明るい部分と暗い部分がある で、コードが付けられます。 市販のスコアの多くはCに置き直してることが多いので、 レギュラーチューニングと同じ弦で4半音も上げたら弦が切れるかネックが反るかギターが壊れるかしかねません。 どうでしょうか?, 余程の難解なメロディじゃない曲じゃあ #、♭がたくさん付いている楽曲では、見間違いに注意が必要です。 テレキャスターベースかオリジナルプレシジョンベースのどちらかで検索かけると引っかかるでしょう。, ギターコードサイトのキーについて。 何度も丁寧に回答いただきありがとうございます!!, 他の人に見てもらう、聴いてもらうということもありだと思います。ただそれが著作権に違反しているのであれば良くないですね。 音楽著作権や法律、用語リスト(簡単な説明付き) 【歌ってみたYoutube編】著作権はどこまで及ぶのか 「著作者の制作物のインストを使用」は即アウト; 弾き語り(楽器を使用)での歌ってみたを投稿する時の著作権について

レギュラーチューニングを弦4本とも4フレット分上げようとしてますか??

あと、曲の途中で長く伸ばす音が といった感じになります。

もしそうだとすれば、4弦から「F#/B/E/A」になりますが、そういう事あまりしないと思う。 他に同じようなことをしている人がいて、してもいいのか気になりまして。問題なければ投稿しようと思います。 って感じです。 このあたりは、音感を養わないと CとFとG 暗い曲で、小節ごとに長く伸ばす音が、 (^-^), 昔のギタリストの人たちはどうやって弦の音程調整をしてたのですか?チューナーは無いっぽいし, 音叉が手軽で一般的で、今も使われています。音叉は音が安定しています。

全弦張れないと、ジャンク品だね。 明るい曲で、小節ごとに長く伸ばす音が、 G 難しいところですね。

丁寧な回答ありがとうございました!, そうですよね。torayoshiさんが正しいようですね。 耳コピ出来る人には、簡単に弾けてしまいますが、難しいようでしたら音符を辿って弾いていく事になります。 キーになる音が『ラ』だったら、Am ギター歴30年間、培ってきた知識をフルに生かして、的確に回答します。, このギターどこのメーカーかわかる方おられましたら教えて欲しいです! 以下あたりでそれぞれの違いを確認してみてください。 感覚が養われていきます。

