Copyright(c) 2020 カブトムシを初めて飼育するときに読むサイト All Right Reserved. 夏も終わりを迎え、カブトムシを飼育していた飼育ケースをふと覗いて見ると、幼虫が数匹いた!って経験ないですか? カブトムシをペアで飼育してると、やっぱり期待しちゃいますよね。 でも、いざカブトムシの幼虫を発見しても、ここからどうしたらいいの? このページでは、カブトムシの幼虫の飼育に適したケースやマットの量、交換頻度など、幼虫の飼育方法についてお話ししました。 幼虫2~3匹であれば、幅30cmほどのケースが目安です。土は、ケースの高さ9割を目安にたっぷりと入れましょう。 でもカブトムシは夏の限られた期間だけのお楽しみ。カブトムシは冬を越すことができません。, カブトムシを飼育するにあたって、大切なマット交換の時期や、オススメの飼育マットをご紹介します。, カブトムシは夏になれば採取することもできますし、ショッピングセンターやホームセンターでも購入することができます。, カブトムシのつがいから、幼虫が産まれてさなぎとなり、成虫まで、少しでも長生きできるよう、大切に育ててあげましょう。, 最低これだけそろっていれば、カブトムシを育てることができます。とても簡単ですよね。, 餌は何を食べるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、カブトムシはマット(土)が餌なのです。, 大きなカブトムシを育てたいと考えるのであれば、マットの栄養分が大切になってきます。, 自宅で飼育する場合、自然の腐葉土に近づけたいと考えますが、それはかなり難しいことです。, 一部のクワガタなどと違い、成虫のまま冬眠することができないので、夏が終わるころには死んでしまいます。, 昆虫マット、カブトムシマット、クワガタマットなど、○○マットと書かれているものが多く販売されています。, 昆虫飼育の初心者ですと、そもそもマットって何?と思いますし、いったいどれを買えばよいのでしょうか。, 発酵させてあるものが多いので、発酵マットとも呼ばれています。(一部、発酵させていないマットもある), カブトムシの産卵用には幼虫のえさ用マットでも使用した、二次発酵マットがオススメです。, マットに十分な深さがないと、変形や羽化がうまくできなくなる可能性が高くなってしまいます。, マット交換をせずに長い期間放置しておくと、マットよりも糞の方が多いんじゃないの?というくらい、糞が増えてしまいます。, 冬眠しているところを起こしてしまったから、幼虫が死んでしまう…ということはありません。, ただ気持ち良く熟睡しているところを、起こされてしまうのは気分が良いことではありません。, 冬眠前の秋ほどモリモリと栄養を蓄えるわけではありませんが、食事としてマットが必要になります。, しかし平均的に考えた場合のマット交換オススメ時期は、10月上旬と4月上旬で良いでしょう。, マットの量が減ってきた場合、糞がとても目立つ場合、いつでもマット交換をしても良いです。, 室内飼育などで早ければ、4月下旬から蛹室をつくりはじめ、5月上旬に蛹になるカブトムシもいます。, 新しいマットを交換する2、3日前に湿らせておくと、発酵して出てくるガスを抜くことができ、幼虫の酸欠防止となります。, 天日干しができない場合は、マットの袋を開けてマットを混ぜ、空気に触れさせましょう。, 春に行うマット交換の際は、サナギ室を強固にする為、少しの糞を残しておいても大丈夫です。, たくさんの幼虫を育てるのであれば、大きな衣装ケースを使用するか、飼育ケースを何点か準備しましょう。, マットは飼育ケースの8割程度。最後にマットの上へ、避難させていた幼虫たちを戻します。, 発酵マットはカブトムシの大好きなクヌギやブナなどの樹木チップを発酵して作られたものです。, 発酵していないマットは栄養価が低いのですが、発酵マットは幼虫の成長に必要な栄養がたくさん含まれています。, 発酵マットには一次発酵と、二次発酵があり、カブトムシは発酵が進んでいる二次発酵マットを好みます。, 産卵を考えていない成虫カブトムシの飼育であれば、広葉樹や針葉樹からできたマットがオススメ。, 埋め込みマットと呼ばれており、発酵マットのように土っぽくないことから、カブトムシの管理がしやすいことが特徴。, 粒子が細かい発酵マットを選べば、マットの隙間がすくなく崩れにくいので、カブトムシも安心して多くの卵を産みます。