4.超絶技巧練習曲第4番マゼッパ 15歳の時にまず作曲して、そののち改訂を重ねています。第2改訂版は技術的に一番難しくCDもあまりありません。また現在までに3回改訂されていて、現在演奏される機会の多いのは第3改訂版です。 『ラ・カンパネラ』(La Campanella)は、フランツ・リストのピアノ曲。ニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章のロンド『ラ・カンパネラ』の主題を編曲して書かれた。名前の Campanella は、イタリア語で「鐘」という意味である。, リストが「ラ・カンパネラ」を扱った作品は4曲存在するため、以下に作曲された順に紹介する。最終稿の『パガニーニによる大練習曲』第3番は、数多くあるリストの作品の中でも最も有名なものの一つ。, (Grande Fantaise de Bravoure sur "La Clochette" de Paganini, S. 420), 『パガニーニの「鐘」によるブラヴーラ風大幻想曲』とも呼ばれる。1831年から1832年にかけて作曲され、1834年に出版された。「ラ・カンパネッラ」を扱った最初の作品である。ニコロ・パガニーニのヴァイオリンの演奏を聴き、大きな衝撃を受けたリストが「僕はピアノのパガニーニになる!」と決意し、自らの技術を磨き上げて作り上げたと伝えられる。, テレビ番組の企画に出演した小山実稚恵はこの曲について番組内で「即興から生まれているとしか言いようがなく、右手で弾いたらなんでも無いのに左手を交差するように指示していたり、音でも視覚でも魅せるように意識して、わざと難しくなるように楽譜に書き添えていて、(リストは)真のヴィルトゥオーソだったと思う」と語っている。, (Etudes d'Execution Transcendante d'apres Paganini, S. 140), 1838年に作曲された、全6曲からなるパガニーニによる超絶技巧練習曲の第3番。録音を行っているピアニストは、作曲から170年以上経っている現在においても僅か6名のみである。この版ではパガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番第3楽章のロンドの主題も用いている。なお、2014年8月に出版された『リスト/パガニーニ大練習曲集(原典版)』(全音楽譜出版社)では、巻末に本曲の初版が収録されているが、日本国内での出版はこれが初である。, (Grande Fantaise (Variations) sur des themes de Paganini - La Clochette et La Carnaval de Venise - First Version S. 700i), 1845年に作曲された。改作版の『パガニーニの主題による大幻想曲』S. ピアノの奏法のなかで「グリッサンド」というテクニックがあります。 「ピアノの魔術師」と呼ばれるほどの超絶技巧派ピアニストだったリストですが、作曲・編曲した曲も自身の技術を最大限に駆使する難曲が多いようです。, そんなリストの曲の中でも代表的な曲の一つ『ラ・カンパネラ』のエピソード、おすすめピアニストによる『ラ・カンパネラ』の演奏が聴ける動画、おすすめCDなどご紹介しますので是非、ご覧ください。, 『ラ・カンパネラ』はイタリア語で「鐘」という意味でこの曲はヴァイオリニストのニコロ・パガニーニ(以下、パガニーニ)が作曲した『ヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調Op.7、第3楽章 ラ・カンパネッラ(鐘のロンド)』をもとにリストがピアノ用に編曲しました。, パガニーニはロマン派時代に活躍したヴァイオリニスト。

この頃をヴァイマル時代(1850~1860頃)と言われ、リストの交響曲や交響詩の多くはこの時代に作曲されています。 例えば1曲目は調号なしのハ長調、2曲目は調号なしのイ短調、3曲目は♭1つのヘ長調、4曲目は♭1つのニ短調、ということです。 『ラ・カンパネラ』(La Campanella)は、フランツ・リストのピアノ曲。ニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章のロンド『ラ・カンパネラ』の主題を編曲して書かれた。 名前の Campanella は、イタリア語で「鐘」という意味である。 リストの作曲したピアノ曲の中で超絶技巧練習曲という名前からして難しそうな12曲からなる曲集があります。 14.パガニーニによる大練習曲第2番変ホ長調

