階級 ブライト・ノア

ミライ・ノア(妻)ハサウェイ・ノア(息子)チェイミン・ノア(娘) 絶望を退ける勇気を持て。君が、ガンダムのパイロット、ニュータイプであるなら。, ブライト・ノアの名言15. -ZZガンダム, Zガンダム, ブライト・ノア, 機動戦士ガンダム, 逆襲のシャア, 閃光のハサウェイ. 175cm 性別 宇宙世紀0060年

A型

声優



鈴置洋孝(1st〜)成田剣(UC)置鮎龍太郎(ガンダムさん) 地球人・オールドタイプ 所属

地球連邦軍 初代ガンダムと呼ばれるのが、この機動戦士ガンダムです。 この時のブライトは、士官学校を出たばかりのひよっこ、19歳でした。 あまりに老け…大人びているために、少々偉そうな態度にも違和感がありませんが、よく考えてみるとおかしなことを言っていますね! まずはじめは、19歳であることをよく意識して、改めてセリフを見てみてください、ブライトのかわいらしい一面が見えてきますよ。 血液型

ミデア輸送部隊マチルダ隊の戦死者に対して哀悼の意を表し・・・全員敬礼!!, 一瞬しか出ていないのにカリスマ的人気を誇るマチルダさんが、ホワイトベースの仲間たちにも愛された, ブライト・ノアの名言12. ホワイトベース コンテンツ 主な搭乗艦 私は、その子供らに対して、恥じぬ父親でありたいと願うだけです, 地球のミライやハサウェイ、チェーミンを巻き込むぞ、と脅された上でのセリフなのです。. 生年月日

その他の情報 名言集, ブライト・ノア(Bright Noa)は、アニメ『機動戦士ガンダム 』をはじめ、ガンダムシリーズに登場する架空の人物。『機動戦士ガンダム』『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ガンダムZZ』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『機動戦士ガンダムUC』のアニメシリーズ5作品に登場した唯一の人物。, 1年戦争時から19歳という若さで艦長を任せられている地球連邦軍の軍人。階級は少尉だったが、シリーズが進むにつれて昇格し最終的には大佐となっている。『機動戦士ガンダム』を始めシリーズを通して主人公が搭乗する艦の艦長を努めており、数多くの戦場を駆け抜けてきた歴戦の勇士である。, アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りのコミュニティに簡単にアクセスできます。, https://gundam.fandom.com/ja/wiki/ブライト・ノア?oldid=94908.

ラーカイラムでアクシズを押すんだよ!地球が汚染されるのを黙って見ているのか, ブライト・ノアの名言14.

