その結果、ベルソムラの効果が強く出てしまいます。, 睡眠薬と水虫の薬の飲み合わせが悪い場合があります。 服薬指導の覚書の著者のSuzukiです。この度は「薬局薬剤師 服薬指導の覚書」を閲覧頂きましてありがとうございます。このブログで扱う内容は「薬局の薬剤師」を対象とし主に以下の3点をテーマとして構成されています。「薬局薬剤師 服薬指導... ①就寝の直前に服用させること・服用後の作業の禁止【用法・用量に関連する使用上の注意】, 他薬局などでもらっている薬を一包化して欲しいなどの依頼があった場合の対応【外来服薬支援料】. @awakoji. 今回は2014年11月に発売された新薬である不眠症治療薬の新薬ベルソムラ(スボレキサント)の服薬指導をまとめました。併用禁忌の薬が多く特にクラリスロマイシンが併用禁忌であることや食直後の服用はTmaxが延長することは把握しておく必要がありま 水虫の薬が危険であることに驚かれる人もいるのではないでしょうか?, これらの水虫薬は睡眠薬が体内で分解されるのを邪魔します。 その結果、睡眠薬の効果が強く出てしまいます。, この抗うつ薬は睡眠薬が体内で分解されるのを邪魔してしまいます。 その結果、睡眠薬の効果が強く出てしまいます。, 飲んでいる人は少ないと思いますが、睡眠薬とエイズ治療薬の飲み合わせが悪い場合があります。, これらのエイズ治療薬は睡眠薬が体内で分解されるのを邪魔してしまいます。その結果、睡眠薬の効果が強く出てしまいます。, このC型慢性肝炎治療薬は睡眠薬が体内で分解されるのを邪魔してしまいます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 睡眠薬の種類についてここで一覧にしておきます。 2018/1/13 その結果、睡眠薬の効果が強く出てしまいます。, 食べ物というと意味がよくわからないかもしれません。 どういう意味かというと空腹時ではないということです。, 胃に食べ物がある状態でこの睡眠薬を服用すると、睡眠薬の分解が遅れてしまいます。 ただし、ジェネリック医薬品で薬をもらっている人は、カッコの手前の名前が薬の名前(成分名つまり一般名と言います)になります。, クラリスロマイシンはベルソムラが体内で分解されるのを邪魔します。 2019/6/2 マイスリーとソラナックスは同時に飲んでも平気ですか?私はいいと医者に言われました。寝る前に悲しかったり、いらいらしたりして眠れないときは併用するのはいい手だと思います。ソラナックス自体が眠気がでる薬なので、逆にそれを利用 スポンサーリンク

その結果、睡眠薬の効果が強く出てしまうということです。, ここで書いていない組み合わせは併用禁忌ではないはずです(間違っていたら教えてください)。 スポンサーリンク Copyright(c)2014 KAWAMOTO GANKA All right reserved. ご覧ください。. マイスリー、レンドルミン、ハルシオンとも30日以上の処方はできません。 ただし、併用注意の組み合わせがあります。, 併用注意とは字の通り、服用する上で十分注意しながら服用してくださいという意味です。 3種の医師が処方できる日数制限. PHARMACIST, STUDY, この記事では睡眠薬の併用禁忌の危険な飲み合わせについて、簡単にわかりやすく説明します。 今回は2014年11月に発売された新薬である不眠症治療薬の新薬ベルソムラ(スボレキサント)の服薬指導をまとめました。併用禁忌の薬が多く特にクラリスロマイシンが併用禁忌であることや食直後の服用はTmaxが延長することは把握しておく必要があります。, また併用禁忌薬剤のひとつであるテラプレビルという薬剤は、一見してHIV感染症抗ウイルス薬のような名前ですが、実際はC型慢性肝炎の薬であることは留意しておくとよいと思います。, ・覚醒を促進するオレキシンの受容体への結合を阻害する、世界初のオレキシン受容体拮抗薬 ・投与1週時、1ヵ月時、3ヵ月時の時点において、入眠障害、中途覚醒に対して効果が認められている。