ゼロポジションという言葉が野球界で認知されだしたのは2000年前後のことですが、しっかりと理解している人は少ない印象です。 マウンド (Mound) は、土、砂、礫、石などを人工的に積み重ねた小さな山 (Mountain) や丘 (Hill) になった盛り土であるが、塚が意味合いとして一番近く、土塁や古墳 (Kofun) 、墳丘墓 (Tumulus) なども日本では「塚」という。, マウンドとは、野球において投手が投球する区域のことである。上から見ると円形で、土を盛って周囲のグラウンドよりも高くなっている。中央には投手板(ピッチャーズプレート、ラバーとも)と呼ばれる白色の板が埋め込まれている。なお、投手の「登板」という語はこの投手板の位置につくことに由来する。, 野球に類似した競技であるソフトボールにはマウンドはなく、ピッチャーズサークルと呼ばれる平坦な円形の区域の中に投手板があり、そこから投球する。, 直径18フィート(5.4864m)の円形に土を盛り上げた構造で、高さは10インチ(254mm)と決められている。俗にお碗を伏せたような形と言われる。, マウンド中央に埋め込まれた投手板は横24インチ(609.6mm)、縦6インチ(152.4mm)の長方形で、本塁の五角形の先端から投手板の本塁側の縁までの距離は60.5フィート(18.4404m)である。投手の投球動作の際には、足が投手板に触れなければならない。, 投球練習場(ブルペン)では、マウンドはスペースの節約のため円形ではなく横長(蒲鉾形)になっている。, 一般的にマウンドがより近く、より高くなれば投手は投球に角度とスピードをつけることができる(上から投げ下ろす)ため物理的に有利であるが、19世紀においては投手が投げる長方形の区域が設定されているだけで、マウンドは存在しなかった。19世紀後半、投球ボックス内に土が盛られるようになったことを受けてメジャーリーグにおいて投手が優位になり過ぎないよう、1893年にマウンド上(または投球ボックス内)に投手板を設置することがルール上明記された。以後、投球技術の向上に伴いマウンドの高さについて次のようにルール改訂がなされている。, また、本塁からマウンドまでの距離も1881年に従来の45フィート(13.7m)から50フィート(15.2m)に変更され、現在のような60.5フィート(18.4m)に変更されたのは1893年のことである[1]。, 1968年、メジャーリーグでは「投手の年」と呼ばれるほど投高打低が進んだことからマウンドを低くするルール改訂がなされ、現在に至っている。1968年の投手の防御率は、ボブ・ギブソンの1.12(1920年以降のライブボール時代で最高)をはじめ、1点台が7人もいた[2]。なお、日本のプロ野球(NPB)における同様のルール改訂は1988年に行われている。, マウンドの傾斜については1フィートにつき1インチの勾配をつけるとされているが、実際にはマウンドの中心に投手板が位置しないため均等な勾配にならないほか、野球場建設の際にそれほど精密に測っているわけでもなく、整備状況によっても微妙にルールとの違いが出る。また、投手が自らの投球動作を行いやすくするために、マウンドの土をスパイクシューズで均したり削ったりもするので、ルールどおりの状態になっているとはいい難い[注 1]。マウンドに用いられている土の材質も野球場によって違うため、投手によっては特定の野球場のマウンドに対する得手・不得手もあるといわれている。また、古くから球場ごとにホーム側とビジター側との環境に差があることも多く、東京ドームやナゴヤドーム、明治神宮野球場など色んな球場でビジターのブルペンが実際のマウンドの傾斜・固さと違う、といった不満の声が出ることも少なくない[3][4]。NHK BS1の番組「球辞苑」[注 2]においても、マツダスタジアムではグラウンドキーパーがその日の味方先発投手の投げやすい固さにマウンドを調整することもあると語り、西武ドームでは他球団の現役選手から「ブルペンとマウンドで高さが違う(ブルペンの方が高い)」「他球場より傾斜が少なくフォークが落ちにくい」などといったホーム側に有利な点が言及されている。, ドーム球場の多くには、野球以外の使用で平面を確保するため(典型的例がアメリカンフットボール。