電気技術をひとつひとつ習得していく中で、これまでに自分が困ったことを記事にしていきます。, 電気エネルギーの発生から電気による制御までを広く解説します。これから電気のプロを目指す方必見!!, 通称「電ドラボール」。携帯性と利便性が両立した逸品です!もちろん手締めも可能です。かさばらず作業性UP!!, 人気のボールグリップドライバーのパールホワイト色!厳格な電気作業に少しおしゃれなデザインで技とテンションUP!!, 180[°]の首振り角をもち、72山の細かいギアで狭所の作業も得意なスパナセットです!とことん狭い場所を想定した設計で力強く現場作業をサポートします!, リレーシーケンスに関する説明をします。まずはリレーとはどういうものか、構造の概略と動作原理と目的を解説したのち、リレーシーケンスの大きなポイントとなる「自己保持回路」について解説します。, リレーやタイマを利用した少しだけ手の込んだお決まり回路を紹介しています。ここで紹介する回路は様々な場面で登場する頻度が高く、利用価値の高いものです。是非動作のメカニズムを図面から読み解いて、これからの設計や保全に役立ててください。, リレーを使用した自己保持回路での電圧増幅について記載しています。リレーという部品はその特性上増幅を得意とします。簡単ですが、その使い方を説明します。, 自己保持回路の知識だけでも実用の機器として充分に活用できます。実際に例を出して説明します。安全に思いどおりに機器を操作する上で大事な考えを記事にまとめました。, 自己保持回路だけを用いてナンバー式のロックシステムをつくってみました。仕様の決定から回路設計までを一貫して行っています(電源部は省いています)。少しややこしいですがシーケンス制御理解としては良い例だと考え、記事にしました。, ベッセル(VESSEL) 電動 ボールグリップ ドライバー ビット5本付 電ドラボール 220USB-5, ベッセル ボールグリップドライバー リミテッド2本組 パールホワイト 220L-2PS-PW. 現役サラリーマンで設備保全として主に電気,制御関係の仕事をしています。 日々生活していると、わたしたちが如何に電気に依存しているかがよくわかります。 テレビを見るのも電気、洗濯するのも電気、ドライヤーを使うのも電気を使います。 そこで気になるのは、「家電製品はいったいどれ ... 配線用遮断器と漏電遮断器の違いは分かりますでしょうか? 配線用遮断器と漏電遮断器は、ともに電路の安全確保にとって重要な装置です。 そのため、基本的な構造は似ているのですが、その原理や実際に使う場面は少 ... こんな方におすすめ 音が鳴らなくなった玩具を直したい方 子供が遊ぼうと思い、戦隊ヒーローや仮面ライダーの変身玩具から音が鳴らなくなったことはありませんか? そんな時はメーカーへ修理を出そうと思いますが ... あなたは有接点タイマリレーのオンディレイ動作とオフディレイ動作を説明できますか? 最近はPLCを使用することが多いため、以前と比べてタイマリレーを使用する頻度は減りましたが、PLCを使用しない場合は制 ... あなたは展開接続図を作成するときの線番号を決めるのに悩んでませんか? それとも線番号を決めずに作成していますか? 今回はそんな悩みを解決する記事となっています。 私自身、最初のころは線番号を決めるのに ... Copyright© 電気エンジニアのツボ , 2019-2020 All Rights Reserved. 実例のアニメーション動画に対して、実体配線図とシーケンス図を用いて理解しやすく解説します。 ・エネルギー管理士 簡易的な実例を用いて、基本制御を解説します。 . ・エネルギー管理士

電気技術をひとつひとつ習得していく中で、これまでに自分が困ったことを記事にしていきます。, 電気エネルギーの発生から電気による制御までを広く解説します。これから電気のプロを目指す方必見!!, 通称「電ドラボール」。携帯性と利便性が両立した逸品です!もちろん手締めも可能です。かさばらず作業性UP!!, 180[°]の首振り角をもち、72山の細かいギアで狭所の作業も得意なスパナセットです!とことん狭い場所を想定した設計で力強く現場作業をサポートします!, 3芯VVFケーブルを一発カット!ペンチとネジサウルスの機能が一つに!さらに簡易な圧着も可能です!!工事をやるなら絶対欲しい一本です。ラジオペンチバージョンのPZ-60もあります。