番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。番組データ提供元:IPG Inc.ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。, (※)「J:COM TV スタンダードプラス」の場合。地デジ・BSデジタル放送を含む。, Photo:『ナルコス:メキシコ編』 低調だった第4話が嘘のように、本作は激熱の展開を迎えます。第2話から第4話にかけての地道な交渉の末にアメリカへの密輸ルートをすべて押さえたフェリクスは、ついに部下のアマドに計画の全貌を説明し、ドラッグビジネス全体を手中に収めようとするフェリ 『ナルコス』(Narcos)はアメリカ合衆国で製作されたドラマシリーズである[1]。ネットフリックス制作のオリジナルドラマ[2]で、コロンビアでアメリカ合衆国に麻薬を供給する麻薬組織とアメリカから派遣された麻薬取締捜査官達の戦いを実話に基づいて描く。スティーブ・マーフィーもハビエル・ペーニャも実在の人物である。本国では2015年8月28日より配信が開始され、日本では2015年9月1日から配信が開始された。シーズン2は、2016年9月2日に配信された。2016年9月6日、シーズン3および4の製作が発表された[3]。シーズン3は2017年9月1日に配信された。2018年7月、ナルコスはシーズン3をもって終わり、シーズン4は新たなシリーズ『ナルコス:メキシコ編』("Narcos:Mexico")のシーズン1として始まることが発表された[4]。, 1980年代以降、アメリカは麻薬問題に悩まされ、麻薬取締局(通称DEA)は要員を南米の生産国に送り込み、現地の当局と協力して解決を試みる。だが現地の政府・軍・警察は麻薬組織と結びついていることが多く、取り締まりは困難を極める。, コロンビアで麻薬密売組織「メデジン・カルテル」を創設したパブロ・エスコバルは麻薬によって莫大な富を築きあげ権力を掌握しようと試みる。, シーズン1は1970年代後半から1992年の7月までのパブロ・エスコバルの人生を追う。ドラマはこの期間にコロンビアで起きた主な出来事とエスコバルとの関係を、コロンビアに駐在するDEAのスティーブ・マーフィーの目を通して描く。シリーズ冒頭で、エスコバルはコロンビアのコカイン取引に手を染める。追放されたチリ人の化学者であるモレノと出会い、エスコバルが販売を担当することで二人はコカインの事業を始める。事業はやがてモレノの小さな工場の製造能力を超えることとなり、レインフォーレストに工場を建て、マイアミに運んで売ることになる。アメリカでのコカインの売り上げが爆発的に増えるにつれて、コカインによる暴力事件が急増する。1991年、問題を解決するため、アメリカ政府はDEAから特命チームをコロンビアに送り込む。スティーブ・マーフィーはスペイン語に堪能なハビエル・ペーニャとチームを組み、コロンビア政府の法律執行組織と共同してアメリカへのコカイン流入を阻止しようとする。シリーズ最後、パブロは自らのために作った刑務所ラ・カテドラルから別の刑務所へと移送される際に逃げ出す。, シーズン2はシーズン1の直後から始まり、コロンビアを舞台とし、引き続きマーフィーとペーニャを中心としたアメリカ人とコロンビア人からなる麻薬取締チームとエスコバルの戦いを描く。刑務所を脱走したエスコバルは特捜隊から逃れて隠れ住む。一方アメリカ政府は打倒エスコバルを目的として新しい大使をコロンビアに送り、更にCIAが作戦に参加する。一方ペーニャはひそかにエスコバルの組織、メテジン・カルテルと競合する麻薬組織カリ・カルテルと協力する。その後カリ・カルテルを始めとしたパブロへの復讐を目的とした人物達は、反エスコバルを掲げた組織、ロス・ペペスを作り、エスコバルは部下や友人たちを次々と殺される事となる。エスコバルはロス・ペペスらから家族を国外に逃がすことに失敗し、爆破テロを起こして国民の怒りを買う。誰からも擁護されなくなり、今まで共に戦ってきた部下達も全て失い、追い詰められたエスコバルは、愛する家族と無線で通話をするが、マーフィーらに傍受され、隠れ家が突き止められて特捜隊に包囲され、逃亡を謀って射殺される。