All rights reserved.

ウェッジ3本持ちを推奨する2つ目の理由は、 14本の流れを考えたロフト間隔理論 によるものだ。 どういうことか? 「アイアンの番手間隔は3度~4度刻みなのに、なぜウェッジだけばらつきがあるのか?」 という事。 【試打・解説/伊丹大介プロ】 「これまでは、上の番手でのキャリーの階段について試打検証してきました。今回は、それに合わせたウェッジセッティングです」と伊丹大介プロ。pwのロフトから考えて、ウェッジを何本入れるか。ウェッジを2本入れるのか、それとも3本か。「キャリーの階段」を揃える14本セッティング。 「ウェッジロフトの調整は1度まで。立てるのではなく、寝かす」 タイトリスト ボーケイウェッジは、ロフト46〜62度まで、2度刻みで用意されているが、これにもちゃんと理由があるとボーケイ氏はいう。 「例えば、ロフト57度に調整したい場合は、56度を1度寝かせればいい。言っておく …

All rights reserved. © 2018- 調整方法は、近似値にあるロフトを調整して54度に合わせるのですが、その際『52度』のウェッジを2度開いて(寝かせて)調整するやり方をオススメします。 もちろん、53度(コレも少ないロフト設定)でも構いません。 2.14本の流れを考えたロフト間隔.

2.14本の流れを考えたロフト間隔. 「56度を中心に選んでいくのが基本だよ」“ウェッジの巨匠”ボブ・ボーケイがそっと教えるショートゲーム成功の極意, 「ハーフ39」はどうやって出す!?

