スコットランドの首都エディンバラには、中世の面影を残した歴史的建造物が並びたつ旧市街(オールドタウン)と、新古典主義様式の建造物で構成される華麗な新市街(ニュータウン)の織り成す美しい街並みがあり、街そのものが世界遺産として登録されています。

No reproduction or republication without written permission. 4つの連合王国が、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国であり、イギリスなんですね。 ちなみにサッカーの世界大会には、別々の国として出場しており、イギリスだけで、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド4つのサッカーの代表が存在しています。 英国王室の船・ブリタニア号のそばに浮かんでいて内装もとてもラグジュアリーです。結婚式などにも対応しています。本当にいつか一度は泊まりたいホテルですね。, 上記2つのホテルのように、デパートやお店が立ち並ぶお買い物エリアに位置するわけではありませんが、ホテルを目的にする旅もありではないでしょうか。, イングランドとはまた違うイギリスの側面が見られるスコットランドの首都エディンバラへのアクセスについて、電車・バス・飛行機の3通りご紹介します。, 行き方はさまざまですが一番のおすすめは電車でのアクセス。その理由は、ロンドンからエディンバラまでの車窓から見える景色の美しさです。のんびり車窓ごしにイギリスの風景を楽しむのは至福のひと時。, コストと時間のバランスがいい電車でのアクセス。電車の旅の始まりは、『ハリー・ポッター』シリーズでもお馴染みのキングス・クロス(king’s Cross)駅です。キングス・クロスからウェイバリー(Waverley)駅までは約4時間20分。, たとえば、電車往復チケットに加えエディンバラ城入場券、エディンバラでの乗り降り自由観光バス券(シティサイトシーイング社)もついて、現地でたっぷり6時間のフリータイムを過ごせる日帰りツアーもあります。価格は25,600円/人。ツアーの詳細はリンク先を参照ください。, 電車に比べてバスは乗車時間が長いですが、夜行便のバスが出ているので夜出発⇒車内泊⇒朝着という流れで夜の時間を有効活用することも可能。睡眠時間でバス移動できるため、タイトスケジュールで行く方にもいいかもしれません。夜行バスを利用するときはwifiの有無を必ず確認しておきましょう。, 夜行バスの場合治安が気になるかもしれませんが、イギリスは総じて治安が良いので、エディンバラ往復の夜行バスでも治安は問題ないと思われます。しかし昼間より治安に不安が生じるのは確実なので、貴重品の管理などは徹底してください。, 所要時間はヴィクトリア・コーチ・ステーション(Victoria Coach) から約9時間。長距離特急便のバスでのアクセスだと約8時間かかります。, バスはもとより電車に乗る時間もない!そんな移動時間をとにかく短くしたい方は、ロンドンの空港からエディンバラ空港へ飛行機で一気にアクセスするのがおすすめです。ただ、近年ロンドンではテロが多いので、治安が良くても空港では気を抜かないようにしましょう。, ロンドンの代表的な空港ヒースロー(Heathrow)空港をはじめ、ガトウィック(Gat-wick)空港、ルートン(Luton)空港、スタンステッド(Stansted)空港と、複数の空港から飛行機でアクセス可能です。エディンバラ(Edinburgh)空港までは約1時間20分。, 魔法使いが暮らすファンタジーの世界に迷い込んだかのような美しい景観を楽しむことができるスコットランドの首都エディンバラ。エリザベス女王やフィリップ殿下もこの地を愛し、毎年避暑に訪れるエディンバラ。日本から眞子さまも留学されたエディンバラ。治安が良く観光しやすいエディンバラ。, 古きと新しきが継ぎ目なく混ざりあったエディンバラの街並みは美しいだけでなく、長い歴史とその中で醸成された文化が街全体をおおう様子には思わず息をのみます。, ロンドンから少し足を伸ばして、中世ヨーロッパの世界エディンバラへ旅立ってみませんか?景観美と長い歴史、文化文学が融合するエディンバラの街を散策すれば、イギリス旅行がより印象深いものになるはずです。エディンバラの魅力に取り付かれてしまって、留学や移住したくなる人も、もしかしたらいるかもしれませんね。, ロンドンに旅行に行ったらお土産に何を買いますか?定番は紅茶だけど…いえいえロンドンは それだけではありません!