便局、LINEPay請求書支払い、楽天銀行コンビニ支払サービス、PayBでお支払いいただけます。, ※ ゆうちょ銀行や郵便局をご利用の場合は、7〜10営業日程確認に時間がかかることがあります。, ※「SSLサーバー設定代行」オプションをお申し込みの場合は、弊社にてインストール作業を行います。.

ワイルドカードsslサーバ証明書の導入メリットとは.

SureServer for SAKURA SureServer EV for SAKURA SureServer ワイルドカード for SAKURA.