サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬け――欧州調査で4割がng、日本ではなぜか農薬が「食品添加物」として認可 お気に入り記事へ保存 14:18 11/28 2014  厄介なことに、環境ホルモン作用の場合、一つ一つの化学物質の摂取量は少なくて有害影響が見られなくても、同時に複数の物質を摂取した場合には、それぞれの摂取量が加算されて、有害影響が出てくるという。こうした複合影響は、動物実験では既に確認されているが、農薬などの残留基準といった規制には、全く活かされていない。, EUでは、こうした環境ホルモン作用による有害性を重視し、農薬や家庭用殺虫剤への規制制度を強化して、環境ホルモン作用のある成分は使用禁止にすることを決定している。また、一般の化学物質でも、販売前の事前承認を課すなど厳しい管理措置を義務付けることが決まっている。 短期間で精巣がんをはじめとする疾病が増加した原因の一つとして、胎児期の男性生殖器官が作られる時期の男性ホルモンのかく乱が考えられており、そのかく乱物質として、農薬以外にも、塩化ビニルなどプラスチックの可塑剤(フタル酸エステル)や、カーテンや建材に使用される難燃剤、食品や医薬品の保存料として使われるパラベン、香水などに使われる合成ムスク、などが指摘されている。 コルテンカンプ博士の報告の元になっている2011年に発表された研究論文を読んでみると、欧州で使用量が多く、ばく露する機会の多い農薬を、ピックアップして調べた結果、上位50位の農薬中20種類に男性ホルモンを阻害する作用が見つかった。, 「予想以上に多くの農薬から男性ホルモン阻害作用がみつかって正直びっくりした。人での影響がないと言えるのか緊急に調べる必要がある」とコルテンカンプ博士は語った。, http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=309610&g=131208. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 輸入される穀物や柑橘類の多くは、ポストハーベスト農薬といわれる、収穫後に散布される農薬の影響があります。 北欧諸国では1970年から2003年にかけて、精巣がんの発生率が4倍に増え、ホルモンが関与する乳がんや前立腺がんも増加していること、また男の子での生殖器の異常や精子数の減少なども増加している、との報告があった。, 短期間で精巣がんをはじめとする疾病が増加した原因の一つとして、胎児期の男性生殖器官が作られる時期の男性ホルモンのかく乱が考えられており、そのかく乱物質として、農薬以外にも、塩化ビニルなどプラスチックの可塑剤(フタル酸エステル)や、カーテンや建材に使用される難燃剤、食品や医薬品の保存料として使われるパラベン、香水などに使われる合成ムスク、などが指摘されている。, こうした複合影響は、動物実験では既に確認されているが、農薬などの残留基準といった規制には、全く活かされていない。, EUでは、こうした環境ホルモン作用による有害性を重視し、農薬や家庭用殺虫剤への規制制度を強化して、環境ホルモン作用のある成分は使用禁止にすることを決定している。また、一般の化学物質でも、販売前の事前承認を課すなど厳しい管理措置を義務付けることが決まっている。, コルテンカンプ博士の報告の元になっている2011年に発表された研究論文を読んでみると、欧州で使用量が多く、ばく露する機会の多い農薬を、ピックアップして調べた結果、上位50位の農薬中20種類に男性ホルモンを阻害する作用が見つかった。, 「予想以上に多くの農薬から男性ホルモン阻害作用がみつかって正直びっくりした。人での影響がないと言えるのか緊急に調べる必要がある」とコルテンカンプ博士は語った。, 企画「食の安全」トップページへ これは本当によく聞かれる話で、信仰じみた話が混じっているのが実情です。   コルテンカンプ博士の講演資料より。欧州でよく使用される農薬の環境ホルモン作用を調べたもの。 農薬での禁止を決めたのが2009年の「植物保護製品の上市に関する規則」で、家庭用殺虫剤は2012年の「生物致死製品の上市に関する規則」。一般化学品での規制は2006年の「化学物質の登録、評価、承認に関する規制(REACH)」で定められている。