suvとは?クロスカントリーとクロスオーバーの違いや車種を紹介:suvとはスポーツ多目的車の意味で趣味や通勤にも多目的に使える車のこと、クロスカントリーはラダーフレームを搭載した車種のこと、クロスオーバーはモノコックボディの車のことなど、suvについて紹介する。 最近の新型車でよく使われる「クロスオーバー」という単語。クロスオーバーモデルやクロスオーバーsuvなどといった使われ方をし、クルマとしては概ねsuvのような形をしている。このクロスオーバーとは何なのだろうか? 単なるsuvとは違うのか? 解説したい。 車の見た目や性能で選んでもいいですが、普段どのように車を使うのかを考慮すると後悔のない車選びができるでしょう。. 最近、セダンやワゴン、ミニバンやsuvなどのクルマのジャンルにcuvという言葉が使われることがある。いったいcuvとはどんなクルマなのだろうか? suvのスポーツ・ユーティリティ・ビークルに対し、cuvはクロスオーバー・ユーティティ・ビークルの略である。 トヨタ車ファンがコンパクトクロスオーバーモデルを選ぶとなるとその豊富さに悩むかもしれない。最新のヤリスクロスのほか、ライズ、そしてアクアクロスオーバーがそろっているからだ。とはいえ、各車の特徴や使い勝手を把握すれば違いがよく理解できるはずだ。 SUVとは一般的に車高と最低地上高が高いボディタイプの車をさします。2013年頃から人気が再燃している車で、昔は90年代RVブームの時に人気となっています。特に人気のある車種は乗用車志向のクロスオーバーSUVで、C-HRやヴェゼルなどが人気となっています。, 2013年頃より再び人気が上がってきたボディタイプのSUVとは、どのような車種のことを示すのでしょうか?一般的には車高と最低地上高が高い・乗用車のように乗り心地がいい・キャンプやスキー、スノーボードなどの遊びにも使いやすい車のことをいいます。, クロスオーバーSUVとも呼ばれ、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼル、マツダのCXシリーズが有名です。また、クロスカントリーSUVと言われる車は、トヨタのランドクルーザーやスズキのジムニーのことをさします。, いまやSUVは日本メーカーだけではなく、外車メーカーもラインナップを強化していて、軽自動車から小型自動車・普通自動車まで色々な車種を選ぶことができます。そこで、SUVの意味やクロスオーバーとクロスカントリーの違い、各メーカーの代表的な車種を紹介します。, SUVは通勤や買い物など乗用的な街乗りの使い方だけではなく遊びにも使いやすい、4WDモデルもあるため、雪道にも強いオールマイティな車です。各メーカーから色々な車種がラインナップしているため、自分の好きなモデルを選んでみてください。, アメリカで生まれた当初のSUVはピックアップトラックのことを意味し、Sport(娯楽)に使う車として認識されていた, SUVという言葉が生まれたのはアメリカで、ピックアップトラック(トヨタでいうところのハイラックス)の荷台に、FRP製のトップ(キャノピー)を載せたものをSUVと呼んでいました。次第に人気が高まり、のちにクロスオーバーSUVに分類されるチェロキーやイーグルもSUVと呼ばれるようになり、日本だけではなくヨーロッパなどにもSUVの名称が広がっています。, 2019年では、SUVの分類は「クロスカントリーSUV」と「クロスオーバーSUV」の2種類に分かれていて、発売されている車種のほとんどがクロスオーバーSUVです。メーカーによってはSUVではなく、SAV(BMW)・SUW(スバル)・LUV(ヒュンダイ)と名乗っています。, クロスオーバーSUVは、軽自動車から5ナンバーの小型自動車、3ナンバーの普通自動車まで、幅広くラインナップしていて日本車・外車ともにたくさんのモデルが開発・販売されています。昔はRVとも呼ばれていたオフロード志向のクロスカントリーSUVは、減少傾向にありますが一部のメーカーから販売されています。, SUVは車高が高いので前方の見通しがよく、運転に自信がない人でも乗りやすい設計で、乗用車に比べて最低地上高が高いため、雪道や林道でも車体下を擦ることが少なく安心して運転することができます。, 1990年代前半、SUVという言葉が一般的になる前、RV車が爆発的な人気を誇っていました。RVはアメリカでは休暇を楽しむための車(Recreational Vehicke)という意味で、キャンピングカーのことを指しています。