主人公とその病院の患者たち、患者たちに不満を与えていた病院側のログラムを守る人々。 カッコーの巣の上でについてみなさんの意見が聞きたいです。僕は先ほど、カッコーの巣の上でを観ました。正直どこが良いのか全く分かりませんでしたそこでインターネットでみんなはどういう感想なんだろうとおもい調べてみました。あるサイトにたどり着いて、そのサイトは 良いor悪い … (そしてこのシーンはロボトミー手術への強烈な批判にもなっていると感じる), 最後、マクマーフィーが持ち上げることの出来なかった水道?を、チーフが持ち上げ、それで窓をぶち破り脱出するというシーンは、『マクマーフィーの意志を継ぐ』というメッセージが込められていると感じた。, マクマーフィーはきっと、残された患者たちの中で、伝説となって生き残るだろう。 演劇、ダンス、ミュージカル(国内上演分)等の舞台の感想、劇評、レビューリンクのまとめサイトです。, {"@context": "http://schema.org","@type": "TheaterEvent","name": "カッコーの巣の上で","location": {"@type": "PerformingArtsTheater","name": "東京芸術劇場プレイハウス","sameAs": "","address": "池袋, Japan"},"startDate": "2014-07-05","endDate": "2014-08-03","performer": {"@type": "TheaterGroup","name": "ホリプロ","sameAs": "https://engeki.kansolink.com/review/horipro.html"},"composer":{"@type": "Person","name": "ケン・キージー"},"director":{"@type": "Person","name": "河原雅彦","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/pkawahara.html"},"actor":[{"@type": "Person","name": "小栗旬","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/pogurishun.html"},{"@type": "Person","name": "神野三鈴","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/pkannomisuzu.html"},{"@type": "Person","name": "武田真治"},{"@type": "Person","name": "大東駿介","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/pdaitoshunsuke.html"},{"@type": "Person","name": "福田転球","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/pfukudatenkyu.html"},{"@type": "Person","name": "吉田メタル","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/pmetal.html"},{"@type": "Person","name": "伊達暁","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/pdate.html"},{"@type": "Person","name": "櫻井章喜","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/psakuraiakiyoshi.html"},{"@type": "Person","name": "駒木根隆介"},{"@type": "Person","name": "木下あかり"},{"@type": "Person","name": "八木のぞみ"},{"@type": "Person","name": "江戸川萬時"},{"@type": "Person","name": "長田奈麻","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/posadanao.html"},{"@type": "Person","name": "山内圭哉","