Copyright ©2018Impress Corporation.

デザイン・ブランドスタイル担当 前田 育男. 松田重次郎の長男です。 丸本 明 (まるもと あきら、 1957年 8月18日 - )は、 日本 の 自動車技術者 ・ 実業家 。 マツダ 株式会社 代表取締役 社長 兼 CEO 。 All rights reserved.

常務執行役員.

オート三輪製造へ進出して成功をおさめ、日本国内の小型自動車業界で存在感を示しました。, 松田恒次(3代目社長)1951年~1970年 マツダクレジット株式会社代表取締役社長、マツダ中販株式会社代表取締役社長 福原 和幸. 常務執行役員. 社長就任後半年で病気のため辞任しました。, 松田重次郎(2代目社長)1921年~ 1951年 彼の代で社名がマツダ株式会社になりました。, ヘンリー・ウォレス (9代目社長)1996年~1997年 … 前海塚社長が半年で辞任したので、彼が実質的な創業者です。

丸本 明(まるもと あきら、1957年8月18日[1] - )は、日本の自動車技術者・実業家。マツダ株式会社代表取締役社長兼CEO。, 広島県呉市出身[2][3]。1980年に慶應義塾大学工学部を卒業し、東洋工業(現在のマツダ)に入社。シャシー設計のエンジニアとして開発部門を歩み、3代目ボンゴ、4代目-5代目カペラ、クロノス、ボンゴフレンディのシャシー開発に携わった[3]。その後2代目MPVでは開発主査を務めた[2]。2代目MPV発売直後の1999年6月、マツダ創業以来最年少の41才で取締役に就任し[4]、品質部門や欧州でのフォードとの共同事業を担当。その後は経営企画や米国部門を担当し、2017年に発表したトヨタとの業務資本提携では副社長として実務を担った[2][5]。2018年6月26日、会長に昇格した小飼雅道の後任として、16代目社長ならびにCEOに就任[6]。, 社長就任会見で座右の銘を聞かれた際には、同じく開発主査出身であった6代目社長山本健一の言葉である「飽くなき挑戦」を挙げた[5]。, マツダ、6月から社長に就任する丸本明副社長が記者会見。「『飽くなき挑戦』が私にとっても会社にとっても最も重要」, http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201805/180511a.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=丸本明&oldid=78699049. Impress Corporation.

丸本明社長は26年3月期の目標として新たに「損益分岐点となる出荷台数を約100万台にする」などと語った。 <業績改善は「想定以上」> 4─9月期の売上高は前年同期比34.6%減の1兆1157億円だった。

マツダmx-30と丸本明社長(2019年10月)もっと画像を見るマツダが11月9日に電話会議で発表した2021年3月期の第2四半期(4~9月期)連結決算は、コロナ禍の影響で営業損益が529億円の赤字(前年同期は258億円の黒字)となった。ただ、米国販売の回復など、7~9月期は想定を上回る改善 …

企画領域統括補佐、財務担当 藤本 哲也. 東洋コルク工業株式会社(現マツダ株式会社)を設立したマツダの創業者です。

All rights reserved. マツダ 技術説明会、「ロータリーエンジンをパワーソースとしたクルマをいつか作りたい。これはマツダに勤める全員の夢」と丸本社長. 丸本明社長は26年3月期の目標として新たに「損益分岐点となる出荷台数を約100万台にする」などと語った。 <業績改善は「想定以上」> 4─9月期の売上高は前年同期比34.6%減の1兆1157億円だった。 Copyright © Gunosy Inc. All rights reserved.

