カローラスポーツのラゲッジルームまとめ. 現在新型カローラスポーツの値引き相場は約10~15万円となっています。内訳は車両本体から10万円前後に、オプション等で5万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りがある方なら、愛車を最高値で売却するテクニックも絶対に必要ですよね。下取りMAXで新型カローラスポーツのグレードをアップできるかも!?... 新型カローラスポーツの評価は81点!辛口な口コミは収納と後部座席にあり。デザインは冒険してもよかったのではないか. カローラスポーツはコンパクトカーの割に荷物も十分積むことができますね。 4:2:4分割アジャスタブルデッキボードを使うと荷物の小分けもできるし、フラットにできるのでつけておくことをオススメします。 ラゲッジを上段にセットして後席を倒せばフルフラットに近い空間が生まれます! しかもシートの展開はラゲッジ側面のレバーでワンタッチ操作が可能! 6:4分割モードで長物だけを積み込む事も可能です。 ?新型カローラ スポーツの荷室アレンジを徹底解剖, 2018年6月に新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースの広さは、どれくらいだったのでしょうか?また、後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、どれくらい広くなるのでしょうか?, トヨタから新発売された新型スポーツハッチバックの荷室サイズを確認してきたので、紹介したいと思います。, 2018年6月にトヨタ カローラからデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。, 今回デビューをしたこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、コンパクトハッチバックの中では標準的な広さに…。, ただ、ホイールハウス部分が大きく削られているなど、見た目以上に使い勝手は良いのかなと思いました。, そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席を使用時(通常時)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。, ■新型カローラ スポーツの通常時の荷室サイズ 今回は新型カローラスポーツの内装を画像でレビューしていきますね。グレードによる違いもチェックしてきましょう!, グレードによっては運転席&助手席に【スポーツシート】を採用。電動パーキングブレーキを標準装備するなど装備も豪華になっています。, 後部座席のシートアレンジは6:4可倒式で、ラゲッジスペースは使い勝手を考えられた4:2:4分割アジャスタブルデッキボードが採用されています。, リクライニング&スライド機構は付いていませんが、座り心地のより後部座席は高評価でしょう!!, 「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」, ハイブリッドとターボ車はほぼ同じとなっっています。グレード別にシート素材&デザインを見ていきましょう!, 新型カローラスポーツの目玉でもある【スポーツシート】はHYBRID G“Z”、G“Z”に標準装備となっています。まとめると・・, ホールド性能を徹底的に追求した、新開発のスポーツシート。肩部の張り出し形状の最適化で、急なコーナリングで強い横Gがかかっても、しっかり身体をサポートします。クルマとの一体感が向上するため、正確なステアリング操作にもつながります。, 薄さとホールド性を両立したスポーティシートを採用しました。身体に負担のかかりにくい運転姿勢を保ち、長時間の運転でも疲れにくいシートを実現しました。, スポーツシートを最優先するなら、おすすめグレードはG”Z”の一択になるってことですね。C-HRでも採用されているスポーツシートは、疲れにくく乗り降りのしやすさが売りですね。, 新型カローラスポーツ”らしさ”が光るシートになっています。次にグレードによるシート素材&デザインの違いについて見ていきましょう!, HYBRID G“Z”、G“Z”のみ【レッドステッチ】×ブラックが標準装備となっています↓↓, 上質でファッショナブルな空間に。モダンなメラジン調ファブリックと本革を組み合わせ、カジュアルかつ上品に仕上げました。, のみメーカーオプションで選べます。価格は+124,200円となっていますね。サドルタンは人気でそうですね!!!, 更に躍動感あるスポーティーな空間に。シートメイン材にウルトラスエードを使用し、ホールド製をさらに高めました。, HYBRID G“Z”、G“Z”は運転席&助手席がスポーツシートになっていて、センシャルレッドのウルトラスエードを選べば・・まるでスポーツカーでしょうよ!!, メーカーオプションで+175,500円で選べます。強烈なレッドに一目惚れしたならおすすめですね!!, 後部座席に乗車した時に狭いなと感じたが、動き出すとセンターアームレストもあり座り心地がよかった, リアシートの足元は少し狭いと感じたけでお、シートクッションの良さで十分カバー出来ると思う!, 後部座席の広さは及第店といったところでしょうか。体感でC-HRよりは広いと思いますね。オーナーさんの口コミをまとめると・・, 後部座席は6:4分割可倒式となっていて、フルフラットになるのは魅力です。大きな荷物も余裕で積み込めちゃいますね!, 後部座席にはドリンクホルダー付きセンターアームレスト&リアドアポケットも装備。快適性がぐんっとアップしてくれますね。, シビックハッチバックが一番広い印象がありますね。ただし・・ライバル車もファミリーユースとまではいきませんが。, ラゲッジスペースも日常シーン生活では不満はないでしょう。もちろんスーパーハイトワゴン系みたいに、自転車を積み込んだりは出来ませんが笑, 載せる荷物に応じて荷室床面の高さを2段階に調節できます。アジャスタブルデッキボードを上段にセットすると、下段のフロア面との間にスペースが生まれ、使用頻度の低い荷物の収納などに便利。