ただ、原作でも何かボードゲームやってるコマはある。, ドリーの鼻を摘まんだら、警策も頬を引っ張られるのもオリ要素。 海外の反応 ドリーを見て思ったが、やっぱり御坂はロングの方が似合ってると思う, 9. 食蜂は「操作力いるかしら」と答えた。

海外の反応 Really beautiful episode today みんなハッピーな結末を迎えられて良かった、操祈ちゃんは本当に成長したね, 4. 海外の反応 >>15 – フレンダが活躍する – みんな大好きスナイパーちゃん登場 – スカベンジャー – 美琴が戦う – ロボットのケツ, 18. ドリーはクローンの延命実験で薬を大量投与されていた。 スポンサーリンク. とある科学の超電磁砲T第15話「やくそく」は、警策とドリーの回想とドリーのクローンとの再会だった。, 土日は早朝でもまともに視聴できなくなってるのだけど、 ストーリー 第15話「やくそく」 『才人工房(クローンドリー)』で能力開発を受けていた幼き日の警策は、同じ施設で治療を受けていたドリーの世話を … エクステリアの話もしてるので、同じ施設にいたのはわかる。, 警策がドリーの胸の機械を見て、ドリーが慌てて隠すの、しいたけってツッコまれてた。 (ドリーの胸の傷) 『才人工房(クローンドリー)』で能力開発を受けていた幼き日の警策は、同じ施設で治療を受けていたドリーの世話を任されていた。ある日、ドリーの生命維持装置に疑念を抱いた警策は、彼女の「治療」の真実を知ってしまう。クローンとして生み出されたドリーは、実験のために命を削られていたのだ。実験を中止してほしいという訴えもむなしく、捕らえられドリーと引き離されてしまう警策。学園都市に抱いた深い怒りと憎しみを糧に、復讐を誓って戦い、敗北し続けた彼女がたどり着いた計画は、またも失敗に終わる。その先に待っていたのは、ドリーを巡るもう一人の少女「みさきちゃん」との出会いだった――。, 鋼の錬金術師のロイ・マスタングの台詞「いかん。雨が降ってきたな」の字幕ですね。 当然、涙を雨でごまかす台詞なわけですけど、泣けるシーンでは必ず誰かが使うほどにとてもメジャーなミームになってます。, この章のアニメ化に関して、JCスタッフ(アニメスタジオ)は本当に素晴らしい仕事をした。 勿論延期は残念なことだったけど、この状況において彼らはベストな仕事をしたと思う。, 今日のエピソードも本当に美しい。みんなが再会できたことが嬉しいよ。操祈は本当にたくさん成長(発展)したね。 ドリーとミー達のストーリーの素晴らしいエンディング。とっても感動した。, 16話に延期がないことを望んでるけど、どっちになっても次の章が本当に楽しみだ :), あの挿入歌”ここにいたい”はとっても素晴らしくて感動的。 来期の新しいEDになって欲しい。, 章が始まったときはたくさんあった操祈への怒りも、今ではほとんどが消えてしまった。 グッジョブ超電磁砲T。このショーの彼女はキャラクターとして素晴らしい発展を見せた。, 外側ではタフ(というか嫌な女)だったけど、内側はとても傷つきやすい(感受性の強い)人だったね。, 超電磁砲でお気に入りのショーが終わる。 皆が再び輝き、多くのサイドキャラクターにも素晴らしい成長があった(例えば婚后)。そして感動的な今回のフィナーレ。, JCスタッフは超電磁砲Tを本当に素晴らしいものにしてくれた…。 後は彼らが禁書目録NT(新約)にも同じことをしてくれることを祈るだけだ。, 私は脚本がグレートだったと思う。 彼女の行動のせいで、操祈が真の悪役だと本気で思わされたよ。, ここまでの彼女を見てきて、彼女がタフになった理由やラボで過ごした時間を知っているから、最後のパートは本当にパワフルだったよ。, 操祈がこの章の真のMVPであることを証明…。 本当に素晴らしいキャラクターの発展だ!, しかし、少なくとも私は操祈が天使の側(正しい方の見方)に立っていることを知っている。, だけど…とあるシリーズだと”天使の側に立つ”という表現に文字通りの意味が出てきてしまう…:p, 本物の天使。人口の天使。天使を宿した人間。天使の力を振るう人間。天使に助言を受けている人間…。, シーズンと章が新しくなるたびに前回を超えるアニメはこれだけかな? 2期は1期を超えていたし、今回は2期を超えた。, I’m not crying, you’re crying. 勘がいいからと警策は納得していた。 2人の思い出に割り込んだと謝った。 なので、警策が統括理事会に訴えても無駄。, 警策はエクステリアの利用価値があったので、殺されずに監禁された。 原作でも避けるコマはある。, ドリーと人生ゲームやってたのもオリ要素。 なので、警策は水銀人形でデータを盗み出した。

食蜂はドリーはそれが見たかったと察した。 警策は記憶操作しない食蜂を訝しがった。 かわいいって弾幕になっていた。, 車中で警策が水銀イルカを出すのもオリ要素。

とある科学の超電磁砲t 第24話 感想:戦いが大怪獣バトルへ発展! 御坂さんのレールガンも威力倍増 とある科学の超電磁砲T 第23話 感想:御坂さんのご機嫌取りに必死なリーダーの苦労! とある科学の超電磁砲t第15話「やくそく」クローンドリー とある科学の超電磁砲t第15話「やくそく」は、警策とドリーの回想とドリーのクローンとの再会だった。 原作マンガの第10巻68話と70話が主で、 原作にないオリ要素が多数あった。 警策は無謀にもその実験を止めるよう研究者に訴えた。 木原は警策の憎悪を見込んで、統括理事会をぶっ壊す計画を打ち明けた。 このせいで警策はドリーと会えなくなった。 警策は計画に乗ったけど、もし乗らなかったら殺されてたでしょうね。 ドリーとシスターズネットが繋がってたのが原因でしょうね、たぶん。, アンケートは「とても」が94.1%「まあまあ」が3.2%、計97.3%が「良かった」だった。, 承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;). ただしテロリストがやった事になってる。 戦力云々は関係ないはずで、一種のツンデレですね。 警策を調べれば2人を再会させられたと謝った。

ドリーが警策に抱きつこうとして避けられ、床にこけるのはオリ要素。