ステアリングホイールカバーも純正の本革をそのまま使用することで高級感を演出しています。, 【驚愕!】スズキ・新型「ジムニー」は3年後に売却しても61%の残存価値がある。これ. ~新型「ジムニー」の情報を求めている人は想像以上に多かった…~ 先日、スズキの新型オフロード四輪駆 ... スズキ・新型「ジムニー・シエラ」も発売して約1年が経過。気になる2019年6月末現在の. スズキのインドネシア子会社「スズキ・インドモービル・モーター社」は3列シート7人乗りクロスオーバー車の新型「XL7」(エックスエルセブン)を発表した。, 「XL7」はSUVとMPVの利便性を融合させた、3列シート7人乗りクロスオーバー車である。軽量・高剛性のプラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用。1.5Lガソリンエンジンと5MT/4ATを組みわせる。, スズキ 新型 FUTURO-e Concept クーペSUV EV (電気自動車)公開, https://www.suzuki.co.jp/release/d/2020/0215/index.html, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。. 中古車情報で「ASK」が使われる思ったより切実な理由, 機能よりモノっぽさで勝負!? 本代から「ビターラ」と同じマジャールスズキ製となり、自社ブランドの輸入車として販売することとなった。グレード体系は2009年6月からのモノグレード体系を引き継ぐが、4wd車に加え、2代目以来となる2wd車が設定された。 Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved.

~スズキがユニークな特別仕様車を2車種発表!~ 先日開催されたイタリア・トリノモーターショー2019にて、スズキがイタリア市場向けの特別仕様車・新型「ビターラ”刀”(Vitara Katana)/ジムニー”頑”(Jimny Gan)」を世界初公開しました。 新型ワゴンR マイナーチェンジについて なお、国内での生産は磐田工場でジムニーと同じラインで作られており、輸出向けに限り2018年にジムニー(3代目)が製造を中止するまで生産が行われる見込み[12]。, なおエクアドルでは現地GMの生産拠点において2018年現在も本モデルの製造・販売が続いている[13][14]。, 2013年9月10日に、コンパクトSUVのコンセプトモデル「iV-4」をフランクフルトモーターショーで発表[15]。貝殻形状のボンネットフードや5分割形状のフロントグリルをデザインモチーフとして、今後新たに投入される車種の方向性を示すパーソナルコンパクトクロスオーバーSUVとして発表[16]されたもので、日本では同年11月23日から開催された第43回東京モーターショー2013に[17]、中国でも2014年4月20日から開催された2014年北京国際モーターショー[18]に順次出展した。, 2014年10月3日にはこの「iV-4」をベースにフロントグリルなどを変更した量販モデルを新型ビターラとして2014年パリモーターショーで初公開[19]。2015年3月5日にハンガリー子会社のマジャールスズキにてラインオフ式典を執り行い、同社での生産を開始した[20]。, 日本ではエスクードの4代目モデルとして同年10月15日に公式発表・発売された[21]。本代から「ビターラ」と同じマジャールスズキ製となり、自社ブランドの輸入車として販売することとなった。グレード体系は2009年6月からのモノグレード体系を引き継ぐが、4WD車に加え、2代目以来となる2WD車が設定された。, 本代から、初代から続いてきた「ラダーフレーム+後輪駆動の専用アーキテクチャー」に代わり、SX4 S-クロスとの共通設計となった。そのため基本駆動方式は歴代初のFF(前輪駆動)仕様となり、ラダーフレームが無くなったことで4WD車は410kgの大幅な軽量化が行われたとともに、高張力鋼板を多用することで衝突安全性も確保した。なお、この大幅なコンセプト変更のため、前述のとおり4代目発売後も3代目モデルは車種名を「エスクード2.4」に変更の上、2017年4月まで継続販売された。, 外観はコンセプトモデルである「iV-4」や歴代エスクードから引き継がれた貝殻形状のクラムシェルフードやフェンダーガーニッシュを採用し、ヘッドランプは歴代初のLEDヘッドランプ(ロービーム)を採用。