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/pyamauchi.html"},{"@type": "Person","name": "藤木孝","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/pfujikitakashi.html"},{"@type": "Person","name": "吉田鋼太郎","sameAs":"https://engeki.kansolink.com/people/pyoshidago.html"}],"description":"2014年07月にホリプロが東京芸術劇場プレイハウスで上演した舞台「カッコーの巣の上で」のレビュー/劇評のリンク集です。この作品は、ケン・キージーさんの作品を河原雅彦さんが演出しています。1本の劇評を読んでいただくことが出来ます。劇評は2018/02/24に更新されました。","url":"https://engeki.kansolink.com/shows/horipro106.html"}“, 公演ケン・キージー, ホリプロ, 伊達暁, 八木のぞみ, 吉田メタル, 吉田鋼太郎, 大東駿介, 小栗旬, 山内圭哉, 木下あかり, 東京芸術劇場プレイハウス, 櫻井章喜, 武田真治, 江戸川萬時, 河原雅彦, 神野三鈴, 福田転球, 藤木孝, 長田奈麻, 駒木根隆介. 単なる娯楽映画に堕ちていただろう。, この映画においては、近頃の映画で描かれそうな、病院側が完全な悪・打倒すべき敵、というわけではないのだ。, ベテラン婦長であるラチェッド婦長にも、「患者をよりよくしたい」「どんな患者であれ逃げずに面倒を見る」という強い意志と根性がある。, しかし、それがしばしば患者の必要としているものとあわなかったり、一方的な厳しいだけの押しつけになっていたり、患者に寄り添うものではないことが殆どだ。

カッコーの巣の上で ... なんでもかんでも映画は泣けるとでも言っておけば 感受性の高い人とか、レベルの高い感想文だって思ってるのか? 137 kb. ジャック・ブラックの作品だからと期待して見たけれど、最後のほうがかなりぐだぐだ感が・・・。ヒロインが... この映画の監督はこの作品が監督デビューだったらしい。こんな映画らしい映画を第一作品目で作ってしまった... 『はっきり言います。後世に残したい映画です。』時はベトナム戦争。アメリカのとある郊外の若者たちが中心... 学問への苦悩この映画は、とある大学へ進学した主人公の場面から始まる。私自身も大学、大学院と進み研究を... アメリカの荒涼とした大地を舞台にしたロードムービーが好きアメリカ大陸を舞台にしたロードムービーが好き... 「自業自得よりもバッドエンド」他、ミロス・フォアマンの映画カッコーの巣の上でについての感想を一覧表示しています。実際に映画を観たレビュアーによる長文考察レビューが4件掲載中です。レビューンは、「理解が深まる」レビューサイトをコンセプトとしているため、制作者の意図や作品の作られた時代背景をもとにした、レビュアーによる独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューが多く掲載されています。内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。, レビューンは、作品についての理解を深めることができるレビューサイトです。小説・漫画・映画・ドラマ・アニメなど、自分が大好きな作品について深く考察して感想を投稿したり、他の人の解釈を読んで疑問を解決することでよりいっそう作品を楽しむことができるでしょう。さあ、あなたも一緒にレビュー生活をはじめてみませんか?, 当サイトではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。. 彼女は秩序を守らせることが第一になりがちで、それが時に患者を苦しめる。, マクマーフィーはかたやぶりな人間ながら、その患者たちが何を必要としているかを感じ取り、規則を破って自由にそれを実行する。, マクマーフィーは、ラチェッド婦長の規則によってまもられた精神病院のルールに、とことん反抗していく。, マクマーフィーの荒っぽい態度の中に、患者たちへの親愛の情を感じるシーンが多々存在する。, 撮り方も、話している人物に焦点をあてっぱなしにする、という平坦になりがちなドキュメンタリータッチでありながら、退屈することがないのはマクマーフィーが事件を多々起こすからでもあり(笑)、またそれは俳優たちの演技のうまさによるものだろう。, この撮り方によって、まるで自分がその場にいるような錯覚を抱くし、俳優演ずる患者の感情の揺れ動きがよく見えて、釘付けになってしまうのだ。