この音程バーについて詳しく見ていきましょう。 「カラオケバトル」などでよく見ると思いますが、歌ったときに音程がどのくらい合っているのかを100%で採点され、瞬時にその結果が音程バーに色で表示 …

カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。, 少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。, 当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より], カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! でも原因がわからないと直すことができません。, 「音程が微妙に上にずれる人」「音程が微妙に下にずれる人」「音程が微妙に上下にずれる人」の3つのケースについてご説明しましょう。, 正しい音程に対して、微妙に上にずれやすい人、微妙に下にずれやすい人がいるでしょう。, さらに自分が聞いている声は、実際の声より低く聞こえる傾向があることがわかっています。, この「骨伝導」は低い音を伝えやすいという性質があるため、「空気伝導」の実際の声より低く聞こえています。, これが、録音した声を聞くと「自分の声じゃない」「こんなに高い声じゃない」と感じる理由なのです。, 実際に「ド」の音が発声できていても、自分の耳には「半音低いド(ド♭)」に聞こえる傾向があります。, だから、実際には「ド」の音が出ているにもかかわらず、もっと高い音を出そうとしてしまうわけです。, 自分の耳には「ド」と聞こえているためずれていないと思いますが、実際には「ド♯」が出ているわけなので、微妙に音程が高いことになります。, 自分が聞いている声は、実際の声より低く聞こえやすいことから、やや高めに歌ってしまう場合があります。, これに合わせて音程を取っていくのですが、音程バーのやや下の部分をねらって声を出すのです。, 自分が思っているよりもやや低い音を出すことで、実際にはピタリと合う可能性が高くなるでしょう。, しかも、音程の正解率に合わせて色が違うので「微妙にずれている」「ピタっと合っている」を目で見て確認できます。, キラキラの光は虹色なら音程90%以上、金色なら音程80%以上、赤色なら音程70%以上、青色なら音程60%以上合っていることになります。, 音程バーに対して、どれくらい下をねらって声を出せば虹色になるのか、調整しながら歌いましょう。, カラオケで音程バー、採点システムを使って練習することで、微妙なずれを調整することができます。, カラオケDAMのアプリ「カラオケ@DAM-精密採点ができる本格カラオケアプリ」をインストールすれば、今すぐに練習することができます。, 有料アプリとなっており、7日間利用で600円、30日間利用で1,100円になります。, カラオケボックスと同じように、音程バー、採点システムを利用できるのでおすすめです。, 地声で歌うと、ボイスポジションが下がりがちになることから、やや低めの音になってしまうのです。, 声門から作り出された声は、どこを響かせながら外に出るかでどんな声になるか決まってきます。, この鼻腔共鳴ができていないと、正しい音程を歌っているつもりでも、微妙に低い音程になってしまいます。, ハミングすると、ボイスポイションをキープしやすくなります。ハミングは、つまり鼻歌のことです。, 鼻に音を集めるイメージになるので、鼻腔共鳴ができてボイスポジションが上がりやすくなります。そして正しい音程が取りやすくなるのです。, ハミングは母音を発音しません。母音を意識する必要がないので喉が閉まったり力が入ることがなくなります。, 口角を上げるとは、つまり笑顔で発声ことです。鏡を見ながら笑顔で歌う練習をしましょう。でも、笑顔で歌おうとしても音程に集中すると真顔に戻ってしまうかもしれません。, そして、割りばしを噛んだまま歌ってみましょう。口角を上げたまま歌うことができます。, 原曲の音を静かに流しながら一緒に歌い、それをスマホのボイスレコーダーで録音してみてください。, 正しく音程を認識できていないため、聞いている音と同じ音を出すことができないのです。, 正しく音程を理解していないと、「ド」の音を聞いても「ド♯」と耳が認識しているため、「ド」を出しているつもりでも、実際には「ド♯」を出してしまいます。, 「正しい音程が聞き取れていない」を改善するためには、聞いている音と発声している音が微妙に違うことを知る必要があります。, つまり、聞く力を鍛えることが重要なのです。そのために一番効果的な方法は、ピアノアプリとチューナーアプリを使ったトレーニングです。, ピアノアプリは無料のものがたくさんあります。多機能である必要はありませんので、鍵盤を弾ける機能があるシンプルなものを選んでください。, そのままチューナーアプリに切り換えて「ド~」と発声します。チューナーアプリで「C(=ド)」と表示されれば音程がピッタリ合っていることになります。, 「C(=ド)」と表示されたら、自分が出している「C(=ド)」の声を耳でしっかり覚えてください。