ゆるキャンで出てくるまでは車スレですら名前の見なかった車だがね。みんな自称ジムニー乗りだった。 ゆるキャン登場後は自称ラシーン乗りが増えてきて笑えますな。 0; 14. データの複製や、転載、それに準ずる行為は禁止されており、法律により罰せられる事がございます。, TVアニメ「ゆるキャン△」1期 第7話ED後の『へやキャン△』で「テント+柴犬→てんしば」, \コンニチワ/TVアニメーション「ゆるキャン△」シリーズのラジオ番組「らじキャン△~ゆるキャン△情報局~」パーソナリティは、各務原なでしこ役の花守ゆみりさん!ゲストを迎えたり迎えなかったりと、ゆるーくお届けしています!. ゆるキャン - ラシーンと思われるsuvが主人公の姉・各務原桜の愛車として作中に度々登場する。 2020年放送の実写ドラマでは、「ゆるキャン 」ファンが所有し原作と同じ仕様にカスタマイズしたラシーンを借りて撮影している [7] [8] 。 UP 描き下ろしビジュアル&“1/6の夢旅人”MV公開, 『宇宙よりも遠い場所』と『ゆるキャン△』のコラボ『そらキャン△』のグッズが「コミックマーケット96」にて販売決定! 先行予約もスタート, ゆるキャン△×ハローキティ、コラボビジュアルやキティがモデル地を巡る動画公開(動画あり), “笑'sB-6君『リンちゃんのYAKINIKUセット』2/8着手配分ご予約 coming soon!”, “現在放送中のTVアニメ『ゆるキャン△』より、早くもねんどろいどの登場が決定しました! tvアニメ「ゆるキャン 」公式サイト 原作あfろ、芳文社「comic fuz」にて好評連載中の「ゆるキャン 」。tvアニメの続編シリーズとしてショートアニメ「へやキャン 」が2020年1月より放送決定! ゆるキャン に出てくる車やバイクは実際に売られている(売られていた)車やバイクです。 なでしこのお姉さんの車やりんちゃんのバイク、鳥羽先生の車…などなど、明らかにモデルになっている車(バイク)が何かわかる車(バイク)がたくさん出て来るのでまとめてみました。 !”, https://anibu.jp/20180220-news-3-83229.html, “『ゆるキャン△』のカードゲーム「ゆるキャン△~どこでもテント張り!~」発売決定! ニコニコ超会議ほかのイベント会場で先行販売も”, https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1523932447, 『るるぶ』と『ゆるキャン△』が待望のコラボ!『るるぶ ゆるキャン△』2020年2月4日(火)発売!, 「ゆるキャン△」志摩リンのイラストがデザインされたコラボ「ケロリン桶」(コミックナタリー), https://web.archive.org/web/20201104085550/https://www.sankei.com/entertainments/news/180409/ent1804090002-n1.html, 劇場版「Fate/stay night[Heaven’s Feel]Ⅰ.presage flower」(完全生産限定版), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ゆるキャン△&oldid=80411599, 『TVアニメゆるキャン△ 公式ガイドブック 野外活動記録』まんがタイムきらら(編)、あfろ(原作)、芳文社〈まんがタイムKRコミックスフォワードシリーズ〉 2018年8月9日発売、, 『ゆるキャン△アンソロジーコミック』アンソロジー、芳文社〈まんがタイムKR フォワードコミックス〉, 原作第1話で登場した本栖湖の「浩庵キャンプ場」では冬季のキャンプ利用者が3倍に増加。原作第10話 - 第12話で登場した四尾連湖のキャンプ場「水明荘」もアニメ放送前は利用者がゼロの日もあったが、放送後は週末を中心に利用者が増加している. 各務原桜がイラスト付きでわかる! 漫画『ゆるキャン 』の登場人物。 cv:井上麻里奈 演:柳ゆり菜 概要 なでしこ>各務原なでしこの姉。大学生>女子大生。 着やせしているように見えるが、7巻p67でけっこうなモノ>巨乳をお持ちであることが判明した。 『ゆるキャン△』は、あfろによる日本の漫画作品。山梨県周辺を舞台に[3]、キャンプ場でのリクリエーションや野外調理などといったアウトドア趣味の魅力と[4]、それを身の丈に合った範囲で満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描く[5][4]。『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)にて2015年7月号[6]から2019年4月号まで連載され、同年3月29日より芳文社の漫画配信サイト『COMIC FUZ』に移籍して連載中[7]。