, 粒子が細かい発酵マットを選べば、卵から幼虫がかえった際も、すぐに栄養満点な餌が食べられます。, カブトムシ飼育にはマット選びがとても重要です。オススメの飼育マットをご紹介しますね。, 自然の中により近い環境で飼育ができ、幼虫が大きく成長するために必要な栄養素たっぷり。, カブトムシ専用マット・カブちゃんマット 10L(カブトムシ産卵・幼虫用マット)【…, 【MAX350円OFFクーポン】 三晃商会 育成マット 10L 【外産カブト虫、…, 国産カブトムシはもちろん、コーカサスオオカブトやヘラクレスオオカブトなどの外国産カブトムシにも使用できます。, 100%天然の広葉樹材を細かく粉砕しており、発酵菌を使い長時間の発酵を行っています。, 選りすぐった天然素材のみを使用し、成虫の昆虫につくダニだけを除去するために特殊処理が行われています。, 埋め込みマットとしてだけではなく、土マットに混ぜて使っている方もいらっしゃいます。, カブトムシのマット交換を中心に、育て方を確認してきましたが、いかがでしたでしょうか?, 幼虫時代にどれだけ栄養をたっぷりとることができるかで、大きい幼虫になれるかが決まるのです。, 初心者にとって、カブトムシを幼虫から育てることは、難しく考えてしまうかもしれません。, せっかく幼虫からカブトムシを育てているのですから、びっくりするような大きくてかっこいいカブトムシを育ててみたいですよね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

今回はカブトムシの幼虫の飼育において大事なマットについて調べてみました。 マット交換の仕方. カブトムシの幼虫を飼いはじめたんだけど、土の交換が必要ってしってどのタイミングで買えたらいいのかわからない…なんてお悩みではありませんか?どんなタイミングでどんな頻度で土の交換が必要なのかをまとめています。 「カブトムシに卵を産ませて、幼虫から育ててみたい」と夢見る子供は多いです。親としては、なんとか子供の希望を叶えてあげたいですよね。, ただ、そこで問題になるのが、幼虫の飼育方法です。幼虫の育て方なんて、知らない人がほとんどだと思います。僕も、はじめは「土を入れたケースの中で放置しとけばOK…?」くらいの知識しかありませんでした(汗), カブトムシの幼虫を飼うとき、使用するケースの大きさは幼虫2~3匹に対して幅30cmほどのものが目安です。幼虫のエサとなる土(マット)は、ケースの約9割の高さまでたっぷりと入れて下さい。土の上に糞が目立つようになったら、新しい土に変えてあげましょう。, このページでは、カブトムシの幼虫の飼育に適したケースやマットの量、交換頻度など、幼虫の飼育方法について解説します。, 夏が終わり、飼っていたカブトムシたちがいなくなった頃、ケースの中では幼虫たちがスクスクと育っています。土は定期的に交換し、幼虫たちが元気に成長できる環境に整えてあげましょう。, 使用するケースの大きさは、幼虫1匹なら幅15cm、幼虫2~3匹なら幅30cmほどのものが目安です。土をたっぷり入れられるよう、深さ20cmくらいの水槽型のケースを用意して下さい。基本的には、カブトムシの成虫に使っていたケースで十分ですよ。, とはいえ、幼虫の数によってはケースが足りないかもしれません(汗) 幼虫のためにケースを買い足すのも…少しもったいない気がしますよね^^;, ただ、幼虫は大きくなれば、1匹あたり1ヵ月につき2Lもの土を食べます。カブトムシの一般的な飼育ケースの容量は、14Lほど。土は幼虫の住処(すみか)も兼ねていることを考えると、1ケースに最大5匹までが限度です。, また、幼虫を密集させて飼育すると、さなぎや成虫になれない子も出てくるといいます。幼虫のことを考えれば、できれば、数に合った大きさのケースを用意してあげたいですね。, 幼虫用のケースは、ペットボトルでも代用することができます。幼虫の数が多い場合、ペットボトル容器をリサイクルして利用するのもアリですね。, ①2Lのペットボトルを用意する(上3分の1くらいの位置に横ラインの凹みがある円柱型のものがベスト), ②ペットボトルの上部をカッターやハサミを使って切る(横ラインに凹みがあるものは、その線に沿って切っていく), このように、ペットボトルを使えば、簡単にケースを作ることができます。用意するペットボトルは、500mlサイズのものでもOK。ただ、2Lの方が土をたっぷり入れられることから、おすすめです。カッターやハサミ、ペットボトルの切り端で手を傷つけないように気をつけて下さいね。