ただ、個別の化学物質が環境ホルモンであるかどうかの判定基準の設定が、農薬業界や化学物質業界の猛烈なロビー活動により遅れているのが現状だ。詳しくは、今年8月にフランスで放送されたドキュメンタリー番組の日本語訳を作成しているのでぜひ見てもらいたい。  輸入レモンは危険なのか? 今回は、レモンの防カビ剤、防腐剤と体への害、農薬の洗い落とし方、安全な食べ方などについて解説します。 ぱっと読む見出し防カビ剤などの農薬はすべての輸入レモンに?輸入レモン … スーパーでも普通に購入できるレモンですが、たくさんの農薬や防カビ剤が使われていることをご存知ですか?, レモン果汁だけではなく、レモンを丸ごと皮まで使う場合は、知らないうちに危険な成分を食べてしまっているかもしれません。, 店頭で輸入フルーツに「OPP・TBZ・イマザリル使用」などの注意書きがされているのを見かけたことがありますか?, これらはすべて日本では使用を禁止されている農薬ですが、輸入される柑橘系のフルーツには使用されている毒薬です。, 日本までの輸送期間や保存している時にカビてしまわないよう、レモンを始めオレンジやグレープフルーツなどには「ポストハーベスト農薬」と呼ばれる収穫後用の農薬が使われています。, これらは強い毒性があり、インターネットで少し調べただけでも、見ているだけで怖くなるような情報が次々と出てきます。, 日本では禁止されている農薬・防カビ剤なのに、それを使用した食品が輸入されているのですから、安全でないと言っているようなものです。, 使用している農薬は皮についているのだから果肉は平気だと思うかもしれませんが、果肉にも農薬が残っているとの報告もあるので安心はできません。, 外国産のレモンが危険だというのは多くの人がご存知かもしれませんが、実は国産レモンにも農薬が使用されています。, 国産レモンでも、無農薬と表示のあるもの以外は農薬を使用していると思って間違いないです。, しかし日本の場合は厳しい検査がありますので、農薬を使用していても輸入レモンのような心配はありません。, 国産レモンは安全なので、皮を使用するレシピなどには注意書きとして「国産レモンを使用」と書かれている場合さえあります。, それでも心配な場合は、よく洗って使用するか、国産レモンの中でも無農薬のレモンを買うようにしましょう。, 輸入レモン・国産レモン、どちらも食べたり料理に使用する前に、安全のためにもしっかり洗いましょう。, 手ではなく、ブラシやたわしを使って洗っても大丈夫ですが、あまり強くこすると皮が傷ついてしまうので注意が必要です。, 必ず、用途に野菜・果物が含まれている洗剤を使用してください。香りのないものの方がおすすめです。, 「サラヤ ヤシノミ洗剤 野菜・食器用」は無香料・無着色で、野菜や果物にも使える食器用洗剤です。, Washell (ウォッシェル) ホタテ貝より優れたほっき貝から出来た 野菜 果物 洗浄 除菌 鮮度保持 パウダー 100g(Amazon), レモンは、野菜や果物が洗える食器用洗剤でも洗うことができますが、よりしっかりと洗いたいのならば、専用の洗剤を使いましょう。, 化学農薬・化学肥料・除草剤・ワックスを使用しないで作られ、皮まで食べても安心のレモンもあります。, 日本では使用を禁止されている農薬ですが、輸入される柑橘系のフルーツには使用されている毒薬, 国産レモン マイヤーレモン 3kg【A品】オーガニック 有機レモン 産地直送 送料無料 有機栽培 農薬不使用 無農薬 佐藤農場. オーガニックというのは有機栽培という意味で、自然農とごっちゃにしている人がいますね。 ◇米サンキストのレモンは環境ホルモンだらけ

環境ホルモンの複合作用を示した研究。個別の摂取量では無害でも、複合作用で影響が出る。平成24年の環境省のセミナーでの井口泰泉博士の講演資料より抜粋 サンキスト®の厳正な審査を経てレシピを開発。 サンキスト®としては世界初となるお酒です。 ※ サンキストの創業~2020年6月現在までの期間で サンキストブランドとして、お酒の発売は初めて 現実的に述べるなら大豆だから... 【フクシマ】東京都に降り注いだセシウム量は総計で約39兆ベクレルに達することがわかった。これは都民一人当たり292万ベクレルの被ばく量になり、これからも引き続き降下が続く。, 米国の医学者であるロバート・メンデルソン医師は、X線撮影の三〇%は、医学的に何の必要もないと述べている。