, ドワンゴが運営するWebサイト「ニコニコ静画」内の芳文社公式コーナー「きららベース」にて、本編の幕間の出来事を描いた各話2ページの書き下ろし番外編が『へやキャン△』のタイトルで2016年4月9日[1]より連載されている。また、2018年1月から3月まで本作を原作とするテレビアニメが放送され[2]、これを皮切りに、第2期の放送、劇場アニメの公開が控えている[8][9]。また、2020年1月から3月までショートアニメ『へやキャン△』が、テレビ東京「木ドラ25」枠でテレビドラマが放送された[10][11]。テレビドラマ版は2021年春に第2期の放送が予定されている[12]。, 漫画の流れとしては、女子高校生たちが個人またはグループでのキャンプを計画するところからエピソードが始まり、道具や食材を準備して目的地まで旅した後、見晴らしのよい現地からの展望を満喫しながら、用意していた食材を現地で野外調理する、あるいは食堂でご当地グルメに舌鼓を打つ、温泉を満喫するなどを経て、テントで1泊して翌朝を迎える、という展開の繰り返しで進行する。本作では一人での気ままなキャンプと大人数での賑やかなキャンプの魅力が対等のものとして描かれており[13][14]、主要登場人物同士はいつでも行動を共にしているわけではなく一人旅のエピソードも多いが[15]、旅行先からSNSで互いの近況を報告し合う形でストーリーに関わっていく。, 著者のあfろは、元々ツーリングを趣味としていたことが本作の着想に繋がったといい[16]、著者自身のアウトドア経験が作品に盛り込まれている[17]。執筆に当たっては実在のキャンプ場や観光地の下見、本番の取材、後から気になった箇所の再取材と、1箇所につき2回から3回の取材を行っているといい[16][注 2]、漫画には取材先の風景がそのまま描かれている[14]。見開きのページで精緻に描かれるキャンプ場からの展望や[5][4][14]、それを眺める登場人物の表情などが[4]、臨場感や[4]、舞台となる実在の観光名所に対する興味[5][4]を煽る見せ場となっている[5][4]。アウトドア趣味に向き合う少女たちのまっすぐな魅力や[4]、日常の合間に披露される、火起こしのノウハウや寝具の種類といったアウトドア知識の描写[5][4][15]、うまそうに描かれる食べ物[14]、実在するキャンプ道具の描写[15][14]、旅先で出会うさまざまな犬にまつわる話題なども[4][14]、作品の持ち味になっている[5][4]。, 漫画のタイトルロゴ末尾にある三角記号「△」は、キャンプ・テントのピクトグラムになっており[注 3]、表題を音読する場合[19]は発音されない。, オフシーズンの一人キャンプが好きな日本の女子高校生・志摩リン。リンが富士山の麓で冬の一人キャンプを楽しんでいたところ、日帰りのつもりが日没まで居眠りして遭難しかけていた同じ本栖高校の生徒・各務原なでしこを助ける。なでしこはリンのと出会いをきっかけにキャンプに興味を持つようになり、高校の同好会である「野外活動サークル(野クル)」に入部し、メンバーとも関わりながら、毎週のようにキャンプに出かけるようになり、皆とのキャンプに夢中になっていく。一方、仲間とつるんで行動するのが苦手なリンは、一緒に同好会に入らないかというなでしこの誘いを断るが、スマートフォンのSNSを介して、なでしこや野外活動サークルのメンバーと繋がりを持つようになり、互いにキャンプ中の状況を実況したり、キャンプ先の写真を送りあったりして関わるうち、徐々にキャンプ場の情報やキャンプ道具、野外調理に関するノウハウを交換したり、誘われたりして、時々ではあるが行動を共にするようになる。, なでしこが加わるまでは大垣千明と犬山あおいの2人だけの小さな同好会であった野外活動サークルも、リンの友人である斉藤恵那を巻き込み、キャンプ先で知り合った新任教師の鳥羽美波を顧問に迎え、次第に勢力を拡大していく。そして年末には部員ではない斉藤と、それまで頑なにグループでのキャンプを敬遠していたリンを誘ってキャンプ場でのクリスマス会が実現する。その後もリンは気ままな一人旅を基本としつつも、皆との賑やかな一晩を経験し、一人キャンプとは「違うジャンル」と捉えれば悪くないという感慨を抱き、これまで避けてきたオフシーズン以外のキャンプにも興味を持つ。その一方、それまでリンに同行したり野外活動サークルのメンバーと賑やかなキャンプを楽しんだりしていたなでしこも、リンに触発されて一人キャンプに興味を抱くようになる。, 部活動として野外でキャンプをするために、2人で「野外活動サークル」を立ち上げた千明とあおい。しかしキャンプ道具を買い揃える予算も乏しく、4月の同好会結成から11月になるまで大した活動実績を残せずにいたが、そんな中、新たなメンバーとしてキャンプ初心者の新入部員、なでしこを迎えることになる。