新作をガッツリ打ちました! インプレはこちらです。 【head】g360+ speed(スピード) s インプレ【2020モデル】 2020-05-06 【head】g360+ スピード(speed) mp イ … 話題のラケットなだけに、僕のスクールのコーチ陣も早く売ってみたくてウズウズしているようです。

最近ラケットインプレも始めました! ・ラケットのフェイス面積:100inch 本記事では新作のスピード2020についてまとめてみました. 以上、ヘッド スピード 2020年モデルの詳細情報でした。 オールラウンドに扱いやすい万能ラケットなので打つのが楽しみですね。 追記. ... YONEXヨネックステニスラケット、EゾーンDR100とEゾーンDRライトのレビュー, ヘッドテニスラケット【グラフィン360+エクストリームツアー・MP】を試し打ちした感想.

【出張型レッスン】SKのテニスプライベートレッスン. これまでに培ってきたテニスの経験と知識をベースに、JSPO-AT(アスレティックトレーナー)としての見識も足し算。インプレを中心に、プレイヤーそれぞれにベストフィットするアイテム探しをお手伝いしています。

楽天市場-「ヘッド スピード mp ラケット2020」127件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも可能です。 ・ヤニック・シーネル(Jannik Sinner)・コリ・ガウフ(Cori Gauff)・ビアンカ・アンドレースク(Bianca Andreescu) etc…次世代を担う若手からGS制覇をしている選手まで、多くのトッププレイヤーが使用しているHEAD G360+SPEED MP。, 特にスピード感のあるラリー、球威のあるショットを持った選手に愛用されているのがこのラケットの特徴でもあります。, 23mm均一のフレームに100平方インチを採用。300g/320mmの設計で、パワーと取り扱いやすさを高次元にバランス。16×19のストリングパターンは、クロスストリングが上下に拡大されておりマス目が非常に大きい(粗い)のが特徴です。, フレームは台形に近い断面形状をしており、BOXフレームの内側を膨らませたようなイメージです。グロメットは至って普通という印象で、直径も大きくはなく、穴の形状も単純な丸型となっています。, カンカンした硬さはないのですが、ホールドしすぎずにスッキリとボールが飛んで行ってくれる気持ちの良い打球感!以前グラフィンXTのSPEED MPを持っていましたが、G360+の方がパワーもしなやかさも上ですね。, しっかりとしたパワーがあるフレームに、マス目の粗いストリングパターンが組み合わされている事で、スピードとスピンを高次元で両立出来るラケットに仕上がっています!, ・パワーがありスピードが出る・スピン量の調節がしやすい・振り抜きが良くスイングが速くなる, これらの要素が上手く組み合わされており、”SPEED”という名前の通りスピードの乗ったボールを打ち込めるラケットです。, このラケットのパワーの源は①速いスイング②適度な弾き③適度なスピンがミックスされる事で生み出されます。ビュンビュンと高速で振り抜いてこそ良さが引き出せるラケットです。, 黄金スペックはもっと弾きによるパワー、トラディショナルなボックス系はもっと重みによるパワーが強調される傾向にあります。そのためSPEED MPはその中間的な存在にあたり、使い方やフィット性次第では他にはない威力を引き出す事が出来ます。, SPEED MPはクロスストリングが上下に大きく広がっており、マス目が大きい・粗い事でスピンの掛けやすさに繋がっています。また今回は1.20mmという細めのストリングと組み合わせた事で、引っ掛かり感が強まりスピン性能を高めてくれました。, ラケットの特性を考えると、ストリングはある程度ハリがあって弾きの良いものを組み合わせた方が相性が良さそうです。, 今回使用したポリツアープロはもちろん、レッドコードやRPMブラストなども相性が良さそうです。耐久性の面で問題がなければ、1.20mmなど細めのゲージにする事でキレのあるショットをクリエイト出来るはずです。, エレメントやスマートなど、かなり柔らかいストリングに関しては慎重に導入するべきかと考えています。SPEEDの特徴であるスピード感が削がれてしまう可能性もあるからです。