【邦画】観たら絶対後悔する日本ホラー映画おすすめ25選「観なければよかった...」, 【名言③】「彼氏がいないって時は、世界中がライバル。けどな、彼氏がいる時はライバルはたった一人。」, 【名言⑧】「もっと自由にとか、もっと自分の想いのままにとかな、そういうのは限られた人間にだけ許されてるの」. Twitter上で男性だと思ってやり取りしていた相手と初めて飲みに行くと、実は女性。さらにどストライクの女性であると発覚。相手の高スペックにKOされた朝、幸世の高ぶりが溢れた一言です。 モテキの感想一覧.

職場全員にTwitterのDMを覗かれていた幸世。慰めも込めた飲み会で出たこの言葉に勇気をもらった人も少なくないのでは?! あなたも日常のヒントになるような、ふと思い出したいと思える言葉に出会えるのではないでしょうか?, 登場人物の気持ちが高ぶると踊りだすこの作品。劇中最初にあるPerfumeと幸世のダンスシーン、直前のセリフです。 映画「モテキ」についての感想が18件掲載中です。実際に映画を観たレビュアーによる、独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューを読んで、作品についての新たな発見や見解を見い出してみてはいかがでしょうか。 映画「モテキ」についての感想が18件掲載中です。実際に映画を観たレビュアーによる、独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューを読んで、作品についての新たな発見や見解を見い出してみてはいかがでしょうか。なお、内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。, できればドラマを見てからの方が楽しめるかもキャストも豪華ですし、パルコとタイアップしたCMなどの効果で、ドラマや原作漫画を観る前にまずは話題性のある映画から観てみよう!と映画から入った方も多いと思いますが、映画はドラマの1年後の設定なので、本作中には墨さんや島田などの幸世旧知の仲と思しき人物がさらっと登場しますし、その人たちとドラマでどんなストーリーを経てから、本作に至ったのかを知っておくとより楽しめるかと思います。僕自身も映画→ドラマ→再度映画見直しという形でしたので二度美味しい形でした。ドラマでは漫画家オムさん役として登場していたハマケンさんは、映画では自身がボーカルを務めるファンクバンド「在日ファンク」として一瞬映画のフェスのシーンで登場していましたし(実在するファンクバンドです。ジェームスブラウンを彷彿とさせるかっこよさです。)、そのフェスのシーンでの「かっこ悪い振られ方」のシーンも...この感想を読む, 人気テレビドラマの映画版。モテない31歳の男子、幸世はライターとして働いていた。ある日、ツイッターで知り合った仲間と飲みに行くことになる。そこに現れたのは、みゆきという美女だった・・・ドラマ版同様に、突然4人の女性からモテまくる幸世ですが、今回は長澤まさみさんにすべて持っていかれてました!それくらい、本作の彼女はエロ可愛かったです。映画もドラマと同じく、音楽をふんだんに使ったミュージカル仕立て。perfumeが特別出演していたり、森山未來さんのキレの良いダンスが観れたりと、見応えのあるシーンもたくさんあって、最後までとても楽しく観賞できました!, よく長澤まさみのエロい演技にばかり話題が集まっていましたが、個人的には地味で要領悪い麻生久美子の役が好きなど観た後にみんなで盛り上がれる良い映画だと思います。欲を言えば、途中でperfumeを踊ったりなどミュージカル風?の演出があったのですがあんまにストーリーを邪魔している感じがしてしまって私はこの演出方法はあまり好きではありませんでした。ただバブル期?くらいの往年のヒット曲(モテ曲)連発で、バブル世代は懐かしくてより楽しいのかも。ストーリーはこんな話あるかいっ!と思いながらも元気が出るポップなポジティブムービーです。また主題歌を担当しているフジファブリックの夜明けのBEATはまさにナイスチョイス!ノリノリの気分になれます♪, Perfumeが好きなので観てみました。一番楽しみにしていた4人Perfumeのシーンも楽しかったですし、大江千里の楽曲「格好悪いふられ方」の使い方もね、また良かったですね~!何度笑ったことか。実は話しの流れごとに違う人が監督やってるのかと思ったほど、緩急によって雰囲気がガラッと違った印象です。というか今の今まで何人も監督がいるものと思い込んでた(エンディングも見たのに)…。