35 (I-II), Rachmaninoff plays his Rhapsody on a Theme of Paganini, これらはどれも『24の奇想曲』の最終曲をピアノ曲に編曲したものじゃ。後世の作曲家たちが、いかにこの曲に魅せられていたかがわかるじゃろう, ショパンみたいに華美な超絶技巧を嫌う作曲家もいたけど、やっぱり難しい曲はカッコイイですよね, 難易度「SS」ランク:第4, 8, 10, 18, 19, 21, 22, 23番, 難易度「SSS」ランク:第1, 2, 3, 5, 6, 7, 11, 12, 17, 24番. クリーントーンで弾くような感じになりました。全部指弾きしちゃう方もいると思いますが、自分はピック+中指、薬指でやって…, 7パート目。 その彼が、伝説のブルースマンである「ブラインド・ドッグ・フルトン」ことウイリー・ブラウンとともに「ロバート・ジョンソンの30曲目」を教えてやる、と言う流れで話は展開、そして、かつてウイリーが悪魔と契約した十字路に着くと、「スクラッチ」という悪魔が現れ、ユジーンは、ウイリーを助けるため、スクラッチの手先であるジャックというギタリストと勝負する、というなんだか良く分からんけれど勝ち負けが微妙なギター対決に挑むわけです。, このユジーンの対決相手がスクラッチの手先であるジャックです。 《24のカプリース》はニコロ・パガニーニが作曲した24曲からなる伴奏無しのバイオリン独奏曲じゃ。パガニーニ初の出版作にして、もっとも有名な代表作じゃな, ピアノと違いバイオリンは音を正確に出すことさえ難しい楽器じゃ。その楽器でさらに超絶技巧を要求されるこの作品は、演奏技術が進化した現代においても、完璧に演奏できるバイオリニストはそうそうおらんぞ, 逆にパガニーニが他の曲で多用したハーモニクス奏法が、この曲では使われていないことも面白いとこじゃな, PAGANINI: 24 Caprices – Antal Zalai, violin – classical music, そもそもこの曲は全曲をまとめて聴くと1時間以上かかってしまう。時間がない方は第24番のみを聴いてみるといいじゃろう。それだけでもこの作品の良さは十分理解できるはずじゃ, VICTOR MERZHANOV – Liszt.

4パート目。

ニコロ・パガニーニ(Niccolò(あるいはNicolò) Paganini, 1782年10月27日 - 1840年5月27日)はイタリアのヴァイオリニスト、ヴィオリスト、ギタリストであり、作曲家である。特にヴァイオリンの名手としてヨーロッパ中で名声を獲得した。, パガニーニがヴァイオリンを弾き始めたのは5歳の頃からで13歳になると学ぶべきものがなくなったといわれ、その頃から自作の練習曲で練習していた。それら練習曲はヴァイオリン演奏の新技法、特殊技法を駆使したものと言われる。, そのヴァイオリン演奏のあまりの上手さに、「パガニーニの演奏技術は、悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ」と噂されたという。そのため彼の出演する演奏会の聴衆には、本気で十字を切る者や、本当にパガニーニの足が地に着いているか確かめるため彼の足元ばかり見る者もいたという。, 少年時代から病弱であったが、1820年に入ると慢性の咳など体調不良を訴え、『毒素を抜くため』に下剤を飲み始める。1823年には梅毒と診断されて水銀療法とアヘンの投与が開始された。さらに1828年頃には結核と診断され、甘汞を飲み始め、さらに下剤を飲み続けた。その後、水銀中毒が進行して次第にヴァイオリンを弾くことができなくなり、1834年頃についに引退する。そして1840年に水銀中毒による上気管支炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全によりニースで死去。