ベースが小節の頭に何の音を

YouTubeやLINEなどをつかって一般ユーザーが生放送する機会が増えてきました。 インスタグラム(Instagram)にも同じようにだれでも生放送ができる「インスタライブ」機能があります。 インスタライブは芸能人・有名人だけでなく一般ユーザーも手軽に利用できることから人気を集めています。 ときどきインスタライブやストーリーズの投稿でカラオケを歌っている人を見かけませんか?または「自分がそんな投稿をしたことがある」という人もいるかもしれません。, ライブ配信もストーリーズも24時間で消える投稿とはいえ、その配信が著作権を侵害している可能性が十分あります。, そこで今回は、インスタライブでのカラオケ配信について詳しく解説します。特に注意しなければならない著作権についても解説するので、必ずチェックしておきましょう!, ここで言う「カラオケ配信」とは、カラオケ店等にて、カラオケの機材を使って音楽を流しながら配信することを指します。(歌う・歌わないかかわらず), まずはインスタライブでカラオケ配信をしてもいいのか?そして、楽曲を利用する場合の著作権について詳しく見ていきましょう。, まず著作権について覚えておきたいことは「著作権」と「著作隣接権」の2つがあるということです。, それぞれまったく別のものであり、権利者も異なります。カラオケ配信をしたいと思ったときには、著作権だけでなく著作隣接権にも注意しなければならないのです。, インスタグラムは、音楽の著作権を管理するJASRACと利用許諾契約をすでに結んでいます。, そのため、JASRACで管理されている楽曲であればインスタグラムでの利用が可能となっています。, インスタグラムが私たち一般ユーザーの代わりに、JASRACに楽曲の使用料を払ってくれているんですね。, カラオケ配信の場合はカラオケ機材等を使うことになりますが、著作隣接権を持つのは「第一興商(DAM)」や「エクシング(JOYSOUND)」といったメーカーになります。, JASRACは一切著作隣接権を持っていないため、たとえインスタグラムがJASRACと契約していようが関係ありません。, 著作隣接権を持つカラオケメーカーの許可なしには、カラオケ機材を使って音楽を流しながら配信することはできません。, カラオケBOXなどで、撮影・録音した動画・音声を正式な許諾を得ないまま動画共有サイトにアップロードを行ったり、生放送サービスなどで配信したりしてはいけません。, 第一興商やエクシングなどのカラオケメーカーでは、カラオケ楽曲をライブ配信や動画共有サイトで配信することを推奨していないのです。, そのため個人が許可を取るのは現実的に難しく、すなわちカラオケ機材を使ったカラオケ配信はできないという結論になります。, インスタライブに限らず、ストーリーズや動画の投稿等で歌を歌う、または音楽を流すときも同様です。, どうしてもインスタライブでカラオケ配信をしたい場合には、カラオケ機材を使わずに自宅等で配信しましょう。その際の具体的なやり方や注意点を解説します。, 著作隣接権を侵害しないように配信するには、その楽曲をアカペラで歌ったり、自分で演奏したりするといいでしょう。, インスタグラムとJASRACは楽曲の利用についての契約をしているため、こうした「自分で演出する」といった方法なら問題ありません。, 実際にオーディオ機器を使って自分で音楽を打ち込んで流したり、ギターやピアノ等を使って弾き語りをしているユーザーもたくさんいます。, 自分の歌声を自慢したい人も、アカペラの方が綺麗に響くのでおすすめですよ。グループで集まってビートボックス風にする方法も!, ただし、インスタライブで使用できるのはJASRACで管理されている楽曲のみ。JASRACの管理曲かどうかは、こちらのページから調べてみてください。, ボカロ曲を利用したいときには著作権者に許可をもらうか、フリー素材として提供されている曲のみを使うようにしましょう。, ボカロ曲以外でも、フリー素材として音楽を使う場合には引用元をコメント等でクレジット表記すると丁寧ですね。, カラオケ機器にボカロ曲が登録されていても、前述した著作隣接権によりライブ配信では流せません!, カラオケとして歌わず、バックグラウンドで音楽を使用するときにCDやiTunesから流そうとしていませんか?, CDの場合はレコード会社が、iTunesなどの音楽配信サービスはそのサービスの運営事業者が著作隣接権を持っています。, 今度はレコード会社や音楽配信サービスの運営事業者の許可を取らなければいけませんが、こちらも同様の理由で現実的には厳しいでしょう。, インスタライブではカラオケ機材を使えないため、自分で演奏等できない人はアカペラで歌うしかありません。, しかし、インスタライブ以外の配信サービスを利用すれば音楽を流しながら歌う、本当の意味での“カラオケ配信”ができます。, インスタライブにはありませんが、いくつかのライブ配信サービスではあらかじめ「カラオケ機能」が付いているものもあります。, こうしたカラオケ機能付きのライブ配信サービスを利用すれば、音楽を流しながら歌うことが可能です。, カラオケ機能に登録されている楽曲数はまだまだ少ないものの、誰もが知っている有名な楽曲はだいたい登録されているので、その中から選んで歌うようにしましょう。, もちろん、こうした配信サービスはJASRACと利用許諾契約を締結済み。「歌うながBGMも欲しい」という人は、ぜひ使ってみてください!, 「カラオケで思いっきり歌いたい!」という人は、カラオケ会社が運営している配信プラットフォームを利用してみるのはいかがでしょうか?, 例えばDAMを使った「DAM★とも」やJOYSOUNDを使った「うたスキ動画」などは、カラオケの様子を撮影しながら歌い、その動画をアップロードするプラットフォームです。, 多くの“歌ウマ(歌がうまい)”な人の動画を見れば勉強になりますし、自分がアップロードした動画を再生して、客観的に自分が歌っている様子や歌声を確認できるのも魅力。, こうしたプラットフォームを使って、全国共通のカラオケ大会なども開催されているため、カラオケや歌うことが好きな人はぜひ活用してみてください!, インスタグラムはJASRACと契約しているものの、カラオケ機材を使って音楽を流し、それを放送・投稿するなどのネット配信はNG。, このルールはインスタグラムに限ったことではなく、ほぼすべてのライブ配信サービスに共通します。, またインスタライブにこだわらなくて良いという人であれば、カラオケ機能のついたライブ配信サービスやカラオケ会社が運営する配信プラットフォームを使うのもおすすめ。, 著作隣接権を持つのは「第一興商(DAM)」や「エクシング(JOYSOUND)」といったメーカー, 自分がアップロードした動画を再生して、客観的に自分が歌っている様子や歌声を確認できる, カラオケ機能のついたライブ配信サービスやカラオケ会社が運営する配信プラットフォームを使う, 著作権:著作者(音楽やアートなどの創作者)が持つ、自分の著作物の複製・放送・上映などを独占する権利, 著作隣接権:創作者ではないが、著作物を伝達するため、レコード製作者、放送事業者等に認められた権利. 例えば、原曲だと高いのでキーを下げて欲しいという事もありますよね。 よろしくお願いします( ´-`, ギターコードサイトのキーについて。 サイト(J-total music)のオリジナルキー、プレイキー, ベース弾き語りで、キーを+4にして歌いたいのですが、この場合レギュラーチューニングで考えた場合、「B, 私のエレキは一弦を貼っていなく、ピックが緩んで貼れない状態です。 これはジャンク品ですか?. 貴方は素晴らしい! どういうコード進行か分かります。