, PLCを含むシーケンス制御を学ぶための効率的な手法を紹介しています。仕事を通じてスキルアップするよりはるかに効率的な手法で間違いないと考えています。, リレーやタイマを利用した少しだけ手の込んだお決まり回路を紹介しています。ここで紹介する回路は様々な場面で登場する頻度が高く、利用価値の高いものです。是非動作のメカニズムを図面から読み解いて、これからの設計や保全に役立ててください。, シーケンス回路における基本的な説明をします。AND,OR,NOTやタイマ,カウンタを使用した回路について解説しています。自己保持と組み合わせることで実用の幅が広がります。, 自己保持回路の知識だけでも実用の機器として充分に活用できます。実際に例を出して説明します。安全に思いどおりに機器を操作する上で大事な考えを記事にまとめました。, 自己保持回路だけを用いてナンバー式のロックシステムをつくってみました。仕様の決定から回路設計までを一貫して行っています(電源部は省いています)。少しややこしいですがシーケンス制御理解としては良い例だと考え、記事にしました。, リレーを使用した自己保持回路での電圧増幅について記載しています。リレーという部品はその特性上増幅を得意とします。簡単ですが、その使い方を説明します。, 緑色二点鎖線の枠に関しては、図面上では離れ離れになっているコイルと接点が機械構造としては一つのものであるということを分かりやすさのために囲って表示した, ベッセル(VESSEL) 電動 ボールグリップ ドライバー ビット5本付 電ドラボール 220USB-5. 3 入力接点には様々な機器があるが,ここでは代表的なスイッチに限定し図2に示す. Ⅰ-3-2.

・電験三種

図1 電気回路を用いた制御回路とシーケンス図.

・電験三種 シーケンス回路における基本的な説明をします。and,or,notやタイマ,カウンタを使用した回路について解説しています。自己保持と組み合わせることで実用の幅が広がります。 シーケンス制御ではタイマーを使って入力と出力に時間差も持たす回路のことを、遅延回路といいます。タイムディレイ(time delay)回路ともいいます。このページでは、遅延回路の基本を理解してもらえるように、やさしく解説しています。オンディレ このカテゴリでは様々な制御の代表例でもあり自動化には欠かせないシーケンス制御に関して順次説明していきます。, 〔目的に向けて、もともと用意された設定やプログラム内で合否判断を繰り返し条件の分岐に従い対象を操作する制御〕, これは筆者が日々シーケンス制御と向き合う中で自分なりに行き着いた表現です。JISの表現でしっくりくるひともいれば、筆者の表現でしっくりくるひともいるでしょう。ただ、どちらも言っていることの共通点は「あらかじめ(もともと)定められ(用意され)ている」制御です。, これの意味するところは配線で構成されていようと専用のプログラムで構成されていようと一つの目的に向かった設定が、想定される局面や段階においてあらかじめ用意されているということです。, 下の図をご覧ください。これは電気回路の基本中の基本となる回路です。広い意味ではシーケンス回路の基本とも言えます。, あくまでここではシーケンス回路についてを説明していますのでシーケンス制御を説明するように解説してみます。…といってもこの回路では電気回路視点でもシーケンス回路視点でも説明は一緒になりますが。, 回路を構成する要素が少ないのでこのような表現になりますが、これをシーケンス制御の最小単位とお考えいただいて結構です。, これでも先の「あらかじめ(もともと)定められ(用意され)ている」制御の概念に立派に則っています。スイッチをONにするとランプが点灯するように設定されているのです。「逐次進める」段階が2段階しかありませんが。, 上の回路で「スイッチ」と出ましたが回路用語では「接点」とよばれることがスタンダードなようです。もちろんスイッチでも通用します。そしてこの接点には2種類あり、一つ目は「a接点」でもう一つが「b接点」です。, a接点とは、何もしなければ電気的につながっていない接点のことをいいます。人が押すことや電磁力で引き付けられる(後述しています)ことではじめてつながる接点のことです。, b接点とは何もしない状態ですでに電気的につながっている接点のことです。そしてa接点とは逆に、人が押すことや電磁力で引き付けられることで電気的なつながりを失う接点のことです。