, また、チーフを大男のインディアンにした、という点も興味深い。 カッコーの巣の上での感想一覧. ずっと観たくてたまらなかった映画、『カッコーの巣の上で』。名作として名高いこの作品を、休日にビデオを借りて見てみました。 以下、ネタバレを含みます。 精神病患者ではないのに、労役逃れをしたいがために精神病院に入った主人公マクマーフィー。 演劇感想文リンクへようこそ ... 国内上演分)等の舞台の感想、劇評、レビューリンクのまとめサイトです。 ホーム> 公演; カッコーの巣の上を(1991) WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". ベテラン婦長役の主演女優の演技力のうまさ。 All rights reserved. WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". ブログを報告する. ずっと観たくてたまらなかった映画、『カッコーの巣の上で』。名作として名高いこの作品を、休日にビデオを借りて見てみました。 以下、ネタバレを含みます。 精神病患者ではないのに、労役逃れをしたいがために精神病院に入った主人公マクマーフィー。 さて、「カッコーの巣の上で」の感想です。これを見たときはかなりショックを受けたのを憶えています。わけのわからない事を書いているかもしれませんが読んで頂けたら幸いです。暗いです。 「カッコーの巣の上で」 bs-2 「カッコーの巣の上で」を観ました。ちなみに舞台は刑務所ではなく精神病院でした。1975年度アカデミー賞主要5部門を独占したそうです。途中までは良かったのですが、最後があまりにも強烈で私にとっては重過ぎて後味が悪い感じ。救いがない・・・と言った印象でした。 病院が病いを癒すのではなくむしろ病人を作り出していくところに恐怖を覚えた。難しい題材だがユーモラスに感じる場面が多く救われた。結末はつらかったがチーフの存在が一筋の光となった。やるせないものの静かな感動が波打つ、心に刻まれる作品だった。, なんとも面白さは感じなかった。人権は重要で、尊重すべきだと感じた。上に立つ人間は謙虚でなければならない。最後にロボトミー手術で人格が変わるのはすごい。これは、本当に、すごい映画だと思った。, 重いテーマながらもコメディタッチで、見ていて楽しい気分になった。ただ、最後はモヤっと感が残る。もっとハッピーなのが良かったけど、それではここまで評価される映画になってないだろうな〜, 大好きな映画です。東京来て、これを名画座で見てから、真面目な映画(社会派映画)も観られるようになった。自分にとってのひとつの成功体験です。DVDも買った数少ない映画。(愛する「スターウォーズ」すら持っていないのに)いつかちゃんとレビューします。2019/11/21追記masami さんに、「監督はチェコスロバキア(当時)出身だからか自由への渇望が感じられる」と教えてもらい、心底そうだなと思ったので、忘れないようにここに書いておきます。, この作品の根本にあるのは、「命ある全ての人の人権」だと感じた。刑務所の強制労働から逃れる為、猫を被り、精神病棟へ移ってきたモクスリー。なんの罪を犯したのか、はたまた何かの精神病なのかは、作中では明らかにならない。主役の彼から伝わるのは、教師に反抗するヤンチャ学生のような、ずる賢く、ただ仲間想いで、人間味溢れる、憎めない人キャラクターだ。私もその一挙手一投足に見入ることになった。前情報なく観ていた私は、「あぁ…これは心温まる、厚生ハッピーストーリーなのかー」なんて思ってた。この映画はラストスパートの衝撃が強すぎる…映画ってすごいよな…伝え手の妙により、こんなにも衝撃が、見ている人の脳への、考え方への、固定概念への衝撃が強い…日頃、私たちが精神病患者に抱いている嫌悪感…それは精神病院目線であり、1人の人として分け隔てなく接する、本当の平等な人権は…モクスリー目線にあると思う。婦長の大変さに同情する場面もあり、モクスリーの疑念の表情に共感する場面もあった。十人十色、全てを受け入れるのは簡単では無い、それでも皆、命ある人なんだ。だから大変で難しい。ロボトミー手術が盛んに行われていた時代があったこと…それを現代ならばおかしいと皆が言えること…提唱することで、人類全体が、愛する人の一人一人が幸せになれるようこの作品の根本にあるのは、命ある全ての人の人権についてだと感じた。, ラチェットの厳しさはごく普通。有能な看護師という言葉にも納得のもの。ところがマクマーフィの脱走に同行した患者たちの楽しそうな表情を見ると、そうも思えなくなってしまう。ワールドシリーズを観ると言ってたけど、結局は自由が欲しかっただけ。