ボードは軽量で取り外しも簡単、フックでの固定も可能です。, デッキボードで、もう一つの床下収納スペースを作れますよって事ですね。用途にあわせてカスタマイズしちゃってくださいん。そしてコレ↓↓, 4:2:4分割アジャスタブルデッキボードは日常シーンでも大活躍間違いありませんね。荷物のサイズによって開閉できるボードは使い勝手もGOODです!, ライバル車も6:4分割可倒式のシートアレンジとなっています。新型カローラスポーツはフルフラットに出来るのが魅力ですね。, 合成皮革のステアリングにサテンメッキ加飾されたインパネは上質の一言。全グレード標準装備で嬉しいのがコレ↓↓, シフトレバーを「P」ポジションに入れると自動で作動し、ブレーキを踏みながら「D」ポジションなど「P」ポジション以外にシフトすると解除されるオート機能付です。, 電動パーキングブレーキも全グレード標準装備となっています。こういうのって・・所有する喜びをぐんっとアップしてくれて嬉しいじゃないか!, フロントピラーのスリム化とドアミラーの取り付け位置を最適化することで、優れた前方視界を確保。同時に、バックドアガラスを拡大し後方の視界も広げています。また、最適なポジションがとれるよう、調整範囲の広いチルト&テレスコピックステアリングを全車に標準装備しました。, 視界の良さは・・安全性能と言っても過言ではないでしょう。。チルト&テレスコピックステアリングは全グレード標準装備となっていますね。, 運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影。車速のほかにナビと連携したルート案内など、さまざまな情報を表示します。また、高輝度表示の採用により日中でも高い視認性を確保しました。, 笑。少ない視線移動で情報を確認できるヘッドアップディスプレイはHYBRID G“Z”、G“Z”にメーカーオプションで+43,200円で選べます。, ドアの解錠/施錠・ドアの開閉時にはルームランプをはじめとした照明が自動的に点灯・消灯し、乗る方をやさしく迎えます, ルームランプ・フロントパーソナルランプは全車標準装備、フロントドアトリム・フロントコンソールトレイ・フロントカップホルダーはHYBRID G“Z”、HYBRID G、G“Z”、Gにメーカーオプションとなっています。, 寒い日に嬉しいシートヒーターはメーカーオプションとなっています。おすすめのオプションですね。, これまた寒い地方の方に嬉しいステアリングヒーター。メーカーオプションで装着可能となっています。, 左右独立温度コントロールフルオートエアコンはHYBRID G“Z”、HYBRID G、G“Z”、Gに標準装備となっています。, 高精細の大型7.0インチTFTカラー液晶画面をメーター内に搭載。スピードメーターはディスプレイ内に表示され、アナログ/デジタル表示の切り替えも可能です。, と収納スペースも及第点。センターコンソールボックスには充電用SUB端子が付いているのも嬉しいポイントでしょう!!!, カローラスポーツはスッキリとした印象が強いですね。マツダ3の高級感には、ちょっと劣るかなって思いますが。. メーカーオプションで¥16200で付けられるインテリアイルミナーションはおすすめ。ホワイトのライトが所有する喜びをUP!! ©Copyright2020 カロスポドットコム.All Rights Reserved.

新型カローラスポーツのおすすめグレードを決定していきました。まとめると・・ ToyotaSafetySenseは全グレード標準装備 おすすめグレードはHYBRIDG”Zがベスト ハイブリッドとターボの価格差はエコカー減税によって縮まる コスパ重視ならベストグレードはターボ”G” と言った結果に。売れ筋・人気グレードでもある【HYBRID G“Z”】は、新型カローラスポーツを所有する喜びを味わい尽くせるグレードでしたね... 新型カローラスポーツの価格・サイズをライバル車と比較。価格が高いって!?ヴィッツとの違いは明確すぎる. どこよりも車試乗を詳しくレビュー。毎月10件以上のディーラーを訪れ、6年間で累計500台以上を試乗したクルマ大好き人間の管理人が最新のクルマ情報を実車画像を交えてレビューします。, 2018/12/16 シリーズ初となる3ナンバーサイズになり存在感と車格が大幅に増したスポーツハッチバック 新型カローラスポーツ(corolla sport) が、2018年6月にデビューをしました。. また、2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(corolla sport)の荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を収納する事によって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くする事ができます。 新型カローラスポーツの評価・口コミをまとめて見ていきました。総合評価は81点。もう少しやれたんじゃないか所謂コンパクトカーとは、しっかりとした差がある乗り心地も走行性能も高い辛口な口コミは収納と後部座席にあり燃費はヴィッツと互角という文句なし高評価価格設定は安全性能も踏まえて妥当といった結果に。もう昔のカローラではないですね(笑)。... 新型カローラスポーツハイブリッドの乗り出し価格は総額320万円。値引き込みで300万円!お見積りやってみました. インプレッサスポーツとラゲッジ比較 ; マツダ3とラゲッジ比較; シビックハッチバックとラゲッジ比較; ライバル車も6:4分割可倒式のシートアレンジとなっています。新型カローラスポーツはフルフラットに出来るのが魅力ですね。 スポンサーリンク. 新型カローラ スポーツの荷室サイズを確認:後部座席収納時の広さ.

新型カローラスポーツの荷室はフルフラットになる?【実車画像で確認】 2018年6月、トヨタから新型カローラスポーツが新発売されましたが、荷室・ラゲッジスペースは、フルフラットになるのでしょか?