アルミホイールは17インチとなり、切削加工とガンメタリック塗装を施した。ボディカラーは2トーン仕様の新規色「アトランティスターコイズパールメタリック ブラック2トーンルーフ(オプションカラー)」を含む4色を設定した。給油口は歴代初の左側配置となっている。内装は「SUVとしての力強さと高品質設計」をデザインテーマに掲げ、スポーティーデザインのエアコンルーバーや金属調のインパネガーニッシュを採用し、メーターパネル中央には平均燃費や平均車速などを表示するマルチインフォメーションディスプレイを配置。ステアリングにはチルト機能とテレスコピック機能を備え、シートには本革&スウェード調を採用し、4WD車には2段階温度調節機能付運転席・助手席シートヒーターを装備した。, エンジンは3代目からダウンサイジングされ、1.6 LのM16A型に換装。ペンデュラム式エンジンマウントの採用や排気系・冷却系の改善により軽量化を実施し、ピストンリング各所のフリクション低減を図ることで高出力、トルク性能を保持したままで燃費性能を向上するとともに、歴代初採用となる停車時アイドリングストップシステムも装備したことで燃費を向上し、4WD車は平成27年度燃費基準を達成。また、全車で「平成17年基準排出ガス75 %低減レベル(☆☆☆☆)」認定も取得した。トランスミッションはATのみの設定となったが、6速に多段化して変速比幅を大きくすることで、低速域では優れた発進加速性能や登坂性能を実現し、高速域では静粛性や燃費性能を向上。併せて、マニュアルモード付のパドルシフトも装備した。サスペンションはピストンロッド径の最適化によりストラットの横剛性を高め、ステアリングギヤボックスをサスペンションフレームに直付することで操舵安定性を向上し、リアのサスペンションはトーションビーム式に変更したことでロールを抑え、コーナリングの安定感を向上した。4WD車は日本ではSX4 S-クロスに次いでの採用となる電子制御4WDシステム・4モード走行切替機能・車両運動協調制御システムで構成された四輪制御システム「ALL GRIP」を採用したが、エスクードの「ALL GRIP」には「LOCK」以外の走行モードに設定している場合でも、オフロード走行時に多いスリップした時に前後2輪(対角輪)にブレーキをかけて空転していない車輪により多くのトルクを伝達することで走破性を高める専用制御を追加したほか、「LOCK」設定時にはさらに強力なブレーキ制御をかけることで悪路での走破性を高めた。, 安全性能も強化し、フロントグリルに内蔵されたミリ波レーダーで前方の車両を検知し、走行中、前のクルマと急接近し衝突の可能性がある場合にブザー音とメーター内の「BRAKE」表示によって警報を発し、ドライバーにブレーキ操作などを促す「前方衝突警報機能」、移動している車両に対して「前方衝突警報機能」と共に自動的に軽いブレーキを作動させることでドライバーにブレーキ操作を促す「前方衝突警報ブレーキ機能」、前のクルマとの衝突の可能性が高い時にドライバーが強くブレーキを踏むとブレーキアシストを作動することで制動力を高め、衝突回避あるいは衝突時の被害軽減を図る「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能」、前のクルマとの衝突が避けられないと判断した時に自動的にブレーキをかけて衝突回避あるいは衝突時の被害軽減を図る「自動ブレーキ機能」で構成された衝突被害軽減システム「レーダーブレーキアシストII」を標準装備(3代目ソリオに装備された機能だが、前方衝突警報ブレーキ機能を追加し、自動ブレーキの作動速度域を拡大(静止している車両に対しては約5 km/h - 約30 km/h、移動している車両に対しては約5 km/h - 約100 km/h)する改良を施している)したほか、ACC(アダプティブクルーズコントロール)も標準装備した。, 2016年11月、日本仕様車を仕様変更。ボディカラーのブラック2トーンルーフ仕様に「ブライトレッド5」と「サバンナアイボリーメタリック」の2色を加え、ブラック2トーンルーフ3色、モノトーン3色の計6色に拡大。同時に2WD車が廃止となり、4WD車のみの設定となった。, 2017年7月26日、直噴ターボエンジン車「1.4ターボ」を追加発売[22]。最高出力100 kW (136 PS)・最大トルク210N・m (21.4kg・m) と2.0 L自然吸気エンジンに相当する動力性能を実現させた1.4 L直噴ターボエンジン「ブースタージェットエンジン」[23]であるK14C型を搭載。