アマチュアの天敵とも言えるドライバーでのスライス。初心者を始め多くのゴルファーが、スライスに... 今回は女性初心者ゴルファー向けにドライバーの話をします。ドライバーで大切なことは打ち出し角度... ゴルフスイングでフォロースルーを重要視しない人は多いです。しかしインパクトの後のフォローの軌... ドライバーを飛ばそうとすると、自然に力が入ってグリップを強く握ってしまうものです。そしてテイ... ドライバーショットに自信はありますか?あると答えられるゴルファーは一握りだと思います。安... ベストスコアを目指すのであれば、グリーンにボールを乗せてから如何に少ない打数でカップインさせるか... ドライバーは飛距離を狙う道具ですから、スプリング効果で反発する大きなヘッドが主流となっています。... ドライバーとスライスは切っても切れない関係です。スライスからスコアを大幅に崩してしまうゴルフ... 肩に力が入っていると言われたことはありませんか?ゴルフの場合、肩に力が入っているとスイン... 最近のドライバーは、高弾道で低スピンを売りにしているものが多く出ています。どのような仕組みで... アイアンはフェースの上向き角度であるロフト角が飛距離の打ち分けの役目を果たしています。ロフト... 「ボールが空に吸い込まれるように飛んでいく。」これがゴルファーの醍醐味です。誰しもそんな... プロが使うクラブは剛性が強く、実際に手にするとシャフトの重さが気になるものです。その重さに負... ドライバーの飛距離と方向に影響を与えると言われるコックの使い方ですが、いまひとつ使い方が分からな... 皆さんはドライバーを打つとき、どんなことに気をつけますか。「頭を動かすな」「左の壁を作れ」「... 「アイアンの飛距離」 が気になるゴルファーは多く、市販のアイアンセットはストロングタイプが人気のようです。, 多くのゴルファーはショートホールで同伴プレーヤーと2番手違うと、なぜだか「負けた感」が心に残ってしまうものです。, 結果として自分の飛距離に合わない番手を選択して、鋭角的なダウンブローで飛距離を稼ごうとします。, この多くはジャストミートできずに、ボールの打ち出し角が低くて失速したり、スピン量が増して吹け上がって失速したりと、飛ばすはずがマイナスになってしまうこともあります。, 番手はそのアイアンセットの中でのロフト角順であって、他のモデルの距離とはまったく違うものだからです。, 番手の刻印にこだわっても、対象者のアイアンがストロングタイプで、自分はスタンダードタイプであれば、同じ番手でも1番手、およそ10ヤードの違いがあることも今では普通です。, もしもこの状況で「張り合う」のであれば、インパクトでロフトを立てるしかありません。, スタンスの中心にボールを置いて、両肩から下がった腕を合わせたところでグリップを握ると、そのアイアンのロフト角に合ったアドレスができます。, ここからグリップを左側に移動して、フェースの向きを飛球線に合わせ直すと、ロフトを立てることができます。, いわゆるハンドファーストの構えなのですが、この場合は普通にスイングをすると、インパクトで立てたロフト角を活かすことはできません。, アドレスからテークバックそしてダウンスイングと動作を重ねると、身体の中央でボールをとらえようとしてしまうものだからです。, ドライバーショットの場合にはスイングに勢いがあるので、グリップが左に流れてフェースが開くのを防ぐために、想定される位置でグリップを構えます。, 対してアイアンショットの多くは、距離を調節するためフルショットばかりとは限りません。, インパクトでグリップをハンドファーストの位置にするためには、それを意識したスイングにしなければならないのです。, ハンドファーストで構えることで、アイアンのロフト角を立てることはできますが、インパクトでそのロフト角を再現するためには、普段と少し違ったスイングが必要になります。, 一般的なスイングは上から下への振り子の動きと、背骨を回転軸にした円の動きが混合されたものです。, だからこそ、トップからインパクトまでの瞬間的なダウンスイングでは、ヘッド側が遅れてグリップ先行のハンドファーストの形になるわけです。, ところが20ヤード、つまり20歩先にボールを運ぶ場合には、そんなスイングは必要ありません。, 芝面を掃くようにヘッドをスライドすれば、方向性や距離感に大きな狂いはなくなります。, まして転がして寄せるアプローチの場合には、ロフトを立てることで打ち出し角が低くなり確実性が増します。, そのためハンドファーストで構えるときは、ヘッドをスライドさせてロフト角を変えないスイングをする必要があります。, ただ、ロフト角を立てる目的が「他者に負けたくない」のであれば、この打ち方では飛距離アップを望むことはできません。, いつもの場所よりもボールを右に置けば、ハンドファーストと同じようにフェースが立った状態でアドレスをすることができるからです。, ボールが右にあるほど、フェース面は立つことになりますが、一方でゴルフスイングとして考えると、中途半端で終了してしまうことになります。, 仮に最下点が左よりならフェースが立って、逆に右よりならフェースが開いてインパクトを迎えます。, そのため本来の高さよりも地下に最下点の位置を定めないと、アドレスでロフトを立てるセットはできません。, ちなみに右に置いたボールの真下に、スイングの最下点を移動させることができたとしても、今度はロフト通りのショットになってしまうので移動した意味がなくなります。, アイアンのアドレスで、普段の位置よりもボールを右に置くと、ロフトを立てることはできますが、スイング軌道の途中でインパクトを迎えることになります。, 昔のマッスルバックタイプのヘッドであれば、パンチショットでそれなりの飛距離を得られたかもしれませんが、それでも通常のスイングよりも距離はマイナスになります。, まして現在の高性能なタイプのヘッドでは、反発力を活かすインパクトができずに、かえって飛距離ダウンになる可能性も考えられます。, 現在のアイアンはヘッドスピードを上げるスイングで、ヘッドを振り抜くようにすることとで飛距離を出します。, そのためには、闇雲にボールの位置を右に移動するのではなく、ロフトを立てても振り子のスイング軌道に支障のない範囲に置くことが必要になります。, アイアンを構えるとき、スタンスは肩幅を基準にしていると思いますが、ロフトを立てる場合にはスタンスの幅を狭くします。, 狭くする幅は個々によって違いますが、最初は握りこぶし3個分程度で試打してみて、そこから自分に合ったものを見つけたほうが良いかもしれません。, 距離に換算すると10~20ヤードの違いがあるので、自分でもすぐに実感があるはずです。, スタンスが狭いとインパクトゾーンが短くなって、スイングの最下点がゾーンからポイントになります。, そのため、右足前でスイングの最下点を定めれば、ロフトが立っていてもレベルブローのスイングをすることができるわけです。, 振り子に見立てた縦のスイングは狭いスタンスでクリアできましたが、背骨を中心とした円のスイングではフェースを開いた状態になっている可能性があります。, そのためグリップを少しだけフックグリップ気味に握ることで、フェースの開きに対処しましょう。, ターゲットにボールを運ぶアイアンなのに、飛距離アップを目指す必要があるのかは疑問なところですが、ゴルフ市場やニーズは飛距離に注目しているようです。, 現行のモデルで飛距離を伸ばすためには、狭いスタンスで右足前にボールを置くと、ロフトを立てるセットができるはずです。. 他人と比べてアイアンの飛距離が物足りないと感じるようなら、ロフトを立てるスイングをしてみてはいかがでしょう。 フェースの斜度を1~2番手分立てるだけで、飛距離はアップします。 そこでロフトを立てる構え方と、注意するポイントについて紹介します。 シングルさんが考えた“残り1ホールで2オーバー”でもビビらないための方法.

数多のアマチュア、そしてツアープレーヤーのなかでも愛用者の多い、タイトリスト「ボーケイ」ウェッジ。その「ボーケイ」の生みの親であるウェッジデザインの巨匠、ボブ・ボーケイ氏が、ショートゲーム攻略のカギとなる、ウェッジのロフト角の選び方について語ってくれた!, タイガーもスピースも、ウェッジはアイアンよりも「軟らかめ」。“巨匠”ボブ・ボーケイが教える、ウェッジシャフトの選び方, 愛用ウェッジの「ライ角」何度か言えますか? ボブ・ボーケイが教えてくれたウェッジ選びの“基本のキ”, 「セットのPWは10番アイアン化している」ウェッジデザインのカリスマ、ボブ・ボーケイ氏に聞いた賢いウェッジの選び方, G425、SIMグローレ、ZX、ツアーB、TSi。話題のニュードライバー、プロは使ってる?. 「これまでは、上の番手でのキャリーの階段について試打検証してきました。今回は、それに合わせたウェッジセッティングです」と伊丹大介プロ。pwのロフトから考えて、ウェッジを何本入れるか。ウェッジを2本入れるのか、それとも3本か。「キャリーの階段」を揃える14本セッティング。

