プレミアリーグ 2020-2021. フォーメーションを 自由に変更してください. トッテナムの2018-19シーズンの移籍市場で加入・退団が決定した主な選手、そしてそこから予想する今季のスタメン・フォーメーションなどについてまとめていきます。 いまのところ移籍市場ではまったく動きがない状態。ただ、補強はないけど退団もないので、前年の戦力はキープできると. タンギー エンドンベレ. トッテナムの2018-19シーズンの移籍市場で加入・退団が決定した主な選手、そしてそこから予想する今季のスタメン・フォーメーションなどについてまとめていきます。, いまのところ移籍市場ではまったく動きがない状態。ただ、補強はないけど退団もないので、前年の戦力はキープできるともいえますね。むしろ、比較的若い選手が多いので昨季よりもさらに伸びる可能性も。 とはいえ、選手層の面では心もとないところもあるので、一定の補強は必要だろうと思います。, あと、ワールドカップ出場組が多くて主力選手の合流が遅くなるようなので、開幕からスタートは少しつまずきが出てくるかもしれません。. 17. プレミアリーグのフォーメーション 2018-2019 アーセナル . [CDATA[ 25 歳. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 背番号の系譜的な部分もあり、誰々のあの番号を…今は誰が付けてい... オランダ、エールディヴィジに所属するアヤックス・アムステルダムです。

特定の応援しているクラブはなく、上手い選手や面白いチームはどこでも見ます。. 日本でも昔から人気の高いクラブですよね。 マンチェスター シティ. リバプール.

ニューカッスル. このサイトはオフトジャパン以降のサッカー日本代表の全試合において、歴代フォーメーション(システム)、スターティングメンバー(スタメン)、交代メンバー、得点者をまとめたものです。 [CDATA[

トッテナム史に残る大エース! ソン・フンミン|韓国代表. 181 cm. 動画制作、デザイナー、ライター、元SE ケインやエリクセンあたりが残留しそうなので、既存戦力をキープできるのが大きなポイント。, 久保建英も参加!海外サッカー 2019年夏のプレシーズンの試合・放送日程【インターナショナルカップ】, 柔と剛の融合!規格外のMFポグバ(ユナイテッド)のプレースタイル!再度ユベントスへ移籍?, トッテナムの名将ポチェッティーノ監督の戦術や現役時代のポジション・プレースタイルは?, マンチェスターシティのAmazonドキュメンタリー「オールオアナッシング」を観た感想・レビュー!, ナポリ2017-2018の予想スタメン・フォーメーション・移籍新加入選手まとめ!主力が残留し戦力を維持, レノ(レバークーゼン)は次のドイツ代表スタメンGK?足元の上手さや移籍先【スーパーセーブ動画】, マンチェスターユナイテッド 2018-19の予想スタメン・フォーメーション・移籍新加入選手まとめ. // ]]> ※挙げているのは主に中心選手のみで、レンタル移籍の若手選手などは省いている場合があります。, 8/6現在では新加入は全くないものの、ビッグクラブ移籍も噂されていたケインやエリクセンあたりが残留しそうなので、既存戦力をキープできるのが大きなポイント。特にトッテナムの場合は、ポチェッティーノ監督が良いのか、長年プレーしている選手が多くてもあまりマンネリ感みたいなのを感じないんですよね。, 関連記事)トッテナムの名将ポチェッティーノ監督の戦術や現役時代のポジション・プレースタイルは?, スタメンを見れば今季も安定した戦いができるんじゃないかと。ただチャンピオンズリーグも戦っていく上ではやはり選手層は課題になりそうです。 特に、アルデルバイレルトに退団の噂があるので、その場合はセンターバックの補強は必須になるでしょう。, DF トリッピアー(オーリエ) アルデルバイレルト(ダビンソン・サンチェス) ヴェルトンゲン ローズ(デイビス), MF ダイアー(デンベレ) ワニャマ(ウィンクス) ソンフンミン(ラメラ、ルーカス) デレアリ エリクセン, 昨季から大きく変わらず。試合によって4バックと3バックを使い分ける感じになりそう。, ボランチ2枚は、強度重視ならワニャマとかダイアーだけど、他にもウィンクスやデンベレ、シッソコらもいるので組み合わせは試合によっていろいろ変わりそうです。. トットナムのフォーメーション. Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'vxqJ3FRuSnJJdWclaIUA5A',sig:'GMKOH94E9IdMOiWWAbTP3N_xx2SiR53TMCWf-6N6uLs=',w:'594px',h:'388px',items:'1273113228',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })}); 先発メンバー GK:ジョー・ハート DF:マット・ドハーティ、ダビンソン・サンチェス、ベン・デイビス、セルヒオ・レギロン MF:ピエール=エミル・ホイビュア、ムサ・シッソコ、ジオバニ・ロ・チェルソ FW:ソン・フンミン、ハリー・ケイン、ステフェン・ベルフバイン, ヨーロッパリーグ(EL)が9月18日に行われ、ロコモティフ・プロフディフと対戦したトッテナム。