放課後に部室に集まってはキャンプに関するトリビアを披露したり、キャンプごっこや妄想上のキャンプの話題、荒唐無稽なホラ話に興じたり、半年後、10年後、60年後、1000年後の未来のキャンプを夢想したりといった、雑談に明け暮れる野外活動サークルの毎日の活動を描く。, 登場人物の名前は地名に由来する。作者のあfろ曰く、「主人公2人(各務原なでしこ、志摩リン)の名前を長い名前と短い名前にしようと思い、以前に住んでいたことのある岐阜県とその周辺の地名がしっくりきたので、他のキャラクターもその辺りの地名でそろえることにしました」とのこと[20]。, 一人キャンプ(ソロキャン)を主軸として活動するリンと、リンと学校やSNSで親しくしている間柄の斉藤とのグループ、部活動として集団キャンプ(グルキャン)を行う同好会・野外活動サークル(野クル)のメンバーである千明とあおいのグループ、そして各グループを行き来するなでしこ、といった各々の視点から物語が描かれる。物語の進行に沿って人間関係も変化していくものの、「独りぼっちで活動していたメンバーが部活動を通じて合流し、常に行動を共にするグループが誕生する」といった紋切り型の展開をなぞらないところに本作の特徴がある[14]。, テレビアニメ版では、なでしことリンが本作のダブルヒロインであると位置づけられているが[21][22][注 4]、テレビアニメ版のシリーズ構成を担当した田中仁はこれを、あくまでテレビアニメ版での変更点であり「原作の語り部はリン」としている[24]。テレビドラマ版はリンが主人公と位置づけられており、なでしこは準主人公として扱われている。なお、本作の原作者でもあるあfろの漫画作品『mono』とのセルフコラボレーションでは、リンもなでしこも「主人公」と表現している[25]。, 登場場面の多い母(志摩咲)、リンにキャンプ道具を提供した祖父のほか、第24話に父親が登場している。, 原作第22話(テレビアニメ版第11話)に妹のあかり、祖母のみね子が登場しているほか、原作24話には飛騨高山(岐阜県高山市)に毎年家族で遊びに行く間柄の親戚がいる[116]という言及がある。, 主要な登場人物らは山梨県在住で身延町とその周辺に住んでおり[126][127]、本栖高校[128]という名前の高校に通っているという設定である。この高校にはアウトドア系の部活動として、千明とあおいが創立した同好会の野外活動サークル(やがいかつどうサークル)、通称野クル(のクル[129])と、登山部という2つの部があるという言及がある[51]。野外活動サークルの部室は「鰻の寝床」[130]と形容されるような細長い物置部屋で、人が集まると手狭になるため、以前は積極的に部員を募集していなかったが、原作本編第2話/放課後第4話(いずれもテレビアニメ版・テレビドラマ版第2話)でなでしこが入部したことを機に、正規の部室を獲得するため、部員を4人以上集めて同好会から部活動へと昇格することを狙っている[51]。, 当初は野外活動サークルに顧問がおらず、登山部の顧問を兼任する大町という教師が、安全な焚き火を行うための指導や許可の受理をしていたことが言及されているが[61]、原作本編第19話からは新任教師の鳥羽が、大町から半ば押しつけられる形で正式な顧問に就任している。大町が顧問を務める登山部については詳細な描写はないが、千明らの野外活動サークルと比べるとまったりしていない体育会系の雰囲気で[131]、富士登山を行っているという言及があり[132]、なでしこからはやんわりと敬遠されている[131][132]。, キャンプ場や温泉の施設名・アウトドア用品や食品を購入する店舗名、ウェブサイト名などといった商標などを含む一部の固有名詞が架空のものへと置き換えられているものの、劇中には実在の観光地[5][15][14]や地名、案内標識、道路名なども登場する。主要な登場人物の一人であるなでしこの自宅は南部町にあるとする言及があり[133]、千明やあおいと共に身延駅を途中経由して身延線で電車通学をしているという描写になっている[134]。テレビアニメ版ではなでしこが南部橋[135]を自転車で渡り内船駅[注 33]から乗車して登校する描写があるが[137]、劇中に登場する主要登場人物の自宅は、実際には家屋が存在しない場所に設定されている[25]。なお物語開始前は、なでしこは静岡県浜松市の浜名湖付近に住んでいたという設定が語られている[138]。