レトロなお菓子やプチプラコスメ、日本でも有名なブランドの本店や映画でお馴染みのキャラクターグッズetc…ロンドンには…, バーバリー、ポールスミスなどのファッションブランドや、ハロッズやリバティなどの高級デパートがあるロンドン。曜日ごとに各地でマーケットも開催されていて、ロンドンはまさに”お買い物天国”!そんなロンドンに来たからには、観光はも…, ロンドンと言えば、焼き菓子と紅茶が有名ですよね♪最近は日本の一流ホテルでも楽しめるアフタヌーンティーですが、折角ロンドンに来たのであれば本場のアフタヌーンティーを体験したくないですか?この記事では、特別な日に利用したい高…, アンパワー水上マーケットは、タイ・バンコク郊外のアンパワー運河の両岸にて、週末限定で開催されるナイトマーケット。ボートに乗って蛍の鑑賞なども楽しめる、大人気の観光名所です!そんなアンパワー水上マーケットについて、行き方や…, タイ・バンコクにあるピンクガネーシャとは、ワット・サマーン・ラッタナーラームという寺院に横たわる巨大な像のこと。3倍速で願いを叶えてくれると評判で、大人気のパワースポットです。使いのネズミ像やカラフルな装飾も目に楽しく、イ…, バンコクのチャイナタウンにあるワット・トライミットは、黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院です。とくに中国系の人々に大人気の黄金仏、ぜひ拝んでみませんか?そんなワット・トライミットについて、行き方や入場…, 当たり前のことを スコットランド(英語: Scotland )は、北西ヨーロッパに位置するグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。. ‚郍ƒCƒ„ƒ‹Eƒ}ƒCƒ‹‚ð•à‚­B’†‚Ù‚Ç‚É‚ ‚鐹ƒWƒƒƒCƒ‹ƒY‘吹“°‚̍ŌÂ̕”•ª‚Í12¢‹I ‚Æ‚¢‚í‚êA¡Žc‚é‚à‚Ì‚Ì‘½‚­‚Í14`15¢‹I ‚ɍČšE‘’z‚³‚ꂽ‚Æ‚¢‚¤AƒGƒfƒBƒ“ƒoƒ‰‚ōłà—ðŽj‚ ‚é‘吹“°‚Å‚ ‚éB”ü‚µ‚¢ƒXƒeƒ“ƒhƒOƒ‰ƒX‚ªˆóÛ‚ÉŽc‚Á‚½BŽžŠÔØ‚ê‚Å‚±‚̐æ‚̃zƒŠƒ‹[ƒhƒnƒEƒX‹{“a‚ɂ͍s‚©‚È‚©‚Á‚½‚ªA\•ª‚ÉŠy‚µ‚ñ‚¾ŽUô‚¾‚Á‚½B, @™¢ŠEˆâŽYuƒGƒfƒBƒ“ƒoƒ‰‚Ì‹ŒŽsŠX‚ƐVŽsŠXv@1995”N“o˜^.



…数世紀にわたる戦乱などによって戦士層の地位はますます上昇し,キリスト教に改宗以後は聖職者層も貴族の列に加わり,社会は〈祈る者〉(聖職者)と〈戦う者〉(貴族)とが広大な土地を所有して,〈耕す者〉(農民)を隷属的な農奴の地位に押し下げて支配・収奪するという封建化への道を進みつつあった。なお,アングロ・サクソンにより西部に追われたブリトン人は,ウェールズに数個の小王国をたてて分立し,またイングランドの北には,アイルランドから移ったスコット人が先住のピクト人やブリトン人と同化しつつスコットランド王国を形成した。[中世後期――封建時代] ノルマン・コンクエストによってこれまでのアングロ・サクソンの貴族はノルマン貴族に取って代わられ,支配層は全面的に交替した。…, …イギリス北部,スコットランド東部のロージアン州の州都。スコットランド王国のかつての首都で,グラスゴーに次ぐスコットランド第2の都市。政治,学術,文化の中心地。…, …従来の住民は北部に住みピクト人と呼ばれていたが,ウェールズからはブリトン人が南西部に来住し,6世紀後半にはアングル人が東部ローランドに定着。このうちスコット人が843年にピクト人を統合してアルバ王国を建設し,1034年にはその流れを汲むダンカン1世が上記4部族を統合してスコットランド王国を樹立した。 ダンカンよりマクベスを経て,マルコム3世が継承したのはケルト的社会で,教会もケルト教会の方式を多分に踏襲していた。…. イギリスを構成する連合王国の一つスコットランドの首都。スコットランド東部、北海に向かって開くフォース湾の南岸に位置する。西方約70キロメートルのグラスゴーに次ぐ同王国第二の都市で、人口44万8624(2001)。行政、学術、文化の中心都市。名称は、ゲール語の「エイデンの丘」を意味するダンエイディアンDuneideannに由来する。旧市街の西端にカッスル・ロックとよばれる城山があり、市街地を見下ろすようにエジンバラ城がそびえ立っている。これをアクロポリスに見立てて「北方のアテネ」と称される美しい古都である。北緯56度に近いが、海流や偏西風の影響で、気候は温和である。