外の世界を謳歌したほうが患者の治療にも役立つように思えてしまう。まぁ、元来、精神病院なんて患者の更生を促すよりも閉じ込めておくことが主となるんだから、こんな病院はどこにでもあると思う。 脱走が原因で、マックを刑務所に送り返すよりも病院に縛り付けることを主張することになったラチェット。舞台は精神病院であるが、普通の監獄モノのような展開となる。 カナダに逃げるためお別れパーティをこっそりと・・・と計画は吃音のビリー(ブラッド・ドゥーリフ)の童貞お別れパーティみたいな雰囲気となり、酒の飲み過ぎのためか全員寝込んでしまった。ビリーが母親だけには言わないでくれてと懇願するもののラチェットの厳しさのため、彼はそのまま自殺・・・なんと悲しい結果。 精神病院の実情が浮き彫りにされると同時に、自由を求める姿が胸を熱くさせるものの、自発的に入院している患者もいることがすんなり受け入れられない点。それでもチーフが重い水道を壊して脱走を図るエンディングはすがすがしいし、ヨットの上での楽しい思い出が患者たちのマックに対する想いを盛り上げてくれた。 クリストファー・ロイドもいいなぁ~, 個人と体制との対立をシンボライズしているんだろうけど、も一つピンと来ない。婦長さんも自分の仕事をしているだけで、そんなに悪人には見えなかったし。, 30年くらい前の僕は、SFX絡みの洋画ばかり観ていたオタク寄りの少年であった。そんな中本作に出会い、その人間の尊厳をえぐった内容に衝撃を受け、以降は人間ドラマは勿論、ジャンル問わず話題作は片っ端から観まくる、僕を真の"映画好き"にさせてくれた作品です!いやー、本作のジャック・ニコルソンのような、廻りに影響を与えられるパワフルな人間になりたものだ…(もう立派なおっさんだけど), 精神異常を装い刑務所の強制労働から精神病院へ逃げ出すことに成功したランドルPマクマーフィー。院内の絶対的な権力の持ち主であるラチェッド婦長に人間らしさを奪われてしまった患者たちを目の前にし、反体制的な行動で仲間たちを奮い立たせんと戦ったマクマーフィーを描いた作品。なかなか手を出せなかった一本。名作の呼び声の高い作品だがどういった内容がわからずいざ鑑賞。1969年の「イージーライダー」で注目されたジャックニコルソンがその6年後の今作で初のアカデミー賞を受賞したことでも有名のよう。ラチェッド婦長の強権の下、規則に凝り固められた院内においてグループセラピーなど止めてワールドシリーズを観るべきだと主張したり、バスを強奪して魚を釣りに行くなどの過激な行動を繰り返すマクマーフィーは側から見ると序盤はただの問題児的存在だが、ビリーやチェズウィックさらには聾唖のチーフとの交流を通していく中で常に患者たちの中心にいる、なくてはならない存在のようになっていく。脱獄の希望を諦めずに持ち続ける、その自由気ままな生き方に少しずつ変わり始める患者たち。そんな彼らとの別れを惜しみつつ、送別会といわんばかりに始めた脱走決行前夜の深夜のクリスマスパーティーwithマクマーフィーの女友達。翌朝まで泥酔して寝てしまうという笑えるポカの先に起きた笑えない悲劇の数々と変わり果てた姿になってしまったマクマーフィーに心動かされた1人の男が起こした行動に確かに胸と目頭が熱くなった。解説ありきの感動になってしまったのは不本意だが、不気味な人物を演じる印象が強かったジャックニコルソンが不器用ながらも大きな器の男を演じる様に感動した。名作。。, 映画は精神の生き残りに向けて目覚しい賛美歌を形作り、逆境が何であれ、いつも自分自身を保存しなければならないと考える自由を再確認します。私たちがシステムによって挫折したとしても、私たちは自由に考え、自分自身を維持してください。偉大な監督の非常に大きな映画。それは、元の非典型的な存在を激しい慣習に沈ませようとしている機関の試みについての悲劇です。, 見る前は病院側が恐怖政治を執り行っているものなのかと思いきや、別にそうでもない気がした。マクマーフィはわがまま放題で何かしらの拘束処置が必要だと自分でも思った。ただ、ショック療法やロボトミーという手段は頂けないが。結局、どういう精神病院がベストなのか?, 自殺を企画し、入院した。アウシュビッツと同じインパクト。今の日本はこの映画と同じ姿。, 昔の映画館は入れ替え制なんて無かった。当時、この映画とDeer Hunterは劇場で3、4回見た。一日で。10時間くらいスクリーンを眺めてた事になるんだが、その習慣は今も、あまり変わってない。バスケットの肩車シーン。ビリーが自ら命を絶とうとするシーン。マクマフィーの廃人化した姿。チーフが窒息死させる場面。局面局面に感動したり衝撃受けたりしたが、それだけだった。ロボトミー手術の非人間性。独裁的管理社会の恐怖。死の概念と自由の概念。