, 「ピアノアプリで正しい音を聞く」→「真似して発声する」→「チューナーアプリでずれを確認する」→「チューナーアプリでずれを調整する」を繰り返して音程のずれをなくす練習をしていきましょう。, 本気でカラオケが上手くなりたい人必見 音程が正確な人は上手に聞こえますが、音程が合っていないと下手に聞こえてしまいます。, さらに、カラオケ採点では音程が最も重視されるため、音程が合わないと点数は下がってしまいます。, 逆に音程の正解率が90%以上になると、総合得点も90点以上を狙えるようになるでしょう。, そこで今回は、カラオケ点数アップに不可欠な「音程」について考えていきたいと思います。, そのコツとは「音程が合わない理由を知る」「聞く力を鍛える」「歌い方を鍛える」「カラオケで練習する」「選曲を考える」の5ステップです。, これを1つ1つ理解していくことで、音程の正解率を90点以上にすることができるでしょう。詳しくご説明していきたいと思います。, 音程を合わせるためには「どうして音程が合わないのか?」を知ることからはじめましょう。, 自分では音程が合っていると思っていても、家族や友達から「音程が合っていない」と言われたことはありませんか?, 音程が高い、低いなどの情報を認識することができないため、正しい音程の曲を聞いても、その音程に合わせて歌うことができないのです。, 感覚性音痴の基本的な練習法は、ピアノを使って音の高低の感覚を目と耳でつかんでいく方法です。, 「ド→レ」と「ド→ミ」と弾いてみます。鍵盤を見れば「ド→ミ」のほうが離れていることがわかります。, 自分で音程が合っていないとわかっていても、なかなか音程を合わせることができない場合、「運動性音痴」と言えるでしょう。, 正しい音を認識することはできても、その音を自分の声で再現することができないのが「運動性音痴」です。, 音程を聞き分けることはできるので、発声練習や音程を合わせる練習で、音程が合いやすくなります。, 運動性音痴の人は「歌う練習」をすることが大切です。合わせて「聞く練習」も鍛えればどんどん音程が合ってくるはずです。, このように、「感覚性音痴」と「運動性音痴」の2タイプがあることがおわかりいただけたと思います。, 自分がどちらのタイプなのか知った上で「聞く練習」「歌う練習」をしていくとより効果的になるでしょう。, 「感覚性音痴」でも「運動性音痴」でも、聞く練習なくして音程を合わせることはできません。, お手本となる曲を聞くこと、さらに自分の歌声を聞くことで、音感が鍛えられていきます。 この音程バーについて詳しく見ていきましょう。 「カラオケバトル」などでよく見ると思いますが、歌ったときに音程がどのくらい合っているのかを100%で採点され、瞬時にその結果が音程バーに色で表示 … © Delight Creation Inc. All Rights Reserved. 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…], どうしても合わない微妙なずれには原因があります。それを考えて改善することで、音程が合いやすくなるでしょう。, さらに、音程が上下に下がりやすい場合は、正しい音程を聞き取れていない可能性があります。, © Copyright カラオケで上手く歌う方法やコツ公開!本気で歌が上手くなりたい人必見!, カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。. すとぷり×JOYSOUND キャンペーン第5弾『Strawberry Prince』, GRANRODEO 15th Anniversary×JOYSOUND コラボキャンペーン, 音楽家。「ハナミズキ(一青窈)」の作曲を筆頭に、EXILE、郷ひろみ、香西かおり、嵐などの楽曲を多数手がけるだけでなく、本人もシンガーソングライター、ラジオパーソナリティーとして幅広く活躍中。. カラオケの採点などで使われている音程バーの使い方を知ると、上達に便利な情報を読み取ることができます。カラオケで高得点を取るためにも必要な音程バーについて知っておきましょう。自宅での練習にぴったりのアプリも紹介します。, カラオケで歌っているときに、ふと「声がおかしい」と思ったことはありませんか。これは、カラオケでは声が非常に聞き取りにくい状況であることと、マイクが拾っている音の幅が狭いことが関係しています。, カラオケでは、周りの騒音もあって、音楽の音量を大きく設定して楽しんでいることがほとんどです。すると、マイクが拾う音にも音楽の音が混ざってしまいます。マイクが音楽の音も拾ってしまい、本来拾われるべき『声』がうまく拾えなくなります。, このような状態の結果、聞こえてくる「声がおかしい」という状況になってしまうのです。, では、お風呂ではどうでしょうか。お風呂では、声の邪魔をする音が少なく、適度に音の反射もします。そのため、自分の声がよく聞こえてきます。, 『自分の声が聞こえると、音程が取りやすくなる』という法則は、練習にも使えます。カラオケボックスでは、耳を塞いで歌うことで声が聞き取りやすくなるので、音程が合わせやすく、練習に最適です。, 1人で練習をするときには、録音を活用して自分の声を確認するものおすすめです。音程が合っているのか、間違った歌い方をしていないかが確認できます。