/p>, 一方日本では、家族でアウトドアなどを楽しめるステーションワゴンやミニバン、オフロード車などの総称として、RV車という言葉を使っていました。休日にはRV車で川原や海辺、高原に行き、車の横でBBQをするのがブームになったのです。/p>, 現在、RVという言葉はほとんど使われなくなり、多くはSUVのカテゴリに分類されています。わかりやすく言うと、RVを細かく分類したものがSUVになります。三菱パジェロやビッグホーンが大人気だったころから、ホンダのオデッセイの登場をきっかけに、RVから人気はミニバンへと移行していき、それまですべてをひっくるめてRVと呼ばれていたものが、SUV、ミニバンと細分化されていったのです。/p>, クロスオーバーSUVはモノコックボディを採用していて、市街地のオンロード向きの設計です。通勤やドライブなどの街乗りにピッタリですし、最低地上高が高いためある程度のオフロードにも対応できます。また、ハイブリッドエンジンを搭載しているモデルも多いため燃費もいい傾向にあります。, 反対にクロスカントリーSUVは、ボディ構造にラダーフレームを採用していて頑丈さがあるため、オフロード向きの設計です。砂漠や岩場などの道も進んでいけるので心強さがあります。ディーゼルエンジンを搭載しているモデルもあるためパワフルなパワートレインが特徴です。, クロスオーバーSUVは、モノコック構造のボディタイプを搭載したSUVのことを示すことが多く、軽自動車や普通自動車まで多くの車種に採用されています。ハイブリッドエンジンのほかにも、ディーゼルエンジンを搭載している車種もあり燃費がいい傾向にあります。, また、クロスカントリーSUVはラダーフレームを搭載したSUVのことを差し、砂漠や岩場などのオフロードも難なく乗り越えていくことができます。, パワートレインにはV8ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどのパワフルなエンジンが搭載されることが多く、燃費はクロスオーバーSUVに比べて悪い傾向があります。, ランドクルーザーやランドクルーザープラド、FJクルーザーなど、トヨタのクロスカントリーSUVは、世代ごとの最終型最上級グレードにおいてリセールバリューがいいトレンドがあります。, クロスオーバーSUVのCX-8は3列シート7人乗りの設計で、ファミリーカーの需要にも応えてくれる, クロスオーバーSUVは、乗用車と同様のモノコック構造を用いたモデルで、日本ではトヨタの初代RAV4が先駆けて1994年に発売し歴史が始まりました。90年代当初はクロカン車が多くモノコックのSUVは珍しいものでしたが、2019年では燃費のいいクロスオーバーSUVが主流となっています。, マツダCX-8や日産エクストレイル、三菱アウトランダーのように3列シートを搭載したモデルもラインナップしていて、6・7人乗りが出来るためミニバンからの乗り換えでファミリーカーとしての需要も満たしています。, コンパクトカーやミニバンと同様にハイブリッドエンジンを搭載しているSUVも増え、従来の「燃費が悪い」イメージはほぼないと言っていいでしょう。マツダからはクリーンディーゼルエンジンを搭載したCXシリーズも発売されていてトルクフルなドライブを楽しめます。, トヨタの高級ブランドであるレクサスからもクロスオーバーSUVが販売されていて、3車種がラインナップしています。日本車ではほぼ全てのメーカーにクロスオーバーSUVがラインナップしていることがわかり、ヴェゼルやハスラー、C-HRなど人気車種が揃っています。, クロスオーバーSUVの中でも唯一のプラグインハイブリッド車であるアウトランダーPHEV, また、プラグインハイブリッド車の中では唯一の4WDモデルが三菱のアウトランダーPHEVです。ある程度のガレキ道も乗り越えることができ、災害の時でも電源車として役立ちます。, ガソリンとバッテリーを使用し満タン給油から約10日間、家庭へ給電できる性能があるため持っていて損はないおすすめの車です。, トヨタ・ハイラックスにキャノピーを装備したモデル。これがアメリカから巻き起こった元祖SUVスタイルである, クロスカントリーSUVとは、ラダーフレームを搭載したモデルのことを示すことが多く、日本車ではモデルチェンジの際にモノコックのクロスオーバーになるなど、少なくなってきているスタイルです。ですが、発売当初から何十年も一貫してラダーフレームを搭載しつづけている車種もあり、アイデンティティとなっています。, 日本メーカーからは2019年4月の時点で販売されているのは全部で8車種、トヨタ系列からは4モデル・スズキから2モデル・三菱からはパジェロとデリカD:5が出ています。