ない限り、 『シ』だったら、 などで色付けをしている場合が多く とあるギターの教則本を買ったのですが、そこの表記を見ると 短調(暗い)の曲でAmがキーなら ただ、ピアノ譜の場合、音符が縦に2つ、3つ並んでいる事が多いですね。 E ※一時期テレキャスターベースという名前で販売されましたが、その後ギターのテレキャスターに似た型のベースが販売され、検索するとそちらがヒットするでしょう。

最近はおしゃれなコード進行の曲が って感じです。 『ミ』だったら、 そこで、曲を流してそれに合わせてギターを弾くような形の動画を投稿しても大丈夫でしょうか? またオリジナルキー、プレイキーについても詳しく知りたいです。, オリジナルキーはそのまんま。原曲のキーのことです。 明るい曲で

キーになる音が『ラ』だったら、Am 元の投稿者. 私はポピュラーな曲だったら、 出典:https://www.pexels.com/ まずはインスタで著作権が関わる部分をおさえておきましょう。 また、著作権が侵害された場合の申し立て方法も、いざという時のためにチェックしておくことをおすすめします。 Instagramでのギター演奏動画の著作権についてこんにちは。最近アコギをはじめてInstagramに動画を載せようと思います。(20〜30秒ほど)そこで、曲を流してそれに合わせてギターを弾くような形の動画を投稿しても大丈夫でしょうか?他に 出しているかで、判断します。 AmとDmとE ギターとかのコードみてるとG#とかA4?みたいな英語と数字が出てきたりしますが、これって指の置き方という解釈で間違ってませんか?, 和音、音の組み合わせの違い、すなわちギターで言えば指の押さえる場所が違う、ということですので間違ってはいません。 今ね、同じ‘ギター‘のカテゴリーでね常識知らずの質問者がいてね、困っている所だったのです。 正確なコードを聞き取るには、

コロナ禍の影響から、DJのライブ配信イベントが多く行われており、その影響からか私が以前に書いたコラム「DJプレイを適法にする著作権の権利制限規定」が読まれているようです。 皆さんに読んでいただいていることは嬉しいのですが、このコラムを引用しながら誤った内容の記載を行う記事やTweetが散見されます。 また、コラムを読んだ方から、個人でDJのライブ配信をして良いのか?という相談が私に多数寄せられています。 そこで、DJのライブ配信が著作権法との関係で許されるのか、ライブ配信 … ヤフージャパンから、入力して画像検索してみましたが、このタイプは出てきませんでした。

シリアルナンバーが分かれば(彫ってあったり)辿る事も出来るかもしれません。 回答ですが、上の質問は他の方ですので、下の質問に回答しますね。 音程というのは音と音の距離だというように理解しているのですが、別に音の距離が変わったわけでは無いとおもうのですが… http://muuu.jp/chords/#c, ギターの指板上の度数について教えてほしいです。(音楽自体の初心者です。) ハープのキーはおっしゃる通りなんですけど、 そういう場合、度数という表現にしてしまうと、ちょっと分かりにくくなりますので、例えば-3にして欲しいという場合、1が半音ですので、1音半(全音半、3半音などとも言います)キーを下げるというほうが分かりやすいかと思います。 著作権フリーな画像もなかなか見つけられず、わかりにくい質問となってしまい申し訳ないのですが、 Instagramでのギター演奏動画の著作権について

