当たり前だが、こんなことは1人2人の不正でできることではないし、何年も誰でも無料観... 今後ゴーン氏が無罪を勝ち取るのか?日本の司法制度に対する論戦がどのように交わされるか非常に興味深いところです。, 久保建英のバイエルン戦の放送テレビかネットで日本時間何時からある?日本人がついにレアルデビューする日, 亀田和毅vsバルガスの放送がネット視聴決定!予想まとめ「判定で王者」「相性は悪い」.

https://pixabay.com/, 日本の法制度は、少なくとも米国の制度と比較して、被告に対して厳しい。強く重み付けされている, 解釈の余地が少ない記述された翻訳と口頭での「説明」(それはビデオテープでしたか?)は別ものです。, その男は20年間日本にいました。彼はその言語を学ぶことができないのですか?これは法廷であり、国際的な契約や会議ではありません。彼はいかなる翻訳も受ける権利がない。フランス大使館の弁護士とスタッフに翻訳を任せてください。そうそう、そういう権利があると思う人もいます。彼はここの違法行為よりも悪い。, フランス語は国連の公用語の1つであり、コモンロー諸国を除き、民法での選択の際に使用されている言語です。国際契約では、弁護士による「公認翻訳」が日常的です。, 強制された自白が「正義」のゴールドスタンダードである文化および法制度では、どんなレベルの成功を達成するどんな弁護人でも、悪質な脅威と見なされるにちがいありません。, 大鶴弁護士は、裁判で戦うための要員出なく、ゴーンを不起訴にしたり、保釈を勝ち取ったりするための弁護士だったんだ。保釈を勝ち取れなかったので解雇された。, 弘中弁護士と次のカードを切ってきた。しかし、ゴーンは、「日本では判決を金で買うことはできない」ことを、思い知ることになると思う。, ゴーン本人が決めるわけもなくフランス政府のエリゼ宮か外務省と日本のフランス大使館とで話し合って方向性を決めてるのでしょう。. 恐らく、フランス国営に近いルノーに取り込まれるのを阻止する内部のクーデターではないかと思っていますがどうでしょうか。 ゴーン擁護一色ではありませんね。, ゴーン氏に厳しいコメントが大半です。一方、弘中弁護士への交代で今後どうなるかに興味深々との意見もあります。, これで、今後ゴーン氏が無罪を勝ち取るのか?日本の司法制度に対する論戦がどのように交わされるか非常に興味深いところです。, ・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。 この件についての海外の反応2019も含めて、見て行きましょう。, ゴーン氏は、逮捕から3ヶ月、元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士を中心に、検察と戦ってきたが、ここへきて突然弁護士の交代が告げられました。, これは、大きな流れとしてしては、2度の保釈請求も認められず、今後の本格的な審理に入る前に、弁護チームの立て直しを図ったのであろうと推測されます。 カルロス・ゴーン再逮捕後、東京地検特捜部からの事情聴取の要請を... カルロス・ゴーン日産自動車会長の突然の逮捕ゴーンショックに、驚愕した海外の反応特に中国の反応を見てみましょう。日本との違いは? 新たな弁護人には、「無罪請負人」とも呼ばれる弘中惇一郎弁護士らが選任されました。, 有名人のこういった裁判の途中で、弁護士が交代するというのは、異例のことのようです。, ゴーン氏は、大鶴弁護士について、「とても精力的に仕事をしてくれた」と、短いコメントで感謝の気持ちを示していますが、 https://ameblo.jp/makapri 2回目の結婚と妻の誕生日を祝うために会社の金を使ったかどうか調べるよう要請するなど、関係が悪化しています。, もともと大鶴弁護士の選任がルノーの要請によるものだとの情報もあり、ルノーと関連する弁護士は避けるということになった可能性もあります。, 家族やそれをとりまく知人との関係が崩壊したことで、感情面も含め、弁護チームとして十分なコミュニケーションを含む体制が整えられなくなったというのが大きいのではと思えます。, 次に「カールス・ゴーンは弁護士交代させ、“カミソリ”を主任弁護士に雇う」とのThe wall street journalの記事に対する海外の反応を見てみましょう。, 他にどのようにしてそれに取り組むことになっているのか理解できません。そこは国連やその先にあるなにか聖域都市のようなところではありません。 メディア上では右派左派を含め、全体的に冷ややかな論調だ。フランスの庶民はもともと「億万長者アレルギー症」なうえに、折しも先週末に17日に、ガソリン価格高騰と購買力低下に反対する「21世紀の一揆」と呼ばれるデモが全国的レベルで起き、約28万人が「車がなかったら仕事に行けない、でもそうしたら食えなくなる!」と各地の主要道路を占拠して国中を大渋滞に陥れたばかりである。国民の頭に血が昇っている、そんな週末明けに届いたゴーン氏逮捕に関する報道には、左派・右派を問わず、「どうせそんなことだろうと思ってた」感が漂う。, 19日、右派フィガロ紙でさえ『栄光の頂点でなぎ倒されたゴーン』というタイトルで記事を発表。サブタイトルは「金欲と権力欲という2つの欠点の代償を支払う羽目に」というものだ。本文では「ゴーン氏は古代ローマ史に通じていたから知っていたはずだ。歴代の皇帝たちはいつも裏切り者ブルータスが現れるのを恐れていたことを。栄光の頂点にありながら、この月曜日、その最も忠実な側近であった日産自動車社長西川広人氏が放った矢に倒れた」と。, これまでにもゴーン氏の巨額報酬に対して批判的な記事を何度も発表してきた左派デジタル新聞メディアパールは、同日、『神聖不可侵と思い込んでいたゴーン氏の転落』というタイトルで、「これまでうまいこと疑惑をもみ消して来たが」で始まる手厳しい記事を発表。そして、過去のゴーン氏に関する数々の疑惑に言及した後、「経営者の給与を厳密検査して株主に情報を提供するコンサルタント会社Proxinvestが、ここ10年、ゴーン氏の給与が不透明なものであることを告発し続けて来たが、取締役会からなんの反応も得られなかった」とし、取締役会の怠慢を告発している。, 実際、フランスの大企業経営者が巨額報酬を欲しいままにしている理由に、経営者の給与を定める取締役員会において、従業員代表が役員の1/3(ドイツでは1/2まで)までしか占めることができず発言力が少ないこと、そしてまた多くの場合、役員というのが経営者とナアナアの関係にある人物という実態がある。「今回、私の昇給に挙手してくれたら、次回は君のところの取締役員会で君の言うとおりにするから」というようなことになりがちなのだそうだ。, 20日夕方に発売された中道左派ル・モンド紙経済版(21日付け)の一面見出しは、『ルノー:パリはゴーン時代を終え、後継者を準備』。『太陽王の転落』とタイトルした記事では、2016年にヴェルサイユ宮殿のグラン・トリアノンで開かれたゴーン氏の再婚パーティーの場面の描写から始まり、「今や財政不正の疑いで東京の拘置所に捕らわれた王様は裸だ。日産自動車の後継者、西川広人会長は、ゴーン氏をあらゆる罪で告発し、なかでも、ヴェルサイユ宮殿でのパーティー費用を会社に支払わせたことを非難している。日本で大人気だったゴーン氏だが、ルイ14世が言ったとされている、『私が役職に就けてやった者は恩知らずな振る舞いをするようになり、残りの100人は不満を漏らす輩になる』という言葉を思い出すべきだった」と皮肉っている。