中でもレクサスLXはランドクルーザーをベースとした豪華な車で価格帯は1,000万円以上する超高級車です。, 三菱のデリカD:5は、ラダーフレームを搭載していませんがモノコックボディの中にあばら骨のようにフレームが追加されているリブボーンフレームを採用していて、クロスカントリー車に近い性能があります。, また、クロスカントリーSUVは熱心なファンも多く古い車種でも中古車で高値がつくことが多いです。そのためリセールバリューもよく、特にランドクルーザー各世代の最終型・最上級グレード・修復歴なしなら下取り価格を期待してもいいでしょう。, SUVとは車高が高く最低地上高も高いボディタイプの車で、アイポイントが高いため見通しも良く運転しやすいのが特徴です。ボディサイズが大きすぎて運転しにくい時は、スズキからハスラー・ジムニー、クロスビーが出ていますので軽自動車サイズや5ナンバーの小型自動車サイズのSUVもあります。, クロカン車はクロスオーバーSUVに比べて価格帯は高い傾向にあり燃費も悪いですが、頑丈なラダーフレームが悪路からの衝撃を受け止めてくれるためモノコックボディに比べて同じ道を走った時に寿命は長くなると感じます。, 一般的にSUVと呼ばれているクロスオーバーは、モノコックボディで車重がクロカンに比べて軽く、ハイブリッドエンジンやディーゼルエンジンを搭載して燃費もいい傾向にあります。コンパクトカーなどと同様のモノコックボディを搭載しているので安全性も抜群で、車体がよじれるほどの険しい道は苦手ですが市街地などのオンロードは燃費性能の高さもあり得意です。, 林や山道を乗り越えてキャンプや山菜取りに使うこともあるならクロスカントリーSUV、街乗りで通勤や買い物・長距離運転の旅などオンロードで使うならクロスオーバーSUVがおすすめです。また、エクストレイルやデリカD:5など3列シートを搭載している車種もあるため、ファミリーカーとして使うなら6人乗り以上のグレードがいいです。 SUVのジャンルとのひとつとしてすっかり定着したクロスオーバー車。コンパクトカーのフィットや小型ハイブリッドカーのアクアにもクロスオーバー仕様のモデルが登場するなど、既存の乗用車をSUV的な雰囲気の仕立てるクロスオーバー車の世界的な流行はまだまだ続きそうだ。, そもそもSUVとは「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」のことで、最初はアメリカでピックアップトラックから派生したワゴン車のことだった。基本的にはオフロードでの走破性を重視した設計で、オンロードでも不満なく普通に走れるというクルマに使われてきたが、いつの間にかオフロード走破性能は普通の乗用車とほぼ変わらない雰囲気重視のモデルもSUVと呼ばれるようになった。経済新聞などでは「多目的スポーツ車」と呼ばれてかなり広義に使われている。, SUVのなかでも、昔ながらの屈強なラダーフレームの車台や副変速機などをもつ本格オフローダー四駆はクロスカントリーと呼ばれ一線を画す存在だが、今ではランクル系やジムニーなどSUVのなかでもごく少数派だ。, 90年代にそんなクロスカントリーに代わって台頭したのがクロスオーバー。クロスオーバーという言葉には、普通の乗用車とクロスカントリー四駆を足して割ったようなクルマという意味が込められている。, 乗用車に初めて四輪駆動を設定したスバルのレオーネエステートバンあたりが概念としてのクロスオーバーの始祖と言えるが、クロスオーバーという言葉が使われるようになったのは90年代なので、日本車では初代のRAV4やCR-Vなどの雰囲気重視のSUV、あるいは2代目レガシィに設定されたグランドワゴンなどが先駆けと言える。クロスオーバーの定義はやや曖昧となったが、乗用車と同じモノコック構造を持つSUVはすべてクロスオーバーということになる。, アウトランダーやフォレスターなど、見た目も性能もクロスカントリーに近いモデルもクロスオーバーに分類されるのでわかりにくいが、クロスオーバーは多種多様な発展を遂げた。, クロスカントリー並みの悪路走破性能を備えた本格派から、雰囲気重視の都市型、本格派と都市型の中間的存在、雰囲気重視型ながら四輪駆動システムは本格的、さらにはステーションワゴンベースの高速型など、かなり多様性に富んでいることも長く人気を博し続ける要因と言える。, いま新車を買うなら絶対「クルコン」に注目! 「付いてるだけ」じゃなく「本当に使える」ACC搭載車11選, 「アルミボディ」に「ハイブリッド」! 