特に今回ご紹介しておりますラ・カンパネラのような難解で華やかな曲を聴かされれば男性すら心を奪われるかも!?, 『ラ・カンパネラ』はリストの代表曲の一つでリストを演奏するピアニストなら避けては通れないレパートリーでもあります。 20歳のころ超絶技巧を持っていたヴァイオリニスト「パガニーニ」の演奏に感激して自分はピアノで超絶技巧を目指そう!とさらにテクニックを磨きました。 動画は「パガニーニによる超絶技巧練習曲 第3番」 ニコライ・ペトロフ(1943-2011)によるもの。 「超絶技巧練習曲」を演奏・録音できた数少ない奏者の一人で、跳躍の正確さ、トリルの美しさは圧巻で … 今回はリストの『ラ・カンパネラ』という曲をご紹介します。 今でも交響詩「前奏曲」はよくオーケストラで演奏されます。 ロマン派のハンガリー出身、フランツ・リストの作曲した曲はラ・カンパネラや愛の夢など有名な曲も多くピアノを弾いている人は一度は弾いてみたいあこがれの曲です。その中でも超絶技巧練習曲は名前からして難しそうですね。今回は超絶技巧練習曲を1曲ずつ聴いていきましょう。 8.超絶技巧練習曲第8番狩り 19.三つの演奏会用練習曲第1番悲しみ これを上手く使いこなせると、ピアノの演奏がグッと迫力が... ピアノって打楽器なのか?それとも弦楽器なのか?この疑問は現在でも問われる程です。改めて考えると難しいですね。この記事ではピ... 定期的に調律が必要となるピアノ。ピアノの状態を良く保つために調律は欠かせません。なぜ調律が必要なのか?ということをピアノの... 世界三大ピアノ、聞いたことがありますか?ピアノを製造しているメーカーは数多くあります。日本ではヤマハやカワイが有名ですね。... 巷で話題となっているJR浜松駅にあるピアノ。駅の構内にピアノが置かれているということで話題となり、Youtubeに演奏動画... ヤマハピアノやカワイピアノなど、ピアノには製造番号というものがあります。