, 「美しい眠り」を意味する ‘belle’( = beautiful) + ‘som’( = sleep)が由来となっています。, CYP3Aを強く阻害する薬剤として現時点では添付文書に記載があるのは抗真菌剤(イトラコナゾール、ボリコナゾール)、マクロライド系抗生剤(クラリスロマイシン)、HIV感染症抗ウイルス剤(リトナビル、サキナビル、ネルフィナビル、インジナビル)、C型慢性肝炎抗ウイルス剤(テラプレビル)です。, 調剤薬局で処方頻度が高いクラリスロマイシン(CAM)が併用禁忌な点は注意が必要です。エリスロマイシンは併用禁忌には記載がありませんがCYP3Aを阻害する作用は有しており、個人的には代替としてはアジスロマシン(ジスロマック)の方が適していると思います。, また、一般名表記されると混同されやすいのですがテラプレビルがHIV感染症抗ウイルス剤でなくC型慢性肝炎の薬のことは十分に注意が必要です。患者が薬の名前はわからないが肝臓の薬を飲んでいるといたときはテラプレビルでないことを確認する必要があります。, 2016年11月に改訂となり、併用注意に該当するCYP3Aを阻害する薬剤併用時にはベルソムラ10mgに減量を考慮することと記載されました。これに伴い10mg錠の規格が新発売となりました。, CYP3Aを阻害する薬剤(ジルチアゼム、ベラパミル、フルコナゾール等)との併用により、スボレキサントの血漿中濃度が上昇し、傾眠、疲労、入眠時麻痺、睡眠時随伴症、夢遊病等の副作用が増強されるおそれがあるため、これらの薬剤を併用する場合は1日1回10mgへの減量を考慮するとともに、患者の状態を慎重に観察すること。, なお、添付文書にはヘルベッサー(ジルチアゼム)の併用によりベルソムラのAUCがおよそ2倍に増加すると記載されています。, また、「等」と記載があるため、上記の3剤意外でも、少なくともエリスロシンやフロリードゲル経口用などの薬剤は該当すると考えてよいかと思います。, 他の不眠症治療薬と併用したときの有効性及び安全性は確立されていない【用法・用量に関連する使用上の注意】, 成人か高齢者かで用量が異なる点に注意が必要です。成人には1回20mg。高齢者は1回15mです。, ベルソムラの添付文書上では高齢者の具体的な年齢に関しては明記されておりません。そのため、何歳からを高齢者とし15mgで投与するかは医師の判断に委ねられます。, 参考としては、臨床試験上では65歳以上が高齢者として設定されておりこの年齢から15mgで服用しています。高齢化の進んだ現在で65歳を高齢者とするか医師によっても意見が分かれるところでしょう。, 20mgで処方が来た時に何歳から疑義紹介をするかは個人の判断となりますが、70歳を高齢者と考える割合は多いと考えられるので、少なくとも70歳以上であれば疑義紹介をしたほうが良いでしょう。, 第 I 相試験で本剤服用後1.5時間時に身体のふらつきの増加、情報処理の遅延や注意力低下がみられたため、服用して就寝した後、睡眠途中で一時的に起床して仕事等で活動する可能性があるときには服用させないことと設定されています。, 食後投与した際、空腹時投与に比べてスボレキサントのTmaxの遅延(1~1.5 時間)が認められ、投与直後の血漿中濃度の低下がみられ入眠効果の発現が遅れるおそれがあるため設定されています。なお、AUCは変化がないとされています。, 食後投与でTmaxの遅延が認められていますが添付文書上はなぜか「食直後」を避けるとされています。どちらで指導すればよいか迷うところですが個人的には添付文書に従い食直後(食後5分程度)を避けるよう指導し、可能であれば食後30分程度は避けるように指導するのが現実的かと思います。, 添付文書には「本剤の影響が服用の翌朝以後に及び、眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること」と記載されています。, 自動車運転能力評価試験で本剤を就寝前投与し、翌朝(投与後 9 時間)に自動車走行検査を実施したところ自動車運転能力の低下が認められたため設定されています。