, 一般に死因は喉頭結核もしくは喉頭癌といわれているが、主治医の診断から結核ではなかったことがはっきりとしており、記録に残る症状(歯肉炎、振戦、視野狭窄など)から、水銀中毒だったことは明らかである[2]。, 前述の噂が原因で埋葬を拒否され、遺体は防腐処理を施されて各地を転々とし、改葬を繰り返した末に1876年にパルマの共同墓地にようやく安置された。, パガニーニが演奏に使用したヴァイオリンとして、1743年にグァルネリ・デル・ジェスが製作した「イル・カノーネ」が有名である。賭博で賭けたヴァイオリンを取られてしまったパガニーニに対し、1802年にリヴロンという商売人が、自身が所有する上記のグァルネリのヴァイオリンを演奏会で使用してほしいことを申し出た。パガニーニはそれを承諾し、演奏会でそのヴァイオリンを使用したところ演奏会は予想以上の成功を収めた。あまりの素晴らしい響きに驚嘆したリヴロンは、貸与したヴァイオリンをパガニーニに譲渡する。パガニーニはリヴロンの好意に対し「今後このヴァイオリンを他人には使用させない」との誓いを立てる。以後パガニーニはこの楽器を音の大きさから「カノーネ」と命名し、終生愛用した。, なおカノーネはパガニーニの遺言で「他人に譲渡、貸与、演奏をしない」ことを条件に故郷ジェノヴァ市に寄贈された。この遺言は当初は守られたが、1908年に定期的な修理をかねてヴァイオリニストに貸与することを決定。1937年の全面修理を経て、現在にいたるまでパガニーニの遺言を無視する形で貸与と演奏がされている。, パリの弦楽器職人ジャン=バティスト・ヴィヨームが1833年に製作したヴァイオリン。カノーネの修理中に同器を忠実に複製したもので、パガニーニは気に入って購入しようとしたが、ヴィヨームは無償でプレゼントした。パガニーニはこれを愛用したのち、1840年に弟子のカミッロ・シヴォリに500フランで譲渡し、代金は製作者のヴィヨームに感謝と友情の証として贈った。[3], パガニーニは作曲家としても活躍しヴァイオリン曲を残したが、極めて速いパッセージのダブルストップ・左手のピチカート・フラジョレット奏法など、どれも高度な技術を必要とする難曲として知られている。パガニーニ自身は技術が他人に知られるのを好まなかったため、生前はほとんど自作を出版せず自分で楽譜の管理をしていた。, その徹底ぶりは凄まじいもので、自らの演奏会の伴奏を担当するオーケストラにすらパート譜を配るのは演奏会の数日前(時には数時間前)で、演奏会までの数日間練習させて本番で伴奏を弾かせた後、配ったパート譜はすべて回収したというほどである。しかも、オーケストラの練習ではパガニーニ自身はソロを弾かなかったため、楽団員ですら本番に初めてパガニーニ本人の弾くソロ・パートを聞くことができたという。その背景として、パガニーニ自身が無類の“ケチ”だったと言う事の他に、この時代は、著作権などがまだ十分に確立しておらず、出版している作品ですら当たり前のように盗作が横行していた為、執拗に作品管理に執着するようになったとする説もある。, このようにパガニーニ自身が楽譜を一切外に公開しなかったことに加えて、死の直前に楽譜をほとんど焼却処分してしまった上、彼の死後に残っていた楽譜も遺族がほぼ売却したため楽譜が散逸してしまい、大部分の作品は廃絶してしまった。現在では、無伴奏のための24の奇想曲や6曲のヴァイオリン協奏曲(12曲あったといわれている)などが残されている(第3番 - 第6番が見つかったのは20世紀に入ってからである)。現存している譜面は、彼の演奏を聴いた作曲家らが譜面に書き起こしたものがほとんどだと言われている。また、同じ理由から弟子をカミッロ・シヴォリ一人しかとらず、そのシヴォリにも自分の持つ技術を十分には伝えなかったため、演奏の流派としてはパガニーニ一代で途絶えることとなってしまった。, パガニーニは、1800年から1805年にかけて表立った活動をやめ、ギターの作品を数多く作曲している。