, 71分、トッテナムが失点を喫します。左CKからニアで相手選手に頭で逸らされ、最後はミンチェフにヘッドで決められました。 しかし、トッテナムも反撃に出ます。77分、左CKの流れからベン・デイビスのヘディングシュートが枠を捉えると、ディニス・アウメイダがゴールライン上で手を使ってブロック。 この行為によってアウメイダにレッドカードが提示されました。PKを獲得したトッテナムはケインが決めて同点。 85分にはエンドンベレが押し込んで、これが決勝点となりトッテナムが3回戦へ進出。, 【得点者】 71分 1-0 ジョルジ・ミンチェフ (ロコモティフ・プロフディフ) 80分 1-1 ハリー・ケイン(トッテナム) 84分 1-2 タンギ・ヌドンベレ(トッテナム), Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'dNdyZo5IRx9bs1MJthUtQg',sig:'tYefnvECg93-HebZGh4sKCBShNNrwsSlY0RBkgf6onE=',w:'594px',h:'386px',items:'1273711815',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});サウサンプトン2-5トッテナム, 先発メンバー GK:ウーゴ・ロリス DF:マット・ドハーティ、ダビンソン・サンチェス、エリック・ダイアー、ベン・デイビス MF:ピエール=エミル・ホイビュア、ハリー・ウィンクス、タンギ・ヌドンベレ、ルーカス・モウラ FW:ソン・フンミン、ハリー・ケイン, イングランド・プレミアリーグ第2節が9月20日に行われ、サウサンプトンと対戦したトッテナム。, 前半32分、サウサンプトンのイングスがダイアーの背後を取って、右足を振り抜き、角度のないところからゴール左下隅に突き刺し先制。 トッテナムも反撃に出る。前半アディショナルタイム2分、自陣でエンドンベレがスルーパスを通すと中央で走り出したソン・フンミンがゴール前まで運んで右足を振り抜き同点。ボールは相手DFに当たってゴールに吸い込まれました。, その直後の47分、ケインが、相手DFの間に生まれたわずかなスペースにスルーパスを出すと抜け出したソンが、左足でゴール左下隅に流し込んで逆転。さらに64分、ケインが前方に浮き球のパスを通すと、反応したソン・フンミンがしっかりとGKとの一対一を制して、ハットトリックを達成。, 73分には右サイドに流れたケインがゴール前にアーリークロスを入れると、ソン・フンミンがトラップから左足で押し込み4ゴール目。さらに82分、エリク・ラメラのシュートがポストに当たってこぼれたボールをケインが流し込んで5点目。 90分、サウサンプトンがPKからイングスが1点を返すが、試合終了。 トッテナムがソン・フンミンの4ゴールなどで勝利を納めるました。, 【得点者】 32分 1-0 ダニーイングス(サウサンプトン) 45分 1-1 ソン・フンミン(トッテナム) 47分 1-2 ソン・フンミン(トッテナム) 64分 1-3 ソン・フンミン(トッテナム) 73分 1-4 ソン・フンミン(トッテナム) 82分 1-5 ソン・フンミン(トッテナム) 90分 2-5 ダニーイングス(サウサンプトン), Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'LfUC38_ITk5DMQrXwtYhwg',sig:'IjGXGg4MJzOrG74707h0udrEJAveRSXjA4lPGfytWy8=',w:'594px',h:'380px',items:'1228692768',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});シュケンディヤ 1-3トッテナム, 先発メンバー GK:ジョー・ハート DF:セルジュ・オーリエ、トビー・アルデルワイレルド、ダビンソン・サンチェス、ベン・デイビス MF:エリック・ラメラ、ハリー・ウィンクス、タンギ・ヌドンベレ、デレ・アリ FW:ソン・フンミン、ステフェン・ベルフバイン, ヨーロッパリーグ(EL)が9月18日に行われ、シュケンディヤと対戦したトッテナム。, 開始5分、ソン・フンミンが、ラメラにパスを送るとラメラが利き足とは逆の右足でゴール左隅へ流し込んで先制。55分、ボックス手前のナフィウに強烈な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺され、同点に追い付かれます。, 70分、ソン・フンミンが冷静にゴール左隅にシュートを叩き込んで逆転。