歴史に残る技術開発者から経営者になった「凄すぎるクルマ好き」5選, そんなのあった? クルマ好きでも「忘れがち」な「レア度満点」の国産オープンカーたち, 【マツダに直撃】なぜミニバンをやめるのか? NAロードスターレストア計画の今後は?. 低燃費かつ低価格で人気を博しているトヨタの人気車種「アクア」がマイナーチェンジ!目玉として追加されたSUV版アクアとなる新グレード「クロスオーバー(Crossover)」と他のグレードを価格や燃費、内装や外装のデザインなど徹底比較して違いを説明していきます。 トヨタ車ファンがコンパクトなクロスオーバーモデルを選ぶのは、今では車種展開が豊富で、けっこう悩むところかもしれない。なにしろ、最新のヤリスクロスのほか、ライズ、そしてアクアクロスオーバーがそろっているからだ。とはいえ、各車の特徴、使い勝手を把握すれば、選択はそれほど悩ましいわけではなかったりする。, では、各車のポイントを紹介していこう。最新のヤリスクロスはヤリスをベースにクロスオーバー化したモデルで、全長4180×全幅1765×全高1590mm。つまり、3ナンバーサイズだが、1765mmの車幅は、今となっては日本の路上でも扱いやすい部類に入る。, パワーユニットはすべて3気筒で、1.5リッターガソリン、120馬力、14.8kg-mというスペックで、JC08モードより実燃費に近いWLTCモード総合燃費は2WDで19.8km/L(Gグレード)。クロスオーバーモデルとして気になる最低地上高は170mmだ。なお、ガソリン車の4WDには、スノーモードに加え、ダイナミックトルクコントロール4WD、マルチテレインセレクトが加わり、走破性能としてはコンパクトクロスオーバーモデルとしてトップレベルの性能だ。, 一方、HVモデルは1.5リッターエンジン+2モーター、91馬力、12.2kg-m、フロントモーター80馬力、14.4kg-m、リヤモーター5.3馬力、5.3kg-mのゆとりを見せる。2WD、4WDが用意され、4WDはトヨタ自慢の電気式4WD=E-Fourである。, 現在、国産コンパクトクロスオーバーモデルでダントツの人気を誇るライズは、ダイハツとの共同開発車(ダイハツ版はロッキー)。ボディサイズは全長3995×全幅1695×全高1620mmと、5ナンバーサイズに収まり、最小回転半径が4.9m(Zグレードを除く)と小回り性、駐車性、幅寄せ性も抜群だ。パワーユニットは3気筒のガソリンターボ、98馬力、14.3kg-mのみの設定。WLTCモード総合燃費は2WDで18.6km/L(G/Xグレード)。クロスオーバーモデルとして気になる最低地上高は185mmと余裕がある。こちらも4WDはダイナミックトルクコントロール4WDが用意されている。価格は実質的なベースグレードとなるX”S”の174.5万円からと、圧倒的に安いのも魅力となっている。, 以前、世界最高燃費を誇ったアクアのクロスオーバーモデルが、特別仕様車扱いとなっているアクアクロスオーバーグラム。ボディサイズは全長4060×全幅1715×全高1500mmと、3台中、唯一、立体駐車場の入庫が可能。3ナンバーサイズとはなるものの、1715mmの車幅はフェンダーアーチモールの出っ張り部分のため、実質、5ナンバーのアクアと変わらないボディサイズだと思っていい。, 最小回転半径が5.4mと大回りなのは、アクアの開発時点ではなかった185/60R16という大径タイヤを履かせているため。パワーユニットはHV専用車のアクアゆえ、プリウス譲りの1.5リッターエンジン+2モーター、エンジン74馬力、11.3kg-m+モーター61馬力、17.2kg-mのストロングHVのみの設定。WLTCモード総合燃費はクロスオーバーモデルにして27.2km/Lと、ヤリスクロスオーバー、ライズを圧倒する。本格的な悪路に向くクルマではないものの、最低地上高は170mmを確保している。, いま新車を買うなら絶対「クルコン」に注目! 「付いてるだけ」じゃなく「本当に使える」ACC搭載車11選, 女性ならクルマもファッションの一部と捉えるべし! 7つの服の系統別オススメの小型国産車14台, 何が違う? ドレがいい? トヨタの小型SUV「ライズ」「ヤリスクロス」「アクアクロスオーバー」の悩ましき同門対決, ボディカラーは29色! 組み合わせは2万通り! アルピーヌA110が「アトリエアルピーヌ」を開始, 他社は「名前を変える」のになぜ? トヨタの新型SUV「ヤリスクロス」が「ヤリス」を名乗るワケ, 「4WDは高くて買えない」ケースじゃなくても積極的に「2WDのSUV」を選ぶメリットとは.