, 主要な登場人物らが通う本栖高校は実在しないが、テレビアニメ版では旧身延町立下部小学校(2017年3月閉校)・身延町立下部中学校(2016年3月閉校)跡地周辺[139]が通学路のモチーフとして描写されており[140][注 34]、原作本編第13話にも、付近を通る県道419号線[142](山梨県道419号甲斐常葉停車場線[注 35])を歩いていたなでしこが、劇中で用いられている地図サイト「グルグルマップ3Dビュー」[144]のパノラマ撮影車に写真を撮られるエピソードが描かれている。また、劇中で千明やあおいのアルバイト先で、リン、なでしこ、顧問の鳥羽らが買い物に立ち寄る描写のある「スーパーマーケット ゼブラ」[52]と「酒の川本 身延店」[145]は、身延町のフレスポみのぶ内にあるセルバみのぶ店[146](テレビドラマ版では実在の名称で登場)と、かつて敷地内に存在した酒屋がモデルとなっている[140][注 36]。千明やあおいの自宅も、このアルバイト先の近所という設定で[148]、地図上はフレスポみのぶの最寄り駅になる波高島駅から通学している[注 37]。恵那の自宅は甲斐大島駅から徒歩約5分の場所にある[149]。, 以下では劇中において実在の地名に言及されているか、施設名が具体的な地名に置き換えられているものを挙げる。何らかの事情で施設名をぼかして具体性のない名称に置き換えてあるものについては、テレビアニメ版のエンドクレジットで「取材協力」として明記されているものや、出版物や公式なウェブサイトでモチーフとなった施設が明かされているものについては併記するが、そうでないものは前後の描写から推測可能なものであっても省略する。なお、テレビドラマ版についてはモチーフとなった施設が実在の名称のまま登場している[150]。, テレビアニメはAT-Xほかにて、第1期が2018年1月[2]から3月にかけて放送された[163]。第2期『ゆるキャン△ SEASON2』は2021年1月より放送予定[164][165]。ナレーションは大塚明夫[87]。, ショートアニメ『へやキャン△』は、2020年1月から3月まで放送された[166]。, 第1期のアニメ化は、『まんがタイムきららフォワード』2017年3月号(2017年1月24日発売)で発表された[167]。同誌の同年8月号(同年6月24日発売)で放送時期や主要スタッフの情報といった続報が発表された[163]後、開設されたテレビアニメ版公式サイトでも情報が逐次公開された。, 監督をはじめとするスタッフはモデルとなったキャンプ地を実際に訪れ、冬の寒空の中でキャンプを一通り体験するなど、キャラクターたちと同じシチュエーションでのロケハンを10回以上行なったという[14][168]。監督の京極義昭は、自分が実際にキャンプをしたり、作中の食事を食べてみたくなるような雰囲気をアニメでも再現するには、実際にロケハンを行って同じ食べ物を実際に調理する必要があったとしている[14]。BD/DVDの販売を手掛けるフリューのアニメ事業推進部の和田薫は、「映像を見ているだけで、まるで自分が体験しているような気分になるところが本作の魅力の一つ」としている[168]。, テレビアニメ第2期、ショートアニメ、劇場アニメの制作は、2018年10月7日に開催されたイベント「ゆるキャン 秘密結社ブランケット入団説明会 2018 Autumn」にてそれぞれ発表された[8][9]。2020年3月23日のショートアニメ終了後には、第2期のタイトルと放送時期の告知、2枚のティザービジュアルの公開がなされた[164]。, ショートアニメでは音楽の立山秋航により、シーンに合わせて音楽を制作する「フィルムスコアリング方式」が採用されている。これは劇伴制作前に映像の多くが完成したことから実現した[169]。, 基本的に原作に沿った内容で[14]、第1期は原作単行本第1巻から第4巻までの内容に準じた内容が映像化され、劇中では11月から12月までの約2か月間[注 40]が描かれる。原作の会話内のみで言及されていた出来事にも描写を割くなど、テレビアニメ版独自の場面もあるものの、原作者のあfろとも相談のうえ、原作の作風に馴染むように注意を払ったとしている[14]。番外編『へやキャン△』のエピソードは各話エンディング後のCパートという形で扱われている[注 41]ほか、オープニングアニメーションでも原作の放課後第24話[111]に登場した、なでしこの空想内に登場する空飛ぶテント[注 42]が、サビの部分で大きく扱われている。, 各話の次回予告後には、実際にキャンプを行うにあたっての注意書きが「△ キャンプを楽しむときは… △」というタイトルで、劇中のワンシーンとともに挿入されている。, ショートアニメでは、野外活動サークルのメンバーが山梨県内の各地を巡る内容となる[169]。, 各務原なでしこ役の花守ゆみりがソロキャンプに挑戦する『花守ゆみり はじめてのキャンプ入門』が、2017年12月2日よりAT-X『Club AT-X すずまお荘』内にて放送されており、YouTubeでは同年11月24日よりショートバージョンが配信されている[187]。