さらに、79分にはソン・フンミンからの絶妙なクロスをケインが頭で合わせ、一気にリードを広げました。 試合はこのまま終了。トッテナムが勝利しました。, 【得点者】 5分 0-1 エリック・ラメラ(トッテナム) 55分 1-1 V. Nafiu (シュケンディヤ) 70分 1-2 ソン・フンミン(トッテナム) 79分 1-3 ハリーケイン(トッテナム), Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'MPZCMJbRSjhFpKzqPIuNhQ',sig:'kJdd__7YR41PROZ159D-uPK1f9cjPMcKteoLFU_MGg4=',w:'594px',h:'395px',items:'1276959901',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});トッテナム1-1ニューカッスル, 先発メンバー GK:ウーゴ・ロリス DF:マット・ドハーティ、ダビンソン・サンチェス、エリック・ダイアー、ベン・デイビス MF:ピエール=エミル・ホイビュア、ハリー・ウィンクス、ジオバニ・ロ・チェルソ、ルーカス・モウラ FW:ソン・フンミン、ハリー・ケイン, イングランド・プレミアリーグ第3節が9月27日に行われ、ニューカッスルと対戦したトッテナム。, 前半25分、ハリー・ケインが左足でゴール前にグラウンダークロスを送ると、ファーサイドに飛び込んだルーカス・モウラが押し込んで先制点。, 試合はこのまま終わるかに思われたが、後半アディショナルタイム7分、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のレビューでエリック・ダイアーのハンドを取られてPKに。 ニューカッスルはキッカーを務めたカラム・ウィルソンがゴールし、土壇場で同点に追いつき試合終了。, 【得点者】 25分 1-0 ルーカス・モウラ(トッテナム) 90分 1-1 カラム・ウィルソン(ニューカッスル), Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'-nTx94eIR1Fz8qpV8CkoIg',sig:'495swionxSiuumyd4sWr1iefDik6lI7I536TrO1on-8=',w:'594px',h:'359px',items:'1277515526',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});トッテナム1-1チェルシー, 先発メンバー GK:ウーゴ・ロリス DF:ジェイフェス・タンガンガ、トビー・アルデルワイレルド、エリック・ダイアー、セルヒオ・レギロン、セルジュ・オーリエ MF:ジェジソン・フェルナンデス、ムサ・シッソコ、タンギ・ヌドンベレ、エリック・ラメラ FW:ステフェン・ベルフバイン, 開始19分、チェルシーのセサル・アスピリクエタが右サイドからマイナスに折り返すと、これを受けたティモ・ヴェルナーが右足でゴール右隅に決めて先制。, その後は両者点が生まれない状況が続きます。しかし、終盤の83分、レギロンがエリア左に進入すると、切り返しで1人かわしてクロス。これをファーポストで受けたラメラが左足で押し込んで同点。 このまま試合は終了し、PK戦に突入します。 先攻のトッテナムが5人全員成功したのに対し、後攻のチェルシーは5人目が失敗して決着。 トッテナムがPベスト8進出を決めました。, 【得点者】 19分 0-1 ティモ・ヴェルナー(チェルシー) 83分 1-1 エリック・ラメラ(トッテナム), Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'O5FOGhgwTYpWr_ZkVN6JSA',sig:'vxObI-ixc9EbIFYT0LT8sxT9Y3bgYr3FE-O9LeMc548=',w:'594px',h:'387px',items:'1277870425',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});トッテナム7-2マッカビ・ハイファ, 先発メンバー GK:ジョー・ハート DF:マット・ドハーティ、ダビンソン・サンチェス、トビー・アルデルワイレルド、ベン・デイビス MF:ピエール=エミル・ホイビュア、ハリー・ウィンクス、ジオバニ・ロ・チェルソ、ルーカス・モウラ FW:ソン・フンミン、ハリー・ケイン, ヨーロッパリーグ(EL)が10月2日に行われ、マッカビ・ハイファと対戦したトッテナム。, 開始2分、ベン・デイビスの低い弾道の高速クロスが、ゴール前に走り込んだケインの右足に入り、ワンタッチで流し込んで先制。 しかし、17分、チェリに左足のスーパーミドルを決められて、同点に追い付かれます。 それでも、21分には左CKの場面でルーカスがバックヘッドで合わせ、すぐさま勝ち越しに成功。, 37分にはロ・チェルソが左足で流し込み、3点目を奪取。