そして、カリ・カルテルとの関係を疑われアメリカへ召還されたペーニャは、政府によりカリ・カルテルについての情報提供を求められる。, コロンビアでのメデジン・カルテルの崩壊により、ヒルベルトとミゲルのロドリゲス兄弟が率いるカリ・カルテルがアメリカで急速に勢力を伸ばす。ペーニャはDEAのチームを率いてカリ・カルテルを次の標的とする。標的となったことを知ったヒルベルトは幹部を集め、半年後に麻薬から手を引くと発表する。癒着した政府と交渉し、最小限の処罰と引き換えに膨大な財産は保持しようとする。だがヒルベルトが逮捕されると、弟のミゲルは警備責任者の粛清とライバル組織である"バジェ北部"との激しい抗争を始める。嫌気がさした新警備責任者のホルヘは、DEAに内通し、ミゲルの逮捕を助ける。残りのカルテル幹部は寛大な処置を期待して自首する。コロンビア大統領までがカリ・カルテルの献金を受け取って癒着し、カルテル幹部はすぐに出所できることが確実となる。だがDEAチームはホルヘの助力で会計責任者のパロマリの身柄を確保してカルテルの実態を明らかにし、ペーニャはカルテルとコロンビア政府が癒着していたこと、アメリカ政府がそれを黙認していたことを証言する。コロンビア政治は大混乱となり、ロドリゲス兄弟はアメリカに移送され、残りの幹部は"バジェ北部"などに殺され、カリ・カルテルは壊滅する。ホルヘはアメリカ国内の証人保護プログラムの下で逼塞する。ペーニャはDEAを辞職するが、次にメキシコでの仕事を提案される。, なお、シーズン3で、ペーニャがカリ・カルテルの取り締まりに従事したのはフィクションであり、現実のペーニャはこの時期にはコロンビアを離れている[5]。, シーズン4は『ナルコス:メキシコ編』("Narcos:Mexico")と改題され、新シリーズのシーズン1となった[6][4]。キャストを一新し舞台をコロンビアからメキシコに移し、時代を1980年代前半にさかのぼり、当時メキシコ・グアダラハラ市に拠点を置き、アメリカにヘロインやマリファナを密輸していたグアダラハラ・カルテルについて描く。, Netflixで配信される日本語版についてはACクリエイトが製作し、打越領一が演出、翻訳は子安則子、中沢志乃、橋本真砂子がつとめている。, Netflix Releases First Look at Reset 'Narcos: Mexico', https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ナルコス&oldid=79446869, シーズン2の終盤、エスコバルを倒しアメリカのバーでそのニュースを観ている2人の老人は、, 村山章「麻薬戦争という名の“ネバー・エンディング・ストーリー”――ナルコス」『ネットフリックス大解剖』DU BOOKS、2019年1月。. 出典:ナルコス: メキシコ編 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト, どうもでょお(@dyoblog_)です。ちょっとおっくうですが『ナルコス:メキシコ編』シーズン2の感想後半を書きます。, 何がおっくうかっていうと、シーズン2の後半を脳内でおさらいすることなのよね。なんつーかシーズン2はすっごい疲れるラストだったので感想書くのも疲れそう。, やっぱり『ナルコス』ってあれだけハードな作品だから感想書くのも労力いるんだよ。アベンジャーズみたいにただ盛り上がりまくる映画だと一瞬で感想書けるんだけどね。(←失礼), とはいえものすごく面白かったのは間違いない。特に9話と10話のラスト2話はヤバいです。, ※警告:この記事はNetflixオリジナルドラマ『ナルコス:メキシコ編』シーズン2の後半(第6話以降)のネタバレを含みます。, IMDbの評価はシーズン2が平均8.38ポイントでシーズン1が8.53ポイントなのでシーズン1より評価が落ちてます。, さっき評価の項目のところで書いたんだけど、IMDbの評価はシーズン1の時よりも落ちてるのよ。ただ体感的にはシーズン2の方が絶対によかったよ。, ここからはその理由について解説していくのでネタバレ注意です。未視聴の方はお引き取りください。, フェリクスが一度に70トンという桁違いのコカインを輸入しようとするんだけど、これって思い付きで言った適当な数字っぽかったじゃん。