レビュー書く前にWikipediaでちょっと見てみたら大根仁監督おひとりでした。すみません。あと普段見てる音楽情報サイトが実名でがっつり出てきたりして驚きました。出てくる女性4人ともみんな良かったな…重い女子るみ子の重さがなかなかリアルな気がして面白かったです。長澤まさみの役へのハマりっぷりも凄い。アテ書きなんじゃ…っていうレベル。もうそれぞれ、こんな役が観たかった!っていうのを叶えてもらった気がします。この感想を読む, ドラマを全く観ていなかったので、話に付いて行けるか心配していましたが、大丈夫でした。面白かったです。麻生久美子さんが演じていた、るみ子は、とても女子っぽいなぁと思いました。主人公に「何か重い」と言わせてしまうところも、後にリリーさんが言ってたけど、一生懸命すぎるから重いんだよなぁ…と感じて切なくなってしまいました。牛丼食べてるシーンが好きです。長澤まさみさん演じるみゆきが、とても魅力的に撮られていて、すごく綺麗で可愛くて、これはるみ子負けるなと思いました。最後まで飽きずに観れましたし、ドラマも観てみたいと思いました。本当に面白いです。, 男友達にすすめられて観た作品。原作は読んでいませんが、ドラマは見ていてとてもおもしろかったので映画も楽しみでした。ドラマでは、モテキとタイトルなだけあって、もてていたけど映画では、もてていたのか?と疑問でしたが、流れる音楽が懐かしくて、ミュージカル風な演出もあり終始笑っていました。リリーフランキーの台詞で、「彼氏がいないということは、世界中の男が敵だけど彼氏がいるってことは、敵はそいつ1人だ!」というのがあってなるほど!って思った矢先に「なんつってな」とオチがあり、フジと一緒におちょくられた気分に。。。笑結局、結ばれるのかは分かりませんでしたが手の込んだエンドロールも可愛くて、最後の最後まで良かったです。, 私にはちょっと合わなかったようです。。前半のミュージカルのような展開は、すごくキャッチーで楽しめたのですが、その後のユキヨのダメ男っぷりにイライラとしてしまいました。森山未來の演じるダメ男は本当にダメ男なんです。(苦役列車でも相当でしたね)それだけ演技がすばらしいということだとは思いますが。それから、モテキなのに別にモテていないように思うのですが・・・確かに複数の女性たちと関わりがあると言えばありますが、ただそれだけです。個人的には仲里依紗をもっと見たかった。ラストも不自然で、納得いかない感じです。とは言え、長澤まさみは可愛すぎるし森山未來のキレのあるダンスはすごく良かったですよ。, コメディ要素も含まれる本作品は素晴らしかった。森山未来のダンス、醸し出される頼りなさ、脳内から垂れ流される妄想の数々。妄想好きの私としては堪らない作品である。これくらいモテキが誰にでもきたら誰もが苦労せずに恋愛し、幸せになれるのに…溢れ出しそうな幸せをミュージカルを通して表現できれば、世の中はもっと明るくなるだろう。この映画の世界が羨ましい限りである。のたうち回りたいとき、幸せに感じたとき、歌い出せたらどんなにいいか…この映画の主役は、森山未来でなければ成り立たなかっただろう。彼でなければ、私がこんな風に映画を見ることもなかっただろう。妄想好きな方に見ていただきたい, ぜひとも、ドラマ版を観て、準備万端で映画版を観て頂きたいと思います。ドラマ版と映画版とは、違う内容です。ドラマ版からの数年後が、映画版の内容といった感じ。再び、モテキがやってきた!というわけです。この作品でも4人の女性が登場するわけですが実際、4人からモテモテ・・・という内容ではないので要注意。また、音楽・ダンス等の演出が随所に光ります。(話進めろよ!とたまにイライラします)なんせ未來くんのダンスがキレッキレでファンとしてはたまりません!やはり ドラマ版を観てからの映画をお勧めしますが、気楽に観られる作品だと思います。, 原作の漫画やドラマ版とは違うシナリオを原作者が書き下ろしたと聞いていたので、ワクワクして見に行きました。今回も4人の美女に囲まれる主人公・・・。浮かれる主人公。まあ、主人公に好意をバンバン表してるのは2人の美女だけですが。いやあ、面白かったです。一番のお気に入りはやっぱり、浮かれた主人公の踊り!パヒュームも交えて踊る主人公。これは声を上げて笑いました。今回の美女2人はメンドくさく、かつ煮え切らない女です。主人公が、ヤったものの重くてフッたり。付き合ってる男がいるのに主人公といい感じになる女。主人公は毎回こんな女が相手で大変だなあなんて思いながら見てました。でもテンポよく飽きずに見れます。