トランスミッションは1.6 L車と同じく6ATを採用し、変速比幅を大きくすることで、低速域では発進加速性能を、高速域では静粛性や燃費性能を向上した。1.6 L車同様に「ALL GRIP」、「レーダーブレーキサポートII」、ACCを標準装備するほか、専用装備としてSRSカーテンエアバッグとフロントシートSRSサイドエアバッグを装備した。, 内外装も1.6 L車と差別化され、外観はメッキフロントグリルをコンセプトカーの「iV-4」に採用されていた5分割形状の「5スロットタイプ」に、17インチアルミホイールはブラック塗装に、LEDヘッドランプのプロジェクターカバーをレッドに、LEDサイドターンランプ付ドアミラーを高輝度シルバーにそれぞれ変更し、ルーフレールを追加。内装は本革巻きステアリングホイール・シフトブーツ・シートのステッチをレッドに、メーターリング・ルーバーリング(サイド・センター)・センタークロックガーニッシュの加飾をアルマイトレッドにそれぞれ変え、シート表皮にエンボス加工を施し、ステンレス製ペダルプレートを追加。さらに、スピーカーはフロントツィーターとリアを追加した6スピーカーに、コンソールボックスはアームレスト機能付にそれぞれグレードアップした。なお、「1.4ターボ」の発売に伴い、既存の1.6 L車は「1.6」のグレード名が付くようになる。, 2018年10月、1.6 Lエンジン搭載車「1.6」を廃止。これによりラインアップは「1.4ターボ」のみとなった。, 2018年12月3日、一部仕様変更(12月21日発売)[24]。衝突被害軽減ブレーキを4代目スイフトなどに採用されている単眼カメラ+赤外線レーザーレーダー方式の「デュアルセンサーブレーキサポート」に変え、ACCは追従走行の作動速度域を0 km/h以上に拡大して全車速追従機能付となり[25]、ブラインドスポットモニター(車線変更サポート付)とリアクロストラフィックアラートを標準装備。外観はフロントグリルを新意匠のスモークメッキに、17インチアルミホイールは切削加工&ガンメタリック塗装に、LEDヘッドランプのプロジェクターカバーをブルーに、カラードドアミラーをルーフ色と同色にそれぞれ変更され、フロントバンパーにメッキガーニッシュを、リアバンパーにガンメタリックアンダーガーニッシュがそれぞれ追加され、リアコンビネーションランプのストップランプがLED化された。ボディカラーはオプション設定のブラック2トーンルーフにおいて「アトランティスターコイズパールメタリック」に替わり、新色の「アイスグレーイッシュブルーメタリック」が設定された。内装はメーター・インパネガーニッシュ・センタークロック・本革巻きステアリングが意匠変更されるとともに、シート表皮を本革&スエード調に、ルーバーリング(サイド・センター)とセンタークロックガーニッシュをサテンメッキに、シフトブーツのステッチ色をブラックにそれぞれ変更された。装備面では、フロントガラスに遮音機能が追加された。また、今回の一部仕様変更により、燃料消費率並びに排出ガスがWLTCモードに対応し、「平成30年排出ガス基準25%低減レベル」認定を取得した。, 車名は昔のスペインと、その植民地、(スペイン語圏の中南米諸国)で使用されていた通貨単位のエスクードに由来し、古のスペイン金貨と、大航海時代の男のロマン、冒険心などを重ねてイメージして命名された。, オーストラリアン・サファリ、ダカール・ラリー、アジアクロスカントリーラリーなどのラリーレイドにプライベーターが参戦している[26]。, スズキ・ジムニー専門店「アピオ」を経営する尾上茂は、いすゞ製3200 ccエンジンや三菱製3500 ccエンジンに換装したエスクードで三度のダカール・ラリー完走を果たしている[27][28]。, 中国で行われるタクラマカン・ラリー(环塔拉力赛)では、铃木笑好永驰越野拉力车队がグランド・ビターラで輸入量産車無改造クラスに参戦し、2009から2018年まで連続で完走。2017と2018年にはクラス優勝を果たしている[29][30]。, モンスタースポーツ(旧スズキスポーツ)を率いる田嶋伸博によってエスクードの名を冠したレース専用車両が製造され、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなどのヒルクライムレースに参戦している[31][32]。