バスク・オムとは、アニメ「機動戦士Zガンダム」などのガンダム シリーズ媒体に登場する架空の人物である。 cv:郷里大輔。.

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Zガンダム星を継ぐ者の無料(映画)動画の視聴方法まとめ!dailymotionやANIME44も. ャア】[名言], 【機動戦士ガンダムF91】[名言], 【機動戦士ガンダム 0083】[全話レビュー], 【機動戦士Zガンダム】[キャラクター]. しかし、ジャミトフの死後の宇宙世紀0088年2月、内紛をおこしたパプテマス・シロッコの配下であるレコア・ロンドが駆るパラス・アテネ(劇場版ではヤザン・ゲーブル率いるハンブラビ隊)の攻撃を受け、乗艦ドゴス・ギアと共に爆死した。, 30バンチ事件をはじめ、作中で知られるティターンズの悪行はその殆どがバスクとジャマイカンの主導であり、後々ティターンズの崩壊を招いている。また、分かり易くする為かバスク=ティターンズと描写されるようなケースもあり、カミーユ・ビダンら主要人物からは、ジャミトフ以上にバスクがティターンズの悪行を象徴する人物と認識されていた。 また、この当時の経験が地球至上主義者として知られる彼の人格を形成する一因となったとされており、視力障害を負いゴーグルの着用を余儀なくされた事が、彼の反スペースノイド感情の大本となっていると言われている。 !」, 病気やケガでボロボロだった猫が一変……! 優しい飼い主に保護された猫が幸せな暮らしを手に入れる, 伸びた髪を切る時の「圧倒的な断捨離感」が人のために!? 一年戦争時代からの歴戦の戦艦乗りで、いかにも小物臭いアレキサンドリアの指揮官ジャマイカン・ダニンガンと異なり、「囮作戦によって敵艦アーガマをあと一歩の所まで追い詰めた事が有る」等、その手腕は確か。戦略面ではグリプス2の推進部を破壊したハマーン・カーンの狙いを看破している。曲者の部下をまとめ上げる手腕も確かで、そりが合わないジェリド・メサとヤザン・ゲーブルの両名でさえも、自分の上官として一目置いている程である。また、裏切り者のレコア・ロンドの忠告をすんなり受け入れるなど、人望も厚い。, 一方で、反連邦的なコロニーに対して毒ガスを注入する作戦において、コロニー側の降伏を認めずに虐殺を行おうとする面も有り、良くも悪くも「任務を忠実にこなす有能な職業軍人」というイメージが強い。バスク・オムやジャマイカンらの毒ガス[1]、コロニー落とし、コロニーレーザーによる民間人虐殺は軍隊の統制を乱すものとして受け入れておらず、先に述べた通りハマーンの狙いを「分かった上で見過ごした」ことがある。故にジャマイカンがアレキサンドリアを指揮している時は追い出されたり、バスクがグリプス2を指揮する中で推進部を破壊された際には責任を取らされて配下のヤザンがドゴス・ギアへ編入されたりなど、いまいち上官とは反りが合わない様子。対等の実力を持つとされるアーガマ艦長ブライト・ノアとは、上官に恵まれないことが多いという共通点がある。, 最期はバスクがパプテマス・シロッコによって粛清されたあと、グリプス2を巡る最終決戦時にエゥーゴの発射したコロニーレーザーを受けて、アレキサンドリアと共に消滅した。, https://srw.wiki.cre.jp/w/index.php?title=ガディ・キンゼー&oldid=368618, TV版からしっかりと名前が登場しているキャラクターにも関わらず、劇場版Iではなぜか「. ヤザンゲーブルの名言5.「ぐっ、こ、こいつは何だ?/あ、あの光、バリアーなのか?」, 5 ヤザンゲーブルの名言4.「得体の知れない力を感じる。この感じ、好きではない。」, 6 ヤザンゲーブルの名言5.「ぐっ、こ、こいつは何だ?/あ、あの光、バリアーなのか?」, シャアアズナブルの名言セリフまとめ!坊やだからさや過ちなど全12選|機動戦士ガンダム編, シャアアズナブルの名言(ジオリジン)まとめ!赤いな実にいい色だなど暁の蜂起のセリフも, シャアアズナブルの素顔画像や年齢・階級設定の作品別まとめ!初代ガンダム・オリジン・逆シャアも. 今回、紹介するのは機動戦士Zガンダムに登場するオールドタイプのモビルスーツパイロット「ヤザン・ゲーブル」になります。, ヤザンは、ティターンズのモビルスーツパイロットで、その階級は大尉で、設定上の年齢は27歳となっています。(意外と若い!), ヤザンは、浅黒い肌の色にトレードマークの金髪リーゼントという風貌ですが、オールドタイプのMSパイロットでありながら、ニュータイプのパイロットと互角以上の戦いを演じ最強説が囁かれるパイロットの一人です。, この時、自分が不利と見るや「また会おうぜ、坊や」と捨て台詞を吐いて退散しています。, この時もカミーユ・ビダンとの戦闘での一言ですが、ギャプランを操り一気にZガンダムとの間合いを詰めて懐で変形をする戦法を用いてカミーユを苦しめた際の名言と言えます。, 第32話でパプテマス・シロッコが指揮を執るドゴス・ギアでのシロッコとの腹の探り合いで、シロッコの印象についてのヤザンのセリフです。