, カラオケで高得点を出すのが難しい理由は、『音程の違い』があるためです。歌手本人の歌い方や音程は、カラオケで表示されている音程バーとは少し異なります。歌手本人の歌い方や音程をそのまま歌ってしまうと、音程バーとズレてしまい得点が下がってしまうのです。, そのため、カラオケ特有の『音程』を把握することが重要です。まずは、なぜ音程に違いが出てしまうのかを確認していきましょう。, 普段聞いている音楽は、歌手本人の歌い方と音程で作られたものです。しかし、カラオケの採点では『ガイドの音程』が重要視されます。歌手の歌い方を真似ていても『ガイド通りでなければ高得点は取れない』のです。, 音程バーを基準に高い・低いを判断して、正確な音程を覚えましょう。そして、この音程バー通りに歌うことができれば、カラオケで高得点を出しやすくなります。, 歌いたい曲にどうしても声が合わないというときに便利なのが『キー変更』です。キーを上げる・下げるのどちらかで合わせていきましょう。, キー変更は、1〜2段階ずつがおすすめです。ずらしたら歌って確認して、必要であればまたキーを変更するようにします。徐々に動かして自分にぴったりの音程を見つけるのがポイントです。, 次は、実際にカラオケで使われているJOYSOUND(ジョイサウンド)やDAM(ダム)での音程バーと、便利な機能をチェックしてきましょう。, JOYSOUNDでは、『分析採点マスター』というサービスを使うことで、音程バーを表示することができます。JOYSOUND MAX2、JOYSOUND MAXの2つが対応機種です。設置されているかは、各カラオケ店に確認しましょう。, 採点マスターの使い方は、リモコンから『採点』を選び『分析採点マスター』を選択して採点スタートを押すだけ。あとは、歌いたい曲を予約すれば、曲と一緒に採点が開始されます。, 分析採点では、音程バーと音程の一致率がグラフ化され、音程とその他のテクニックを総合して点数が決められています。, 音程を間違えたフレーズは、『音程強化モード』で正しい音程で歌えるまで繰り返し練習することも可能です。何度も練習して、正しい音程を身に付けていきましょう。, 採点なしでも、音程を練習できる方法が『ガイドメロディ』を活用するものです。何度も練習をして、歌詞をおぼえたら『ガイドメロディ』を聴いて、合わせて歌えるようにしてみましょう。, ガイドメロディも『音程バーと同じ役割』で、採点のお手本です。ガイドメロディが聴き取れない場合には、リモコンから『ガイドボーカル』を選びます。ガイドボーカル項目内の『ガイドメロディ表示』の設定を行うことで音程バーの表示ができます。, これで、採点機能を使わなくても、採点で使っている『音程バー』を見ながら練習ができるのです。, DAMシリーズでも提供されている『精密採点DX』『精密採点DX-G』を使えば音程バーとガイドメロディを使うことができます。JOYSOUNDと違う点と、音程バーの見方を紹介します。, 精密採点DXでは、音程バーが表示されますが、わかるのは『外したかどうか』のみです。より改良された『精密採点DX-G』であれば、外した音程が赤色で表示されるため視認性が高く、間違えた箇所を明確に把握できます。, 音程が合っていても「どのくらい合っているのかまでは、表示されていませんでした。しかし『精密採点DX-G』なら、キラキラのエフェクトを追加しているのでどのくらい正確なのかを色で調べることができます。, キラキラは、青が60%以上、赤が70%以上、黄色が80%以上、虹色が90%以上で表示されます。虹色が最も良い表示なので、虹色を目指して歌いましょう。, 練習しようにも、カラオケ店に足を運ぶ時間がない人も多いと思います。そこで、カラオケの練習に便利なアプリを次は紹介します。, 自宅でもスマホアプリを使うことで、音程バーを見ながらカラオケの練習ができるようになりました。さっそく導入して、カラオケの練習を家で楽しんでみましょう。, 『カラオケJOYSOUND』は、月額240円で楽しめるカラオケアプリです。採点機能と音程バーの表示機能が付いているので、本格的なカラオケを自宅で楽しめます。最初の45秒のみが無料で使えますが、他は有料なので月額会員になる必要があります。, このアプリの見逃せないポイントが、『Androidのauスマートパス会員』なら全曲・全機能無料で楽しむことができるということ。月額会員登録は必要ないので、auスマートパス会員の人は特におすすめのアプリです。, 無料で使いたい、もう少し便利な機能が欲しいという人におすすめなのが『カラオケJOYSOUND+』です。録音機能と、ガイドボーカル機能が追加され、より使いやすくなったことで人気が出ています。, 無料で楽しむ場合は1日1曲のみ『無料』ですが、空いた時間に楽しむには十分という人も少なくありません。もっと楽しみたいという人は月額340円の会員登録を行いましょう。, 正しい音程で歌うことができれば、自信を持ってカラオケを楽しむことができます。カラオケの機能やアプリを最大限に利用していくと、上達も早くなるものです。, カラオケを楽しみながら練習することが、上達のポイントです。楽しいと思える好きな曲でさっそく練習してみましょう。.