o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 漫画大好きりょうです。 38 (ジャンプコミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 ※ネタバレ注意, 翔陽の師匠的存在である木兎は、全高3本の指に入ると言われていた桐生とのエースアタッカー対決に無事勝利を収めました。, 木兎『桐生の何でも打ってくるやつチョー凄かったけど この先セッター以外の奴にも「もっと良い球寄こせ」って言っていいいと思う 無理を承知でも』, 試合終わりに桐生の凄さを認めたうえで、もっと仲間に無理を言うべきだと助言するというシーンでしたが、接戦を繰り広げた2人の会話だからこそこのシーンには青春を感じました。, 試合が終わってちゃんちゃん。じゃなくて今後のために互いを高めるための言葉を木兎が掛けているわけですからね。, この2人が再戦する姿は、ハイキュー‼では描かれることはないでしょうが、今後の2人の関係性や再戦する日が楽しみなる一幕でした♪ 人気記事 [ネタバレあり] 稲荷崎戦決着!勝敗を分けたのは表紙のプレー「ハイキュー!! (=ω=*), 強いて言えば今回の木兎と桐生の試合への不満は、一応は木兎が全高の5番と呼ばれ、桐生は全国三大エースとされていたので下剋上展開だったんです。, が、試合をサクサクと描きすぎた結果として、あまり木兎が下という感じがしない戦いで幕を閉じたってことです。, 5位が3位に対して挑戦しているという姿を、もう少し分かりやすくする成り、そういったことを木兎が背負わない性格ということを考慮しても、チームメイトの口からある程度は木兎の方が評価が低いという一般論を出してくれた方が分かりやすかったとは思います。, しっかり読んでいれば分かることではありますが、サクサクと読み過ぎていると桐生が3位で木兎が5位ということを覚えて置けないような流れだったのが少々不満ではありました。, 物語の主人公である翔陽が小柄な体格はバレーボールでは不利と言われ、それを理解しながらもバレーボールを続けられた理由であり、翔陽の憧れの人物が烏野の小さな巨人。, これまでは名前と後ろが姿が回想で何度か登場しただけでしたが、遂に本人が登場しました!, 今は大学生で、通っている大学が関東にあり近くで開催されていた春高バレーに烏野が出ていることを知りフラッと立ち寄ってくれました。, 特にこれと言って理由があってきてくれたわけではなく、やり取りも深くはなりませんでしたが、元祖小さな巨人である天馬は、大学では他にやりたいことがありバーレは辞めてしまったそうです。, これを聞いた翔陽は少なからず動揺するかと思いきや、あまり気にも留めず、準々決勝の準備を始めました。, 憧れの人を前にしてはしゃぐかと思いましたが、これまでの試合での精神面での成長が大きく乱れを生まないようにと本能的に考えた為の対応なのかな?と思います。, 憧れのヒーローを前にした翔陽がはしゃがないというのは違和感がありますし、試合終わりに天馬との練習とかがあるのかなと期待はしています。, 翔陽と現代の小さな巨人の座を争っている小柄過ぎるエースアタッカー・星海光来(ほしうみ こうらい)がいるチームであり、敵は光来がメインかと思っていたのですが。。。, 春高バレーの準々決勝ということで、当然ながら敵にはアタッカー以外にもハイレベルの選手がおり、今回の試合で翔陽が本当に戦う相手は、『不動の昼神』の異名を持つ昼神幸郎(ひるがみ さちろう)というブロッカーになりそうです。, また試合前のミーティングで明らかになったのですが、鴎台はブロッカーも優秀なチームなのではなくブロックが優秀なチームだそうです。, つまり、ブロックが優秀なチームに翔陽と現代の小さな巨人争いをしてる星海光来(ほしうみ こうらい)が加わり攻守ともに完成しているチームになっていると。, 攻守ともに完成されており、攻撃偏重の烏野としては如何に守りを崩せるかが勝負どころになりそうです。, 現代の小さな巨人の称号を争う2人の戦いが幕を開けたという事で、今後が楽しみになる展開で38巻は終わりでした。, 今回の試合は連戦続きでの試合という事もあり、スタミナお化けとはいえ小柄故に他のメンバーよりもスタミナを多く使う翔陽のスタミナが試合の最後まで持つのかが気になるところです。, 勿論、スタミナに関しては光来についても同様であり、翔陽と光来、2人の対決の最後はスタミナ勝負になりそうだと感じています。, サクサクと進んで3巻程度で試合が決着してくれると嬉しいという読者としての本音もありながら、先の展開を楽しみに読んでいこうと思います。, ハイキュー‼38巻の感想でした。 44巻」感想. おれは飛べる!! 「ハイキュー!! ジンメン10巻のあらすじと感想※ネタバレ注意|ヴィンターの最後は神々しいが物語としては…, 一応は木兎が全高の5番と呼ばれ、桐生は全国三大エースとされていたので下剋上展開だった, 翔陽は少なからず動揺するかと思いきや、あまり気にも留めず、準々決勝の準備を始めました。, 僕のヒーローアカデミア23巻のあらすじと感想※ネタバレ注意|OFAの真の能力が明かされデクは要らないことが判明。, バトオペ2でレーティング/ランクを上げるコツは?|初心者にお勧めする強機体とオススメ装備一覧. 木兎と桐生、全国屈指のエース二人が春高準々決勝で大激突! 38 (ジャンプコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。古舘 春一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またハイキュー!! 