, シーケンス制御の概念はこれで説明がつきますが、これじゃああまりにも呆気なさすぎますのでもう少し説明を続けます。, 大まかにシーケンス制御の概念をとらまえたところで「これぞシーケンス制御」というものを説明します。先の、スイッチを押すとランプが点灯する回路はたった2段階の制御になりますが。これは自動制御とはかけ離れています。そこで登場するのがリレーです。制御の世界におけるリレーとはどんなものか、決して運動会の話ではありませんが運動会のリレー競技と概念は似ています。, 上の図は一般に「マグネットスイッチ」や「マグネットリレー」または単に「マグネット」などと様々な名称で呼ばれているリレーの一種です。日本語では「電磁継電器」といいます。この他にも「ミニチュアリレー」や「補助継電器」などありますが部品の配置やサイズが多少違うだけで動作原理はほぼ一緒です。ただし、接点容量や接点抵抗などというどれだけの電気を流せるかという違いはありますのでご注意を。, a接点に視点をあて動作を言葉で説明するとまず ①何もされていない状態なのでばねの押し上げる力のためにa接点は電気的につながっていない → ②リレーのコイル部分に電源が投入されることでコイルが電磁石化 → ③磁石化したコイルの磁力がばねの押し戻す力に打ち勝ち可動接点のユニットが引き寄せられる → ④リレーのa接点が電気的につながる → ⑤各a接点につながる回路が動作する, ミニチュアリレーの場合はc接点という、a,b接点の片側をつなぎ、どちらの接点使用時にも接続をする接点(端子)が存在します。これは「コモン(common)」とよばれます。, このリレーの動作により例えば電池のような電圧の低い直流の電源をコイルに接続し、a接点につながる交流の100[V]を必要とする機器を動作させることなどが可能となります。まさにリレー競技でバトンタッチするようですね。, では、リレーの構造もわかったところで「The・リレーシーケンス」の話に移っていきましょう。これも図で説明した方が早そうですが、ここでひとつお願いです。, これ以降リレーやランプ、スイッチなどを図記号を利用する形ですすめさせていただきます。上図はいずれも筆者が直接ひいているものですが、毎回詳細を記載していると非常に説明も煩雑になってしまいます。, それにより「図面」といわれるものの素晴らしさも同時に実感していただければなお当サイトの価値も出てきます。都度、図記号が何を表しているかは説明いたしますのでよろしくお願いします。では本題へいきましょう!, 言葉でいろいろ説明するより図面が一目瞭然ですね。上の図がThe・リレーシーケンス、「自己保持回路」です。ちなみに緑色二点鎖線の枠に関しては、図面上では離れ離れになっているコイルと接点が機械構造としては一つのものであるということを分かりやすさのために囲って表示しただけのものです。通常の図面ではこの囲い枠は記載しません。また、電源記号もわかりやすさのため記載しましたが通常はこのような図面では電源の図記号による記載はありません(文字表示に留めるのが通常です)。, ⑦ONスイッチ部分は電気を通さないがリレー接点(1)がリレーコイルに電気を供給し続ける(ここが自己保持部分です!自分で自分を保持しています!!), ⑩OFFスイッチはb接点なので押された時点でリレー接点(1)からの電気の供給を遮断する, ⑪リレーコイルに電気の供給が無いのでリレー接点(1)とリレー接点(2)はOFF状態に戻る, ⑬OFFスイッチから人が指を離してb接点が戻ってもリレーコイルに電気を供給できるルートはないのでリレーはもちろんランプが動作することはない, これから自動制御について説明をしていく中でここがとても重要なポイントになります。算数でいえば1桁の足し算と同じくらい基礎で、これをキッチリ押さえなければ以降の四則演算が理解できないように、この後の制御の話には進めません。是非、モノにしてしまいましょう!, takuです。 複雑になればなるほど、タイムチャートなどを書いてから進めた方が、効率が良くミスが少なくなります。, 各機器の動作状態は、「ON」「OFF」または「点灯」「消灯」などの2つの状態しかないため、これらを上下に分けて表します。, リレーのコイルと接点は同じ動作になるため、リレーのコイルを省略される場合もあります。. リレー回路は制御盤では基本となる回路です。外部との信号のやり取りや、信号の集約、信号を保持する回路は基本中の基本。