カポが使えないベースの場合、レギュラーチューニングのまま素直に押さえるフレットを4つボディ側にずらして演奏してください。, 私のエレキは一弦を貼っていなく、ピックが緩んで貼れない状態です。

キーになる音が『ド』だったら、C 管弦楽の音源は、オーボエが一般的です。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, Instagramでのギター演奏動画の著作権について こんにちは。最近アコギをはじめてInstagr, カバー動画を撮影する時は自分で演奏をすれば著作権に引っかかりませんか?例えばギター弾き語りなど, クラシックギターコードの押さえ方 ずっと独学でアコギを弾いていましたが、最近クラシックギターを購入し, ギターをはじめてみようと思っています 今アパートに住んで居るのですが、エレアコとアコギどっちの方がい, 【ギター】【初心者】 アコギのギターを買おうと思ってます 初心者が買うにはどれくらいの値段のギターが, 全くの初心者なのですが、 ギターとかのコードみてるとG#とかA4?みたいな英語と数字が出てきたりしま, このギターどこのメーカーかわかる方おられましたら教えて欲しいです!

ここで言う「カラオケ配信」とは、カラオケ店等にて、カラオケの機材を使って音楽を流しながら配信することを指します。(歌う・歌わないかかわらず) まずはインスタライブでカラオケ配信をしてもいいのか?そして、楽曲を利用する場合の著作権について詳しく見ていきましょう。 短3度とは、かなりピンポイントな要求ですね。

明るい曲で ただ、投稿するのがアウトということが知れて良かったです!

「6弦8フレットのC」を1度と考えると「5弦10フレットのG」は音程が5度これはわかります。 CとFとG 長調(明るい)の曲でCがキーなら 詳しい方、教えていただけないでしょうか。, No.6です。 明るい曲で、小節ごとに長く伸ばす音が、

後は、著作権の侵害とは別に、ライブ配信で観客を撮影したことによるプライバシーの侵害等の問題が発生するかもしれませんので、それらの問題についてもご注意ください。 Google ユーザー. ギターだけやってましたがハーモニカも始めようと思いまして。誰か教えて下さい。 G E 初めて聞いた曲でもだいたい

又は、部品を買ってきて自分で直す。 『ミ』だったら、 かなり、稀少なのかもしれません。, これは話がややこしいヤツですね。 で、コードが付けられます。 これはジャンク品ですか?, 楽器店で、メンテナンスをして貰いましょう。 対して「5弦10フレットのG」を1度と考えると「6元8フレットのC」の音程が4度と表記されていました。これがよくわかりません。 ソリッドエレクトリックベースの草分けであるプレシジョンベースの最初の試作モデルがこの様な仕様だったとされています。 『シ』だったり

アウトですか。投稿する前で良かったです。投稿はしないでおきます。 短調(暗い)の曲でAmがキーなら みえてこないですかね。 っというワケで。 ※画像のこのベースは、現在ではオリジナルプレシジョンベースと呼ばれています。 合法的であれば投稿しても全く問題ないようですし(ルール内であれば。)、それが自慢であるとか、失礼だ、などというのは違うと思います(私の個人的意見です。)

度数を下のほうに数えるのはNGかという質問ですが、NGというか定着しているやり方、考え方としては上記に回答したものです。 誹謗中傷などのコメントはお控えください。, そうなんですね! ま、1本1000円ぐらいから買えますので、何本か買ってもいいですけどね。, ベース弾き語りで、キーを+4にして歌いたいのですが、この場合レギュラーチューニングで考えた場合、「B/F♯/D♯/G♯」であってますか?, +4って、4半音だとして。 キーになる音が『ド』だったら、C AmとDmとE

ご回答ありがとうございました。, ご回答ありがとうございます!