, 1994年から参戦を始めたエスクード・パイクスピーク仕様の全てに共通することは、エスクードのデザインの面影を多少残しているものの、あくまで名前を借りている程度のことに過ぎず、エンジンのみならずフレームそのものも全て一から設計、製作された、ワンオフのレーシングカーということである。エントリークラスは、改造範囲無制限、安全さえ保障されればほとんどなんでもありのアンリミテッド・ディビジョンにのっとっている。パイクスピークの地理的特性として、標高4,000 m以上の高地で行われるため酸素濃度が低く、登頂するほどパワーダウンの傾向が強くなるので、このクラスのエンジン出力はあらかじめ非常に高く設定されている。エスクードも例外ではなく、参戦当初から800馬力のハイパワーを誇っている。, 1995年にはこのエスクードを駆る田嶋が、天候不良のためゴール地点の標高が引き下げられ、コースが短縮されたことが好影響したことなどもあり、総合優勝を遂げている。, また2006年には、5年ぶりにパイクスピークに参戦した田嶋が、1995年同様に天候不順のためコースが短縮された中で再び総合優勝を飾った。このマシンはツインエンジン仕様ではないが、搭載されるV6ツインターボエンジンの出力は940馬力(公称値)と言われ、相変わらずのハイパワーを誇る。, 2007年からはパイクスピーク参戦車両をスズキ・XL7に変更し、エスクードの出場は2006年をもって終了している。, TA01R / TA01V / TA01W / TA11W / TA31W / TA51W / TD01W / TD11W / TD31W / TD51W / TD61W型, TA02W / TD02W / TD32W / TD52W / TD62W / TL52W型, 先代はシボレーブランドだったが、本モデルでのブランドは「SUZUKI」。販売は引き続き現地のシボレーディーラーを通じて行われる。車名は「Grand Vitara SZ」。, 衝突被害軽減ブレーキのデュアルセンサーブレーキサポートへの変更に伴い、ACCの車間距離測定用のミリ波レーダーがフロントバンパー中央部下側に設置されている。, スズキ、フランクフルトモーターショーにコンパクトクロスオーバーSUVのコンセプトカー「iV-4」を出品, “スズキ、1.4L直噴ターボエンジンを搭載した「エスクード 1.4ターボ」を発売”, http://www.suzuki.co.jp/release/a/2017/0726/, http://www.suzuki.co.jp/release/a/2018/1203/, http://tsukubird.org/esclev/2013/apio-wg/a03.html, https://www.xuehua.us/2018/06/15/%E9%93%83%E6%9C%A8%E6%B0%B8%E9%A9%B0%E8%BD%A6%E9%98%9F%E7%8E%AF%E5%A1%94%E5%AE%8C%E7%BE%8E%E6%94%B6%E5%AE%98-%E4%BD%95%E5%8B%87%E6%84%9F%E5%8F%B9%E5%B0%8F%E6%8A%95%E5%85%A5%E5%A4%A7%E6%94%B6%E8%8E%B7/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スズキ・エスクード&oldid=79803213, スズキスポーツ・ツインエンジン・カルタス TYPE2 SPEC,93(1993年).

新型ハスラー絶対に付け... スズキは新型プラグインハイブリッドモデルのSUV「Across(アクロス)」を欧州向けに2020年7月1日(現地時間)に発表した。2020年11月に欧州市場で販売を開始す... メルセデス・ベンツ 新型 GLA フルモデルチェンジ 2代目 2019年12月11日発表, ランボルギーニ 新型 ウラカン EVO STO 2020年11月18日 世界初公開, 日産 インフィニティ 新型 QX55 SUV クーペ 2020年11月17日世界初公開, ゼネラルモーターズ キャデラック 新型 エスカレード フルモデルチェンジ 日本 2020年11月13日発売, フェラーリ 新型 SF90ストラダーレ スパイダー PHEV 2020年11月12日発表. マクラーレンは納車されたセナ全てを対象にリコール対策を実施済み マクラーレンが世 ... ランボルギーニ・ウラカンSTOの一部スペックが発表前にリーク!車体重量はペルフォルマンテよりも150kg軽量、限定700台のみ、パワーウェイトレシオ比は2未満. 【画像ギャラリー】内装もポップな仕上がり!!