, 元々はゲラを連れてカリ・カルテルのパチョと交渉しようとしてたのに、ゲラに裏切られて先に直接取引されてて、仕方なしに口から出まかせ的に言ったと思ってたんですよ。, ところがやっぱりフェリクスは天才で、とっさに頭を回転させて思いついた打開策だったようです。, というのもゲラや他の者にはできない膨大な量を一度運ぶ経歴が出来れば、今後カリはフェリクスに仕事を依頼すると読んだわけです。, アマドが裏切りそうな雰囲気が何度もあったので、追跡装置を飛行機に戻したって話してた時はやめてーッ!フェリクス逃げてーッ!と思わず口に出しちゃったよ。, このエピソードのハラハラドキドキ感はすごかったですね。やっぱり『ナルコス』はこういう興奮が一番大事な気がします。, これまでティフアナを仕切ってたベンハミンの妹エネディナと手を組んでいたイサベラでしたが、ベンハミンたちが連合を抜けたことでエネディアはあっさりイサベラをお払い箱。最終的には逮捕もされてるし。, なんかすごそうな雰囲気だったから今後は彼女たちが発展していくのかと思ってたんですよねー。, やっぱり誰も信用しちゃダメだよね。頼まれてもいないのにパートナー扱いしちゃ乗っ取られる。, Gさんのブログによるとイサベラは架空の人物らしいので、彼女の降板は当然なのかもしれません。じゃあなにしに登場したの?ってぐらいの出番でしたが。, 記録的な取引を成功させたフェリクスでしたがライバルを蹴落とすためにさらに強硬手段に出ます。, シルマーの倉庫をタレこみゲラを蹴落とし、パチョにコカインの半分を自分たちで売れるように要求します。, フェリクスは長期的な視点で見ると自分たちでコカインをさばいた方が金が稼げると読み、数億ドル分のコカインを警察に自分自身でタレこんだのですが、これによりカリ・カルテルの支払いが遅れてしまいます。, なのでフェリクス以外の長期的な視点やフェリクスの独断に納得いかないプラサの幹部は激怒するわけです。うん、そらそうやろ。今も金ないのに金払う人の収益潰したんだし。, これまでの出来事も積もり積もって結局みんながフェリクスの元を離れ連合は解散を迎えました。, どうでもいいところなんだけど靴屋で働いてたフェリクスの運転手は本当に気の毒というか、なんというか。彼女たちを殺しても殺さなくても殺されるんだよね…。, さらには庇護をうけるためにあれほど必死になって情報操作した選挙も、結局は意味をなさず政府から裏切られることになりました。, これまではフェリクスのコカインビジネスから大金を得ていた政府も自由貿易協定でより多くの利益が見込めたため、なんのためらいもなくフェリクスを切りました。政府の手のひら返しこわーい。, 本物のミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルドがアレだけ先読みしていたのかはかなり怪しいですが、そこまで予測出来て仲間が裏切らないと思ってたのが情けない気もします。, いずれにしてもこれからより暴力的で恐怖の時代がやってくることを示唆する強烈なラストでした。, 私はメキシコカルテルの史実について別に詳しくないし、そんなことはもっと賢い人にお願いしとく。, ティフアナとシナロアはシーズン2の冒頭からケンカしっぱなしでしたから、『ナルコス:メキシコ』シーズン3では彼らの対立がメインになりそうです。, シーズン4あたりだとエル・チャポが主人公になってその後はアマドが主人公になってもう一度エル・チャポが主人公になりそう。, ちなみにチャポはこの後もう一回脱獄してます。すごすぎワロタ。今現在は終身刑で収監中のようですが、2回も脱獄してたら3回目もありそうだよね。, 色々調べてみると面白いんですが、史実だと連合が分裂したのはフェリクスの指示だったとか。, フェリクスは逮捕された後、刑務所内から指示して幹部を集めグアダラハラ・カルテルはシナロア、フアレス、ティフアナの3つのカルテルに分裂させたとかなんとか。, 『ナルコス』シリーズは実話をベースにしているとはいえ、ある程度は脚色もあるのでまあ仕方ない。実話をベースにしてないって言い張ってるけど。, 『ナルコス:メキシコ編』まだまだ終わる気配が全くないですねー。