MF小野瀬康介【5・5】後半1分イン。前半足りなかったアグレッシブさをチームに注入した 271. 明治安田生命J1リーグ第33節 G大阪0―4仙台(14日、パナスタ) G大阪は思い切ったターンオーバーが機能せず、13試合ぶりの敗戦を喫した。 9.

報知新聞社 【関連記事】 【湘南】後半ATに手痛い失点で6連敗、MF DF藤春広輝【5・0】70分間で両チーム最多のスプリント25回と走ったが、ボールのある局面では違いを出すことができなかった MF矢島慎也【4・5】右サイドMFで先発。周囲との連携の問題か持ち味は発揮できず、前半のみで無念の交代 途中出場 ホーム 巨人 野球 マスターズ 芸能 競馬 サッカー スポーツ 東京五輪 格闘技 社会 地域版 ギャンブル ライフ 動画 写真特集 占い 馬トク . 【浦和】採点&寸評 4戦ぶり得点&白星 MOMはJ1初ゴールの汰木ではなく、PKセーブの守護神・西川 . 無断転載を禁じます。, 【高校サッカー】東京Aは関東第一が3―0で日大豊山を下し、3年ぶり3度目の全国出場, 【横浜M】Jサントスがハットトリックを達成し、今季最多の6得点。浦和を撃破し、ホーム最終戦を飾った, 【F東京】今月下旬からACLに参加 MF高萩洋次郎「アジアチャンピオンになるためにこのチームに来た」. FW唐山翔自【4・5】待望のJ1初先発は、自信を打ち砕かれる45分間に。J1の洗礼を浴びたが、この苦い経験は間違いなく糧に DF高尾瑠【4・5】クエンカに駆け引きでしてやられた。後半はやや持ち直したが 新型コロナ関連ニュース 報知SNS.

DF昌子源【4・5】本来の実力からはかけ離れた出来。退場にならなかったことが幸運だった

【日本代表】採点&寸評 吉田&冨安の盤石CBコンビや遠藤航ら高評価、一方攻撃陣は… 10/14(水) 6:51 配信.  12戦無敗中は1度も複数失点がなかったが、昌子は「難しいですね…。球際の部分だったり、入りのアグレッシブな部分、それを含めて仙台さんのほうが素晴らしいアクションを起こしていた。少し後手に回ってしまった」と分析。またJ3では今季10得点を奪い、将来のエース候補として期待がかかる唐山も、ボールが入る回数が少ない中で存在感を出せず、無得点のまま前半のみで交代。「ふがいないの一言。自分の特徴である抜け出しとか、ゴール前で合わせる動きが、まだ(J1では)長所にはなっていなかった」と悔しさをにじませていた。 以下は採点&寸評 MF奥野耕平【5・0】力を振り絞ったが、中2日での3連戦目はさすがに厳しいか。最後に足が止まって突破を許し、これが4失点に

MF倉田秋【5・5】反撃ののろしとなるシュートがネットを揺らすもわずかにオフサイド。 FWパトリック【5・0】後半1分イン。積極的にボールに絡んだが、相棒の宇佐美不在でやや迫力ダウン

お知らせ.

【C大阪】採点&寸評 痛恨3失点で3戦勝ちなし…得点絡んだ2列目コンビは高評価(スポーツ報知) 明治安田生命J1リーグ 第27節 清水 3―1 C大阪(14日・IAIスタジアム日本平) C大阪は今季8度目… 宮本恒靖監督【4・0】各ポジションのキーマンを同時に外すターンオーバーは失敗。2位死守へここからが正念場  この試合では前節から負傷離脱中のMF井手口に加え、FW宇佐美、DF金英権も軽度の負傷によりベンチ外に。宮本恒靖監督(43)は「連戦というところで少し試合から遠ざかっている選手を起用して、彼らのモチベーションの高さがピッチに現れればという狙いもありました」と語り、右足首の負傷から約3週間ぶりの出場となったDF昌子らを先発起用した。しかし立ち上がりからミスが多く、前半17分に右サイドを破られて仙台FW長沢に先制ゴールを献上。その後も元G大阪の長身FWを止められずハットトリックを許すと、後半は押し込む時間帯もあったがゴール前の精度を欠き、よもやの大敗を喫した。 時間短く採点なし FWアデミウソン【―】後半40分イン。時間短く採点なし . スポーツ報知の国内サッカーニュースです。 スポーツ報知の国内サッカーニュースです。 注 目.

現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, ◆明治安田生命J1リーグ第33節 G大阪0―4仙台(14日、パナスタ)

スポーツ報知のサッカーニュースです。 スポーツ報知のサッカーニュースです。 注 目. DF菅沼駿哉【4・5】BOX内で長沢に上回られ、3失点目に絡む。相手が一枚上手だった

MF山本悠樹【4・5】パスワークの中心を担ったが、最後まで集中していた相手の穴を見つけられず

ホーム 巨人 野球 マスターズ 芸能 競馬 サッカー スポーツ 東京五輪 格闘技 社会 地域版 ギャンブル ライフ 動画 写真特集 占い 馬トク .

新型コロナ関連ニュース 報知SNS. 10/11(日) 16:43 配信. MF川崎修平【5・0】後半28分イン。ドリブルでかき回せそうなシーンも作ったが、シュートまでは持ち込めず

GK東口順昭【5・0】立ち上がりにビッグセーブ連発し、またも彼の日になるかと思われたが…屈辱の4失点 報知新聞社のニュースサイト「スポーツ報知」です。報知新聞が提供する巨人、プロ野球、MLB、サッカー、スポーツ、競馬、芸能、社会情報をはじめ、ゴルフ、レジャーなどコアな情報も満載です。

お知らせ. DF福田湧矢【5・0】後半25分イン。積極的にクロスは挙げたが、キック精度は足りなかった

 G大阪は思い切ったターンオーバーが機能せず、13試合ぶりの敗戦を喫した。前節の神戸戦(11日)から中2日の過密日程も考慮し、高校3年生の18歳FW唐山がJ1初先発するなど、先発5人を入れ替え。しかし今季最多の4失点と守備が崩壊し、9月13日の湘南戦以来となる敗北を喫した。 MF芝本蓮【-】後半44分イン。祝J1デビュー。時間短く採点なし, 日本戦を控えるメキシコが後半のゴールラッシュで逃げ切り韓国に逆転勝利!《国際親善試合》, 「24年もかかってごめんね」元SMAP森且行が3つに分かれた5人を再び“1つ”にした日, 【選手権予選】全47都道府県の最新結果を総まとめ! 千葉、福岡、埼玉、京都などで新たに9代表校が確定!, 心で叫んだ…ヤクルト3位「なぜ指名して欲しくない選手だったか」 ドラフトウラ話【ヤクルト編】, 「日本にいなかったタイプ」と絶賛した選手は? 「パナマ戦出場17人」を金田喜稔が採点, ドラフトウラ話【ソフトバンク・ロッテ編】 ホークス関係者が明かした「天才ショート探してます」その結果は?, Copyright © 2020 The Hochi Shimbun. FW渡辺千真【5・0】正確なポストプレーで攻撃の中心に。惜しい場面はあったが、惜しい止まりだった