「ソーダガツオの照り焼き風」の作り方。釣り人に嫌われ者のソーダガツオも、この照り焼き風なら手間もかからず、簡単で美味いよ!特にマルソーダは 生食不可なので、この料理が、お奨め! 材料:ソーダガツオ、汁の素(にんべん)、みりん.. ソウダガツオ( マルソウダやヒラソウダ )の美味しい食べ方( 調理方法 )について、今回は2種類のおすすめ魚料理レシピを紹介しました。 釣ったけど食べ方に困っている方は、よろしければ参考にしてく … 魚料理レシピ専門サイト。魚の捌き方から、和食・中華・フレンチ・イタリアンなどの美味しい魚料理のレシピを画像で分かりやすく説明します。, ソウダガツオ(平・丸兼用) 醤油:みりん:黒砂糖(または砂糖):蜂蜜 = 1:1:0.5:0.2 白ゴマ 上記の材料を、魚が浸かる分量用意してください。 甘めの方が好みの方は、黒砂糖と蜂蜜の分量を多めにして調節してください。, ■ソウダガツオの身を腹開きか背開きにして、汚れをキレイに流水で洗い流します。 ここで手を抜くと血生臭くなります。 ■醤油:みりん:黒砂糖(または砂糖):蜂蜜 = 1:1:0.5:0.2 を混ぜ合わせた調味液を作ります。 (魚を浸した時に完全に実が隠れる程度の量) ※黒砂糖を使用したほうがコクが出ます。無ければ白砂糖で。 ■バットなどに魚を並べ、調味液をひたひたになるまで注ぎ、冷蔵庫で1昼夜漬け込みます。 ■意中やたったら身を調味液から取り出し、身の方に満遍なく炒った白ゴマを振ります。 ■干物カゴなどに入れ、風通しの良い日陰で6~8時間干せば出来上がりです。 ※出来上がる時間は季節や天候により若干違いが有ります。 出来たみりん干をコンロなどで8分前後焼いて召し上がれ♪ (焼き時間は調理器具により異なりますので、両面に焦げ色が付くまで焼いてください) 食べるときに青ジソの微塵切りを振り掛けると、より美味しくなります。. マルソウダは、血合い部分にヒスチジンを多く含んでおり、わずかな鮮度低下でもヒスタミンを生成しやすく食中毒のリスクが高いことから、血合いは丁寧に取り除いてください。 ヒスタミンは加熱しても壊れないので、加熱調理の場合も同様です。 ソーダガツオは 三枚に下ろして、火が通りやすいように 切込みを入れ小麦粉をまんべんなくまぶします。下味は 一切つけません。, サラダ油大さじ2杯をフライパンに入れて、1で下ごしらえしたソーダガツオを中火で、皮の方から焼きます。, 2でソーダガツオを焼いてる間に、あわせ調味料を作ります。汁の素50ccと、みりん大さじ2杯、砂糖大さじ1杯を電子レンジで20秒ほど温め、なるべくさとうが溶けるように 混ぜ合わせておきます。, 2のソーダガツオを約3分から4分焼いて、5割から6割程度火が通ったらひっくり返して、中火で1分焼きます。, 汁(タレ)にとろみが出て来たら出来上がり!焦げそうなら、少し火を弱め、反対に汁が多いようでしたら最後は 強火で焦げる直前まで煮詰めます。, お皿に盛ったら、汁(タレ)を上からかけて出来上がり!このタレ、調理の途中で絡めたりすると、見崩れしたりするので、最後にかけるだけです。, 生姜を入れたい場合は 5の行程が良いでしょう。大根おろしや白髪ネギも合いますが、今回は 何も無かったので、この写真では 省略。, 釣り人に嫌われ者のソーダガツオも、この照り焼き風なら手間もかからず、簡単で美味いよ!特にマルソーダは 生食不可なので、この料理が、お奨め!, 生鮭やブリ、メカジキの切り身等でも美味い。市販の切り身を使う場合、合わせ調味料の分量を少なめにしてください。, たくさん釣れるソーダガツオだが、刺身以外は イマイチ不味い!特にマルソーダは 刺身に適さないので、この料理を考えた。