マイルドさや食いつき感を優先するというのであれば問題ないですが、少しもったいない組み合わせのようにも感じます・・・, ・スピードのあるフラットドライブ・タイミングの速いライジングショット・コート中央からのドライブボレーこのような『相手の時間を奪うショット』が打ちやすいラケットなので、積極的に仕掛けていくプレイヤーとの相性が良いでしょう!, もちろん速いストロークだけでなく、ボールの引っ掛かり感を生かしてショートクロスに落としたり、コンパクトで深さの出るボレー・・・など、相手を置き去りにするようなショットをより強化する事が出来るはずです。, 同じHEADのラインナップの中でもG360ラジカルMP、G360+エクストリームツアーは比較対象となるでしょう。極端な性能差はないもののの、それぞれに特徴の異なる仕上がりとなっています。, 295g/325mmというスペックではありますがRA値が少し高く、ラケットのパワー自体はSPEED MPとほぼ同等の印象。ラジカルMPの方がフレームでボールを掴んでから弾き出すような感触が強く、高い弾道のボールも織り交ぜるなど懐の深いタフなプレーに向いているラケットです。, フレームの形状などはラジカルMPに近く、305g/315mmのトップライト気味の設計になっているのがEXTREME TOUR。SPEED MPに比べるとマス目は小さめで、グロメット形状によって食いつきを演出しているのが特徴。操作性の高さ、落ち着いた飛び、バランスの良さなど、オールラウンドな使いやすさのあるラケットです。, 他社のラケットと比較すると、バボラ・ピュアストライク100(2019)やプリンスTOUR100(2020)などもライバルになりそうです!, 2019年モデルはRA72とかなりパワフルなフレームに仕上がっており、マス目の大きさ(粗さ)もあってスピンのかかったドカン!というショットが打てるラケット。単純な球速だけでなく、バウンド後の伸びも大切にしたい人にはピュアストライク100をオススメします!, 310g/310mm (290g/325mm)の設計は操作性が高く、16×18ストリングパターンやBOXY形状などの組み合わせによってパワフルさとマイルド&穏やかな打球感を両立したTOUR100。SPEED MPより高弾道なボールも打てるし、乗せて運ぶようなショットにも対応してくれる・・・派手さはないけどかなりの優等生です!, ・トップ選手が多数使用中・スッキリと球が飛ぶ!・高速ラリー可能な性能!・高速スイングで良さが出る・スピンもしっかり掛けられる・ハリのあるストリング推奨, テニスライターTRUEMAN(とぅるーまん)。 経歴:指導歴15年

またVコア98を実際に打ってみて感じた感想を購入検討している方に分かりやすく解説しています. 個人的に一押しのラケットだよ♪, グラフィン360+スピードMPは、フラットでコントロールができる数少ないラケットといった感じ!, ですが、グラフィン360+を搭載しパワーと柔らかさが追加されたことで、幅広い層に使いこなせるラケットとなりました。, ストロークは、弾く感覚からガットに乗る感覚となったことで、フラットでのコントロールが全メーカーと比較してもトップクラス。, 個人的には非常にバランスがとれており、ここ最近のスピードシリーズの中でも最高ランクのラケットだと思います。, フラットでガンガン打ちに行きたい人やカウンターを得意とする人にビビッとくるでしょう。, 抜群の面安定性にパワーが追加され、よりアグレッシブルなラケットとなった新スピードシリーズ!, スピードMPの場合ですと、一般的なスペックでありながらツアーモデル級の強さ・安定感があり、競技者にとっては扱いやすく一般プレーヤーにとっては挑戦できるラケットとなっています。, グラフィン360+スピードMPを「ストローク」「ボレー」「サーブ」のショット別に現役テニスコーチがインプレします。, カッチリの中に柔らかさがあり、どんな方でもストレスを感じない打ち心地の良さがあります。, フレームがしっかりしているため弾いてしまう感じがするのですが、ガットのたわみをしっかり感じるためフレームの硬さを感じさせませんでした。, 今までのスピードシリーズ特有のカチッと感は残しつつ、体への衝撃を和らげる柔らかさを感じられました。, しっかり振れば振るほどコントロールしやすいなーという印象で、ボールを潰すようなイメージだと安定した弾道でボールが飛んでいきますね。, ある程度の弾き感を感じつつ、フラット系でボールを押し込んでいくプレーヤーは、気持ちよく打てそうです。, フラット系でなかなかラケットを振り切れないという方でも、ラケットがスムーズに振り切れますので、伸びのあるボールが打てます。, 元々コントロール系のラケットですが、新スピードMPはボールの威力が衰えにくいです。, といってもイーゾーンのような爆発的なパワーではなく、コントロールできる範囲で威力あるボールが打てる感覚です。