直後にも再びロ・チェルソが絶妙なチップキックのシュートを決めて、4点目を決めます。, 立ち上がりに微妙なハンドで与えたPKを決められて1点を返されることになります。しかし、55分にPKをケインが決めて3点差にします。74分にはケインがハットトリックを達成。 試合終了間際にもデレ・アリが自ら得たPKを決めて圧巻のゴールショーを締め括り、試合終了。, 【得点者】 2分 1-0 ハリー・ケイン(トッテナム) 17分 1-1 チャロン・チェリー(マッカビ・ハイファ) 20分 2-1 ルーカス・モウラ(トッテナム) 36分 3-1 ジオバニ・ロチェルソ(トッテナム) 39分 4-1 ジオバニ・ロチェルソ(トッテナム) 52分 4-2 ニキータ・ルカヴィツヤ(マッカビ・ハイファ) 56分 5-2 ハリー・ケイン(トッテナム) 74分 6-2 ハリー・ケイン(トッテナム) 91分 7-2 デレ・アリ(トッテナム), Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'_35jJ1MRSpt14Vzxi0lUGg',sig:'-rC9pDx2eXC36rbriEswb7J9pGKYl6c5W931Ftk9N7g=',w:'594px',h:'373px',items:'1278611293',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});マンチェスター・ユナイテッド1-6トッテナム, 先発メンバー GK:ウーゴ・ロリス DF:マット・ドハーティ、ダビンソン・サンチェス、エリック・ダイアー、セルヒオ・レギロン MF:ピエール=エミル・ホイビュア、ムサ・シッソコ、タンギ・ヌドンベレ、エリック・ラメラ FW:ソン・フンミン、ハリー・ケイン, イングランド・プレミアリーグ第4節が10月5日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドと対戦したトッテナム。, 開始28秒でマルシャルが敵陣ペナルティーエリア内で倒されてPKを得ると、ブルーノ・フェルナンデスが決めていきなり先制。 トッテナムもすぐに反撃。4分、ユナイテッドが自陣ゴール前でハイボールの処理をもたつくと、エンドンベレに叩き込まれて同点に。 その3分後、敵陣低い位置でファウルを受けたケインがクイックリスタートで縦に出すと、抜け出したソン・フンミンがゴールを決めて逆転に成功。, 28分にラメラに手を出されて仕返しをした形のマルシャルにレッドカード。直後にケインにゴールが生まれる。そして37分にはソン・フンミンが決めて前半終了。, 51分、トッテナムはオーリエのゴールで5点目を、79分にはケインがPKで6点目を決めて試合終了。, 【得点者】 2分 1-0 ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド) 4分 1-1 エンドンベレ(トッテナム) 7分 1-2 ソン・フンミン(トッテナム) 30分 1-3 ケイン(トッテナム) 37分 1-4 ソン・フンミン(トッテナム) 51分 1-5 オーリエ(トッテナム) 79分 1-6 ケイン(トッテナム), Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'WV9-F3ZfS7td_hlYqfjHmA',sig:'YXMsMGrWNTeeNGDZL9yhTBdGf926cympoql67SRHDYM=',w:'594px',h:'340px',items:'1280919409',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});トッテナム3-3ウエスト・ハム, 先発メンバー GK:ウーゴ・ロリス DF:セルジュ・オーリエ、トビー・アルデルワイレルド、ダビンソン・サンチェス、セルヒオ・レギロン MF:ピエール=エミル・ホイビュア、ムサ・シッソコ、タンギ・ヌドンベレ FW:ソン・フンミン、ハリー・ケイン、ステフェン・ベルフバイン, イングランド・プレミアリーグ第5節が10月19日に行われ、ウエスト・ハムと対戦したトッテナム。, 開始1分、ケインからのロングパスをソン・フンミンが受けて、ゴール右隅へと沈め先制。 さらに8分、ケインが奪いに来たライスの股を抜いてかわすと、そのまま右足でゴール。, 17分には、レギロンがペナルティーエリア左からダイレクトでゴール前にクロスを入れると、ファーのケインが頭で合わせてトッテナムが3-0とリードを広げます。, しかし、ウエストハムも反撃を開始します。82分、左サイドからのFKとなり、クレスウェルのキックをゴール前のバルブエナが頭で合わせて1点を返えします。 さらにその3分後、コウファルがゴール前にクロスを送ると、ニアサイドで頭でクリアしようとしたダビンソン・サンチェスに当たってゴール。, 終了間際のラストプレー、左サイドからのFK。クレスウェルのキックを跳ね返し、こぼれ球をウィンクスが拾うも、ランシーニに拾われてそのままボレー。