増えましたから、テンションコード こんにちは。最近アコギをはじめてInstagramに動画を載せようと思います。(20〜30秒ほど) 基準音源は昔からいっぱいあります。, メロディに合うコードが見つけれません。どうやればしっくりくるコードを見つけられますか, 余程の難解なメロディじゃない曲じゃあ 私もその後調べたところYouTubeはそのような仕組みになっているようで少し矛盾しているなと思いました。 ネットなどにはアップせずに他の人に実際に聴いてもらうことにします。ただ自慢だとかそういうのは述べてませんので。楽しみ方は人それぞれであって、著作権が許可する範囲内ならいいと思います。 つまりカポでキーをずらしているから、プレイ(演奏)はこのキーになる、みたいな話。 なります。 『レ』だったり、 といった感じになります。 サイト(J-total music)のオリジナルキー、プレイキーがDになっている曲はハーモニカもD調の物でいいということなのでしょうか? ギターと言ったら、コード(和音)の件も回答したいのですが、質問が単音という事ですので省略します。, 全くの初心者なのですが、 『シ』だったら、 ユニゾン、ハモリなどで分けている場合がありますし、右手(主に主旋律)と左手に分けて音符が表記されています。 よろしくお願いします( ´-` ), こういう事を言うと、教えてgooに失礼ですが、ヤフー知恵袋のほうが詳しい人(参加人数も多い)ので、そちらのほうが確率としては高いかもしれません。 ありえるのは、ルートより低い音には度数を想定しないという考え方をして、ソから数えてドは4度という… え?そんな考え方なの? と混乱し始めました… このように、きちんと返信して一生懸命に学ぼうとしている、本当に素直でカッコイイですよ。 さんがおすすめしています. 『シ』だったり コロナ禍の影響から、DJのライブ配信イベントが多く行われており、その影響からか私が以前に書いたコラム「DJプレイを適法にする著作権の権利制限規定」が読まれているようです。, 皆さんに読んでいただいていることは嬉しいのですが、このコラムを引用しながら誤った内容の記載を行う記事やTweetが散見されます。 また、コラムを読んだ方から、個人でDJのライブ配信をして良いのか?という相談が私に多数寄せられています。 そこで、DJのライブ配信が著作権法との関係で許されるのか、ライブ配信に絞って、できる限り簡潔(それでも長くなってしまいましたが・・)に整理してみたいと思います。 末尾には、私によく来る質問についての回答も記載しておきます。*間違いのご指摘やご意見があれば、私のTwitterにDMいただければと思います。必要に応じて随時修正していきます。, (1)処理が必要になる二つの権利 DJのライブ配信においては、通常、自分以外の第三者が権利を有する楽曲を使用することになります。 ここでいう「権利」とは、著作権と原盤権(正確には著作隣接権として規定される「レコード製作者の権利」といいますが、ここでは原盤権と呼ぶことにします。)のことをいい、DJのライブ配信においてはこの二つの権利の処理が問題となります。, 著作権とは、楽曲の曲(メロディ、ハーモニー、リズム、テンポなど)や歌詞に関する権利のことをいいます。 原盤権とは、固定された音、つまり、CDや電子データに収録された音源に関する権利のことをいいます。 DJ配信を行う場合、楽曲の曲や歌詞を使用するだけでなく、固定された音そのものを配信して使用することになるため、両方の権利の処理が必要となるのです。, 著作権の中には、楽曲をインターネット配信する権利(公衆送信権)が含まれています。つまり、楽曲の著作権者の承諾なく楽曲を配信することは出来ません。 また、原盤権者も、この固定された音をインターネット送信する権利(送信可能化権=レコードを端末からのアクセスに応じ自動的に公衆に送信し得る状態に置く権利)を有しています。つまり、原盤権者の承諾なく音源を配信することも出来ません。, (2)著作権の処理 楽曲の著作権は、JASRACやNexToneといった著作権管理団体に対して楽曲の著作権使用料を支払うことで処理することが可能です。 DJ配信を行うために必要な許諾は、公衆送信権とそれに伴う複製に関するもの(通常、「インタラクティブ配信」と呼ばれています。)であり、演奏権に関する許諾では足りません。 つまり、演奏権に関してJASRACに利用料を支払っているクラブやライブハウスから配信を行う場合であっても、これとは別にインタラクティブ配信に関する使用料を支払わなければなりません。 もっとも、YouTube、Instagram、Twitchなどのプラットフォームは、JASRACとの間で包括契約を締結しているため、これらのプラットフォームを利用する場合には、個々の配信者がJASRACとの契約を締結して使用料を支払う必要はありません。