, Copyright© Cookpad Inc. All Rights Reserved. マルソウダはサバ科マグロ族の中でヒラソウダと共にソウダガツオ属を構成する。学名の属名”Auxis”は「若いマグロ」を意味するギリシャ語に由来するそうだ。ヒラソウダに対して体高が低く円筒に近いことが名前の由来で、ヒラソウダと区別せず単に「ソウダ」、「ソウダガツオ」と呼ばれるほか、眼から吻の先までが短いことから「」メヂカ」とも呼ばれている。, マルソウダはヒラソウダに比べ血合いが多く身もパサパサしていて味が劣るため鮮魚で出荷されることは少なく、産地で生節や総菜魚として消費されるか、主に宗田節に加工される。また、魚粉や飼料などにも加工される。, マルソウダの分布は「日本産魚類検索全種の同定第三版」によると、日本近海では北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸(秋に多い)、北海道〜九州南岸の太平洋沿岸(房総半島以南に特に多い)、屋久島、琉球列島、小笠原諸島とされ、海外においては朝鮮半島南岸・東岸、済州島、東太平洋を除く世界中の温帯・熱帯域となっている。, ヒラソウダよりも沖合に多く、表層を群れを成して遊泳しながら小魚などを捕食し生息する。, マルソウダは全長55cmほどで、体形は紡錘形でやや側扁するも体高が低く断面は丸に近い。第一背ビレと第二背ビレは大きく離れ、小離鰭は7~9、尾柄中央部に顕著な隆起が見られ、エラブタ後端の暗色部は頭部背面の暗色域と連続している。, マルソウダの胸甲部の有鱗域は第二背ビレ起部よりずっと後方まで伸びているとや、体高が低く細長いことで近縁種のヒラソウダと区別できる。, マルソウダの産卵期は海域によって多少ずれがあるようだが、おおむね春から夏にかけてとなる。, 写真は8月初旬に和歌山県で釣ったもの。サビキの撒き餌に集まった小アジやイワシを追いかけてきたようで、ほとんど入れ食い状態だった。写真でも分かるように、腹に子を持っているものが多かった。, Copyright 2003-2017 © FoodsLink フーズリンク All right Reserved. ソウダガツオ(マルソウダ)のみりん干 2008年7月1日 JUN ソウダガツオ料理レシピ ソウダガツオ、特に丸ソウダは季節になるとかなり釣れてしまう魚のひとつです。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). ソウダ節(鰹節)の製造工程は、 1.生切工程、2.煮熟、3.骨抜き、4.焙乾、5.削り、6.カビ付け と言う工程を経て製品になりますが、当サイトでは 削り の工程で終了します。 と言うのもカビ付けの工程はとても時間がかかる上(6ヶ月)、一般家庭では出来ない作業ですのでf^^; 問題です。写真の魚は、どちらもソウダカツオですが、名前が違います。 ・平騒多鰹(ヒラソウダ) ・丸騒多鰹(マルソウダ) 区別できますか~? 正解↓ 見分けるポイントは、鱗域の大きさです。(クリックで写真が大きくなります。 ソウダガツオ はサバ科ソウダガツオ属であり、その中には マルソウダガツオ と ヒラソウダガツオ の 2種類 があります。名前にカツオと付きますが見た目はカツオよりサバに近い姿で、背中に縞模様があり、カツオのようにお腹に縦縞は入っていません。 ソウダガツオは、料理が難しいと思ってしまう大きな魚ですが、釣り船や防波堤から意外と簡単に釣り上げる事ができるんです。釣って楽しめて食べて美味しいソウダガツオ!刺身で食べるさばき方からたくさんのレシピをご紹介していきます! マルソウダ/丸宗太鰹の生態や特徴と主な産地と美味しい旬の時期、また、選び方やさばき方、美味しい食べ方と調理方法、主な料理、料理レシピ、栄養価と効能などを沢山の写真と共に紹介します。