マツダ 丸本社長「出荷100万台での黒字体質めざす」...第2四半期営業赤字は529億円に. もっと画像を見るマツダが11月9日に電話会議で発表した2021年3月期の第2四半期(4~9月期)連結決算は、コロナ禍の影響で営業損益が529億円の赤字(前年同期は258億円の黒字)となった。ただ、米国販売の回復など、7~9月期は想定を上回る改善としている。, 通期の業績予想は感染拡大影響など不透明さが続くため、従来の数値を据え置いた。第2四半期のグローバル販売は21%減の57万8000台だった。主力の米国は1%減の13万6000台で、『CX-30』の投入や販売網の強化策などにより堅調な回復を見せた。また、販売活動の復帰が早かった中国は、7%増の11万7000台と唯一増加した国となった。日本は25%減の7万4000台だった。, 営業利益段階での増減益要因は、出荷台数や部品販売の減少による影響が1336億円に及んだ。為替は1ドル107円で2円の円高になり、通貨全体の減益影響は39億円だった。一方で販売促進費の抑制や初期品質向上による関連費用の低減など固定費・その他で494億円の改善を達成した。売上高は35%減の1兆1158億円、純損益は930億円の欠損となった。操業停止による生産ロスとして205億円を特別損失に計上している。, 通期業績予想は、下期に黒字に転じるものの営業損益が400億円の赤字(前期は436億円の黒字)、純損益は900億円の欠損(前期は121億円の黒字)という数値を据え置いた。グローバル販売計画は、米国を上方修正する一方、中国を下方修正し、前期比8%減の130万台の計画を維持した。, 電話会議で財務担当の藤本哲也常務執行役員は、第2四半期業績について「7~9月期は米国などの販売機会を着実に取り込むとともに固定費の削減なども進め、業績は想定以上に回復できた」と評価した。, 一方、咋年11月に公表してい19年度から24年度まで6か年の中期計画については、丸本明社長が最終年度を25年度として改定した新計画を公表した。コロナ禍を受けた見直しだが、売上高約4兆5000億円、売上高営業利益率5%以上、グローバル販売台数約180万台といった指標は据え置き、「1年遅らせての達成をめざしていく」(丸本社長)方針だ。, 新中計では、トヨタ自動車との協業を強化し、今後、欧州で『ヤリス』のハイブリッド車(HV)のOEM調達を始めるなど、同社からのHV技術導入を加速させる。また、新たに損益分岐点台数を連結出荷ベースで約100万台という目標も設定した。この台数は赤字になる今期見通しと同じであり、丸本社長は「この100万台でも黒字化できる体質をめざす」と強調した。, マツダ丸本社長「この先2年間でラージ商品群への投資を進める」…トヨタからの調達も拡大, マツダ、最終赤字930億円に拡大…中国以外の主要市場で販売減少 2020年4-9月期決算, マツダの世界販売、20.8%減の57万8363台…国内・欧州が大幅減 2020年度上半期.