, ここで注意したいのは、JASRACへの使用料の支払いで使用が可能になるのは、JASRAC等に委託されている楽曲(以下「管理楽曲」といいます。)のみであるということです。 売れ線でないジャンルの楽曲や、レコードでしかリリースされていない楽曲など、JASRAC等に委託されていない楽曲(以下「非管理楽曲」といいます。)は多く存在します。 これら非管理楽曲については、レーベルやアーティストなどの著作権者本人から直接許諾を得なければなりません。 JASRAC等の管理団体に権利が管理されているかは、管理団体が提供しているデータベースにおいて確認することができます(JASRAC:J-WID、NexTone:作品検索データベース)。, (3)原盤権の処理 原盤権については、著作権におけるJASRACのように多数の楽曲を集中管理している団体が存在しません。そのため、一つ一つの楽曲について、それぞれの原盤権者から直接許諾を得なければなりません。 原盤権者が許諾してくれるかは原盤権者次第ですし、許諾に伴う使用料がいくらになるかも原盤権者次第です。実際に、音楽出版社の中には、動画共有サイトにおける使用を一律に認めないという運用をしているところもあるようです。 また、そもそも原盤権者が誰かが分からないこともあります。, 一部のプラットフォームにおいては、原盤権者との間で包括契約が締結されており、当該原盤権者が権利を有する楽曲を使用することができます。 例えば、ニコニコ動画において原盤の使用が許諾されている楽曲はここから検索ができます。しかし、この限られた少数の楽曲のみから楽曲を選択してDJ配信をするということは現実的ではないでしょう。, (4)黙示の承諾があると言えるのか このように、著作権と原盤権を全て権利処理することはとても大変です。もっとも、権利者が全てを包括的に事前に承諾してくれていれば、これを一気にクリアできます。 そこで、DJのライブ配信について、著作権と原盤権の権利者が黙示に承諾しているとは考えられないでしょうか。, 確かに、ダンスミュージックの範疇にある楽曲を制作してリリースする場合、その楽曲が将来的にDJに使用されることは事前に想定されていると思います。 また、特に有名なDJがプレイした場合のプロモーション効果からすれば、是非ともDJのライブ配信において楽曲を使用してもらいたいと考える権利者もいるでしょう。実際に、たくさんのDJ動画がYouTubeなどに長期間にわたって公開され続けており、権利者が承諾しているであろうと考えられるものも存在します。, しかし、クラブの現場でのDJプレイに楽曲が使用されること、これがインターネットで配信されることとの間には、楽曲が使用される態様やこれにより楽曲が耳に入る人数など、質的に大きな違いがあります。 また、楽曲がDJプレイに使用されることを想定していることは、楽曲を無償で使用することを許諾していることを意味するわけではありません。 さらに、DJの知名度によってプロモーション効果の大小は様々であり、このメリットを一般化することはできないでしょう。 以上からすれば、権利者がDJのライブ配信における使用を包括的に事前に承諾していると評価することは困難だと思います。, 原盤権を有するレーベルが、SNSの公式アカウントにおいて、自身が権利を持つ楽曲が有名DJにプレイされている動画を好意的に紹介しているような場合もあります。このような場合であっても、あくまでこの動画におけるこの楽曲の権利の使用を承諾していると評価し得るに過ぎず、この楽曲について一般的にDJ配信における使用を承諾しているとまで評価することは難しいと思います。, なお、管理楽曲の場合には、そもそも楽曲の公衆送信のためにJASRACなどへの使用料の支払いが必要なわけですから、殊更にDJプレイにおける利用においてのみ無償での使用を承諾しているとは考えられないでしょう。, 例えば、個人でYouTubeでDJのライブ配信を行う場合には、 ① 使用する全ての楽曲の原盤権者から、原盤権のライブ配信での使用について承諾を得る。 ② 使用する楽曲の中に非管理楽曲がある場合には、各楽曲の著作権者から、ライブ配信での使用について承諾を得る。という処理が必要になります。, また、仮に事前に承諾を得ていなかったとしても、全ての楽曲の原盤権者と非管理楽曲の著作権者が事後的に承諾をしたといえる場合には、原盤権と著作権の侵害がないということになるので、適法と言えるでしょう。   このように、DJのライブ配信をホワイトに行うことは、非常に多くの法律的なハードルがあります。 私もDJのライブ配信をよく見ていますし、正直に言えば、実際に自分でライブ配信をしたこともあります。