・バイエルン・ミュンヘンはCL決勝トーナメントにおいて8得点を記録したクラブへと仲間入り。(2007年:リヴァプール8−0ベシクタシュ)、(2015年:レアル8−0マルメ) < 【速報】 日本、PKを南野が決めて1−0で勝利 【国際親善試合 日本 vs パナマ】 “10番”南野拓実のPKが決勝ゴール…3バック採用の日本、パナマに完封勝利 > ※man of the match=この試合の最優秀選手。 ※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。 文 下村正幸 【レアル・マドリー|採点・寸評】 チーム 6.5 史上初となった無観客のクラシコで連敗を止めた。 ブログを報告する, 【採点】 2020/21 UEFA チャンピオンズリーグ第2節 ユベントス対バルセロナ, 【招集メンバー】 2020/21 UEFA チャンピオンズリーグ第3節 フェレンツバーロシュ対ユベン…, 【招集メンバー】 2020/21 UEFA チャンピオンズリーグ第2節 ユベントス対バルセロナ, 【採点】 2020/21 UEFA チャンピオンズリーグ第1節 ディナモ・キエフ対ユベントス, ボヌッチが「筋肉の痛み」を理由にイタリア代表を離脱、詳細な離脱期間は(近日中の)検査後に判明の模様, ユベントスが11月第2週の練習を打ち上げ、2日間のオフを挟んだ現地17日(火)から調整を再開予定, 戦術分析: 接戦でのプレー方法を忘れて勝点の取りこぼしが続くユベントス (2020/21 セリエA第7節ラツィオ戦). 金曜夜に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝バルセロナvsバイエルン戦では、様々な意味で歴史的一戦となった。そこでkickerのデータ担当とOptaによる統計から明らかとなっていることを以下列挙して … [MAN OF THE MATCH]セルヒオ・ラモス, 「クソッタレなスキャンダルだ」クラシコのPK判定にバルサの怒りが爆発!「いつもうちだけじゃないか」, 「将来のスターになる」久保建英の活躍に“保有元”マドリーもご満悦!もはやイスコやL・バスケスは不要?, 「重圧のなか期待を裏切らなかった」久保建英のEL初戦をスペイン人記者はどう見たのか?「エメリ監督は難しい立場に…」【現地発】, 「クボにボールを預けさえすればいい」久保建英の1G2A動画をスペイン紙が絶賛!「世界的エリートだ」, 「強硬な態度に驚愕した」メッシと衝突した“ノビタ”の知られざる素顔「無能と見くびると、痛い目に遭う」【現地発】. [退場]なし VARにぶち壊されたバルサ 選手達は悪くない...好守連発のネトら3選手に最高評価『8』, 主将ラモスのPK弾など敵地で3発のマドリーが今季最初のクラシコ制す! 【神戸】採点&寸評 2試合連続完封負けで4連敗…“孤軍奮闘”のGK飯倉は高評価 2020/11/16 サッカー 明治安田生命J1リーグ 第27節 湘南… メイウェザー 那須川戦は「体もだらしなかった」「今回は仕上げる」2・28東京D参戦, 【クラシコ採点&寸評】バルセロナ1-3R・マドリー|MOMの決勝弾男とバルサの17歳を最高評価!メッシは及第点以下に…. new! ・欧州カップにおける1試合8得点は、バルセロナにとって初のこと、 新GM発言 本当に大谷に追い風? 一方、バルセロナに対する『マルカ』の採点は、mfペドリが最高点の「2」で、fwアントワーヌ・グリーズマン、mfデ・ヨング、dfセルジーニョ・デストが「0」。他の選手が「1」だった。同紙だけでなく、ペドリに対しては好意的な報道が並んだ。

Jリーグや海外(リーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガ、エールディビジ)、日本代表などの最新試合ハイライト・ダイジェストをYouTubeで紹介します。 ※man of the match=この試合の最優秀選手。 ※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。 文 下村正幸 【レアル・マドリー|採点・寸評】 チーム 6.5 史上初となった無観客のクラシコで連敗を止めた。

メイウェザー 来年2月東京D参戦 ・メッシとロナウドがいないCL準決勝は、2005/06シーズン以来。 (c)Nippon Sports Kikaku Publishing inc. All rights reserved. 金曜夜に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝バルセロナvsバイエルン戦では、様々な意味で歴史的一戦となった。そこでkickerのデータ担当とOptaによる統計から明らかとなっていることを以下列挙していく。