これは、フィレンツェの女性ギター奏者を愛人としていたためといわれている。, などがラ・カンパネッラなどの作品を録音している。また、ウィリアム・プリムローズがヴィオラ奏者としてパガニーニ作品の録音を残している。, 20世紀に「ヴァイオリニストの王」と称されたヤッシャ・ハイフェッツは、パガニーニの作品を全く演奏、録音しようとしなかった。その理由については諸説あるが、ハイフェッツ自身が明確な理由を公にしなかったので、現在もその真意は不明なままである。例外として、師であるレオポルト・アウアーによって演奏会用に編曲[5]された24の奇想曲の13番、20番、24番と若い頃に録音した無窮動の音源が現存している。, 現在では、24の奇想曲やヴァイオリン協奏曲第1番、ヴァイオリン協奏曲第2番、ラ・カンパネッラは、数多くのヴァイオリニストが録音をしている。なお、サルヴァトーレ・アッカルドが、ヴァイオリン協奏曲第1番〜第6番を始め、譜面が現存するヴァイオリンのための作品のほぼ全てを録音している。, パガニーニの演奏、楽曲はリストやシューマンなど当時の作曲家に多大な影響を与え、以後様々な作曲家がその主題によるパラフレーズや変奏曲を書いた。特に『24の奇想曲』の最終曲「主題と変奏 イ短調」や『ヴァイオリン協奏曲 第2番』の終楽章「鐘のロンド」は繰り返し用いられた。パガニーニの主題を用いた他の作曲家の作品を以下に示す。, https://palomavaleva.com/jean-baptiste-vuillaume-luthier-francais/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ニコロ・パガニーニ&oldid=79794276, 目つきが鋭く、また病弱だったためにやせていて肌が浅黒かった。その容姿も悪魔の伝説に貢献した。, 興行師としての才能もあり、木靴に弦を張って楽器として演奏しひともうけした後、金に困った女性を助けたなどの逸話もある。また演奏会にて、弾いている最中にヴァイオリンの弦が切れていき、最後にはG弦しか残っていなかったのに、それ一本で曲を弾ききったと言う逸話もある。しかしながら、弦が頻繁に、高いほうから都合よく順に切れていったこと、一番低いG弦は決して切れなかったこと(弦楽器は開放弦より低い音を出す事は出来ない)などから、パガニーニ本人がパフォーマンスの一環として、伸ばして鋭くした爪で演奏中に弦をわざと切っていたと言われている。, 自身の利益や金銭に執着する人物であったと言われる。高い評価や人気を得るにつれ、演奏会のチケット代は高額を要求するようになった。やがて偽造チケットも多く出回ったため、自ら会場の入口に立ち、チケットをチェックするほどの徹底ぶりであったと言われる。, 1985年にパガニーニの子孫を名乗るスイス人のマーク・パガニーニ(ボーカル)によるドイツのヘヴィメタルバンド「パガニーニ」が結成されたが、音楽性は正統派のアメリカン・ロックであったという, ヴァイオリン協奏曲第5番(独奏部分のみ現存、完成前に作曲者が死亡したためオーケストラパートは作成されていなかったとされる), ナポレオン・ソナタ(Sonata Napoleone) 変ホ長調 (ヴァイオリンと管弦楽のための作品), 感傷的な堂々たるソナタ(Maestosa sonata sentimentale) (ヴァイオリンと管弦楽のための作品), ジェノヴァの歌「バルカバ」による60の変奏曲 (ヴァイオリンとギターのための作品), 驚異の二重奏(Duo merveille) Op.20 (無伴奏ヴァイオリン独奏曲), パgani蟹 Paganinissimo (コントラバス独奏。左手を蟹に、右手の弓を, パgani鐘(ヴァイオリンと打楽器。24番のテーマを用いているという意味で上記作品と同様だが、打楽器に銅鉢を含むのでこの名になった。), パガニーニによる超絶技巧練習曲集 S.140 より第3曲 変イ短調「ラ・カンパネッラ」.