産業は観光が主であるが、出版・印刷、製紙、ウイスキー醸造などのほか、外港のリースLeithでは造船、機械、食料品などの工業が行われる。, ほぼ東西に走る旧市街は、西端のエジンバラ城から東端のホーリールードハウス宮殿までのロイヤル・マイルとよばれる通りが中心で、セント・ジャイルズ教会、旧議事堂、宗教改革者ジョン・ノックスの家、ホーリールード寺院などがある。同寺院は13世紀のイギリスの粋を集めたといわれる建築で、寺院の敷地の一部に、スコットランド女王メアリーの居城としてホーリールードハウス宮殿が建てられた。エジンバラ城内には1076年建立のセント・マーガレット礼拝堂がある。ロイヤル・マイルの北側にある谷を挟んで、新市街が北方に広がっている。新旧両市街を分ける谷にはエジンバラ(ウェーバリー)駅、W・スコット記念碑、ロイヤル・スコティッシュ・アカデミー、国立美術館、庭園などがある。新市街の大部分は、ジェームズ・クライブの設計による碁盤目状の市街で、1768年から1850年にかけて建設された。プリンシズ・ストリートPrinces Streetは新市街の南縁に沿う繁華街で、商店が多い。新市街にはジョージ王朝風の建築物も残っている。スコットランドの詩人バーンズは「エダイナよ、スコシアのこよなき都よ、ようこそ汝(なんじ)の宮殿よ、塔よ」とこの美しい都市をたたえている。毎年8月下旬から9月上旬にかけて、エジンバラ・フェスティバルが開かれ、音楽や演劇などが催される。なお、1995年に旧市街、新市街ともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。, この付近には先史時代の集落の跡があり、ローマ帝政期には、フォース湾岸の村クラモンドにローマ軍が砦(とりで)を築いたといわれる。しかしエジンバラの歴史が始まるのは、ゴドウディンというケルト系部族が現在のカッスル・ロックの上に城塞(じょうさい)をつくってからである。ついで7世紀前半にはノーサンブリアの支配下に入った。やがてスコットランド王マカルピンの子孫が、10世紀なかばにエジンバラを手中に収め、マルコム3世の王妃マーガレットはカッスル・ロックの上に礼拝堂を建てた。これが現存するエジンバラ最古の建物である。その子デイビッド1世は、1128年、ホーリールード寺院を建てた(1220年ごろ再建)。セント・ジャイルズ教会もほぼ同じ時期につくられた。スコットランドの封建的上長であると主張するイングランド諸王、とくにエドワード1世により、エジンバラはしばしば略取されたが、イングランドの支配から脱しようとする独立戦争の最中、1329年に、ロバート1世から特許状を与えられた。市は15世紀には大いに伸展し、スチュアート諸王はエジンバラをしだいに首都とみなすようになった。1560年のスコットランドの宗教改革はエジンバラを舞台に遂行され、1583年にはジェームズ6世の名を付した市立大学ができた(後のエジンバラ大学)。1603年ジェームズ6世がイングランド王を兼ねてロンドンへ移ったため、エジンバラには宮廷がなくなり、その地位は低下した。祈祷(きとう)書の強制に端を発するセント・ジャイルズ教会での暴動(1637)も、宮廷を失った市民のいらだちの一つの現れである。また、1640年代の政治的、宗教的革命に際しては、エジンバラが主導的役割を果たした。, 18世紀に入り、エジンバラは新しい時代を迎えた。名誉革命後のウィリアム2世の無関心、パナマ地峡に植民地を建設しようとしたダリエン計画の失敗、1707年のイングランドとの連合は、ふたたびエジンバラ市民をいらだたせたが、彼らは文化面における北部の首都を目ざすようになった。「スコットランド啓蒙(けいもう)主義」は主としてエジンバラの所産である。1760年以降、市の拡張が行われ、北側にはプリンシズ街をはじめとする新市街がつくられた。詩人で小説家のW・スコットや、判事のコウバーンCockburn卿(きょう)などの活躍はこの時期のことである。産業革命は市に大きな変化はもたらさなかった。20世紀に入り、住宅区は郊外に広がり、かつてのエジンバラは急速に変貌(へんぼう)を遂げつつある。1947年にエジンバラ・フェスティバルが開始された。, 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例, …イギリス(連合王国)の一地方で,グレート・ブリテン島の北部を占める地域。主都エジンバラ。ローマ時代にはケルト語で〈森林〉を意味する〈カレドニアCaledonia〉と呼ばれたが,アイルランドからのスコット人の移住にともない,11世紀には〈スコシアScotia〉の名称が与えられ,現在の地名の語源となった。….