, 機動戦士Zガンダムでは、2大濃いキャラとして有名な二人のやりとりがなんとも言えない空気を醸し出しています。, 第49話でヤザンとカミーユ最後の戦闘で覚醒したカミーユの前に手も足も出ないヤザン最期のセリフです。, このあとヤザンの操るハンブラビは、Zガンダムのビームサーベルによって真っ二つになり、宇宙空間に放り出され、サイド1スペースコロニーでジュドー・アシータによって救い出されることになります。, ヤザン・ゲーブルは、機動戦士ガンダムZZの第8話でゲゼ2号機に搭乗し、Zガンダムに戦いを挑み、Zガンダムを操っていたジュドー・アシータに敗れてしまい、そこで空中に脱出していますが、その後の描写がなかったために死亡説が流れたのが真相です。, しかし、その後第27話では、ミネバ・ラオ・ザビの歓迎パーティの出席者の中にヤザンのような人物が写り込んでいることが話題となり、生存説も存在します。, ヤザン・ゲーブルは、機動戦士Zガンダムだけでなく、その続編となる機動戦士ガンダムZZにも登場しています。, ちなみに、ヤザンはクリプス戦没の最終局面で、カミーユ・ビダンのZガンダムに機体を真っ二つにされ戦いに破れていますが、このとき脱出ポットを使用して辛くも戦闘宙域から離脱しているのです。, ただ、脱出ポットで宇宙空間に投げ出された結果、酸素欠乏症に陥ったとする説があります。, ヤザンは、Zガンダムに敗れ、さらには酸素欠乏症に陥ったことが理由で、Zガンダムに執着するようになったと言われています。, どうやら、ZZがスタートしてから、作風が変わり、ヤザンのキャラクターに変化があったことから、そのように言われるようになったみたいですね。, ZZは普通に面白いがヤザンの扱いだけは「うーん」ではあるが、まぁあれはあれで酸素欠乏してたかなんかだろうしあそこであんな目にあったからこそジョニーライデンの帰還では立ち直ったのではないだろうか…というかそもそもめっちゃ部下思いのいい上官なんだけどな。(小説まで読めば, 酸素欠乏症ではないんだけねw また連邦軍の暴走を象徴するティターンズの中心人物であるが、保身や利益を望む人間という訳ではなく、彼自身最後まで前線に立ち続けた。, 宇宙世紀0083年のデラーズ紛争の最中にコーウェン派からジャミトフ派へ鞍替えし、紛争終盤に於いてはソーラー・システムⅡを使用し、デラーズ・フリートのコロニー落とし迎撃の任に当たった。

二話(実質一話)までは普通のヤザン。 バスク・オム 上官。しかし、30バンチ事件での虐殺行為に対する批判的姿勢から、首謀者である彼を内心では嫌っていた可能性がある。 ジェリド・メサ、マウアー・ファラオ、レコア・ロンド 部下。 ジャマイカン・ダニンガンなど多くの士官を従え、ティターンズの総司令官として指揮を執るが、ガンダムMk-Ⅱを強奪したカミーユ・ビダンに対して彼の両親を人質にして恫喝する、中立を表明し非協力的なサイド2に対してはグリプス2のコロニーレーザーを照射し、毒ガス攻撃を仕掛ける等の、残虐非道な作戦を次々と展開。 ダブルゼータの序盤がそういう作風だっただけで。 バスク・オムとは、アニメ「機動戦士Zガンダム」などのガンダムシリーズ媒体に登場する架空の人物である。CV:郷里大輔。, 非常に大柄な体格で、禿げ上がった頭にゴーグル姿という特徴的な容姿の軍人。地球連邦軍の一組織「ティターンズ」の組織においてはジャミトフ・ハイマンに次ぐ準トップといえる人物である。階級は大佐だが、ティターンズに1階級上の待遇が与えられるという特権があることから、本人は准将同然としてふるまっているようである。, 徹底したアースノイド主義の人物として知られており、中立コロニー、月面都市、各スペースコロニーへは恫喝的行動や虐殺をいとわない強硬な姿勢で対応した。初期のティターンズの起こした、サイド1の30バンチコロニーへの毒ガス攻撃はバスク大佐の主導による事件とされており、この「30バンチ事件」が、ティターンズに抵抗するエゥーゴの結成へつながった。, ティターンズに属しない「一般将校」あるいはティターンズであっても異を唱えた者への鉄拳を躊躇なくふるうなど、傲慢なイメージがぬぐえない人物であり、人望面に難があった結果であったか、グリプス戦役終盤にはパプテマス・シロッコの寝返りによって刺客のモビルスーツを差し向けられ、乗艦ドゴス・ギアとともに宇宙に散ることとなった。, 人物面では低い評価が目立つが政治的手腕や着眼には確かなものがあり、「地球育ちだけでティターンズの組織を形成していてはエゥーゴの赤いモビルスーツ(リック・ディアス)などの新たな戦力を制することはできない」という趣旨の進言はグリプス戦役初期に割とあっさり受け入れている。木星帰りのシロッコを重用することをまっさきに決めたのもバスク大佐であり、サイド3・ジオン共和国と取引をすることによって宇宙要塞・ゼダンの門の整備に着手、本拠であるグリプスの要塞化も短期間で成し遂げている。, バスク大佐たちの悪評がそのままティターンズの悪評につながった一方で、そもそもバスク大佐なくしてティターンズの拡大もなしえなかった、といえるかもしれない。, 2019/11/30(土) 12:17:21