【DVD】『ゲド戦記』 監督:宮崎吾朗 販売元:ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント 発売日:2007年7月4日 【本】『影との戦い―ゲド戦記〈1〉』 著者:アーシュラ・K・ル・グウィン 出版社:岩波書店 発売日:2009年1月16日 ゲドとは、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』に登場するキャラクターである。 多島海地域にある田舎ゴントに生まれ、幼い頃から魔法の才能があった。当初は呪い師のおばに教えてもらった簡単な魔法しか使えなかったが、大魔法使い"沈黙のオジオン"や魔法学院ロークとの関わりによって一気に才能が開花した。 後に幾多の旅を経て大賢人となるも、世界の均衡が失われる危機が発生しエンラッドの王子アレンと共 …

The novel "眼窩の闇と青い闇" includes tags such as "ゲド戦記", "ハイアレ" and more. 映画『ゲド戦記』は、主人公のアレンが父親である国王を殺害するという衝撃的なストーリーです。実は、このストーリーは、宮崎駿監督・宮崎吾朗監督の親子と関係しているのかと言われているので、本当にそうなのか詳しく解説しましょう。 それは父だった。 アレンの腕を掴んで引っ張り上げようとしたのは、アレンが殺した父だった。父の腹に剣をぐっさりと尽きたてたあのときの、腕を伝うぬるい血の感触は決して幻ではないはずだ。