, ペットボトルでケースを作れば、ケース代の節約になるだけでなく、次のメリットもあります。, ペットボトルで作ったケースは、通常のものより幅が狭く、土の中の様子を観察しやすいです。ペットボトルの壁際に幼虫がいる、なんてことも、よくありますよ。, また、幼虫は、地盤がしっかりしているところに蛹室を作る性質があることから、ペットボトルの壁を利用して蛹室を作る可能性があります。蛹室とは、幼虫が蛹~成虫へと変わる過程を過ごす専用の部屋のことです。そうなれば、ペットボトルの壁越しに、幼虫から蛹へと蛹化、蛹から成虫へと羽化する様子を観察できます。, 幼虫の数が多くて困ったら、ペットボトルをケース代わりにして育てるのも方法のひとつです。, ケースを用意できたら、幼虫のエサとなる土をたっぷり入れましょう。成虫のカブトムシの大きさは、幼虫の頃の大きさで決まるといいます。幼虫がぐんぐん育つよう、十分な土を与えてあげて下さいね^^, ケースに古い土が入っているようなら、まずはその土を処分します。新聞紙を5枚ほど重ねて敷き、その上にケースをひっくり返しましょう。ケースを完全に空にしてから、新しい土を入れるようにして下さい。ケースの汚れが気になるようなら、サッと水洗いすると良いですよ。, 新しい土は、ケースの9割ほどの高さを目安にたっぷり入れます。袋からザザッと直接注げばOKです。このとき、古い土も3割ほど加えるのがポイントです。古い土を混ぜることで、幼虫が新しい環境に早く馴染みやすくなります。, ここで気をつけたいのが、土の乾燥です。カブトムシの幼虫も、成虫と同様に乾燥を嫌います。, 土が乾いている場合、ケースに土を入れる手を止めては、霧吹きで土を湿らせましょう。その作業を繰り返します。土は、軽く握れば固まり、指でつつけば崩れるくらいに湿り気があるのがベストです。使用するのは、水道水でOKです。, ケースに土を入れ終わったら、幼虫を新しい土の上に置きます。すると、幼虫は自分から土の中に潜っていきます。, 土は、幼虫の糞が目立ってきたら交換するようにして下さい。だいたい1ヶ月半ほどが目安です。, 幼虫の糞は、黒い楕円形をしています。土の上の糞が目立ってきたり、幼虫が頻繁に土の上に出てきたりするようであれば、土が糞だらけになっているサインです。, 4月になったら、土の交換はストップして下さい。幼虫は、この頃から蛹になる準備を始めるからです。, 幼虫は、蛹になるときに自分専用の部屋をつくります。これを「蛹室(ようしつ)」といいます。これを崩すと、せっかくの蛹が死んでしまう可能性が高いです。蛹室は、蛹をカビや細菌、敵から守るバリアの役割をしています。, そのため、土の交換は3月を最後に留めましょう。そのときの土の交換方法については、こちらのページで詳しく説明しています。, ここからは、カブトムシの幼虫を飼うときのポイントについてお話ししていきます。それは、次の5つです。, 幼虫を飼育するため、ケースに入れる土は、必ず「広葉樹の腐葉土」を使ってください。カブトムシの幼虫は、広葉樹の腐葉土をエサに成長します。, ヒノキなどの針葉樹を使っている土やチップ状のマットでは、幼虫は食べられません。これらは、成虫専用の土です。幼虫を飼育するときは、袋に「幼虫用」と書いてある土を選びましょう。, 「バイオ育成幼虫マット」は、広葉樹の葉を高熟成・高発酵して作ってあるのが特徴です。そのため、使用中に再発酵して温度が上がる心配がありません。また、トレハロース・アミノ酸・プロテインが配合となっていることから、栄養もバツグンです。, バイオ育成幼虫マットは、初心者でも幼虫を大きく育てられるようになっている土。幼虫が大きく成長できるよう、過ごしやすく、食べやすい土を用意してあげて下さいね^^, 幼虫を直接手で触れるのは、厳禁です。手の熱で幼虫が弱ったり、雑菌がついたりするからです。, 土を交換するとき、幼虫は、使い捨てのスプーンなどを使って優しく移してあげて下さい。スプーンがない場合は、長方形に切った厚紙をV字に曲げてヘラを作り、それを使ってもOKです。幼虫が小さいうちは、誤って傷つけないよう、特に細心の注意を払いましょう。, せっかくの幼虫が弱って死ぬことがないよう、土の交換はくれぐれも気をつけて下さいね。, カブトムシの幼虫を飼っているケースは、直射日光が当たらない涼しい場所に置いてください。涼しいといっても「寒い」のはダメです。冬の寒さと夏の暑さを考えると、ケースは玄関や廊下に置いておくのがベストです。