これがゴール右隅へと吸い込まれ、同点に追いつかれて試合終了。, 【得点者】 1分 1-0 ソン・フンミン(トッテナム) 8分 2-0 ケイン(トッテナム) 16分 3-0 ケイン(トッテナム) 82分 3-1 ファビアン・バルブエナ(ウエスト・ハム) 85分 3-2 OG 90分 3-3 マヌエル・ランシーニ(ウエスト・ハム), Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'3hv0D40hR9leZUWCQ10UNg',sig:'xxj3Z94hBbKEQRXqFusHgq2YMk1iVuwj5i1oIj8Ynig=',w:'594px',h:'376px',items:'1282131673',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});トッテナム3-0LASKリンツ, 先発メンバー GK:ウーゴ・ロリス DF:マット・ドハーティ、ダビンソン・サンチェス、エリック・ダイアー、ベン・デイビス MF:ピエール=エミル・ホイビュア、ハリー・ウィンクス、エリック・ラメラ FW:ガレス・ベイル、カルロス・ヴィニシウス、ルーカス・モウラ, ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節が10月23日に行われ、LASKリンツと対戦したトッテナム。 3発快勝でヨーロッパリーグ初戦を制しました。, 【得点者】 29分 1-0 ルーカス・モウラ(トッテナム) 27分 2-0 OG 84分 3-0 ソン・フンミン(トッテナム), Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'6dJe6-oMQC5Ga8aQvxNtgA',sig:'ihNGi4ZU2o3EfTXvk_lcxugvhXkB9AWBR-bkz2ZJpYk=',w:'594px',h:'396px',items:'1282459528',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});バーンリー0-1トッテナム, 先発メンバー GK:ウーゴ・ロリス DF:マット・ドハーティ、トビー・アルデルワイレルド、エリック・ダイアー、ベン・デイビス MF:ピエール=エミル・ホイビュア、ムサ・シッソコ、タンギ・ヌドンベレ FW:ソン・フンミン、ハリー・ケイン、ルーカス・モウラ, イングランド・プレミアリーグ第6節が10月27日に行われ、バーンリーと対戦したトッテナム。, お互い決定機を作れずにいたが76分、エリック・ラメラのCKをケインがヘディングで繋ぐと、ソン・フンミンも頭で合わせて先制点を獲得。これが決勝点となり、トッテナムが勝利を納めました。, Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'e4pkqtK7RYpibL_a9pqqHw',sig:'MRAptFTZxGh4XaDjnC1N74cy86QCi1_4OQMgWBurJ3Y=',w:'594px',h:'370px',items:'1283029897',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});アントワープ1-0トッテナム, 先発メンバー GK:ウーゴ・ロリス DF:セルジュ・オーリエ、ダビンソン・サンチェス、ベン・デイビス、セルヒオ・レギロン MF:ジオバニ・ロ・チェルソ、ハリー・ウィンクス、デレ・アリ FW:ガレス・ベイル、カルロス・ヴィニシウス、ステフェン・ベルフバイン, ヨーロッパリーグ(EL)が10月29日に行われ、アントワープと対戦したトッテナム。 前半29分にアントワープのリオル・ラファエロフがゴールを決めて先制点。 追いつきたいトッテナムは主力を交代で送り出したものの最後までゴールを割ることができず敗北。, Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'5St3tmG4TB5oAX0WMvtIuA',sig:'t6bWbarn-FiaH8HHfkhdAdVnQm6DwRf7QP0mOQuYfu8=',w:'594px',h:'376px',items:'1283397348',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});トッテナム2-1ブライトン, 先発メンバー GK:ウーゴ・ロリス DF:マット・ドハーティ、トビー・アルデルワイレルド、エリック・ダイアー、セルヒオ・レギロン MF:ピエール=エミル・ホイビュア、ムサ・シッソコ、タンギ・ヌドンベレ、エリック・ラメラ FW:ソン・フンミン、ハリー・ケイン, 前半13分、ハリー・ケインがペナルティエリアのライン際でアダム・ララーナに倒されると、VARによりPKの判定。