スズキ・エスクードはブランドの上級suvとして制作され、海外では「ビターラ」のモデルでも販売。 そのスタイルや走りが評判になっています。 新型エスクードではデザインや安全装備、パワートレインなどをアップデートし、魅力を向上します。 ~まだまだ勢いが止まらない新型「ジムニー」の気になる納期情報~ さて、何かと話題の絶えないスズキ ... スズキ・新型「ジムニー」の50周年特別仕様車はどんな装備が付くの?どんな名称になる. 海外では、こうした跳ねやはらいのある漢字が非常に人気とのことで、恐らくこの特別仕様車も即完売するのではないかと言われています。, インテリアは非常にシンプルながらも、ダッシュボードには一部カーボンファイバを使用すると言う本気仕様。 ライズ対抗の実力あり!? 続いては、トリノモーターショー2019にて圧倒的な注目を得た特別仕様車「ジムニー”頑”」。, ”Gan”という呼び方以外にも、先ほどの刀(Katana)と頑(Katakuna)を掛けたジョークモデルにもなっているそうですが、これがかなり大好評のようです。, リヤエンドにもスペアタイヤを装着し、スペアタイヤカバーにもちゃっかりと”頑”のアクセントが。, 海外では、こうした跳ねやはらいのある漢字が非常に人気とのことで、恐らくこの特別仕様車も即完売するのではないかと言われています。, インテリアは非常にシンプルながらも、ダッシュボードには一部カーボンファイバを使用すると言う本気仕様。, ステアリングホイールカバーも純正の本革をそのまま使用することで高級感を演出しています。, 遂に来た!フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー」が発表前に完全リーク。超アグレッシブなフロントマスクに一文字のリヤテールランプ採用でかなりカッコいい件【動画有】, 【前代未聞!】中国にて、高速道路を走行していたスズキ・ジムニーがインターチェンジ出口を逃して通過→ジムニーのコンパクトさと走破性を利用して歩道橋を渡ってUターン【動画有】, 遂に来た!フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー」の姿がカモフラージュ無しで目撃に?!キーンルックグリル採用でヘッドライトも釣り目に【動画有】, トヨタ・ランドクルーザー・プラドのあおり運転&幅寄せ→バランスを崩して自爆する動画にまたまた新たな事実。やはり原因は煽られていたドライバーに問題があった模様【動画有】, サイドミラーの位置がとんでもないところに配置されたカナダのスーパーカーメーカー・フェリーノ新型CB7Rが売れない!その技術は確かなのにどうして売れないのか?, 一体なぜこんなことに…スズキ・ジムニー専門レンタカーを利用した大学生が、初心者マークを付けてとんでもない使い方をしてしまう→レンタカーの社長も激怒, これがもし本当なら酷い…首都高・湾岸線にてポルシェ911GT2RSでクラッシュし2名の命を奪った彦田嘉之 容疑者。相手車のドラレコを盗み証拠隠蔽との情報も【動画有】, 完全リークしたフルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー」が全世界へと拡散中。やはりトヨタディーラーでも大問題になっているようだ…【動画有】, 今日のプリウス…神奈川県にて老人夫婦の自宅に強盗が押し入り、老人2人に暴行を働き殺人未遂。そして移動時に使用した車両はトヨタ「プリウス」, これもうアウトだろ…トヨタ「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/ランドクルーザー・プラド」のホワイトパール塗装剥がれに続き、今度は2009年式「ヴァンガード」に盛大な塗装剥がれが発生【動画有】. ~今回は新型「ジムニー・シエラ」の納期と値引・割引情報を見ていこう~ 先日、スズキの新型「ジムニ ... スズキ・新型「ジムニー」が発売して約1年が経過。2019年6月末現在の納期状況と値引・.

ビターラ ブレッツァ 2016年2月発表. スズキはインド子会社のマルチスズキは「ビターラ ブレッツァ(Suzuki Vitara Brezza)」のビックマイナーチェンジを行い2020年2月6日(現地時間)に発表する予定だ。 この調子だと発表前日に画像も完全リークしそうな勢いだ いよいよ2020年11月1 ... 誰も興味ないか…韓国・現代自動車(ヒュンダイ)の新型コナ・エレクトリックが早くもビッグマイナーチェンジ!なぜこんなに早く変更するのか?. 見た目も中々にカッコ良く先進的な新型コナ・エレクトリックが、どうしてこんなに早く ... 「010」と表記されたナンバープレートが約1,780万円にて高額落札!一体ナゼこんなにも高額kに?ちなみに世界最高額のナンバーは「F1」で20億円以上. 先日開催されたイタリア・トリノモーターショー2019にて、スズキがイタリア市場向けの特別仕様車・新型「ビターラ”刀”(Vitara Katana)/ジムニー”頑”(Jimny Gan)」を世界初公開しました。, まず、海外市場にて大きな人気を誇る「ビターラ”刀”」ですが、このモデルは排気量1.4L Boost Jetターボエンジン(最高出力140hp)を搭載したAllGrip 4×4モデルをベースにした最上位グレードモデルとなります。, ボディカラーは、特別なグレー・ロンドンと呼ばれるグレー系に塗装され、ブラックルーフやレッドのアクセントが追加されたアクティブな仕上がりとなっています。, 足もとには、サテンブラックのアルミホイールが装着され、ホイールアーチモールやサイドステップ、リヤロアバンパーにはブラックのプラスチックにすることで、全体的に引き締まったボディへと変化していますね。, インテリアは公開されていませんが、何と一部のアクセントトリムにはアルカンターラを採用するなど、非常に力の入った特別仕様車となっています。, 続いては、トリノモーターショー2019にて圧倒的な注目を得た特別仕様車「ジムニー”頑”」。