33巻」あらすじと感想. Amazonで古舘 春一のハイキュー!! 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 全巻から梟谷の試合が始まったなーと思っていたらまさかの今巻の半分までその話が続き驚きました。, 梟谷の木兎が魅力的なのはよく知ってる。でも、赤葦の人間性も負けてないな。二人のやり取り、信頼関係が微笑ましかった。木兎もただテンションに左右されるのではなく、仲間の大切さをよくわかっている選手だ。これだからハイキューは面白い。, いつもは調子の上がらない木兎を赤葦が冷静にサポートするといった構図ですが、今回は逆。, 音駒VS梟谷戦をやっていたころを最後に、梟谷には長いことメインのストーリーはなかったので久々に木兎の試合が見れてワクワクしました。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. [ネタバレあり] 稲荷崎戦決着!勝敗を分けたのは表紙のプレー「ハイキュー!! 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 勢いに乗り絶好調の木兎だが、ミスを誘発されて不調の赤葦は、ベンチに下げられてしまう!! 当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。また、当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 一方試合を目前に控えた日向は、思わぬ人物と対面し!? 気軽にコメントしてください♪, このサイトの情報は、無料で提供しています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、ユーザーご自身の責任において行って頂きますようお願い致します。 大好きな漫画やアニメ、ゲームについて日々更新中です。 30巻」あらすじと感想, [ネタバレあり] 小さな巨人を目指してバレーを始めた日向・・第1巻からつながる集大成の巻「ハイキュー!!41巻」あらすじと感想, [ネタバレあり] 本人も遂に登場!次世代小さな巨人対決!「ハイキュー!! 38巻」あらすじと感想 . バレーボールに魅せられ、中学最初で最後の公式戦に臨んだ日向翔陽。だが、「コート上の王様」と異名を取る天才選手・影山に惨敗してしまう。リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩く日向だが!? 33巻」あらすじと感想, [ネタバレあり] Vリーグ編へ!そしてみんなの進路が明らかに「ハイキュー!! 38巻」あらすじと感想, [ネタバレあり] 素顔も中身もイケメン!音柱・宇髄天元登場「鬼滅の刃 9巻」あらすじと感想, [ネタバレあり] ゼウス戦決着!アダムの戦う理由に全人類が泣いた「終末のワルキューレ 3巻」あらすじと感想, [ネタバレあり] 炭治郎と禰豆子が覚醒!敵も味方も特殊な兄妹対決!「鬼滅の刃 10巻」あらすじと感想, [ネタバレあり] 最終決戦!無惨が鬼滅隊を嫌う理由がひどすぎる「鬼滅の刃 21巻」感想, [ネタバレあり] 排球少年たちの物語完結!作品が最後までブレなかった部分は・・「ハイキュー!! また、使用している画像の著作権は各作者様・各出版社会社様に属しています。. 2018.08.21 2020.01.30 [ネタバレあり] 素顔も中身もイケメン!音柱・宇髄天元登場「鬼滅の刃 9巻」あらすじと感想. 45巻(完)」感想, [ネタバレあり] 最終巻前にして初めて語られる影山の過去「ハイキュー!! 37巻」あらすじと感想, [ネタバレあり] 最後まで折れない田中、最後まで止めない研磨「ハイキュー!! © 2020 きままにごらく!漫画大好きオタクの感想 All rights reserved. o(* ̄ー ̄)〇グッ♪ 38巻の物語の内容は、翔陽の師匠的存在である木兎のチームの戦いが約半分、烏野にとっての春高バレーの準々決勝となる鴎台との試合の序盤が描かれました。, 物語としては熱い展開への突入であり、翔陽が光来を超えることが出来るのか!?という楽しみな戦いが始まりました!, おおまかな流れに触れたところで、ハイキュー‼38巻の感想になります。

注)単行本発売当時にツイッターに上げていた感想を軽く編集しつつまとめたものです。 35巻 鳥籠 ハイキュー!!

43巻」感想, [ネタバレあり] ゴミ捨て場の決戦、決着。そして後半はあの男の戦い「ハイキュー!! こんにちは、漫画大好きなりょう(@mangaryou)です。 ハイキュー‼38巻が6月4日に発売されましたので感想になります。 38巻の物語の内容は、翔陽の師匠的存在である木兎のチームの戦いが約半分、烏野にとっての春高バレーの準々決勝となる鴎台との試合の序盤が描かれました。 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。. 漫画「ハイキュー」の最新第37巻を読んだネタバレ感想です。37巻の続き38巻の内容にも触れているのでネタバレ注意です。ゴミ捨て場の決戦が決着!!熱い戦いに触発された木兎率いる梟谷が全国三大エースを擁する狢坂と激突 ブラジルのサンパウロ生まれ。5歳で日本へ。 小中高大卒業後、書籍業界へ就職。現在はフリーでブログ運営などネット中心に活動中。趣味は漫画、スポーツ観戦、音楽ライブ、お笑い等。, ブラジル生まれ、日本の漫画育ちのりかるどがおすすめの漫画紹介や、読んだコミックの感想を書いていきます。. 35/古舘 春一 | 集英社の本 公式まさかの“お見合い”で第1セットを音駒に奪われ、春高3戦目は波乱の展開!!