東京ドームはライスボウルの会場である)、マウンドを地面の下部に収納できる可動式機構がある。, 同じ癖の投手同士であれば起きないが、相反する場合、登板し投げてみて自分に合わないので削る―相手が削ったが自分には合わないので戻す―埋められたのを掘る―相手が削ったのを戻す(以下繰り返し)になることもある。このため、, 1968 Major League Baseball Pitching Leaders, ソフトBには“焼け石に水” 燕頼み「神宮マウンド」で館山炎上|日刊ゲンダイDIGITAL, ストレート(フォーシーム)/ツーシーム/ワンシーム(ゼロシーム)/シンキングファストボール, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マウンド&oldid=80203960. マウンドの傾斜角度(〇度)を示す文献を発見できませんが、マウンドの高さは以下のようです。 マウンド 詳しくはこちらをクリック マウンドの高さは10インチ(25,4cm)なんですね。 これだけを見てもお分かりの通り, リリースは投球動作の中で、最も力(負担が大きい)のかかるフェーズです。だからこそ、インナーマッスルの張力が平等であることが肩にとって非常に都合がいいとも言えます。, 「マウンド」は野球の公認規則でその大きさ、高さ、勾配などの規定がなされていますが実際は、球場ごとによって違います。, 僕は、大学時代に東京ドームで投げた経験があるのですが野球人生の中で一番投げやすいマウンドでした。, あんなに投げやすいマウンドを僕は知りません。他のピッチャーに聞いても、東京ドームは投げやすいと言うピッチャーが多いですね。, 具体的に高さや傾斜角度を計測していないので分かりませんが「ゼロポジション」を誘導してくれる角度のマウンドなのではないかと思われます。, マウンドよって、ピッチングだけでなく肩への負担が変わるでのあれば年に何千球と投げる練習グランドのマウンドを見直すべきです。, 少年野球の試合では平地のマウンドであることが多いですね。 ... https://toshiro-baseball.com/wp-content/uploads/2020/05/名称未設定のコピー3.001.jpeg. https://www.facebook.com/arakisports60/?modal=admin_todo_tour, https://www.facebook.com/arakisports60/?modal=admin_todo_tour. 肩周辺のインナーマッスルが平等な張力で均等な状態のことを言いますがプロのほぼ全てのピッチャーのリリースポイントはゼロポジション。, ピッチングでも「いい感じ」のリリースポイントでボールを放った方がナイスボールとなります。, ピッチャーはマウンドがあるからこそ、キャッチボール時の「ナイスボールのリリースポイント」でボールを離しても低めにコントロールができるようになっています。, 上記の画像は、リリース角度との地面との接地角度を90度にして比較してみたものです。

マウンドの高さ・傾斜角度によって「投げやすさ」は大きく変わります。 さらに言うと、 マウンドによっては「肩の故障」を引き起こす可能性さえあります。 今回はそのマウンドについて深堀り解説してい … 野球指導者の方でピッチャー経験が長い方なら分かるかと思いますが投げやすい球場とそうでない球場があったと思います。, 逆に、相手の頭の上いったボールは「ぬけたボール」でしょうし、膝元へいったボールはいわゆる「ひっかけたボール」です。. 投球動作のある一定のポジションでボールをリリースした時しか実現しません。 なんとなくいい感じでリリースした時は、相手の胸のあたりにボールがいったのはないでしょうか? いや、練習でも平地でピッチングをしていることがほとんです。, 指導者は、「平地」であるにも関わらず「低め」へ投げることを指導している光景をよく目にします。, しかし、それが原因でもし「悪い投げ方」を誘導してしまっているとしたらとても残念なことです。, なお、野球上達の情報はTwitter・Instagramでも発信していますのでフォローしていただけたらと思います。