ですので、この多くのハードルをなんとか超える手段が欲しいと考えています。 この手段は、配信者側からすれば①と②の権利処理を容易にする仕組みであり、その仕組みは同時に権利者側がDJのライブ配信による使用料の分配を受けられる仕組みということになるのではないでしょうか。, 例えば、原盤権を集中管理する団体が存在したり、非管理楽曲の使用が何らかの団体への使用料の支払いを条件に(非管理楽曲の著作権者はこの団体に使用料支払いを請求できる)自由に行えるというような法律があったりすれば・・・と想像しています。 ①と②の権利処理を試みているサービスがいくつか存在するようですが、全楽曲の著作権と原盤権を処理できるものではなく、まだ決定的なものには至っていないようです。, DJのライブ配信による収益化が、コロナ禍により経済的苦境に立たされているDJ やクラブにとっての大きな救済策の一つであることは間違いありません。 これを機会に、楽曲の自由な利用とこれに伴う利益の分配について新しい法律的なルールを策定するタイミングが今まさに来ているのではないかと思います。 誰もが自由にDJのライブ配信ができ、これにより権利者に利益がきちんと分配されるルールが確立されることを願います。, ① YouTubeは権利処理されていると聞きます。配信して良いのでは? YouTubeがJASRACと包括契約を締結して権利処理をしているのは楽曲の著作権だけです。 原盤権については権利処理がされていませんので、配信者においてこれを行う必要があります。 この点はJASRACのウェブサイトに詳しい説明があります。 ② 視聴者からお金を取らなければ良いのでは? DJのライブ配信が著作権法上適法であるか否かと、収益化の有無は無関係です。 非営利・無償・無報酬である場合に許諾を不要とする規定もありますが(著作権法38条1項)、認められているのは上演、演奏などであって、公衆送信は対象になっていません。 また、私的利用の場合に著作物を複製できるという規定が著作権法に存在しますが(著作権法30条1項)、その対象は複製のみであり公衆送信は対象ではありません。, ③ 権利者の承諾を得ずにDJのライブ配信をしたら逮捕されるんでしょうか? 著作権侵害行為のうち、(1)侵害行為の対価として財産上の利益を得る目的を有し、(2)著作物を「原作のまま」公衆送信するまたはそのために複製する行為であり、(3)権利者が得ることが見込まれる利益が不当に害される場合には、著作権者の告訴なくとも検察官が公訴を提起することができます(著作権法123条1項、同条2項1号)。 投げ銭などDJ のライブ配信により収益を得る目的が認められる場合、⑴と⑵には該当するのではないかと思われます。もっとも、ライブ配信だけであればアーカイブに残らないため、音源の販売により発生する利益を害するという関係にあるか、つまり、⑶に該当するかについては疑問が残ります。 そのため、いきなり検察官が公訴を提起するということは考え難いのではないかと思います。 また、仮にそのような可能性があるとしても、実際に逮捕されるか否かはまた別の問題です(ここから先は刑事訴訟法に関する説明になるので、割愛します)。, もっとも、刑事上の責任がないことは、民事上の責任がないことを意味しません。 権利者の承諾がない場合には、損害賠償責任を負う可能性があります。損害賠償の算定に当たっては再生回数なども考慮されることもありますので、思わぬ金額の賠償義務を負ってしまうこともあります。, ④ 実際に著作権者から損害賠償請求されることなんてあるんでしょうか?可能性が低いならやってしまっても問題ないのでは? 仮にYouTubeでDJのライブ配信をした場合、法的には、使用した楽曲のうち非管理楽曲の著作権者および使用した全楽曲の原盤権者が、配信者に対して損害賠償請求権を有することになります。 権利者が損害賠償請求を行っても配信者が素直に支払いに応じない場合、権利者としては裁判などの法的手続きをとるしかありません。 しかし、法的手続きをとるためには相応のコストがかかります。このコストと損害賠償の金額を比較して、法的手続きをすることまではせずに諦めるという判断も当然あり得ます。 ここから先は個人の価値観の問題になると思いますが、現実に損害賠償請求をされる可能性が低いのであればやってしまえ、万一損害賠償請求をされたらその時は仕方ない、という考え方も一つあるでしょう。 もっとも、楽曲の権利を権利者の承諾なしで使用することは、配信者の出費がなくなることだけを意味するのではありません。その裏返しとして、権利者が本来受け取るべき利益が不当に失われているということをも意味することは、DJをする者としては認識しておくべきだと思います。.