これを自らゴール右隅に沈めて先制。, 56分、タリック・ランプティが右足シュートを突き刺して同点。マーチのファールが疑われたが、VARを経て得点が認められました。 73分、セルヒオ・レギロンが左サイドからクロスを上げると、中央フリーとなったベイルが頭で合わせて勝ち越し。これが決勝点となりトッテナムが勝利を納めました。, 【得点者】 13分 1-0 ケイン(トッテナム) 56分 1-1 タリック・ランプティ(ブライトン) 73分 1-0 ベイル(トッテナム), Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'M6R-45M2SZ15tT4IDaiu2g',sig:'3WUTXGmOF_DoPH42Psrd2uIzG3tkSAGvzaCKL8TIx_A=',w:'594px',h:'378px',items:'1284099625',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});ルドゴレツ1-3トッテナム, 先発メンバー GK:ジョー・ハート DF:マット・ドハーティ、トビー・アルデルワイレルド、エリック・ダイアー、ベン・デイビス MF:、ムサ・シッソコ、ハリー・ウィンクス、ジオバニ・ロ・チェルソ、ルーカス・モウラ、ガレス・ベイル FW:ハリー・ケイン, 前半13分、左CKの場面でキッカーのルーカス・モウラが入れたクロスをケインが頭で合わせて先制。この試合がトッテナムでの通算300試合目とクラブ通算200点目のゴールで自ら祝いました。, 33分にはベイルの正確なパスに抜け出したケインがボックス右からグラウンダーパスをゴール前に放つとルーカスがワンタッチで流し込み追加点。, 50分に1点を返されますが、62分、ロ・チェルソがゴールを決めて突き放します。 そのまま試合終了。トッテナムが勝利を納めました。, 【得点者】 13分 0-1 ハリー ケイン(トッテナム) 32分 0-2 ルーカス モウラ(トッテナム) 50分 1-2 C. Keșerü (ルドゴレツ) 62分 1-3 ソン・フンミン(トッテナム), Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'B1R59qjlQ6BlEVuBPpVDzA',sig:'Xcl1HrBrCAo9_rKbUfWVNvojavJ5SrxOPC8dMkCipPM=',w:'594px',h:'371px',items:'1284709112',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});ウェスト・ブロムウィッチ0-1トッテナム, 先発メンバー GK:ウーゴ・ロリス DF:マット・ドハーティ、トビー・アルデルワイレルド、エリック・ダイアー、セルヒオ・レギロン MF:ピエール=エミル・ホイビュア、ムサ・シッソコ、タンギ・ヌドンベレ、ガレス・ベイル FW:ソン・フンミン、ハリー・ケイン, プレミアリーグ第8節が11月8日に行われ、ウェスト・ブロムウィッチと対戦したトッテナム。, 後半もトッテナムがボールを支配する展開となるが、状況は変わらず交代カード3枚を攻撃的な選手に使って攻勢を強めます。それが功を通したのか88分、。マット・ドハーティが右サイドからアーリークロスを供給すると、空中戦を制したケインが流し込んでネットを揺らすことに成功。, これがプレミアリーグ通算150ゴール目にもなりました。 そして試合は終了。トッテナムが土壇場で勝利を納めました。, モウリーニョ好みの選手が揃った今季は、優勝の可能性がある布陣へと生まれ変わりました。 新戦力のドハーティとホイビュアが安定感をもたらし、ベイルが入ったことで攻撃力もアップ。, そして、ケインとソン・フンミンが君臨する前線はリーグトップの破壊力を持っています。, この融合がどうなるか楽しみです。 2008年のリーグカップ以来のトロフィーを獲得できるか注目してみて下さい。, もしトッテナムの試合が見たくなったら、DAZNに入会しましょう。 他にもたくさんの20/21シーズンプレミアリーグの試合を観ることができます。, 気になったらぜひ、試合動画を観て応援しましょう。 以上、トッテナムについてでした。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, はじめまして、ゆうやけと申します。 このブログでは好きなことや興味のあることを書いていこうと思っています。 主に本、サッカー、映画、ブログ、経験したことなどです。 ドメインのlibraryの単語を間違えてしまうほどおっちょこちょいですが、 大目に見ていただきたいと思っております。 宜しくお願いします。, 【サッカー】1対1の守り方とは?【ディフェンスは間合いです】サッカーで大切な守備について書いています。今回は1対1になったときにどうすれば良いのか、その対策と考え方についてです。1対1は色々な状況で起こります。知っていて損はありません。.