ベルソムラは持越しが少ない印象がありますが、運転など避ける旨はしっかり指導する必要があることがわかります。, A)寝る直前に服用し、服用後の作業はしないよう指示。食直後の服用は避けること説明。アルコールの併用避けること説明。他科受診の際は伝えるよう指示。薬の効果の持ち越しで翌朝以後に眠気、ふらつきなどでることあるので運転など避けるよう指示。 P)効果確認, 服薬指導関連の記事は、グーグルで「薬剤名+服薬指導」で検索すると概ね検索結果の1ページ目にでてきます。(例:「ルパフィン 服薬指導」など), 薬局薬剤師が服薬指導をする際の要点を薬ごとに整理して覚書としてブログにしています。. 下手ですが漫画も付けました。. そのため、絶対に一緒に服用してはいけないというわけではありません。, などは一緒に服用しても問題ないということです。 2-6. ベルソムラは「オレキシン受容体拮抗薬」という薬。 オレキシンは人を眠りから覚醒させるホルモン。 ベルソムラはオレキシンの働きを邪魔する薬。 依存性はない。これはうれしい。 翌日のふらつきや健忘もない。高齢者には望ましい。 不眠で悩んでいる人は多い。特に高齢になると何らかの睡眠障害に悩んでいることが多い。寝付きも悪くなるし(入眠障害)、眠りは浅くなる(途中覚醒)。, 眠れないと、翌日がつらい。眠気やだるさで仕事にならない。大事な会議の最中に睡魔に襲われたりする。, 今一番使われているのはベンゾジアゼピン系睡眠薬。効果の短いもの、長いもの、種類がたくさんある。ハルシオン、デパス、ユーロジンなど。安全性も高く、たくさん飲んでも死ぬ心配はない。, 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬というのもある。マイスリー、アモバン、ルネスタ。今のところ作用時間が短いものしかない。日中の眠気やふらつきといった副作用を抑えている。それでいて効果はベンゾジアゼピン系とほぼ同等。ただ、抗不安作用はないので使い分けが必要。薬価も高い。, ただ、問題がある。依存性があるのだ。要するに、睡眠薬なしではいられなくなってしまう。いったん睡眠薬に頼るようになると、離れられない。睡眠薬を飲まないと全く眠れなくなってしまう。しかも、だんだん効きが悪くなって量が増える。, 依存性は麻薬や覚醒剤ほどには強くない。だから、努力すれば依存から離脱はできる。でも、依存から脱するまでは相当につらい思いをする。(タバコを吸う人が禁煙するようなもの), ---依存性のない睡眠薬はないものか・・・ある。今使えるのは2種類。ロゼレムとベルソムラ。先日、NHKのガッテンという番組で紹介された薬。NHKなので商品名は出さなかったが、これに間違いない。(ただし血糖を下げるために睡眠薬を使うのは問題あり), ---ロゼレムは「メラトニン受容体作動薬」という薬。メラトニンは体内時計に関係するホルモン。自然な眠りを催す薬で、きわめて安全。時差ぼけで体内時計が狂った時にも効きそうだ。依存性は全くない。その他の副作用もほとんどない。, ただ、残念なことに効果が弱い。確実に眠れるわけではない。だから、逆に毎日飲み続けるのに適している。漢方薬みたいな感覚。体質改善薬と思えばよい。寝る直前にのみ、部屋を暗くしないと効きにくい。なお、併用してはいけない薬がいくつかある。, ---ベルソムラは「オレキシン受容体拮抗薬」という薬。オレキシンは人を眠りから覚醒させるホルモン。ベルソムラはオレキシンの働きを邪魔する薬。, 依存性はない。これはうれしい。翌日のふらつきや健忘もない。高齢者には望ましい。ただ翌日日中の眠気が残ることはあるようだ。また、まれではあるが悪夢を見ることがあるという。, ---あらゆる要求を満たした理想の睡眠薬とは言えない。効き目が弱いと不満を感じる人も多いだろう。でも、依存性がないのは大きなメリットだ。依存性を恐れて睡眠薬を我慢している人は多い。そういう人には第一選択になるのではないか。, 川本眼科 愛知県名古屋市南区寺崎町13-11 TEL.052-824-0800