■pixabay

会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(65)の妻で、フランスに出国したキャロルさん(52)。東京地検特捜部による任意聴取を回避したが、仏当局も捜査を始めており、事情聴取を行う可能性が出てきた。一方、日産は8日、臨時株主総会を東京都内で開き、ゴーン容疑者らの取締役解任を決める。, キャロルさんは7日付の仏紙のインタビューで、出国理由を「身の危険を感じた」と述べた。事件では日産の資金がオマーンやレバノンを経由してキャロルさんが代表の会社に流れ、クルーザーの購入費用に充てられたとみられ、特捜部はキャロルさんから任意で事情聴取する予定だった。, キャロルさんはレバノンのパスポートを押収されたが、残っていた米国のパスポートで出国、駐日仏大使が付き添った。ただ、「フランスに支えられていると感じるか」との質問に「いいえ」と回答。「メディアでは既に有罪と見なされている。フランスでの反応はショックだ」と話した。, オマーン経由の不透明な資金の流れについてはルノーでも酷似した構図が発覚、ベルサイユ宮殿での結婚披露宴での便宜供与も含めて同社は仏検察当局に通報している。, ©2019 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL, 再逮捕のゴーン容疑者、家族の捜査はある? 園田弁護士「共犯関係疑うのは当然」 若狭弁護士「手を広げるとは考えにくい」, 暴かれたゴーン一族の“金脈” 日米当局が“中東の闇”にメス、識者「王族や富豪がルール曲げることが可能な環境ある」.