マツダは11月9日、同日発表した中期経営計画見直しの中で、ロータリーエンジン技術を活用したマルチ電動化技術、縦置き直列6気筒/縦置き直列4気筒エンジンとプラグインハイブリッドの写真を公開。開発中のラージ商品群やマルチ電動化技術への投資を続け、2022年以降順次市場投入していく考えを示した。, 中期経営計画見直し方針では、ブランド価値向上への投資の部分で「効率化と平準化による継続」を盛り込んで、これまで発表している中期経営計画を継続する考えを示した。そのほか、「固定費/原価低減を加速し損益分岐点台数を低減」のほか、遅れている領域への投資の部分で「新たな領域への投資開始」、協業強化の部分でCASE対応に加えて「新たな仲間作り」が盛り込まれた。, 中期経営計画見直しについて説明した、代表取締役社長兼CEO 丸本明氏は「企業存続には人と共に創るマツダの独自性が必須であり、成長投資を効率化しながら維持するとともに、CASEへの対応、協業の強化、独自価値への投資を進めていくことに変わりはございません。つまり中期経営方針を維持した上でコロナ禍を受け、最終年度の売上高、利益目標を変更せず、最終年度を1年遅らせ2026年3月期に変更します。一方、コロナ禍での学びや反省と経営環境の変化への対応をおりこみ、方針を一部変更して施策の見直しも行ないました」と説明した。, この先2年の足場固めとして行なわれるブランド価値向上への投資では、ラージ商品群・マルチ電動化技術の開発として、「縦置きアーキテクチャー」「パワートレイン:直列6気筒エンジン(ガソリン/ディーゼル/X)/AWD」「電動化:プラグインハイブリッド/48Vマイルドハイブリッド」「ロータリーエンジン技術を活用したマルチ電動化技術」に取り組むという。, また、ハードウェアアップデートや制御技術による継続的商品改良を実施。CASE技術進化とハードウェアのアップデートとして、「マツダコネクト2」へ入れ替えを「CX-5」「CX-8」「CX-9」で実施。制御技術によるハードウェアの価値の進化として、SKYACTIV-X、SKYACTIV-Dの制御アップデート、i-ACTIVSENSE(安全制御機能)の制御アップデートを実施するという。, そして、2022年以降の本格成長に向けて、CASE時代の新しい価値競争への対応として、「ハードウェアの価値向上」「価値を創造する統合制御開発」「エレキプラットフォーム/人財/IT/仲間作り」「次世代EV専用プラットフォーム開発」に取り組んでいくとしている。, ブランド価値向上への投資について、丸本氏は「この先2年間でラージ商品群への投資を進めます。高出力化と世界各地の低CO2要求を両立させる、プラグインハイブリッドを含めた電動化技術をおりこんだラージ系ハードウェアの骨格開発を進めています。効率的な開発力を強化して、高い競争力を有する骨格を開発しているところです。また、独自技術であるロータリーエンジンを使ったマルチ電動化技術の開発を進めており、2022年以降順次、市場に導入していきます」と話した。, マツダ、「MX-30」にロータリー採用「REマルチ電動化技術」搭載モデル 2022年前半から順次市場投入, マツダ、2020年3月期決算説明会。「コロナの後は世界が変わる」研究開発や設備に投資必要, マツダ 技術説明会、「ロータリーエンジンをパワーソースとしたクルマをいつか作りたい。これはマツダに勤める全員の夢」と丸本社長, マツダ、独自開発EVに新開発ロータリーエンジンレンジエクステンダー搭載。電動化とコネクティビティの技術戦略公表, ロータリーエンジン発電で航続距離を2倍にした「マツダ RE レンジエクステンダー」. マツダ社長兼ceo(最高経営責任者)の丸本明氏は、2020年11月9日にリモートで開催した20年度上期(20年4~9月)の連結決算会見で、新たな仲間づくりを進める考えを示した(図1)。

マツダ株式会社は広島に本社を置く自動車メーカーです。企業研究では、社長の方針や人柄を知ることも大切です。この記事では、マツダの丸本社長の経歴や実績をご紹介します。その他、マツダの社長の年収や出身大学など気になる情報もまとめているので、企業研究にぜひ活用してください。 松田家以外の初の社長です。これ以降、同族経営から脱皮しました。 マツダmx-30と丸本明社長(2019年10月)もっと画像を見るマツダが11月9日に電話会議で発表した2021年3月期の第2四半期(4~9月期)連結決算は、コロナ禍の影響で営業損益が529億円の赤字(前年同期は258億円の黒字)となった。ただ、米国販売の回復など、7~9月期は想定を上回る改善としている。