コロンビアを舞台とした無印『ナルコス』と違い、メキシコとの麻薬戦争は現在進行形で今も多くの死者が出ているという現実があるので仕方ありません。, 『ナルコス』は面白いんだけど撮影のロケハン中にスタッフが殺されたり色々と賛否ある作品なのでこれからどうなっていくのか気になりますね。, Amazonプライムオリジナル作品のことナメてない?実は面白い9作品まだFire TV StickなしでNetflix観てるの?それって損してない?, ※名誉棄損や危害を加える旨のコメントには被害届を提出します(というか提出しました→その時の記事), 「ぼっちライフを楽しもう」というコンセプトで始めたけど、ほとんど「バイク&映画」ブログに成り下がった意識低い系ブログ。月間45万PV達成したよ!, ▼初めての方に読んでほしい記事 予告編: シーズン1. オンリー・ラヴァーズ・ J.私立探偵 濱マイク シリーズ 2016年9月6日、シーズン3および4の製作が発表された 。シーズン3は2017年9月1日に配信された。2018年7月、ナルコスはシーズン3をもって終わり、シーズン4は新たなシリーズ『ナルコス:メキシコ編』("Narcos:Mexico")のシーズン1として始まることが発表された 。 低調だった第4話が嘘のように、本作は激熱の展開を迎えます。第2話から第4話にかけての地道な交渉の末にアメリカへの密輸ルートをすべて押さえたフェリクスは、ついに部下のアマドに計画の全貌を説明し、ドラッグビジネス全体を手中に収めようとするフェリクスの大胆かつ緻密な作戦に、アマドと視聴者は震えることとなります。, しかし交渉相手はカリ・カルテルと一筋縄ではいかない相手。メキシコvsコロンビアの主導権争いは一体どうなるのか。その交渉の場では血や銃弾どころか激しい言葉の応酬戦すらないのですが、静かなる腹の探り合いには熱いものが宿っていました。, 冒頭、ウォルト達DEAのチームは内通者となったカルデローニ司令官からカルテルの内情についてのレクチャーを受け、ティフアナ・カルテルを通るドラッグにはすべて10%の税金がかけられてティフアナの取り分になっているが、シナロア・カルテルはこの課税に反発しており、ティフアナの倉庫に預けているドラッグの在庫400kgを近くトラックで回収する予定との情報を得ます。, カルデローニの言う通りにティフアナの倉庫を見張っていると、本当にシナロアのトラックが出てきました。このまま国境を越えてアメリカに密輸されるものと踏んだDEA捜査官たちは車でトラックを追跡するのですが、途中、トラックは怪しげな倉庫に立ち寄り、また発車しました。, この倉庫を怪しいと踏んだウォルトは夜が来るのを待って倉庫に潜入するのですが、その地下にはトンネルが掘られており、アメリカへの密輸の発進地がここであることを知ります。, いったん引き上げたウォルトは打ち手を考えるのですが、このまま倉庫にあるコカインを押収しても下っ端が摘発されるだけであり、カルテルの崩壊とまではいきません。そこでカルデローニから、敵対組織であるティフアナ・カルテルにトンネルの存在を密告し、シナロアとティフアナの抗争を煽ることで内部からの瓦解を狙ってはどうかとの提案があります。, 部下達に反対される中でウォルトはカルデローニ案を採用し、カルデローニのルートよりティフアナにトンネルの情報が伝えられます。すると怒ったベンハミンが弟ラモンに命じてトンネルを襲撃させ、ラモンは作業員を殺害し、メキシコ側の入り口を手りゅう弾で破壊します。, 襲撃と殺害の一部始終を倉庫の向かいの建物から観察していたDEA捜査官たちは、目の前で繰り広げられる殺戮と、これから始まるであろう激しい抗争に動揺を隠せないのでした。, 前話ラストで家族に秘密でイザベラと手を組んだエネディナは、さっそくアメリカへのコカイン密輸ルートを作り始めます。彼女はサンディエゴの人材派遣会社をM&Aし、越境通勤しているメキシコ人労働者を運び屋として使うことにするのでした。, その結果、一日当たり200kgの輸送ルートの構築に成功し、現状調達しているよりも多くのコカインを運べるようになったことから、イザベラはコロンビアに供給量の増加を求めることにするのでした。, フェリクスはアマドを伴ってカリ・カルテルとの交渉のためパナマへと向かいます。