日本は世界一のCT保有国であり、その台数や検査数は二位以下を大きく引き離している。人間ドックがあるのは日本だけ。, 日本の昔の百姓の話が出てきます ある百姓が 米を植えて 何もしないでいると 隣の百姓が来て 「おい、米を消毒しないと 虫に食べられてしまうぞ!」 と言ってきたそうです, 日本の農産物は残留農薬が多すぎてEUや台湾には出荷できない。農家は日本販売用と海外輸出用で畑を変えている。, 国産野菜の危険性:日本は世界一位、二位を争う農薬大国。農薬は精神薬と同じ強力無比な神経細胞毒で、脳細胞その他をどんどん死に至らしめる。脳だけでなく脂肪が存在するあらゆる場所に蓄積される。, アムウェイ定番のブロッコリー洗剤洗い問題・・・ブロッコリーは一般的に農薬をかけることはあまりない。, ラウンドアップと出生異常・・・農業の散布で使用されているよりもはるかに低く、EUで現在認められいる商品残留レベルよりもずっと低い濃度のグリホサート(ラウンドアップの主要な有効成分)でカエルや鶏の胚に奇形が発生, 大手ヤ〇ザキパンなど・・・パンの使用小麦から発がん性農薬グリホサートを検出。日本は残留農薬大幅緩和、世界では使用禁止の動き。, 【オーガニック】JAS認定の罠・・・有機JAS認定だからといって、安心安全と言い切れるだろうか???, 大豆は体に善いか悪いか?・・・は大豆のイソフラボンだけの話ではなく、農薬、GMO、硝酸態窒素、種の改造などの影響, 体を壊す日用品実名リスト…すべて実名なので間違った情報を書くとメーカーは名誉棄損で訴えますので、訴えられるのかを確認しよう, ランチパック 危険:あの異様にソフトで風味豊かな食感は、発がん物質によって作られている。, 【千島学説】最近になって、米コロンビア大学の研究で血球が腸でも生成されていることが確認された。千島学説はトンデモ学説ではない。, 【原価5円】「安い、うまい、便利」は危険と隣り合わせ~あなたがコンビニおにぎりがうまいと感じる理由, 実際にコンビニ弁当工場で働いた人…食べ物に関してはもはや「買ってない」に等しいのです。皆はCMや見た目のイメージを買っているのであって、実は食べ物を買っているのではない。, 【北朝鮮 危機】金正恩は日本の天皇家血筋の人物であり、その母親は拉致被害者の横田めぐみである。日本と北朝鮮その闇の関係について。, 【悔しくて泣けてくる。…何してんだよ日本】わたしは、放射線の食品測定所の臨時職員です。 今日も、ある、ばあちゃんが来た。, 日本人はモルモット、人体実験:電子タバコ、アメリカでは発売されていない。まずは日本人で動物実験してからだよね。, ヤマ〇キパンが使用している猛毒の「臭素酸カリウム」は、世界中で使用が禁止されている食品添加物だが、日本では使用が認められている。自然界には存在しない強力な発ガン性物質で、中国ですら使用を禁止している。, マク毒ナルドは危険だけどモスは安心とかいってる人がいますけど、ジャンクフードに安全とかあるわけないんですけどね, 驚愕:日本の不名誉な世界一、その一覧。日本はホントに素晴らしい国?あなたはどれくらい知っているだろうか??, チェーン店で外食するなら「大戸屋」・・・無添加・無着色のものが多いこと、卵などを自然卵にしている, モンサントのラウンドアップが散布された草木を食べて腫瘍だらけになった鹿らしい…本当なのだろうか???, 【食べてはいけない『外食チエーン』】週刊新潮 〜たった一食で『塩分』リスクが増大!〜・・・安いには訳がある, 5年間の土づくりが一瞬で無駄になった…無農薬の田んぼに農協のヘリがやってきて農薬を撒いていった。オペレーターは事の重大さに気付いていない様子だった。, いまだに店頭で販売され続けるランチパックや山崎パンの数々。ホントかどうか知りませんが飯島社長はパンを試食するとき、喉を通してから吐き出すくらい食べないんだとか。, コンビニのサラダ、パスタに入っている「ゆで卵の輪切り」なぜすべて同じ大きさなのだろう?人工製造したゆで卵、ロングエッグとは何か?, 「小麦は危険」のウソ;糖質制限、グルテンフリーで危険視される小麦、ではなぜ古代からずっと食べられているのか。, スマホや5Gばかり注目されますが、デジタル毒はオール電化でもかなりリスクがあがります, 解毒作用を持つ食べもの 医食同源という言葉そのままに、解毒作用を持つ食材はたくさんあります。 しかも、どれも特殊なものではありません。