世界初の実用・量産ロータリーエンジンを搭載した車「コスモスポーツ」を発売しました。, 山崎芳樹(5代目社長)1977年~1984年 初の日本人以外の社長です。マツダの経営危機を受けて、資本提携先のフォードから派遣されました。彼はコンパクトカー「デミオ」を発売して、マツダの経営危機を救いました。. マツダ株式会社は広島に本社を置く自動車メーカーです。企業研究では、社長の方針や人柄を知ることも大切です。この記事では、マツダの丸本社長の経歴や実績をご紹介します。その他、マツダの社長の年収や出身大学など気になる情報もまとめているので、企業研究にぜひ活用してください。, 丸本明(まるもとあきら)はマツダ株式会社の代表取締役社長です。 ここではマツダ社長 丸本明に関する過去の経歴などの詳細を見る前に、マツダの基本データや丸本社長の基本情報を確認しましょう。, マツダは1920年創業の自動車メーカーです。本社がある広島は1945年に原爆が投下されましたが、そこを乗り越えて事業を拡大していった歴史を持つ企業です。, 現在のマツダは世界市場でシェア2%程度の小規模メーカーですが、地元広島ではマツダの自動車が愛されており、マツダに乗っている人が非常に多いそうです。, です。丸本明は2018年に就任した16代目社長大学卒業後マツダに入社して以来、マツダ一筋で働いてきました。最初はエンジニアとして活躍していましたが、主査や部長の経験を経て実績が評価され、41歳で取締役に就任しました。2013年には副社長に抜擢され、2018年にはついに社長になりました。, 家族は、妻と息子が3人います。息子は全員独立していて、現在は嫁とペットの猫2匹と暮らしているようです。, 丸本明の前にマツダ社長に就任していたのは、小飼雅道(こかいまさみち)です。2018年に丸本明に社長の座を譲り、現在はマツダの会長をしています。, 小飼雅道が社長として在任していたとき、丸本明は副社長として彼を支えていました。ふたりはゴルフを仲良くプレーする姿が見られるなど、親しい間柄であったようです。, 本見出しでは、マツダの歴代社長の中でも、特筆すべき事項がある社長をピックアップして紹介します。簡単にマツダの歴史と社長について理解を深めていきましょう。, 大学卒業後からマツダ一筋で勤め上げてきた丸本明社長は、どういった経緯で社長に就任したのでしょうか。また、社長就任後はどういった取り組みをしているのでしょうか。ここでは、マツダ社長 丸本明の経歴と実績をご紹介します。, まずはマツダ社長 丸本明が、どのような経歴を辿って社長に就任したのかをご紹介します。, 丸本明は、 1957年に広島県呉市で生まれました。高校まで地元広島で育ち、大学は東京の慶應義塾大学工学部に進学しました。, 後に丸本明は母校・慶応義塾大学の出張授業で「学生時代の思い出は、たくさんの友人に出会えたことだ」と話しており、友人に囲まれて充実した学生生活を送っていたことが覗えます。, 1980年には無事大学を卒業し、丸本明は当時まだ東洋工業という名前だった現在のマツダに入社しました。, 入社後、丸本明は設計部でエンジニアとして働いていました。あるとき担当していたのは、シャーシ(車台)のサスペンションの設計です。, 当時マツダには、販売チャンネルが5系列もありました。しかし、サスペンション設計の担当者は丸本明ひとりだけでした。新モデルを開発するときには、それぞれのチャンネルの主査(チーフエンジニア)からあれこれと要望が殺到し、忙しい日々を送っていたようです。, 丸山明は、先輩のことを「わがままな注文ばかり」と思いながらも、希望に応えようと必死に取り組むことで鍛えられていったと語っています。, 丸本明は主査や部長の経験を経て、41歳で取締役に就任しました。41歳というのは、歴代最年少の取締役であり、丸本明が成し遂げた偉業のひとつです。, 最初は常務取締役に就任し、その後専務取締役に昇進しました。2013年には副社長に抜擢され、当時社長を務めていた小飼雅道を支えました。, 2018年に小飼雅道の後を継いで、16代目社長に就任してからは売上増を目指して挑戦的な活動をしているようです。, 豪雨により、広島に本社を置くマツダは280億円の損失を出しました。生産施設は直接被害に遭わなかったものの、道路や鉄道などが寸断され、営業に支障がでたためです。, 苦しい状況のなか、マツダは広島県と日本赤十字社に1億円の義援金を出しました。また、会社の備蓄品を提供したり、社員をボランティアに派遣するなど、地元広島の復興支援に努めました。, 丸本明にとっては、就任後に訪れたいきなりの試練でしたが、地元企業として広島復興に貢献しました。事業としては損失を出しましたが、マツダの知名度や評価をあげることに成功しています。, 2019年5月には、新型「Mazda3」(マツダ3、旧アクセラ)を発売しました。以前は「アクセラ」という名称でしたが、車種名を一新することでインパクトを与える狙いです。, 新型「Mazda3」は、マツダの看板車です。マツダの強みであるエンジン技術を活かした高性能エンジン「 SKYACTIV-X 」を搭載し、従来よりも更に性能が良くなりました。, 新型「Mazda3」は2017年に公開された「魁CONCEPT」のデザインと酷似していることで、世界を驚かせました。当時「魁CONCEPT」はマツダのデザインの方向性を示す展示品で、市販品ではありませんでした。しかし、新型「Mazda3」として販売されることが決定し、話題になりました。, 1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。, 海塚新八(初代社長) 1920年~ 1921年