, また、2020年のエイプリルフールにあわせた企画として、ナレーション担当の大塚明夫がソロキャンプを行う動画『あきキャン△』が全3作で公開された。当初は4月一杯の公開を予定していたが、後に5月6日まで延長された[188][189]。, 花守ゆみりがパーソナリティを務める『らじキャン△〜ゆるキャン△情報局〜』が、2018年7月12日より音泉にて月1回で配信されている[190]。本配信に先駆けて、2018年6月14日にSP回(6月10日に行われた公開録音の音源)が配信された。同年7月15日には『インターネットラジオステーション<音泉>27時間ニコ生放送』内にて『らじキャン△〜ゆるキャン△情報局〜ニコ生スペシャル』が動画生配信された[191]。, 2020年1月10日から3月27日まで、テレビ東京『木ドラ25』枠において毎週金曜1時から1時30分(木曜深夜)で放送された[10][11]。主演は福原遥。2021年春には第2期が放送開始予定[12]。, 初回放送直前の2020年1月9日21時30分からは、LINE LIVEにて福原と大原優乃が見所を紹介する「#ゆるキャン△ 放送直前 福原遥&大原優乃ゆる生LIVE配信」が行われた[192][193]。, 製作に当たってテレビ東京プロデューサーの藤野慎也は「実写化なりのオリジナル表現にも挑戦しつつ、可能な限り原作コミックを忠実に再現したい」と考えていたことを明かしている。そのため、ロケーションに当たってはテレビアニメ版同様に富士の国やまなしフィルム・コミッションの協力を得て、モデルとなったキャンプ場7か所すべてから撮影許可を得た[92]。撮影に当たっては一ヶ所ずつロケハンを行い、どのように撮れば各キャンプ場の魅力を引き出せるのか、スタッフ間で入念に話し合ったという[194]。ただ、天候に左右されるため、例えば初日は浩庵キャンプ場でのロケを予定していたのが雪が降ったためスケジュールを大幅に修正、ふもとっぱらキャンプ場ではロケハン時には富士山からの日の出が全く見られない状況だったが撮影日当日は見事に晴れた、などのエピソードも語られている[195]。, ヘッドクォーターのプロデューサー、熊谷喜一は原作を読んだ時点で「“ゆるさ”という言葉は“しなやかさ”でもあるなって感じた。5人の女子高生も、しなやかに人間関係を変化させていっていて、この“しなやかさ”こそが作品の魅力であり、面白さだな」と語り、S・D・Pプロデューサーの岩倉達哉も原作の感想として「ドラマがすごいしっかりとしていて、よくできている」とした上で、実写化の意図について「自然の中で彼女たちが見ているものには絶対に何かしらの価値があって、それを見るために面倒くさがらず、まずは動くっていうのがすごくすてきだなって感じたので、ドラマ化することで視聴者にも何か届くものがあるだろうなと思った」、熊谷も「リンたちが不便さを楽しむ様子や、たき火を見つめる彼女たちの向こう側に、彼女たちが得ようとしている“何か”が映ればいいなって思った」と語っている[194]。, また、ディレクター陣やプロデューサー陣など制作スタッフが強く意識したのはアニメ版ではなく原作の方であり、熊谷は「原作をきちんと把握して、現実のキャンプ場、実際の土地を舞台にしたリアルな場所で芝居をすると、必然的にカット割りが似てくる。原作がリアルな場所を描いているからこそ、実写のほうも必然的にそこに近づく」と、原作を再現することで結果として自然とアニメ版と近い画作りになったとしている[195]。, 企画の立ち上げに当たっては熊谷が元々キャンプが趣味というのもあり、この数年のキャンプブームを感じる中で原作漫画にたどり着き、読了後ただのキャンプものに終わっていないことやソロキャンプだけでなくグループキャンプの良さも描かれていること、リアルな場所が描かれていることが実写化に向いている題材だと考え、岩倉に相談を持ちかけた。岩倉も原作に一度触れたことがあり、熊谷からの話をきっかけに再び読み直すと「女子高生たちの心のドラマがちゃんと描かれている」と、実写化にあうと感じていた。そして岩倉はテレビ東京でやるのが一番と考え、『勇者ヨシヒコシリーズ』で組んだことのある藤野に話を持っていった[195]。, 藤野も自らキャンプに興味を持ち始めており、2019年5月の時点で同じくキャンプを題材としたドラマ『ひとりキャンプで食って寝る』(2019年10月 - 12月放送)の制作が始まっていたことから、「自分でもこのようなドラマをプロデュースできたら」と思っていた所に岩倉から話が来たことで渡りに船とばかりに企画を進めることになった。冬季のロケになるため放送時期も含め早期に取り組む必要があると考え、独占配信を行っているAmazonプライムビデオに直ちに声をかけたところ乗り気となった事から企画が進み、通常なら1〜2年かかるところが数ヶ月で放送が決まっていったという[195]。