その機中でアマドに説明されたフェリクスの構想は以下の通り壮大なもので、この大胆な計画をたった一人で進めていたフェリクスの実力に、アマドは息を飲みます。, こうして、カリ・カルテルに対する強い交渉力を持ってフェリクスは会談にのぞむのですが、アマドと並ぶ物流のキーパーソンであるガルフ・カルテルのフアン・ゲラが会場に現れません。, するとカリ・カルテルのパチョはフェリクスの腹をすべて読み切った顔をして、フアン・ゲラとカリ・カルテルは独自の提携を結んだと伝えます。, コロンビアの密輸経路をすべて寸断した上でメキシコが物流を牛耳るという作戦でいたフェリクスとしては、アメリカへのルートを持つフアン・ゲラがコロンビアに付いたとなれば交渉の切り札を失った状態となり、二の句が出て来なくなりました。, パチョは、空路を牛耳りたいフェリクスが同業者であるマッタを逮捕させたことを見抜いたような素振りで話を続け、必要ならばアマドにも手を回すかのような揺さぶりをかけます。, 交渉に完全に敗北したフェリクスは、その場を取り繕うためにコカイン供給量の増加を求めるのですが、それは現在のカルテルが捌ける量を越えており、仕入れたところでどう運ぶつもりなのかとアマドからも責められます。, ラスト、メキシコに戻ったフェリクスは何者かからの銃撃を受け、何とか命拾いはしたのですが、身に危険が迫っていることを知ります。, フアン・ゲラは、第2話でフェリクスの同盟に入ることにしたガルフ・カルテルの長です。, フェリクスは空路とフアン・ゲラの持つルートの両方を押さえたことでメキシコ人による麻薬ビジネスの支配が確立すると考えていたのですが、成功を手にした途端に仲間を売った過去のフェリクスの行動を知っていたフアンは、最終的にカリ・カルテルとの同盟を結びました。, なぜ、メキシコで絶大な権力を持つフェリクスを裏切ることができたのか。それは、表の世界の権力者が入れ替わったためでした。, フェリクスの政治力を支えていたのは国防大臣でしたが、義理の甥のスノがDEAに逮捕されたことでカマレナ捜査官殺害への関与をアメリカに知られることとなった国防大臣は、与党内での権力を失っていました。, 代わりに次期大統領候補に躍り出たのが財務大臣でしたが、この財務大臣は少年期よりフアン・ゲラと親しく、思いがけず表の政治力も手にしたフアン・ゲラはフェリクスに対して優位な立場をとれるようになったというわけです。, 前回よりカルデローニ司令官が内通者となり、カルデローニからの密告に従ってドラッグ300kgを積んだシナロア・カルテルのトラックを追跡している。, 前話までで空路とアメリカへの販路をすべて押さえたフェリクスは、それまで威圧的な交渉をしてきたカリ・カルテルとの再交渉にのぞみ、今度はこちらの要求を聞かせるつもりでいる。, エネディナと組んでコロンビアから仕入れたコカインのアメリカ国内への密輸ルートを構築している。, シナロア・カルテルが麻薬密輸用のトンネルを掘っているとの密告を受けて激怒し、弟ラモンに命じてトンネルを襲撃させる。, ティフアナの倉庫に入れていたコカインの在庫をすべて引き取り、トラックで輸送する。その後、トンネル作業中にメキシコ側のトンネルをラモンに破壊され、命からがらアメリカ側の小屋へと逃げ延びる。, パナマでのフェリクスの交渉にのぞむが、フェリクスの作戦はすべて見抜いた上で、麻薬密輸の要であるガルフ・カルテルのフアン・ゲラにはすでに手を回していた。, アメリカへのすべての密輸ルートを押さえた上で、これまで麻薬ビジネスを仕切って来たコロンビアを退場させ、これからはメキシコが麻薬ビジネスを牛耳る。, 部下達がコロンビアから仕入れたコカインをどう運ぶかで血眼になっている中で、フェリクスだけはゲームのルール自体をひっくり返すことの算段を付けており、たった一人で陰ながらすべての手札を準備していたことが明かされます。, 第一話のパーティでアマドにフアレスの滑走路建設を急げと指示した理由も、フアレスをハブ空港にするという大きな計画があったためで、彼の意図がすべて明らかになり、やってきたことがすべて重なったことへの感動がありました。, ここまでのビジョンを描き、誰にも言わずにたった一人で進めてきたフェリクスは頭良過ぎでしょ。