当時は、幼稚なオツムで色んな事を考えたりもしたが、どうしても未だにわからない事がある。「ただのゲス野郎でしかないマクマフィーへ共感してしまう理由」マクマフィーは、自由を手に入れるため、義務を果たさず、ウソをつき続け、周囲を巻きこんだあげく、自らの失敗により最後はロボトミー手術を施されて廃人となる。彼の影響でカッコーの巣の上には、少しだけ変化が現れるが、やはりこの人には共感できる要素は、ゼロだ。チーフがマクマフィーの顔に枕を押しつけた理由は、彼の父親の逸話が伏線となっている。酒におぼれて小さくダメになってしまった父親を始末したのは、チーフ自身だったのではないかと、ここでハッとしてしまう。この作品を不朽の名作と呼ぶのか、と問われると躊躇するが、この映画は一生忘れられない。映画としての価値は正しく理解していなかったけど、こんなに考えたことなど、なかったから。, 友人に誘われて、初めて家族以外で見た映画だと思う。中学1年生の自分にはとても難しい内容なのに、心が揺さぶられた思い出がある。それは主人公の周りを巻き込んで行くダイナミックなキャラクター、自らの最後に自分の感情を吐露して、壁を破って旅立って行くチーフの姿に、これからの自分をダブらせたからだと思う。, 終始楽しい映画でした。みんな生き生きとして、主人公が次に何をするだろうととても魅力的に映りました。時代背景を知らないとわからない描写があります。, ジャック・ニコルソン主演1975年の名作。精神障害の市民講座で講師の先生に薦められてやっとDVDを観た。いい映画だということは以前から知っていた。閉鎖病棟の日常と、精神病を装っている主人公と病棟の看護婦長との病棟内での闘いの映画。「人生とは命をかけた闘いである」と改めて知る映画。やはり名作である・・, 精神病院の人間ドラマを描いた作品で、今回は時代背景を知った上で鑑賞しました。メッセージ性もあり、登場人物1人1人のキャラも良いので、非常に見応えのあるヒューマンドラマです。, 鬼の看護婦長を演じるオスカー女優ルイーズ・フレッチャーの情感のない冷たい顔つきが、とても印象に残りました。今の日本には失言や暴言を繰り返すアホな政治家どもが、余りにも多すぎます。とても正常な人間とは思えない彼らにこそ、ロボトミー手術を施す必要があるのではないだろうか。ついでにトランプ大統領もやっとく?このまま奴を放置しておくと、今にも北朝鮮と戦争をおっぱじめそうだからさ。, 【2週間無料トライアル】メジャーからZ級まで世界中のホラー映画・ドラマが《見放題》, “アマゾンズ”谷口賢志「劇場版 仮面ライダーセイバー」にゲスト出演!「何かの細胞が躍ります」2020年11月15日 09:30, 【「バック・トゥ・ザ・フューチャー」評論】35年を経た今でも容易には越えられない、エンタメの“ワールドレコード”2020年11月15日 06:00, のん×林遣都「私をくいとめて」 大九明子監督が語り尽くす“綿矢文学”の魅力2020年11月15日 11:00, 岡田准一「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」にカシラ役のインコが続投! 新カットお披露目2020年11月15日 10:00, セーラー服の幽霊がストローで鼻血を吸う…「海の底からモナムール」衝撃シーンおさめた予告編2020年11月15日 09:00, 「鬼滅の刃」興行収入200億円突破! 歴代興収ランキング5位に2020年11月9日 12:12, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定2020年11月7日 08:00, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?2020年11月12日 14:00, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場2020年11月10日 13:00, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編2020年11月10日 06:00, “アマゾンズ”谷口賢志「劇場版 仮面ライダーセイバー」にゲスト出演!「何かの細胞が躍ります」, 【「バック・トゥ・ザ・フューチャー」評論】35年を経た今でも容易には越えられない、エンタメの“ワールドレコード”, 岡田准一「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」にカシラ役のインコが続投! 