, 演技に関してはリン役の福原遥は出演が決まってからテレビアニメ版を見て研究しており、これまで演じたことのないクールなキャラについて「探り探り演じている」と語っている[196]。福原の演技に関しては藤野も「地道な役作りの結果」と評している[92]。なでしこ役の大原優乃はオーディションで決定し、藤野は「なかなかあの天真爛漫なキャラを演じるのって、いろんな女優さんを見たが、そこをブレイクスルーしてあそこまで演じきれる子はなかなかいない」と評している[92]。大原自身は役作りに関して所作と声のトーンから始めており、「走り方やちょっとした動きでも、なでしこらしさを心がけている」と語っている[197]。なお福原と大原はファッションモデル時代からの親友であり共演作もあるが、藤野はプライベートでも仲が良いことを知らなかったという[92]。田辺桃子が演じる千明に関しては、田辺は「原作を読んだイメージを壊したくない」と、あえてアニメを見ずに、原作だけで自分の中でイメージを膨らませて演じているという[92]。, 製作発表直後は人気作の実写化という事もあり、反響も多く、中にはファンからの反発の意見もあり、藤野は「ここまで言われるのかとへこんだ。ただこういった意見があったからこそ皆さんの大切な作品に泥を塗ることができないと改めて心に誓うことができた」と語っている[92]。福原と大原も反響の多さに原作が愛されていると実感するとともにプレッシャーを感じつつも、良い作品にできるよう改めて思ったと語っている[196][197]。, 放送後、既存ファンからは原作やテレビアニメ版を忠実に再現した内容が好評を呼び、中でもなでしこの演技、千明のビジュアル・演技の再現度の高さ、実写ならではの風景の美麗さが話題となった[198][199][200]。風景描写に関してはアニメファンから「すごい作画だ」と冗談も出るほどに好評価を得ている[92]。視聴者の反応に藤野は「再現度が高いと喜んでもらっている意見が比較的多かったので、正直ホッとしました」[92]、福原も反響の多さに「すごく嬉しい」と語っている[201]。, 2020年10月9日にBD-BOX/DVD-BOXとして発売。映像特典としてメイキング映像や出演者による自撮り映像、上述の放送直前LINE LIVEで配信された映像を収録。, 制作サイドの野外活動委員会および自治体サイドのやまなし観光推進機構、五条ヶ丘活性化推進協議会[注 45]などの主催や協力にて以下のイベントが実施されている。, 以下では『ニコニコ静画』掲載時の表記に倣い、『まんがタイムきららフォワード』で連載されている『ゆるキャン△』のエピソードを「本編第xx話」、『ニコニコ静画』で連載されている『へやキャン△』のエピソードを「放課後第xx話」と表記する。『へやキャン△』は連載時と単行本収録時でエピソードの順序が入れ替えられており、話数表記が異なる。, COMIC FUZ移籍当初よりゆるキャン△のページに掲載。この日からゆるキャン△のページから分割。, ただし、アニメ版のタイトルロゴでは単なる黒三角記号「▲」、ドラマ版では中抜きの三角記号「△」となっている。, 劇中で車種やメーカー名に言及する場面はないものの、原作第6話(テレビアニメ版第4話)からリンの愛車として登場し表紙などにも登場するスクーターは, 本編第42話では伊豆のキャンプ旅前日にリンの父と祖父の協力により、携帯ホルダー・キャリアー・スクリーン・充電用のリレーを原付に取り付けてくれた, 劇中では具体的な商品名は言及されていないが、暗くても簡単に設営できるという触れ込みのもので, 第42話から前髪が伸び始めて、物語冒頭以前からしばらく髪の毛を切りに行ってなかった模様。, 原作単行本の各巻表紙カバー下で連載されている番外編「イヌイヌイヌ子さん」では、「関西ではなく, テレビアニメ版・テレビドラマ版では第1話から登場し、原作での第1話に相当する本栖湖湖畔でのエピソードに、リンと斉藤がSNSでやり取りする場面が追加されている。原作では、第2話でリンとなでしこの再会を仲立ちする場面(テレビアニメ版・テレビドラマ版第2話に相当)が初登場。, 元々はメインキャラクターではなかったが、担当編集者の「推しキャラ」だったため出番が増え、メインキャラクターの1人となった。メインキャラクターの中で1人だけ姓ではなく名が地名になっているのは、そのためである, 本編第40話からなでしこの母の静花が訪れてから本編第47話のなでしこの話によると、彼女が住む家の近くだと明言されている。