この才能を違法ビジネスではなく合法でビジネスで使えば良かったのにと思うのは私だけでしょうか。, フェリクスの話を聞かされるアマドも私達も、その計画は完璧でカリ・カルテルはこちらの言うことを聞かざるを得なくなるだろうと思ったのですが、カリ・カルテルは更にうわてでした。, おそらくもうひとつの密輸業者マッタが逮捕された時点でフェリクスの腹を読んでおり、物流のキーパーソンであるフアン・ゲラに事前に手を回して、フェリクスの目論見を潰しておいたのです。, まさかそんな逆転あるかと呆気にとられたと同時に、メキシコvsコロンビアの目まぐるしいパワーゲームには興奮させられました。血こそ流れていないものの、そこでは激しい戦いが繰り広げられているのです。, あらためて考えれば、無印ナルコスで描かれたコロンビアはメキシコ以上のカオスであり、そんな中を生き延びて頭角を現したカリ・カルテルを出し抜くことなど、容易なことではありません。やっぱコロンビアは侮れないわと思ったと同時に、もう一度無印ナルコスを全部見返したい気持ちになりました。, 加えて、この敗北はフェリクスの弱点が依然として克服されていないことの表れでもありました。仕組みを作ること、損得勘定で人を動かすことは得意だが、人心までを掌握し、構成員達に固い忠誠心を抱かせ、外部からの揺さぶりに強い組織作りは依然として不得意なままなのでした。, そんなフェリクスvsパチョの会談の場となるパナマに、見かけた顔が現れます。彼の名は警備主任ホルヘ・サルセド。無印ナルコスシーズン3に登場し、DEAへの内通者として活躍したあの男です。, 悪事に加担していることに悩み、家族を危険に晒してまで正義の密告を続けた男の中の男にして、全シリーズ中でもおそらく最高潮の盛り上がりを見せたシーズン3第9話の主人公として、ナルコスファンの心に深く刻まれたキャラクターでした。, まさかこんなところでお見掛けするとは思わなかったので、驚きと喜びで胸がいっぱいになりました。このシリーズ、ファンサービスも何気に充実していますよね。, ≪関連記事≫ナルコス(シーズン1)_麻薬戦争は文字通り戦争だった!【8点/10点満点中】ナルコス(シーズン2)_手負いの獣が暴れる恐怖【8点/10点満点中】ナルコス(シーズン3)_エスコバルなしでも面白い!【8点/10点満点中】ナルコス:メキシコ編(シーズン1)_熱量が足らない【6点/10点満点中】ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第1話_窮地のフェリクス【7点/10点満点中】ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第2話_見せ場はフェリクスの交渉術【7点/10点満点中】ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第3話_見ごたえある単発エピソード回【7点/10点満点中】ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第4話_大逆転の連続なのに面白くない【5点/10点満点中】ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第5話_熱すぎる主導権争い!これぞナルコス!【8点/10点満点中】ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第6話_テーマは組織マネジメント【8点/10点満点中】ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第7話_パブロ・アコスタがシブすぎる【7点/10点満点中】ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第8話_大統領選はスリル満点【8点/10点満点中】ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第9話_フェリクスの成長【7点/10点満点中】ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第10話_メキシコの『ゴッドファーザーPARTⅡ』【9点/10点満点中】.