ウェッジ3本持ちを推奨する2つ目の理由は、 14本の流れを考えたロフト間隔理論 によるものだ。 どういうことか? 「アイアンの番手間隔は3度~4度刻みなのに、なぜウェッジだけばらつきがあるのか?」 という事。 ゴルフが上達してくると、クラブをカスタマイズしたくなるのがゴルファーの性です。特にグリップやシャ... ボールの方向性に重大な影響を及ぼすライ角、適正な距離感を得られるロフト角、どちらもゴルフにとって重... ドライバーのシャフトは様々なスペックで設計されていてクラブの長さもありしなりを感じやすく、自分のスイ... 短くすると振りやすくなりそうな気がして、今使っているゴルフクラブをシャフトカットしてみようと思った... とにかく、スライスを直したい!クラブをダウンスイングでインサイドに下ろせないアベレージゴルフ... ゴルフクラブのシャフトにはシールが貼っているものがありますが、これは剥がしてから使うものでしょうか。... ゴルフスイングで支障が出ているようであれば、それはライ角が合っていないのかもしれません。アップ... ゴルフと言うスポーツは使用する道具【ゴルフクラブ】が介在し、その道具の性能が非常に大きな役割を持つス... ゴルフクラブのスペックには、長さや硬さ、重量、そしてバランスなどたくさんありますよね。ご自身... ドライバースイングがスライスばかりで困っている。特に初心者に多いドライバーのスライス。ス... ゴルフショップのグリップ売り場へ行くと、様々な太さや素材のグリップがあることに気づきます。ど... 現在世界的に短尺ドライバーが流行しています。ボールコントロールがしやすく、ヘッドの振り抜きが良い... ゴルフを始める、または始めて間もないプレーヤーは悩みますよね。シャフトの硬さフレックスは何が... ゴルフクラブのシャフトの部分を良く見るといろいろな情報が書かれています。初心者の人はそこまで... 雨の日や汗が滴る暑い日にゴルフクラブを振ると、グリップが滑るような気がすることがあります。一... その角度が大きいクラブほどボールはより高く上がり、打ったボールのバックスピン量も多くなります。, 打つときに意識することは、左足荷重であること、ゴロを打つイメージで低い球を打つこと、インパクトでは物を押し出すイメージをすることの3点です。, 打った後の地面を確認したらわかると思いますが、ボールよりかなり手前に打った跡があるでしょう。, しかし、ダフったとしてもボールに力が伝わらず飛距離が伸びないけどボールは上がるという方はダウンブローができています。, プロのスイングで見るとわかりやすいのですが、打った後に(フィニッシュが)左足が返るくらいにならないと体重は左に乗っていません。, ここで注意して欲しいのですが、ほとんどの方はボールの下、又は手前にエッジが入ってしまっています。, ゴルフクラブを改造してロフトを立てるなどのロフト角調整を行う際は、ゴルフショップや工房なのでしっかりと自分のスイングのいろいろな数値を出してもらうことです。, 最近は自分で調整できるドライバーなど出ていますが、自分の感覚だけで変えてしまうと、身体を痛めたり、無意識に身体が合わせにいって上手く当たらなくなったりしてしまいます。, 特にドライバーは、ヘッドスピードが十分でないのにロフトを立てる改造をしてしまうと上手く当たりません。, リアルロフトで正確に打てないのにロフトを立てたところで距離をコントロールするのが逆に難しくなるだけです。, 狙う距離が短いほどコントロールショットしやすいのに、ロフトを立てたことで飛距離が伸び、コントロールショットを必要とする距離まで伸びてしまいます。, 改造するとロフトを立てて打つのと同じ結果にはなりますが、その分更なる技術も必要になってくるということです。, ヘッドスピードが十分でない人、ロフト通りにのショットを打てない人はロフトを立てる打ち方は合わないです。, しかし、ドライバーでヘッドスピードが十分でない人がロフトを立てて打つと大幅に飛距離をロスします。, ヘッドスピードが十分でない人がロフトを立てて打つとこのバックスピンの量がとても少なくなります。, ロフト通りにショットを打てない人は、アイアンの飛距離自体が出てないということになります。, ロフトを立てて打つということはそれをコントロールして打つのでゴルフの基本ができていないと打てない!ということです。, かなり高度なアプローチになりますが、ロフトを寝かせる打ち方で良く耳にするのは「ロブショット」です。, かなりの練習を要しますが、このロブショットが打てるようになると下りのライで、ピンまでの距離もあまりない!ってときに活躍します。, これがしっかりと決まった距離にフルショットとコントロールショットができるまで練習してください。, ロングアイアンだと通常のショットも難しいでのこのくらいのクラブをハーフスイングから練習するといいでしょう。.