, 原作第23話以前に名前で呼ばれる場面がないが、『まんがタイムきららフォワード』2017年5月号の巻頭記事に掲載された登場人物紹介でフルネームとその読み仮名が明かされている, テレビドラマ版では、ナンバープレート・車体カラー・カスタマイズを忠実に再現したファン所有のラシーンを借りて撮影に用いている, 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第4話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。, 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第1話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。, 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第9話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。, 第4巻表紙カバー下の番外編「イヌイヌイヌ子さん」第4話でフルネームが明かされている。, 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第11話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。, 漫画・テレビアニメ版では素顔を明かさないまま車で迎いに行く描写に対し、テレビドラマ版では恵那の台詞で言及されている。, 総延長2キロメートルに満たない短い道路で、起点も終点も身延町常葉にある。なお前後の場面には, 閉店後も壁に書かれた店名を消しただけで建物はそのまま残されていたが、2020年4月1日より、漫画の通りの店の外観が再現されている, 原作でははっきりしていなかったが、テレビアニメ版第8話で波高島駅の駅名標の描写がある。, 『まんがタイムきららフォワード』2017年7月号掲載時の原作第25話で名前が挙がった際には「福, ただし、『へやキャン△』として発表されたものではないエピソードや、オチの内容が大きく変更されているエピソードもある。, BD/DVD発売に先駆けて、この日限定でYouTubeで無料配信を行い、あわせてAT-Xでも放送された(6時30分 - 6時45分)。, 五条ヶ丘(旧下部小学校・中学校が建っている丘)周辺の活性化を目的に、旧下部小学校・中学校の卒業生を中心として2018年に設立された組織。旧下部小学校・中学校校庭でのキャンプイベントの開催や、甲斐常葉駅から「本栖高校」までの案内看板の設置などのほか、ドラマ版の撮影にも協力している。, 原作第9話(テレビアニメ版・テレビドラマ版ともに第6話、以下括弧内同)にてリンが通信販売で購入し、その折り畳み機構の説明や活用法にまつわる斉藤やなでしことの会話が、原作第10話から第12話(第6話から第7話)にかけて、リンとなでしこが, アウトドア漫画「ゆるキャン△」アニメ化/山梨県、聖地巡礼を応援/モデルのキャンプ場などサイトで紹介『, ゆる~いキャンプ漫画『ゆるキャン△』アニメ化決定!「原作おもしろいから嬉しすぎる!」と歓喜の声, “芳文社の公式漫画アプリ「COMIC FUZ」配信スタート 『ゆるキャン△』の移籍連載も開始”, https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/29/news139.html, ゆるキャン△:人気キャンプマンガが福原遥主演で実写ドラマ化 “野クル”メンバーに大原優乃、箭内夢菜も, キャンプのゆるーく楽しい魅力満載!『ゆるキャン△』TVアニメをもっと楽しむための5つのポイント, ゆるキャン対応テントから熊撃退スプレーまで!キャンプ以外にも使えそうなモンベルの新作アウトドアグッズ, ゆるキャン△:実写ドラマ「ちくわ」役決まる なでしこ姉・桜は柳ゆり菜、鳥羽美波は土村芳, 「くぁwせdrftgyふじこlp」も完璧! ドラマ「ゆるキャン△」Pが語る驚異の原作再現度, 『ゆるキャン△ SEASON2』より登場するなでしこの幼馴染・土岐綾乃役は黒沢ともよに決定!, https://yurucamp.jp/news/information/5331, “ゆるキャン△:テレビアニメが18年冬スタート 「きららフォワード」のキャンプマンガ”, https://mantan-web.jp/2017/06/24/20170623dog00m200057000c.html, “アニメ「ゆるキャン△」第2期は2021年1月開始!