こんにちわ! アナタはガンダムWに出てくるガンダムパイロット五人の内、三人は本名ではなく、偽名だったという事はご存じですか?   今回はその三人の中から主人公であるヒイロユイの本名や誕生日についてと彼の名言、 さらにヒイロユイを演じた声優について紹介したいと思います!   ヒイロユイの本名や誕生日について! 出典:http://www.gundam-w.jp/endless_waltz/character/01.html 新機動戦ガンダムWの主人公ヒイロユイ。 この名前はコードネームで ... こんばんわ! 唐突ですがあなたはガンダムシリーズのキャラクターで 自爆してしまうキャラといえば誰を思い浮かべますか?   僕は、ガンダムWの主人公ヒイロユイを思い浮かべてしまいます(笑)   感情を表に出さないクール系の美少年という事もあり、女性人気がいまでも高いヒイロユイですが、 今回は各シリーズにおけるヒイロユイの最後について。 ヒイロユイのその後とヒイロとリリーナのその後、さらに幻の白雪姫について調べてきました! TV版新機動戦士ガンダムWのヒイロユイの最後について http:/ ... こんにちわ! ガンダムの世界では戦争や紛争等を題材としているので家族関係で問題があったり、 天涯孤独だったりとした悲しい主人公が多いですよね? 今回はそんな辛い境遇が多い主人公の中では珍しく、 恵まれている機動戦士ガンダムF91の主人公シーブックの父親や母親についてまた妹などの家族について調べてきました! それとガンダムF91のヒロインであるセシリーとの出会いや馴れ初め、その後についても調べてきましたのでご覧ください。   シーブック父親や母親と妹などの家族について http://gundaml ... 「逃げ回りゃぁ、死にはしない・・・F91ガンダムは、シーブックアノーで行きます!」 シーブックアノー初出撃時のセリフ。   ガンダム界でも珍しく両親に恵まれた主人公シーブックアノーですが、 あなたはコスモバビロニア戦争のその後、シーブックがどういった人生を歩んだか知っていますか? 今回は民間人からレジスタンスとなった機動戦士ガンダムF91の主人公であるシーブックアノーのその後について そしてガンダムF91の続編であるクロスボーンガンダムシリーズに出てくるキンケドゥとの関係は? 特に ... こんにちわ! あなたは機動戦士ガンダムSEEDそして続編にあたる 機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場するヒロインの一人であるカガリユラアスハは好きですか? お姫様設定のキャラですが男勝りな性格で自ら戦場に赴くという、ガンダムシリーズの主人公より男らしいカガリですが、 そんなカガリが大好きなファンもいるのではないでしょうか?   今回はそんなカガリユラアスハのその後についてカガリは結婚しているのか?を調べてきました! さらにはかわいい名言をまとめて紹介したいと思います! ... みなさんこんにちわ!   突然ですが皆さんは機動戦士ガンダムに出てくる主人公のライバルと言えば誰だと思いますか? そう、正解はシャア・アズナブルです!   シャア・アズナブルことキャスバル・ズム・ダイクンはガンダムファンからも 大人気なキャラクターですがそんな彼に命を吹き込むのが声優である池田秀一さんです。 そんな彼ですが実はシャア、キャスバルともに池田さん以外の方が声を当てたことを知っていますか?   というわけで今回は機動戦士ガンダム ジ・オリジンの主人公シャア・アズナブ ... 「死ぬぜぇ、俺の姿を見た者はみんな死んじまうぞ! 」でおなじみデュオマックスウェル。   新機動戦士ガンダムWに登場するキャラクターの中でも人気が高く、見た目、 言動共に男女問わず好かれる彼ですがはたして彼はどのような人生を歩んできたのでしょう?   今回は そんなデュオマックスウェルの経歴。 デュオマックスウェルのその後。 また、クズと言われる理由についても調べてみました!   デュオマックスウェルの経歴 http://vsn0504595ro.blog44.fc2.com ... 機動戦士Vガンダムの主人公であるウッソエヴィンは歴代ガンダムシリーズの主人公の中でもの最年少なのですが アナタは知っていましたか? ウッソと同じく最年少の主人公がガンダムAGEのキオ・アスノです。   