, キャッチボールだと良いボールを投げられるんだけど、ピッチングだとなかなかそうはいかないんだよなぁ・・・, わざとリリースを遅らせゼロポジションを外して投球すると肩関節の周辺筋が疲労しやすくなるので次第に抑えが効かなくなりボールも高くなってきます。, 正しく投げられていれば、平地でピッチングをした場合ボールが「高く」なることは仕方のないことです。, もし今回の記事に心当たりのある方はマウンドの見直しや平地ピッチングでの「低め」への意識を変えてみてください!. これは、誰でもキャッチボールをやったことのある方なら経験があると思います。

実は、このマウンドの高さの規定にも変遷があり、本場アメリカでは当初15インチ以内とされていたものが、1950年(昭和25年)には15インチ(381㎜)と規定されています。その当時は高さの規定だけで、勾配の規定はありませんでした。 マウンドは直径5.4864mの円形 で、その上に土が盛られた形状になっています。 高さは254mm と規定されています。 マウンドは1フィートにつき1インチの傾きをつけなければいけないとされています。 1969年、高さを10インチに変更、マウンドの傾斜についても定められた。 また、本塁からマウンドまでの距離も1881年に従来の45フィート(13.7m)から50フィート(15.2m)に変更され、現在のような60.5フィート(18.4m)に変更されたのは1893年のことである 。

マウンドの傾きや形状、高さや直径・プレートのサイズ. 詳しくは、野球規則の「野球競技場区画線(3)」投手のマウンドの区画線で記されています。, 投手板の前縁(ホームベース側)の6インチ前方から傾斜が始まるとあり、その位置から6フィート前方までの勾配を6インチとするそうです。, マウンドの傾斜角度(〇度)を示す文献を発見できませんが、マウンドの高さは以下のようです。, でも、ルールだから統一することに不思議ではありませんが、実際は各球場不揃いでしょうね 笑, マウンド使用後に毎回毎回勾配の確認をしている訳ではないので、きっと不揃いになっても仕方ないのかなあと・・・, それでも、プロ野球が使う球場ではきちんとしたメンテナンスが行われているかと思いますが、アマチュアが使用する球場ではそこまで厳密に調整するのが困難でしょう。, また、プロ野球のマウンドでも、あの球場は勾配がきつかったりゆるかったりとそれぞれの特徴を耳にします。, そんな状況下でマウンドに立ち、アジャストしていくピッチャーを僕は尊敬しますし、素晴らしい適応能力だと感じます。, ピッチャーをやって一番感じたのは、マウンドにアジャスト出来なかったという記憶です。, ですので、体は突っ込んでしまいそれを調整するためにリリースポイントを遅らせることによって、ボールが高めにばかり浮いてしまいました。, 平坦で投げるときは良いんだけど、マウンドの勾配が凄く苦手で結局それを克服できずにピッチャーは諦める結果となりました 笑, この経験をしたことで、ピッチャーはまずマウンドにアジャストしなければいけないと強く思うようになり、マウンドでのピッチング練習中に自分が投げやすくするべく調整することの大切さが分りました。, あと、マウンドで投げる難しさを語る中で外せないのが、メジャーリーグで使われるマウンド(アメリカ全般の球場も該当するかと思いますが)です。, 日本のマウンドとは大きく異なり、粘土質の土で形成されているのでとても固く踏み出す足の位置に穴を空けて調整することもままならないと伺います。, 日本からメジャーリーグに移籍したピッチャーは、まずこのマウンドにアジャストすることが求められるそうです。, マウンドだけでなく、滑るボール(日本の試合球に比べ)にもアジャストしなければいけませんけど・・・, 試合でフォアボールを連発するピッチャーを拝見すると、マウンドに適応できていないのかなと心配をしてしまいます。, それですので、少年野球の指導者さんたちには、まずは自分の投げやすいマウンドにすることを伝えてあげると良いのかなと感じます。, もしかすると、ストライクが入らない原因はマウンドにアジャスト出来てないだけかもしれませんよ 笑, 【facebook】