・ちなみにセルゲ・ニャブリにとってロンドンのクラブ(4得点したトッテナムと2得点したチェルシー)以外から挙げた、CLでの初得点。 ・バルセロナを相手に前半で4得点を挙げたのは、欧州カップ史上初のこと。 グループGの注目の一戦となった 2020/21 uefa チャンピオンズリーグ第2節バルセロナ戦はデンベレ選手とメッシ選手のゴールでバルセロナが 0-2 の勝利を手にしました。 試合に先発した両チームの選手とフォーメーションは以下のとおりです。 pr // グループGの注目の一戦となった 2020/21 UEFA チャンピオンズリーグ第2節バルセロナ戦はデンベレ選手とメッシ選手のゴールでバルセロナが 0-2 の勝利を手にしました。, ユベントスのピルロ監督は 4-2-3-1 を選択。ボヌッチ選手が最終ラインで先発し、2列目には右からクルゼフスキ、ディバラ、キエーザの3選手が並ぶ布陣で試合に臨みます。, 対するバルセロナのクーマン監督も 4-2-3-1 を選択。クラシコ直後ということもあり、ピアニッチ、デンベレ、グリーズマンに先発の機会を与えて試合を迎えます。, 試合は立ち上がりの2分にバルセロナのピアニッチが強烈なミドルシュート。シュチェスニーがセーブしたこぼれ球をバルサが拾い、グリーズマンが狙うも左ポストを叩く展開で始まる。, ユベントスのプレスが期待したほど機能しない中、試合は14分に動く。バルセロナはメッシがサイドチェンジをすると、受けたデンベレがカットインしてシュート。これがキエーザの足に当たってロブショットとなりゴールイン。バルセロナが先制する。, 対するユベントスは16分に DF ラインを抜け出したモラタがゴールネットを揺らすがオフサイド。30分にはクアドラードのクロスにモラタがスライディングで合わせたが、これもオフサイド。, バルセロナは35分にメッシへの縦パスからデンベレとグリーズマンに決定機が訪れたが、これはシュチェスニーが果敢な飛び出しでゴールを死守。前半は 0-1 とバルセロナが1点のリードで折り返す。, ポゼッションが機能していたバルセロナだったが、後半開始からブスケツを投入して 3-4-3 に変更。よりピッチ幅を活用する狙いで後半を迎える。, 相手にボールを持たれたユベントスは55分に左サイドを突破したキエーザのクロスをクアドラードがスライディングで折り返し、モラタがボレーで合わせる。しかし。これも VAR が介入してオフサイドとなり、ゴールは認められず。, 一方のバルセロナは62分にメッシ。75分にメッシのスルーパスに反応したグリーズマンが決定機を迎えるが、シュートはどちらも枠のわずかに外で追加点を得ることはできない。, するとユベントスは85分にドリブルで持ち上がったデミラルがボールロストからピアニッチを倒してしまい、2枚目のイエローカードで退場。1人少ない状態で試合最終盤を迎えることになる。, 優位となったバルセロナは90分にメッシからのパスを受けたアンス・ファティがペナルティーエリア内で倒されて PK を獲得。これをメッシがゴール左に決めて2点目を奪取。ユベントスは一矢報いることはできず、試合はこのまま 0-2 で終了した。, GK: シュチェスニー 7.0 ピアニッチのオープニングシュートをストップしたことを皮切りに好セーブを続ける。失点は味方に当たって高く弾んだ軌道と PK であり、守護神としての働きは申し分なかった。, DF: クアドラード 6.0 ペドリとのデュエルでは劣勢な場面が多かったが、攻撃面でチャンスメイクに顔を出して帳尻を合わせる。サイドでの攻防は攻め手が優位で結果は互角だった。, DF: デミラル 5.5 持ち前の身体能力でバルセロナの攻撃を防いでいたことは評価ポイント。一方で試合最終盤でのドリブルでボールロストし、2枚目のイエローで退場となったことが大きなマイナス。, DF: ボヌッチ 5.5 右ももの不安からラインを上げれず、精度の高いロングフィードが出ることもなく淡々としたプレー内容だった。昨シーズンのボヌッチを目撃したと考えれば、受け入れられるパフォーマンスだろう。, DF: ダニーロ 5.5 デンベレやセルジ・ロベルトのプレーを制限することはできず、ボール奪取ではなくチャージによる反則が目立った試合だった。守備が評価されている選手ではないだけに厳しい現実に直面する結果となった。, MF: ベンタンクール 5.0 与えられたレジスタ役を遂行しようとはしたものの、周囲がパスコースを作れておらず沈黙。守備においても1人でカバーが強いられるなど不味いチーム戦術の犠牲になっていた。, MF: ラビオ 5.0 広範囲をカバーする積極性は見せていたが、ダブルボランチなのに中央のスペースを空けるという諸刃の剣になっていた。この欠点は選手個人よりもチーム戦術の問題だろう。監督の能力が疑われるべきだ。