新カットお披露目, セーラー服の幽霊がストローで鼻血を吸う…「海の底からモナムール」衝撃シーンおさめた予告編, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編, 「ストックホルム・ケース」(C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. カッコーの巣の上での映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全53件。評価3.8。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 刑務所の強制労働から逃れるため精神異常を装ってオレゴン州立精神病院に入ったマクマーフィは、そこで行われている管理体制に反発を感じる。彼は絶対権力を誇る婦長ラチェッドと対立しながら、入院患者たちの中に生きる気力を与えていくが……。, ランドルは院長のスピービーと面会して、収容されたのは精神鑑定を受けるためだと言われる。, 暗いセラピーに嫌気が差したランドルはトランプをいじってマティーニはラチェッドに聞いていたのか?と怒られる。, そして大男に話しかけるが反応がない。しかしバスケを教えるが男は何も話さず職員から話しかけても無駄だと言われる。, ハーディングはラチェッドが手強いと話してランドルは1週間以内にラチェッドをキレさせる賭けを開く。, そしてまたセラピーが始まり、今夜の予定を変更してワールドシリーズを見ることを提案。, ラチェッドは多数決をとることにしてチェズウィックと何人かはビビりながら手をあげるがあまりみんな反応しない。, そして自殺未遂したことを詰問されて、チェズウィックはまたワールドシリーズを見たいとラチェッドに言う。, ランドルはあと1人の票を得るために他の患者たちに声をかけるが誰も理解してくれない。, チーフに話しかけて手を挙げろと話すが反応せず、ラチェッドに明日にしようと言われる。, しかしチーフは手を挙げて過半数の票を取り、ラチェッドに取り合うがセラピーはもう終わったと言われる。, スピービーは4週間見てきたが君には精神異常は見られない。君こそ騙してるのでは?と話す。, キャンディとランドルは船室で関係を持とうとするがマティーニが興味津々で覗いてみんなも覗く。, そして大きな魚を釣って帰るが港にはスピービーが来ていてランドルは危険人物だとされる。, スピービーはランドルを元の農場に送還したいと話して、医師たちはどうしたものかと頭を抱える。, チーフはコートからコートに動いてゴールの下でポイントゲッターとディフェンスをゆったりこなす。, すっかりリーダーとなったランドルは医者が自分を好きなだけ拘束できることを教えてくれなかったのかとセラピーでラチェッドに問いかける。, チェズウィックはなぜ自分のタバコがないのだと話して、ラチェッドは賭けでランドルが儲けてるからだと話す。, チェズウィックはルールなんか要らないと話して暴れ出してランドルも落ち着けと諭すが止まらない。, ランドルは落ち着かせるためにナースステーションのガラスを破ってタバコを渡すが取り押さえられる。, そこは俳人同様の人たちがいる病棟で薬を渡されるがチェズウィックは泣き出してパニックに。彼は職員に連れ去られる。, チーフは自分にはできないと話して、自分のオヤジはデカイ漢だったが酒に溺れたと話す。, タークルはローズを連れて楽しむことになり、ランドルは寝ているみんなを放送で起こす。, ラチェッドは患者たちに詰問してビリーはキャンディと関係を持っており、素っ裸で出てくると患者から拍手を受ける。, そして追い詰められるがそこに血塗れのナースが来てビリーがガラスで首を切り、自殺していた。, ランドルも様子を見て脱出のチャンスを失い、日課の通りにしろと話すラチェッドの首を絞めてじつ。, そして脱走しようと話しかけるがランドルの反応はない。彼はもはや電気ショックを受けた影響で廃人となっていた。, そしてベッドに横たえてランドルの顔に枕を押し付けて窒息させて殺害。廃人となった彼を救う。, チーフは部屋を去り、ランドルがかつて動かせなかった持ち上げたものには奇跡が起こると話した水飲み台を持ち運んでガラスに投げて窓を割る。, そしてそのまま脱走してその様子を見てテイバーは大はしゃぎ。チーフは走り去り、自由を勝ち得たのだった。, かなり昔の映画ですがとても印象に残っています。とにかくチーフが話した場面が印象的。笑。, ラチェッドの役の女優さんはこの映画でめちゃくちゃ注目されてます。チーフの俳優の人生も変えた作品ですね。, とても悲しくもいるラストだけど、何が正しいのかはわからない。ただ、メッセージ性は確かにあるよね。, カリブの海賊は仁義…パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち 感想、ネタバレ.