(カタロニア語), čeština (フランス語), oʻzbekcha/ўзбекча (ウクライナ語), 한국어 (リトアニア語), Bahasa Melayu All articles © their respective owners. (アルメニア語), Antônio Carlos Zago pede demissão e deixa o Corinthians - Estadao.com.br. (ノルウェー語(ニーノシュク)), srpskohrvatski / српскохрватски (エジプト・アラビア語), հայերեն (韓国語), català (トルコ語), magyar 「Google急上昇検索ワード関連の重要な記事2件あり」 1.鹿島ザーゴ監督、ネルシーニョ監督は「容体はいい」(ニッカンスポーツ) / 2.鹿島・ザーゴ監督 今季初1万人超の声援受け首位・川崎F討つ「力と自信にして、いい結果を」(スポーツニッポン新聞社) (イタリア語), Nederlands (スロベニア語), shqip アントニオ・カルロス・ザーゴとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 English アントニオ・カルロス・ザーゴとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 (セルビア語), Esperanto (ルーマニア語), Bahasa Indonesia 鹿島ザーゴ監督、ネルシーニョ監督は「容体はいい」, スポーツニッポン新聞社 | 11-13 21:04 Login with Gmail. 鹿島・ザーゴ監督 今季初1万人超の声援受け首位・川崎F討つ「力と自信にして、いい結果を」, 鹿島・ザーゴ監督 今季初1万人超の声援受け首位・川崎F討つ「力と自信にして、いい結果を」, NHK紅白歌合戦・GReeeeN・JUJU・ジャニーズ事務所・SixTONES・日本放送協会・Snow Man. (アルメニア語), English (セルビア語), Esperanto ザーゴのコメントを読んでも、それは分かっているようですね。 ザーゴにしては、早い時間帯での選手交替でした。 ゲーム終了後の三竿とエヴェラウドのコメントを読んでも分かりますが、得点シーンは上田の動きも良かったです。 Antônio Carlos Zago é o novo treinador do Palmeiras - esportes - Estadao.com.br, Antônio Carlos não é mais o técnico do Palmeiras, Inter confirma indício pós-derrota e demite Antonio Carlos Zago, Fortaleza acerta contratação de Antônio Carlos Zago como seu novo técnico, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アントニオ・カルロス・ザーゴ&oldid=77064203. Read Wikipedia in Modernized UI. (ハンガリー語), العربية (ノルウェー語(ニーノシュク)), srpskohrvatski / српскохрватски Copyright © 2009-2016 Dribbble LLC. (ポルトガル語), 中文 (韓国語), català (South Azerbaijani), Cymraeg

(中国語), svenska

(チェコ語), română 出身の元サッカー選手、同指導者。元ブラジル代表。現:J1リーグ・鹿島アントラーズ監督。選手時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。, 通称アントニオ・カルロス (Antônio Carlos) 。日本での選手時代の登録名はアントニオ[1]、ヨーロッパでの登録名ならびに日本での監督時代の登録名はザーゴ (A.C. Zago / Antonio Carlos ZAGO) [2]。, 1990年、サンパウロFCでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートする。そこで3年を過ごしたのちに、スペインのアルバセテ・ブロンピエに移籍するも、1年でブラジルに戻り、サンパウロFCのライバルクラブであるSEパルメイラスで3年間プレーする。1996年には再び海を渡り、日本の柏レイソルに移籍。しかし、1年で母国に戻り、コリンチャンスの選手となる。, 1998年1月にはイタリアのASローマに移籍し、2月11日のレッチェ戦でセリエAのデビューを果たす。ローマでは同胞のアウダイールらと共にDFラインの主力としてチームを支え、特に2000-01シーズンには主にワルテル・サムエル及びジョナタン・ゼビナと3バックを組み、左CBとしてチームの18年ぶりのスクデット獲得に貢献した。, 2002年、5年間を過ごしたローマを退団。その後トルコのベシクタシュJK、母国のサントスFC、ECジュヴェントゥージを経て、2007年にサントスで現役を引退した。, 1991年10月30日のユーゴスラビア戦で代表デビューを果たすと、1993年まで継続して招集される。その後は声がかからない時期が続くも、ASローマでの活躍を受けて1998年から2003年まで再び代表の一員としてプレー。コパ・アメリカ1999のメンバーにも選出され、優勝を経験した。, 母国のコリンチャンスでテクニカルディレクターを経験した後[3]、2009年6月にADサンカエターノの監督に就任。アウェーで古巣パルメイラスに歴史的勝利を飾るなど[4]、監督業として好スタートを切った。2010年2月にはそのパルメイラスの指揮官になる[5]も、成績は振るわず、3カ月で辞任した[6]。, その後いくつかのクラブを転々としたのち、2013年1月に再びイタリアに渡りASローマのアシスタントコーチとなる。同年10月からはウクライナのFCシャフタール・ドネツクでミルチェア・ルチェスク監督のもと、アシスタントコーチを務めた。, 2015年にはブラジルに戻り、監督業を再開。ECジュヴェントゥージを率いたのち、クラブ初の降格が決まったSCインテルナシオナウの指揮官に2016年12月12日に就任した。しかし、2017年5月28日に指揮官の座を下ろされた[7]。同年8月20日にはセリエCのフォルタレーザECの新たな指揮官に就任する[8]と、セリエB昇格を果たした。フォルタレーザの指揮官を務めている同年10月26日に、フォルタレーザとの契約終了後には再びジュヴェントゥージを率いることが発表された。, 2018年、オーストリアの大手企業「レッドブル・グループ」が経営するレッドブル・ブラジルの監督に就任。翌2019年に、当時セリエBにいたCAブラガンチーノ(現:レッドブル・ブラガンチーノ)と合弁し同チームの監督に異動。そして同リーグで優勝を果たし、セリエA昇格に導いた。シーズン後、契約は延長せず辞任[9]。, Antônio Carlos Zago pede demissão e deixa o Corinthians - Estadao.com.br.