最年少の主人公なので一見、他のガンダムパイロットと比べると劣っていそうに思えるウッソエヴィンですが、 幼少期から両親によるスパルタ教育を受けたウッソはガンダムシリーズの中でもかなりの上位の戦闘力を持っているのだとか。   そこで今回はウッソエヴィンの最強説について調べてみま ... 出典:https://datagundam.com/memo/bright-noa/, ブライトの最終出演作はカドカワ文庫から発行された『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』となります。, 宇宙世紀0105年。当時のブライトは45歳となり、25年近くも地球連邦軍に勤めていました。, 軍の退役を考えていたブライトはアムロを始めとしたニュータイプの少年少女達との関りを経て、政治の世界に踏み出そうとしていました。, しかし、アムロやハヤトといった戦友達を目の前で亡くしたブライトは精神的に疲弊しており、その前段階として妻ミライと共にレストランを開こうと考えていました。, 『閃光のハサウェイ』の劇中においてブライトはマフティーと戦うことはありませんでしたが、その最後はとても悲しすぎるものでした。, 軍からの指令を受けたブライトはマフティー討伐任務を受けた南太平洋方面軍の司令に着任する為、ラー・カイラムで地球に降りました。, 彼が基地に到着する頃には前任者であるケネス・スレッグ准将によって首魁であるマフティー・ナビーユ・エリンは逮捕されていましたが、マフティーの正体はブライトの実子ハサウェイだったのです。, このままでは自分の後任であるブライトに息子殺しをさせてしまうと考えたケネス准将は、ブライトを屋敷に待たせたまま迅速かつ内密にマフティーを処刑してしまいます。, しかし、ケネス准将の配慮も虚しくメジナウム・グッゲンハイム大将の策謀により、マフティー=ハサウェイという事実と共にブライトによって処刑されたというインタビューが世間に発表されたのです。, その報道によってブライトもマフティーの正体を知り、そこで彼の出番は終わってしまいます。それ以降のブライトの動向は不明です。, 息子の死と、自分が処刑したと言う汚名を被せられたその時の彼の心境は如何ほどのものだったか、想像に難くありません。, このセリフはガルマ・ザビ率いる地球方面軍との戦闘中、鬱により出撃を拒否するアムロに対して言ったセリフです。, 上のセリフに反論したアムロを再び叩いたことでアムロの名言『二度もぶった、親父にもぶたれたことないのに!』が出ます。, 緊急事態にも関わらず、自分の感情を優先するアムロは候補生とはいえ軍人のブライトからすれば腹立たしかったのでしょう。, ただ、そもそも民間人だったアムロに戦闘を強要すること自体が異常なことでもあるので一概にアムロが悪いとも言えません。, この時のブライトは最新鋭艦を託された重責や度重なる激戦、元民間人のクルーへの対応などでストレスが溜まっていたであろうことも察せられます。, そこに先程のアムロの態度が重なったため、それらのストレスに対する八つ当たりがあったことも否めません。, アムロとは度々衝突を繰り返してたブライトですが、心の奥底では彼の才能を買っていることが窺えます。, 出撃を渋るアムロをおだてるという目的もあったのでしょうが、ポロリと本音を零してしまったようにも思えます。, クラウレ・ハモン率いるランバ・ラル隊残党による特攻作戦で窮地に陥ったガンダムを命と引き換えに救ったリュウ・ホセイに対しての言葉です。, この前の話でガルマ・ザビの仇討を命じられたランバ・ラルはホワイトベース内での激しい白兵戦の末に追い詰められ、ホワイトベースから飛び降りながら自決するという壮絶な最期を遂げました。, 残されたハモンとラル隊は敵討ちを決心し、綿密な作戦を立ててホワイトベースに攻撃を仕掛けます。, 作戦は半ばまで成功し、ハモンの乗るマゼラ・トップの主砲でガンダムの動力部にゼロ距離射撃を敢行しようとした瞬間、リュウ・ホセイがコアファイターでマゼラ・トップに特攻、ガンダムの窮地を救いました。, リュウはブライトと同じく数少ない正規の軍人だったこともあり、艦長とパイロットという立場の違いはあれど、ブライトはリュウに大きな信頼を寄せていました。, そんなリュウの戦死に際し、ブライトは彼にしては珍しく狼狽し四つん這いになって泣き崩れます。それだけリュウの存在が彼にとって大きかったとも言えるでしょう。