, 通常時はフラットで相手を追い込めますし、食いこまれた際もボールが勢いよく飛んでくれ、カウンターでエースが取りやすかったです。, スピンはかけたい分だけかけられるという感じで、決してスピンが打ちやすいというわけではありません。, ギュルギュルのスピンはかけずらいですが、フラットドライブや必要に応じてスピンをかけたいという分には十分の回転量を打つことができました。, 凌ぐ際のスライスも、打ち負けずに低い弾道でボールを返球でき、扱いやすいなーという印象です。, フラット主体のプレーで、必要に応じてスピン・スライスをかけていイメージがしっくりくるかと思います。, ある程度芯を外しても相手のコートに入ってくれ、安心感のあるボレー打てるラケットです。, ボールの威力が増すなどの突出した特徴はありませんが、面が安定していてどんなショットも卒なくこなせる印象でした。, スライス回転をかけてボールを操作するというよりかは、素直に打球して安定感を出すという感じがしっくりきます。, 操作性もよく打ち負けないので、コンパクトなスイングで速い展開のボレーをしたい方は相性が良いラケットですね。, ラケットのパワーをしっかり感じられ、威力+コントロールが全ショットの中でもサーブが一番感じることができました。, スピンサーブは、若干ボールが抜けることがあったので、回転重視ではなくスピードやコース重視に切り替えた方が良い感じでした。, 新作が出るたびに柔らかい打感になっていくスピードですが、前作までは一般プレーヤーでは硬い!と感じるほどの打感でした。, ですが、新スピードMPは普段軽量ラケットを使っている僕でも硬さを感じませんでした。, インパクトの衝撃を感じたいんだ!という方はスピード2018、しっかり打った中で柔らかさもほしい!という方はスピード2020がよさそうです。, 緊張した場面でどうしてもラケットが振り切れないという方は、振れば振るほどコントロールができるスピードMPが助けてくれるかもしれません。, ただ、しっかりラケットを振れる方に限ったラケットではあるので、ラケットのパワーアシストがほしいという方はインスティンクト2019の方が気持ちよくボールを飛ばしてくれますね。, 男性でボールの飛びは抑えたいんだけど威力あるボールが打ちたいフラットプレーヤーにドンピシャのラケットです。, 僕がラケットを変えたいと思ったの…6年ぶり(笑) 打ち抜ける人にオススメ 2020年3月、ヘッドから待望の新作『スピードシリーズ』が発売されます。前作から約2年ぶりの登場となったスピードは、ジョコビッチ使用モデルということもあり、非常に高い人気を集めているラケットです。 新作のスピード待ってまし... 2018年7月に発売し、男子ではジョコビッチ選手・女子では若手有望株のアンドリースク選手やガウフ選手が使用しているモデル『グラフィン360スピード』 ヘッドの中でも安定性があることで定評のスピードシリーズですが、グラフィン360になっ... テニス界には、様々なメーカーがしのぎを削って、良質なラケットを世に出しています。数あるメーカーの中でも非常に人気が高いのが、ジョコビッチ選手が契約するヘッド(HEAD)メーカーですね。 新作のスピード待ってまし... 2019年4月にヘッドから最新作の「ラジカル」が登場しました。その中でも人気のあるラジカルMPを現役コーチが試打しましたので、感想をお伝えしていきます。 2020年3月に発売となった「新スピードシリーズ」。その中でも最もオーソドックスなグラフィン360+スピードmpを現役テニスコーチがインプレしていきます。新スピードmpはどんな感じなの?スピード2018使ってるんだけど、今作はどこが変わった 発売前ですが、世界no1プレーヤージョコビッチ選手が使用しているheadテニスラケットspeedスピード2020モデルを試し打ちしました。 打ってみたのはスピードmp ストローク、ボレー、サーブと何を打っても不満のないバランスのいいラケットです。 世界no1のジョコビッチ選手のプレイを … 2020年3月に発売となった「新スピードシリーズ」。その中でも競技向けに位置するグラフィン360+スピードproを現役テニスコーチがインプレしていきます。新スピードproはどんな感じなの?スピードmpとproどっちを選べばよいのかな? バボラのRPMブラスト1.25mmにブリオ1.30mmをハイブリッド!カッチリ感はありつつも、スピン性能もある、ストローク向きの性能。速いスイングでも頼れるハイブリッドストリングを求める方にオススメしたい組み合わせ!... [エレメント・インプレ]最上級の柔らかさを実現したポリエステルストリング!LUXILON(ルキシロン )ELEMENT.