電気制御に携っているけどリレーについてよく知らないのであれば、このページで紹介している内容は押えておくといいですね。 私自身も最初は仕事でタイムチャートを読むことも書くことができず、苦手意識がありました。, そんな苦手だった私が「タイムチャートの見方」「基本回路のタイムチャート」をご紹介します。, 上記のように単純で少ない動作であれば文章で問題ありませんが、複雑になってくると文章だけでは分かりにくくなってきます。, タイムチャートとは横軸に時間をとり、縦軸に各機器がどのような動作していくかの状態を表したものを言います。, BSやGLって何?と思われた方は「シーケンス図の電気図記号シンボルとは?よく使用する記号一覧」を読んでいただきますと、機器の文字記号について理解を深めることができます。, 上記回路では押しボタンスイッチBS1を押す→リレーのコイルが励磁R→リレーの接点R閉じる→緑ランプGL点灯となります。, 回路構成から分かるように、押しボタンスイッチBS2を離してもリレーによって保持されていため、緑ランプは点灯したままです。, 自己保持回路について動作については「初心者でも理解!電気屋が教える有接点リレーの基本(自己保持回路)」に詳しく書きましたので、理解を深めたい方はこちらもご覧ください。, 動作として、押しボタンスイッチBS2を押すと3秒後に緑ランプGLが点灯し、押しボタンスイッチBS1を押すと緑ランプGLが消灯します。, タイマーの接点部分は上記タイムチャートのように横矢印を書いて、遅延時間を記入します。, 上記の回路の場合、押しボタンスイッチBS2を押す→リレーR1がON→緑ランプGL点灯します。, この状態では押しボタンスイッチBS3を押してもリレーR1が動作しているため、リレーR2がONせずに赤ランプRLは点灯しません。, ON・OFF回路やタイマー回路ではリレーのコイルと接点のタイムチャートを書きましたが、回路が複雑になってくると省略する場合もあります。, シーケンス回路図やプログラミングを進めるために、今回紹介したタイムチャートやフロチャートを利用し、各制御機器の流れを分かりやすくすることが大切です。, 簡単な回路やプログラミングであれば、いきなり始めても問題ありませんが、複雑になればなるほど、タイムチャートなどを書いてから進めた方が、効率が良くミスが少なくなります。, 書くのが手間と感じるかもしれませんが、理解や検討の手助けになりますので書きましょう。, 共働きの子育て会社員。工場で15年間働く電気エンジニア。多数の国家資格を取得。施設や工場で働く電気エンジニアが勉強できる、様々な悩みを解決できるサイトを目指しています。雑記記事も時々書きます。心理学を勉強中でメンタルケア心理士取得。, 「電気エンジニアのツボ」はたいへん分かり易く解説しておられましたので デジタル回路でよく発生する厄介なハザードの除去についてシマタケさまの ご意見を伺いたくメールをさしあげました。, A,B、2つの入力端子のあるAND回路を1個用意して、A入力端子に立ち上がり時間、 立下り時間ともに0.1ns、振幅5.0V、周波数250KHz、Dutycycle50%の信号を入力し、 B入力端子にはDフリップフロップの出力(立ち上がり時間、立下り時間ともに0.1ns、 振幅5.0V、周波数10Hz、Dutycycle50%)の信号を入力したのですが、ハザードが 発生してしまいました。, このハザードを除去するため、A入力端子と信号との間に1.0nsの遅延時間のあるNOT 回路を2段直列に挿入した(位相を合わせるため)ところハザードは除去されたのですが これはシミュレータLTspice上でのみ除去されただけなのでしょうか。, また、DフリップフロップやNOT回路、AND回路などに立ち上がり時間、立下り時間が0.1ns という高速で動作するパーツがあるでしょうか。, 申しわけございません。 ご質問の「デジタル回路」に関してですが、 学生時代に実習や講義でしか学んだことがなく 知識や経験が乏しい為、お答えいたしかねます。.

PLC(Programmable Logic Controller)は、リレー回路に似た回路をパソコン上でプログラミングして動作させることができる機器です(図4)。三菱電機が販売するPLCの製品名をシーケンサといい、広く普及していることから、PLCはシーケンサと呼ばれることもあります。 PLCがなかったころは、リレ…