, MF: クルゼフスキ 6.0 序盤から前線でプレスをかけてのボール奪取やモラタとのワンツーで決定機を得るなど持ち味のアピールに成功。違いを作れる存在であるだけにシーズンを通したフル稼働に重きを置く途中交代は妥当と言える。, MF: ディバラ 5.0 ゴールに近い位置での決定的な役割が期待されたが、厳しいプレッシャーを受けるライン間でボールを引き出してバルサの守備陣を混乱させるようなプレーはなかった。本調子まではまだまだ遠いようだ。, MF: キエーザ 5.5 サイドでボールを引き出してはいたが、すぐにセルジ・ロベルトなど複数人に囲まれてボールロスト。持ち味である突破力を影を潜めたままだった。また、ボックス内で空中戦要員となるなど疑問符が残った。, FW: モラタ 6.5 オフサイドで3度もゴールを取り消されたのは不運以外の何物でもない。ただ、前線からプレスをかけ、守備の人数が足りない時は最終ライン近くまで戻って相手の攻撃を遅らせるなど献身性を示した。結果で報われなかったことが悔やまれる。, MF: マッケニー 5.5 75分にクルゼフスキとの交代で出場。左アタッキングハーフを務め、カットインからのシュートを放つなどプレーの適性があることを示す。ただ、試合のバランスを変えるほどの存在感を発揮することはできなかった。, MF: アルトゥール ー 83分にベンタンクールとの交代で出場機会を得る。出場していたことを忘れるほど存在感はなかったことがすべて。, MF: ベルナルデスキ ー アルトゥールと同じ83分にラビオに代わり出場機会を得る。デミラルが退場したことで1列下がった左 SB となったが、ファティを背後から倒して PK を献上。悪目立ちする結果となってしまった。, ピルロ監督 5.0 無様な采配だった。ガットゥーゾが言っていた「すぐに眠れなくなるさ」というジョークが現実のものになりつつある。ミラーゲームの前半はハイプレスを敢行できず、後半は 3-4-3 でポゼッションを高める相手になす術なく見守るだけだった。バルサの1.5軍には良い練習台になったと言えるだろう。, マッケリー主審 6.0 カードが出されたプレーはいずれも警告に該当するレベルのものであったし、PK も当然の判定。審判団として的確にジャッジを下していた。ただ、モラタが3度もオフサイドになったことで疑念が持たれていたことは事実である。, abyssusさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 植田直通 5.5 ボールを保持する時間が長い中、中距離パスが引っかかるシーンが多々あった, 吉田麻也 6  対人守備ではさすがの強さを誇示。ビルドアップ面でも安定感を発揮した, 室屋成  5.5  右サイドで積極的な守備を見せてはいたが、ファウルが多く精度という意味では物足りず, 橋本拳人 5.5 前半のみで交代。相手の素早い寄せを前に窮屈なプレーを強いられてしまった, 柴崎岳  5.5 勝負パスを出す姿勢はみせたが、肝心の精度がついてこない。存在感は大きくなかった, 長友佑都 5.5 以前のようなタフなプレーは見られず。フィジカル勝負でも何度か劣っていた, 三好康児 5    存在感はほとんど皆無。自身でチャンスの芽を潰してしまうシーンも少なくなかった, 久保建英 5.5 シャドーとしての怖さは物足りず。守備でもファウルで止めるのが精一杯だった, 南野拓実 6.5 とくに後半は背後への抜け出しで怖さを示した。自らPKを奪い決勝点をマーク, 遠藤航  7  途中出場で流れを変えた。対人守備でほとんど負けず、パスやボールキープでも違いを生んだ, 鎌田大地 6  見事なスルーパスで浅野のチャンスを演出。短い時間ながら仕事を果たした, 森保一  5.5 選手交代で流れが変わったものの、それまでのチームの出来は反省すべき, < 【速報】 日本、PKを南野が決めて1−0で勝利 【国際親善試合 日本 vs パナマ】, 久保は右サイド既定路線だから、右サイドは他のヤツ試して、他のポジションの適正探ってる感じなんかな?, 次のメキシコ戦は3バックで行くなら、吉田、冨安、酒井の3バック、原口、伊東のサイド、あとは遠藤、橋本、久保、鎌田、、武蔵か南野で行って欲しいな。, 4バックやると長友使わなきゃいけないのが厳しいな。今の長友はかなり実力落ちてる。3バックの時、長友がWBやると、ただの5バックみたいになるしあれはキツイな, まぁ、今の段階で内容はそこまで求めてないけどな俺は。すぐにW杯あるわけでもないし、今は課題があって当たり前。今が順風満帆だったら、チームがマンネリ化した時が怖いよ, パナマって、審判買収してアメリカに勝ってカールドカップ出たとこだっけ?本戦でボコられてたよね?, 長友の何が一番ヤバいかって、以前より明らかに90分で足を止める場面が多くなった事だよ。スタミナが無いサイドバックとか要らねえよ!.