, たしかに、「野生のカブトムシは外にいるんだから、ケースも外に置いておけばいいじゃん」と思う人もいるかもしれません。ただ、ケースの中の温度は地面に比べて気温の影響を受けやすく、カブトムシにとって過酷な環境になりやすいです。また、外で飼育すると、他の虫が入り込む可能性もあります。, 幼虫を入れたケースは、玄関や廊下など、適度な温度を保てる場所に置くようにしてください。, ケースの中の土は、乾燥させないよう気を配りましょう。土の表面が乾いてきたら、全体的に霧吹きをして湿り気を加えて下さい。, ケースに穴の空いたシートを被せておけば、土の乾燥を防ぐことができて便利です。市販のものであれば、コバエ防虫シートを使うと良いですよ。コバエ防虫シートは、ホームセンターのペット売り場のほか、100円ショップでも購入できます。, 土の乾燥を防ぐため、コバエが出入りしにくい設計のケースを使う方法もあります。蓋の穴が小さい造りになっていることから、ケースの中の湿度を保つことができます。, こまめに霧吹きをするのは面倒だし、シートはいわば消耗品です。一旦クリーンケースを買ってしまえば、後は霧吹きの手間もシートの買い足しも必要ありません^^ おすすめです。, カブトムシの幼虫を飼育していると、ケースの中にダニが発生することがまれにあります。ただ、ダニは、基本的には気にしないで下さい。, 幼虫の餌となる腐葉土は、自然の環境下で広葉樹の葉を発酵させて作ります。そのため、ダニが潜んでいることもあります。ダニは、自然界ではごく普通なもの。ダニがいても、幼虫の成長には影響しないので安心して下さい。, とはいえ、ケースの中にダニがいると思うと、良い気持ちはしませんよね^^; ダニがどうしても気になる人は、土を丸ごと交換してしまいましょう。, 幼虫の体に付いたダニを歯ブラシで払おうとするのはNGです。幼虫の皮膚は弱く、体を傷つけてしまいます。ダニに対して、あまり神経質になり過ぎないようにして下さい。, なお、幼虫の体に黒い斑点が出てきたら、病気になっている可能性が高いです。他の幼虫にうつるのを避けるため、その幼虫だけ隔離して育てましょう。, 幼虫を飼育するときは、これらのポイントを守るようにして下さい。そうすれば、次の夏には、立派な成虫になって、土の中から出てきてくれますよ^^, このページでは、カブトムシの幼虫の飼育に適したケースやマットの量、交換頻度など、幼虫の飼育方法についてお話ししました。, 幼虫2~3匹であれば、幅30cmほどのケースが目安です。土は、ケースの高さ9割を目安にたっぷりと入れましょう。土の上に糞が目立ってきたら交換のサインです。幼虫に直接触れないように注意して、土を入れ替えてあげて下さい。, 幼虫のため、ケースに入れる土は、必ず広葉樹の腐葉土を使用します。ケースの土は、乾燥しないように注意してください。ダニが発生しても、基本的には気にしなくてOKです。. マットは幼虫のご飯でもあります。 マットを上から追加していくと古いマットが下に残ってしまうので、 衛生上あまりよくありません。 カブトムシを飼育するにあたって、大切なマット交換の時期や、オススメの飼育マットをご紹介 します。 カブトムシは夏になれば採取することもできますし、ショッピングセンターやホームセンターでも購入することができます。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); (C) 2015シットピ|年間行事や冠婚葬祭で必要となるお役立ち情報をまとめてご紹介!, カブトムシやクワガタの幼虫にとって、マットは食料でもあり、ふかふかの棲み家でもあるわけですね。, 腐葉土も園芸コーナーで販売されていますが、腐葉土を自宅で使用することは、いろいろなトラブルが発生します。, 国産のカブトムシは冬眠中でも少量の食事はとっています。完全な冬眠状態ではないのです。, マット交換が原因で幼虫が死ぬということはほとんどありません。死ぬ理由はマット交換以外の可能性が高いです。, 木材そのものの色なので、黒いカブトムシの観察がしやすいですし、マットが乾燥しているのでカビも生えにくいです。. 夏も終わりを迎え、カブトムシを飼育していた飼育ケースをふと覗いて見ると、幼虫が数匹いた!って経験ないですか?, でも、いざカブトムシの幼虫を発見しても、ここからどうしたらいいの?温度管理とかどうしたらいいんだろう?, カブトムシが幼虫から成虫になるまでには、色々と気を使わなければいけないことがたくさんありますが、ここでは、幼虫を飼育するのに最適な温度管理、どんな環境で飼育すればいいの?