, 宇宙要塞ソロモン攻略戦時、敵の攻撃を被弾して帰投したスレッガー中尉のもとにミライを向かわせる際に言ったセリフです。, この時、心配そうにスレッガー帰投の報告を聞いたミライの背中を押すように言いました。, この時点では既にブライトはミライへの好意を抱いていましたが、同時にミライがスレッガーに想いを向けていることも気づいていました。, そのことを知りながらも操縦士としてブリッジから離れられなかったミライの為に、サブブリッジから人を寄こしてまでわずかな時間を彼女に与えました。, 恋敵を利するだけと分かっていながらも想い人の望みを叶えようとした、ブライトらしい誠実かつ不器用な思いやりが察せられます。, 恐らく大抵の人が知っているであろう『左舷、弾幕薄いよ。なにやってんの!』の元ネタであろうセリフです。, 初出は分かりませんが、スパロボシリーズではこのセリフと類似した戦闘ボイスがあるのでノミネートしました。, このセリフは本編最終話にて、全てが終わった後に現れた地球連邦の増援部隊に対して憤りを見せたジュドーへと向けたセリフです。, ZZのラスト、ジュドーはハマーン・カーンとの一騎討ちで第一次ネオ・ジオン抗争にケリを付けました。, 激闘の最中、ハマーンの想いを感じ取ったジュドーは彼女を倒したことに対して思うところは大いにあった事でしょう。, そこに押っ取り刀で駆け付けた上に、影武者だったミネバの前で戦後処理を語るエゥーゴ上層部の腐敗ぶりに憤りを覚えたジュドーへと、そんな「情けない大人」の一人として彼の怒りを受け止める役目をブライトは自らに課したのでした。, シャアの狙いがアクシズ落としによる地球寒冷化だと気づいたブライト達は、アクシズで待ち構えているであろうネオ・ジオン軍との戦いに向けて最後のブリーフィングを行います。, 増援は望めず、戦力はロンド・ベル隊のみでネオ・ジオン艦隊へと戦いを挑まなければならず、玉砕覚悟で作戦に臨まざるを得ませんでした。, そんな絶望的な状況の中で、ブライトは目の前に集まる部下達へと敬礼と共に上のセリフを言います。, 物語の最終局面、アムロのνガンダムがアクシズを押し出そうとした時、ブライトは上のセリフを言いました。, アムロの援護に向かおうとしたのでしょうが、戦艦で小惑星を押し出そうなど無茶な話です。, ブライト本人も無茶な命令だと分かっていたのでしょうが、それでもアムロの援護に向かいたかったのだと思います。, ロ二・ガーベイの死、リディとの敵対、マリーダの変貌と次々に襲い掛かる過酷な現実に打ちのめされながらもユニコーンガンダムのシステムロックを実行し、一切の取り調べにも応じないバナージへと面会した際に口にしたセリフです。, 打ちひしがれながらもその瞳に力があることを見抜いたブライトが、バナージに発破をかけるように上記のセリフを言いました。, 数多くのガンダムパイロットを、ニュータイプを見てきたブライトだからこそ言えるセリフですね。, 第三次ネオ・ジオン抗争も最終局面に突入し、ネェル・アーガマ隊が宇宙で戦いを繰り広げている頃、ブライトは乗艦ラー・カイラムで北米シャイアン基地に向かっていました。, 旧知であるフリー・ジャーナリストのカイ・シデンからもたらされた情報により、Zガンダムの時に破壊されたコロニー・レーザーが修復され再び使われようとしていることを突き止めたからでした。, ロンド・ベルのもつ権限でシャイアン基地の臨検を行うブライトはそこでマーサ・カーバインとアルベルト・ビスト、そしてローナン・マーセナス連邦議会議員が共謀しコロニー・レーザーを発射しようとする場面に出会いました。, ブライトはコロニー・レーザーの発射中止しなければ連邦軍と敵対するとローナン議員に訴えかけますが、ローナン議員は逆に息子のハサウェイの将来を引き合いに出して脅しかけてきます。, この時のマーサの意表を突かれたような表情と、ローナン議員の苦虫を噛み潰したような表情が印象的でした。, 一年戦争では英雄と言われるほどの戦果を挙げたというのに、その後の軍人人生の大半を上層部から疎まれて過ごすことになりました。, その上、自分の息子が処刑されるだけでなく息子殺しの汚名を被せられるという散々な目に遭ってしまいます。, 退役届も上層部により無視されていたと言われているので、ハサウェイが死んだ後も引き続き軍に飼い殺されている状態と思われます。, しかし、どこまでも誠実で不器用な生き方しかできなかったブライトだからこそ、多くの部下に慕われてきたのだと思います。, -ガンダムキャラクター