「夜」と「朝」のティザー2種公開”, “ゆるキャン△:ショートアニメ「へやキャン△」が2020年1月放送 スタッフ再集結”, https://mantan-web.jp/article/20190424dog00m200034000c.html, “アニメ質問状:「ゆるキャン△」 ロケハン10回以上 見て、触って、感じたことをアニメに”, https://mantan-web.jp/article/20180216dog00m200021000c.html, 【Single】ふゆびより(TVアニメ「ゆるキャン△」EDテーマ) [1月24日発売], 『ゆるキャン△ SEASON2』主題歌は第1作目に引き続き亜咲花と佐々木恵梨に決定!, 【Single】はるのとなり(TVアニメ「ゆるキャン△ SEASON2」EDテーマ) [1月27日発売], 亜咲花7thシングル「The Sunshower」が1月29日発売決定!1月から放送開始のショートアニメ『へやキャン△』主題歌シングル!カップリングにはTVアニメ『ゆるキャン△』シリーズイメージソング「Isn’t It Fun?」と、亜咲花作詞の新曲を収録!, 「おうちで、キャンプ。うちキャン△ペーン」。へやキャン△特典映像を24時間限定公開, ここをゆるキャンプ地とする。 TVアニメ『ゆるキャン△』が北海道に上陸!HTBの人気深夜番組『水曜どうでしょう』とのコラボグッズの復刻版も新たに発売決定!, ゆるキャン△:「うちキャン△ペーン」で新作アニメ配信 大塚明夫「あきキャン△」配信延長も, ゆるキャン△ドラマテレ東1/9木曜深夜1時~はInstagramを利用しています:「#Repost @alpenoutdoors.flagship.kashiwa with @get_repost ・・・ ・ ドラマ「ゆるキャン△」⛺️ LINE LIVE始まります・ ・ ・ まもなく21時30分よりゆるキャン△LINE LIVEが始まります・ ・ ・…」, ゆるキャン△:実写ドラマ化は成功? 原作再現度も話題 ドラマスタッフが見せたかったもの, 『ゆるキャン△』キャスティングの妙、渾身の野外ロケで“化けた”実写ドラマ版。制作陣がこだわった「原作再現」の方法論とは?, 「ゆるキャン△」主演の福原遥 厳しい声にも「愛されている作品に関われるんだと嬉しかった」, 大原優乃“ゆるキャン△愛”を実感 「3年A組」から続く福原遥との交友語る<モデルプレスインタビュー>, 大原優乃、「ゆるキャン△」なでしこの再現度の高さに原作ファンから絶賛の声「完全になでしこ」, 「ゆるキャン△公式バスツアー=みんなでキャンプ体験=」一般発売が7月26日18時より開始!, E52 中部横断道開通 人気アニメ「ゆるキャン△」とNEXCO中日本がコラボして2019年3月21日からスタンプラリーを実施します, 『ゆるキャン△ SEASON2』を一足早く見られる先行上映会を11月29日(日)に丸の内ピカデリーにて開催決定!さらに全国36館にてライブビューイングも実施!, 福原遥、大原優乃、田辺桃子、箭内夢菜、志田彩良の登壇が決定!ドラマ「ゆるキャン△」イベント開催, “山梨県の「ゆるキャン△」聖地案内がアニメ公式サイトと見間違うレベル 現地をアニメとの比較で紹介”, http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1801/25/news121.html, https://web.archive.org/web/20180101021801/http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/442380.html, 【ツーリズムEXPO 2020】静岡県はアニメ2期が始まる「ゆるキャン△」推し。キャンプ地&モデル地マップを配布中, “2018年1月20日(土)よりTVアニメ 「ゆるキャン△」 とのコラボレーションが始まります”, https://web.archive.org/web/20171225041039/https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2017/12/news_20171222.pdf, 叡山電鉄,アニメ「ゆるキャン△」コラボ企画として「1日乗車券・特別入場券セット」を発売, https://web.archive.org/web/20180404201051/https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2018/03/news_20180319.pdf, “9月15日(土)に「えいでん・ゆるキャン△ ラッピング電車さよならフェスタ」を八瀬比叡山口駅にて開催します”, https://web.archive.org/web/20180827075246/https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2018/08/news_20180824.pdf.