に焦点を絞って初心者の方でもわかりやすく解説していきたいと思います。, そして、カブトムシが幼虫から成虫になるまでの期間はほぼ土の中にいますので、こまめに土の入れ替えも必要です。, また、飼育ケースは少なくても20cmくらいの高さが理想で、その中に約15cmくらいまで土は入れてあげましょう。, 土はホームセンターで幼虫用マットというのが売ってますので、それを用意してあげればいいと思います。, カブトムシの幼虫は、基本的には常温で飼育しても問題ありませんが、温度にして5度〜20度の間が理想です。, 特に冬場は5度を下回ることもありますので、その時は少し大きめの段ボールや発泡スチロールを用意して、その中にホッカイロを入れて温度調整してあげるといいですよ。, ただし、この時ホッカイロが直接飼育ケースにくっつかないようにし、少し離して空気を温めるようなイメージでいいと思います。, また、カブトムシの幼虫は乾燥にも弱いので、霧吹きなどを利用して、土には適度に水分を含ませておきましょう。, こうして、秋から冬を越し春になる頃まで我が子のように大切に飼育してあげると、5月〜6月頃にはサナギになり、夏には立派な成虫になってくれます。, この時期に土交換をすると、サナギになるための蛹室を壊してしまう恐れがありますので、4月に土交換をしたらそのあとは触らず静かに見守っておきましょう。, その為、マットの深さが足りないと縦に蛹室を作ることができないので、深さとしてだいたい15cmくらいのマットを敷いてあげることが必要です。, そして、4月最後のマット交換の時も、マットを手で握ったときに柔らかい土団子ができるくらいの水分を含ませてあげましょう。, ご自身の手で幼虫から成虫まで手塩にかけて育ててあげることで、成虫になったときのカブトムシの思い入れも人一倍大きくなり、命の繋がりみたいなものを実感することができると思います。, お子さんと一緒に観察することで、お子さん自身が何かを感じ、学び成長する機会になるかもしれませんね。, ぜひ、ご家族で幼虫の成長と新たな命の誕生を実感して頂く貴重な機会になればいいなと思います。, 蛍ってどこにいるの? 虫だから夏に空を飛ぶものなのか? 案外知りませんよね。 都会に暮らしていれば、見る機会はまずありませんよね。 大人でも見た経験がある方の方が少ないでしょう。 蛍についての知識から観察のマナーまで紹介しますので参考にしてみて下さいね。 蛍が見られる時期はいつ?九州・関西と関東で違うの?, カブトムシの飼育を開始するにあたって色々と準備が必要です。 特に多頭飼育を考えている方はケースの大きさに悩む事でしょう! 基本的には、売られているカブトムシは単独飼育でケースに入っているものか多いですが、最近では多頭飼育が人気があります。 では、多頭飼育にするには、それなりのケースの大きさが必要になりますよね。, ジメジメした季節にやってくるテンションの下がる存在のナメクジさん。 ゴキブリさんよりはマシですが、お風呂やキッチンに不意打ちで姿を見たときは、何で?どこから?他にもいる?とプチパニックになりそうな時も。 そんな瞬間に出来る対応と、ナメクジさんをなるべく家の中で見なくてすむ方法を紹介したいと思います。, おたまじゃくしを飼う! ~おたまじゃくしがカエルになるまで~ 田んぼに囲まれた田舎で生まれ育った私には、非常に馴染みのある生き物『おたまじゃくし』。子どもと近所を散歩中、出会う『おたまじゃくし』は数知れず‥初夏は、カエルの大合唱が気になって眠れないほどです。, 夏の陽射しが強くなり、セミの鳴き声が一段と大きさを増しはじめた頃に、ふと頭の片隅によぎる存在昆虫の王様「カブトムシ」。 夏の代名詞とも言えるこのカブトムシ、実は暑いところが苦手って知ってました? このことを知らずにカブトムシを飼育してる方って、案外多いんじゃないでしょうか。, ご家庭で生き物の飼育をしたことがありますか? 金魚やメダカ、カブトムシなど、「子どもの頃家で飼ってた」「学校でみんなで育てた」という人もいると思います。 我が家では、長年、父の趣味でメダカとクワガタを飼っているので、祖父の姿を見ていた息子は、生き物が大好きです。. カブトムシを飼ってます。 成虫のマット交換はどれくらいの頻度がベストですか?2週間やら1週間やら、匂いが気になったら!やら…色々あり混乱しています。また、オス1匹、メス2匹を飼育しているケースのマットも交換は必要ですか?(>_<)卵や幼虫を確認できるまで交換不要ですか?