『ラ・カンパネラ(カンパネッラ)』は、フランツ・リストが作曲した6曲から成るピアノ曲『パガニーニによる大練習曲(Grandes Etudes de Paganini, S. 141)』の第3番嬰ト短調。 パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調Op.7、第3楽章『ラ・カンパネッラ』(鐘のロンド)を主題に用いている。 11.超絶技巧練習曲第11番夕べの調べ 18.パガニーニによる大練習曲第6番イ短調 11歳でウィーンに行きウィーン音楽院で学びました。 『ラ・カンパネラ(カンパネッラ)』は、フランツ・リストが作曲した6曲から成るピアノ曲『パガニーニによる大練習曲(Grandes Etudes de Paganini, S. 141)』の第3番嬰ト短調。, パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調Op.7、第3楽章『ラ・カンパネッラ』(鐘のロンド)を主題に用いている。「カンパネラ(Campanella)」とはイタリア語で「鐘」の意。, パガニーニ(Niccolò Paganini/1782-1840)はイタリアの作曲家で、稀代の名ヴァイオリニスト。完璧で卓越した演奏技巧からヴァイオリン界の「ヴィルトゥオーソ(Virtuoso)」と称賛され、リスト、シューマン、ブラームス、ラフマニノフなど数多くの作曲家に多大な影響を与えた。, リストは初恋に破れ沈んでいた20歳の時にパガニーニの演奏を聞いて、「僕はピアノのパガニーニになってやる」と奮起し超絶技巧を磨いたという逸話も伝わっている。, パガニーニ作品のパラフレーズや変奏曲の一例を挙げると、ショパンの変奏曲『パガニーニの思い出』イ長調、ヨハン・シュトラウス1世『パガニーニ風のワルツ Op.11』、ラフマニノフ『パガニーニの主題による狂詩曲 イ短調 Op.43』、ヨハネス・ブラームス『パガニーニの主題による変奏曲 イ短調 Op.35』など、この他にも実に数多く存在しており、その人気の高さ振りが伺える。, リスト:ピアノ作品集 華麗で即物的,表面的な効果が優位にたつ演奏とは対極にある,美しい音を詩的なロマンティシズムに満ちた演奏。ボレットが60歳を過ぎてから録音したもので,むしろ内向的な趣すら感じられる。, 【楽譜】 リスト集 3 超絶技巧練習曲全12曲ほか収録曲 21.三つの演奏会用練習曲第3番ため息 16.パガニーニによる大練習曲第4番ホ長調 上の2つが2008年、3つ目が2015年の演奏になります。 20.三つの演奏会用練習曲第2番軽やかさ 勿論、演奏も期待を裏切らず素晴らしいの一言です!, タイトル通りリストの「超絶技巧練習曲集」の曲がメインのアルバムですが最後に『ラ・カンパネラ』も収録されています。 当時ドイツでは絶対音楽を主張していたブラームス派と標題音楽を主張していたワーグナー派がありましたが、リストはワーグナー派に属していました。 ただこの曲は英語表記でTranscendante Etudes と呼ばれ、単に技術が超絶という意味だけではなく、肉体・精神・魂、これらからの超越という宗教的な意味を持つものです。 ♭が1つずつ増えていき♭5つまでの長短調で成り立っています。, 第1曲目 「前奏曲」 ハ長調 半音階や分散和音を使い高速で動く前半と和音で重厚な響きの後半部を持つ華やかな曲調はタイトルどうりこの曲集の冒頭らしい曲です。 聴く側からすれば鐘の音をイメージさせる素敵な曲という印象しかありませんが、演奏する側はかなり高度な演奏技術を要する曲です。 全12曲からできていて、調性は2曲ずつ組みになっています。 :パガニーニ大練習曲集 第3曲 「ラ・カンパネラ」 S.141 R.3b 嬰ト短調, Liszt, Franz:Grandes études de Paganini "La campanella" gis-moll, この曲集中もっとも有名な第3曲『ラ・カンパネッラ』(嬰ト短調)は、パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調の第3楽章を原曲とする。この第3曲に関しては、《大練習曲》の初版である《パガニーニによる超絶技巧練習曲集》の第3曲とは大きな違いがある。初版ではパガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調からの素材が目立つのに対し、《大練習曲》では、第1番の素材はまったく見られない。また、調号が初版の変イ短調から嬰ト短調に変化している。初版に比べ、《大練習曲》のほうが高音域を駆使し、同音反復を効果的に使用したよりきらびやかな音楽になっているのも注目すべきところである。, 春畑 セロリ:春畑セロリのきまぐれんだん  いっぽん!チャチャチャッ ラ・カンパネラ(リスト), パガニーニ大練習曲 第3番 嬰ト短調 「ラ・カンパネラ」-第9回福田靖子賞選考会(福田靖子賞第1位), Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan, 広島市東区民文化センター カワイフルコンサートグランドピアノSK-EX披き記念 崎谷明弘 ピアノリサイタル.

こんな技巧は他の曲でも見たことがありません。あまり難しい曲は弾いたことがありませんが。 全音だったら全部fですね。パガニーニによる大練習曲第3番「ラ・カンパネラ」はeと書いてありますがこれは誤りです。どう考えても別れの曲より難しいです。

容姿端麗で且つ確かな演奏技術・表現力を併せ持つユンディ・リは現代のリストのようなものなのかも知れません。

標題音楽に交響詩というジャンルを確立しました。 第2曲目 タイトルなし イ短調 タイトルはないですが冒頭に「気の向くままに」と指示があります。テンポも揺れ動き、気ままなダンスのような曲です。, 第3曲目 「風景」 ヘ長調 一転して穏やかなテンポの曲。「田園曲」と表記のあるように田園風景を思い浮かばれる抒情的な曲です。 12.超絶技巧練習曲第12番雪かき 55 – Grande Fantaisie" (S.420, S.700を収録)の. 15.パガニーニによる大練習曲第3番 ラ・カンパネラ なんとも雰囲気のある演奏ですね。 第1位 リスト:パガニーニによる超絶技巧練習曲第3番「ラ・カンパネラ」 難しいピアノ曲ランキングは、リストがTOP3を独占しました。 世界中のピアニストが口を揃えて一番難しいピアノ曲と評するのが「ラ・カンパネラ」です。 ロマン派時代、サロンの演奏会で貴婦人たちを虜にしたようにユンディ・リも世界各国でピアノを演奏するたびに女性を虜にするのだとか・・・。 9.超絶技巧練習曲第9番回想 3.超絶技巧練習曲第3番風景