, 沖縄タイムスの元社員牧志秀樹容疑者(45)逮捕「不正受給は間違いない」持続化給付金詐取の詐欺容疑, 俳優の窪寺昭さんが自殺 43歳 刀ステ明智光秀・おそ松イヤミ役など多くのテレビドラマや舞台に出演, 【アメリカ大統領選速報】ペンシルベニア州裁判所が郵便投票の一部を無効と判断…トランプ大統領の訴訟が認められる, 中学校則「下着は白」 教員が目視で確認・・ 弁護士会「明らかな人権侵害」 = 佐賀, バイデンに祝電を送らないプーチン・習近平~現地スパイの情報で、不正選挙を見抜いているか?, 【速報】 テキサス州のバイデン陣営の責任者、不正投票事件でFBIに身柄を拘束 背後に中国共産党か. 外国産のレモンが危険だというのは多くの人がご存知かもしれませんが、実は国産レモンにも農薬が使用されています。 国産レモンでも、無農薬と表示のあるもの以外は農薬を使用していると思って間違いないです。 リンク これは長期の輸送、倉庫保存でカビたり、腐ったり、虫がわくのを防ぐために散布されるもので、厚生労働省が法律で定めているものです。, 栽培期間中に散布される農薬も問題ですが、ポストハーベスト農薬は更に毒性が高いとも聞きます。, スーパーで並んでいるオレンジ、グレープフルーツなどの輸入柑橘類には、使用された薬剤が表示されているものが多いです。注意しましょう。, サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬けらしい。 北欧諸国では1970年から2003年にかけて、精巣がんの発生率が4倍に増え、ホルモンが関与する乳がんや前立腺がんも増加していること、また男の子での生殖器の異常や精子数の減少なども増加している、との報告があった。 有機は有機肥料などで栽培する農法... 大豆は体に善いか悪いか? 講演の中で、環境ホルモン研究の世界的権威であるイギリス・ブルネル大学のアンドレアス・コルテンカンプ博士は、欧州で広く使用されている農薬の多くから、男性ホルモンの働きを阻害する作用があることが分かった、との報告がなされた。 企画「その税金、無駄遣い、するな。」トップページへ サンキストのレモン。4種類の農薬が「防かび剤」として使用されている。そのうち2種類は、環境ホルモン作用がある。妊娠中は特に要注意だ。 サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬け――欧州調査で4割がNG、日本ではなぜか農薬が「食品添加物」として認可 ◇日本多いのは住友化学の「フェニトロチオン」「プロシミドン」 サンキストレモンはカリフォルニアで生産され、船で約1ヶ月くらいかけて日本に輸入されています。1箱17キロで、サイズは、95玉・115玉・140玉・165玉です。 【レモンの保存方法】 レモンやグレープフルーツの皮は消毒の毒が残っていて毒です、と言っている人がいました。他の人からもこの話は聞いたことがありますが、実際どうなのでしょうか?最近の研究結果などが載っているサイトなどがあったら教えて欲しいです。 健康になるために、長生きするために、何を食べたらいいのか。 :リンク, 農薬汚染が化学汚染の元凶なのだ。そして既に人類にも深刻な影響がでている。 中国の大気汚染物質「PM2・5」が日本に深刻な影響を与えているが、脅威はこれに留まらない... 農薬がなぜダメなのかどれくらい危険なのかということは、ほとんどの人が理解できないようです。科学的にいえば農薬は精神薬と同じ強力無比な神経細胞毒で、脳... ブロッコリーは乾燥地帯の植物なので、花芽を乾燥から守るために天然のワックスを分泌します。これにより虫も付きにくくなります。ちなみにブロッコリ... ラウンドアップと出生異常 マイニュースジャパンより以下引用です 企画「CMリテラシー」トップページへ ◇食品添加物の防かび剤7物質中4物質が環境ホルモン >少子化の元凶は化学汚染。大学生の97%が不妊レベルまで精子激減 ◇欧州で農薬使用量上位50成分中4割に環境ホルモン作用 ◇欧州で農薬使用量上位50成分中4割に環境ホルモン作用 国産レモンも農薬を使用している. 本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、[email protected]までご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。, サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬け――欧州調査で4割がNG、日本ではなぜか農薬が「食品添加物」として認可, 「パブロン」「ベンザブロック」「ノーシン」は環境ホルモン成分入りで子どものADHD増加、精巣がん10倍のリスクも, 佐藤製薬「ユンケル」は毒性強い「パラベン」入り EUが使用禁止した環境ホルモン添加物2種を使用中, 妊娠中は国内イチゴの食べ過ぎに注意! 住友化学の環境ホルモン農薬『プロシミドン』で胎児に悪影響のリスク, 制汗デオドラント商品 危険な殺菌成分使うマンダム『ギャツビー』・ロート製薬 『リフレア』―― お勧めは『レ, 2016年も、記事1本あたり売上高が55万円で過去最高を更新(MyNewsJapan), 日米でトリクロサン禁止も、資生堂『ハンドソープ』・サンスター『GUMデンタルリンス』等は危険な代替成分「塩, 通常栽培のレタスとブドウは環境ホルモン農薬残留に要注意――「妊娠中に有機食品を食べると、赤ちゃんの先天異常, 「予備校選びで、東進はやめたほうがいいです」東進ハイスクール元担任が語る7つの理由――第一志望に受からなすぎる、東大合格者は水増し、大学生に持論を展開される指導、3者面談までバイト…, アメリカFDAも認定した「買ってはいけない日焼け止め製品」ワーストは資生堂「アネッサ パーフェクトUVスキンケアジェル」, 「東進生の9割は他で勉強したほうが受かります」第一志望合格率1割の惨状、費用高いだけで指導力ナシ――担任助手が語る東進ハイスクールの教育実態, サントリー『伊右衛門特茶』は、長期摂取で腹部脂肪が増え始める “逆トクホ” 体重・体脂肪率・ウエストも変化なし. 環境ホルモン研究の世界的権威であるコルテンカンプ博士が、11月16日に開催された国際セミナーで、「欧州で使用されている農薬の4割に男性ホルモンを阻害する作用が見つかった」と報告した。それら農薬を妊娠中に摂取することで、生まれてくる男の子の生殖器の異常や、成長後の不妊・精巣がんのリスクが高まると指摘されている。そこで、日本で使用される農薬と比較したところ、生産量がダントツだったのが、住友化学の殺虫剤「フェニトロチオン」と殺菌剤「プロシミドン」で、これらはイチゴ等の農薬として使用されている。環境ホルモン農薬の多くは、海外ではポストハーベスト農薬として使用され(日本はポストハーベスト農薬は禁止)、, 本来なら輸入禁止のはずが、アメリカの圧力で厚労省はこれら農薬を「食品添加物」として無理やり認めた結果、レモンやオレンジなど輸入かんきつ類の表皮に残留しているリスクが高い(食品添加物表示を読めば避けられる)。そのほか、輸入ジャガイモの芽止剤として「クロロプロファム」が使用されている。環境ホルモン農薬の避け方を伝授する。(環境ホルモン農薬回避消費行動マニュアルはPDFダウンロード可), 【Digest】 アンドレス・カラスコ(Andres Carrasco)教授が率い、イギリス、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン... 「何を食べるか」ではなく、「何を食べないか」のほうが重要  11月15日と16日に東京大学医学部講堂で開催された環境ホルモン問題についての国際市民セミナーでのこと。

つねに、人の心をとらえ... 高級食パンブームのなか、輸入小麦を原料としている食パンから、2015年7月にWHO(世界保健機関)の外部組織である国際がん研究機関(I... JAS認定の罠 ◇輸入ジャガイモのポテトチップも要注意 <中国> サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬け。欧州調査で4割がng、日本ではなぜか農薬が「食品添加物」として認可されている。 2017/9/6 農薬. 上位50位の農薬中20種類に男性ホルモンを阻害する作用が見つかったらしい。そのうちなんと日本では食品添加物として認可されているものもある。 Dr. Akishi Oshitaさんのコメントを添付させて... NHKで、台湾の残留農薬基準が厳しくて輸出できないという話をしてる。200分の1というのもあると。食の安全への関心の高まりで各国で基準が厳しくなってて大... 三国(中国、韓国、日本)料理の危険性について