パガニーニ大練習曲集 第3曲 「ラ・カンパネラ」 S.141 R.3b 嬰ト短調/Grandes études de Paganini "La campanella" gis-moll - リスト - この曲集中もっとも有名な第3曲『ラ・カンパネッラ』(嬰ト短調)は、パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調の第3楽章を原曲とする。 1.超絶技巧練習曲第1番前奏曲 パガニーニによる超絶技巧練習曲集 「ラ・カンパネラ」 S.140/3 R.3a 変イ短調/Études d'exécution transcendante d'après Paganini "La campanella" as-moll S.140/3 - リスト - 第3曲『ラ・カンパネッラ』(変イ短調)は、初版と改訂版で大きな違いが見られる。パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調の第3 … 演奏技術も勿論ですが、曲の解釈も深さが感じれます。, 長富彩さんはハンガリーのリスト音楽院に留学し、名教師ジョルジュ・ナードルさんに師事していたこともあり、リストの曲はお手の物。 フジ子・ヘミングさんは同曲について「ぶっ壊れそうな鐘があったっていいじゃない、機械じゃないんだから」と語っていたそうです。 でも聴きたい曲をCDで購入したら結構なコストになります。, しかしAmazonプライム会員なら安価な年会費でかなりのクラシック音楽を堪能することができます。 超難曲の『ラ・カンパネラ』ですが全然、難しそうに演奏している感じには見えませんね。, アリス=紗良・オットも『ラ・カンパネラ』を得意とするピアニストの一人。 日本のピアニストではショパン国際ピアノコンクール、チャイコフスキー国際コンクールの2大国際コンクールにおいて唯一、両大会に入賞経験のある小山実稚恵さんが同曲について下記のように語ってます。, 「即興から生まれているとしか言いようがなく、右手で弾いたらなんでも無いのに左手を交差するように指示していたり、音でも視覚でも魅せるように意識して、わざと難しくなるように楽譜に書き添えていて、(リストは)真のヴィルトゥオーソだったと思う」 1つの調号に対して長調と短調があるので2曲組という意味です。 同曲を録音したピアニストは現在となっても6人しかいないのだとか。, 1851年に発表された「パガニーニによる超絶技巧練習曲」第3番 変イ短調の改訂版。 Amazonプライム会員なら無料で聴けますよ!, 辻井伸行さんによる初のリスト・アルバム。 演奏者の解釈の違いにより、印象も違ってきますのでお気入りの演奏を見つけてください!, 他の演奏の『ラ・カンパネラ』に比べ、少しテンポがゆっくりめに聴こえますが・・・。 ピアニスト時代(1830~1850頃)はピアノ曲を多く作曲していましたが、ヴァイマルの宮廷楽長として招かれるとピアニストの第1線は退き作曲家として活躍しました。

22.二つの演奏会用練習曲第1番森のささやき 音が舞い降りてくるような錯覚をするほど優雅で上品さを感じます。2011年の演奏です。, 横山愛弓さんの『ラ・カンパネラ』はピアノを弾いている手元も映してくれているので素人でも曲の難易度がイメージできますね~。, リストだけではなくショパンの曲も取り上げているフジ子ヘミングさんのアルバム。 17.パガニーニによる大練習曲第5番ホ長調 5.超絶技巧練習曲第5番鬼火 今回、ご紹介できなかったリストの名盤も取り上げています!, リストの曲は超絶過ぎてショパンの曲と比較すると知名度は少し落ちるかも知れませんが、今回ご紹介した『ラ・カンパネラ』をはじめ、クラシック音楽入門者の方でも愉しめる曲(聴く側で)が沢山あるのでこれからもご紹介していきたいと思います。, クラシック音楽に興味を持ち始めたら色んな曲を聴きたくなりますよね!