, 長澤まさみの姿を魅惑的に艶かしく映し出す演出。肌のなめらかさや色気が漂ってきそうな独自のアングルで撮影されている。この映像へのヒントはどうやらピンク映画だったそうで……。「藤本幸世うらやましぃ~」と世の中の男性に思わせるような演出になっている。個人的には、パフュームと森山未來さん演じる藤本幸世が一緒にダンスを踊るシーンが好きだ。パフュームに負けない位キレのいいダンスを森山さんが披露してくれている。映画から「モテキ」デビューを果たした。漫画もテレビドラマも見ていない者にとっては、松尾みゆき(長澤まさみ演じる)以外の女性との関わりが薄いので「モテキなのか?」と感じる。ドラマも見てみようかな。, 「面白い」との前評判と、キャストに惹かれて観ました。長沢まさみさん、かわいいです!無邪気な笑顔に、ファンではないのですが、ドキドキしました。翻弄される幸世の気持ち、痛いほどよくわかります!!真木よう子さんのシーンを楽しみにしていたのですが、正直、もっと見たかったです。随所に共感ポイントはあるんです。何気ない相手のしぐさに、「これ、いけるんじゃない?」と悶絶する姿や言わなくていいことを言ってしまって、後悔しちゃうとか・・・でも、「あー、わかる!」止まりでした。軽い感覚で恋愛観を楽しむにはちょうどよい気がします。ただ、日本アカデミー賞にノミネートされていて、それを加味して観てしまったので、少し物足りない感じも残りました。, 友人からおもしろいから!と勧められて観ました。4人の女性がメインといった感じでパッケージに出ていますが、長澤まさみさんがメインですね。他の女性達はほとんど印象に残っていません。個人的に長澤まさみさんのファンでは無いので、ちょっと思っていたのと違う感がありました。感情移入はできませんでしたので、特に心に残るものや映画から得られるものはありませんでした。全体的に若くて遊びたいざかりの大学生のためのってカンジの映画です。ただ、ノリもいいですしテンポもいい。何も考えずに観るにはいい映画だと思います。おもしろいと言って進められたのでかなり残念に思いました。, こんなエンターテインメントに徹した(それでいて最高に面白い)邦画って初めて観ました。女の子を好きになっていくというドキドキ感もしっかり描けていて、「あーこんな目にあってみたいなぁ」という男の妄想をよく実写化してくれています。観ているだけで気持ちよくなっちゃう感じ。気もいいだけじゃなく、まぁ悲しい事もある訳ですが、それも含めてワクワクハラハラドキドキな感じを疑似体験させてくれる楽しい映画。ももクロやパフュームなどの音楽も効果的に使われていて、そのセンスが抜群!ギャグも面白くてハラ抱えながら笑いました。何度でも観たくなる、実に楽しくて気もちいい映画でした。, ドラマも原作も知らずにDVDを見ました!ドラマを知らないと面白くないものが多い中これは期待を裏切ってくれました!! 映画の情報サイト『映画ひとっとび』の編集長。 映画を「なんとな〜く」探している方から、「この映画の考察が知りたい!」というマニアな方まで楽しめるサイトを目指しています! 皆さんの映画ライフがもっと充実するお手伝いができますように。 探りながら本心をぶつけられずにいる幸世。せっかく自分の壁を超えたはずが…というこじらせ経験者には共感度高めの一節。, 酔いつぶれてハデかわアゲ嬢・愛(仲里依紗)の家に転がり込んでしまった朝に言われたフレーズ。愛がさらっと言い放った一言ですが、自信を持てない幸世が少しの希望を持った朝のワンシーンです。 西川美和監督の最高傑作2006年公開作品。初めてこの作品を見た時は、興奮しました、何から何まで好きすぎて... とにかく行定勲監督が麻生久美子にほれこんで作ったんだなと思います。監督冥利に尽きるといった感じで、か... 観終わった後、「で、青い車って?」となってしまいました。題名になっているのに、作中なんの意味も持って... 沢尻エリカの成長と魅力私は沢尻エリカさんが好きです。元々モデル出身の彼女ですが、モデルをしていた頃の... 大塚愛と小林麻央の演技が本当に下手で残念なのですが、ドラマも見ていたのでとっても大好きです。これは、... 「カラオケ画面」「面白かったです。」「音楽がいい!!」「今ひとつ・・・」「ミュージカル映画の最高峰」他、大根 仁の映画モテキについての感想を一覧表示しています。実際に映画を観たレビュアーによる長文考察レビューが18件掲載中です。レビューンは、「理解が深まる」レビューサイトをコンセプトとしているため、制作者の意図や作品の作られた時代背景をもとにした、レビュアーによる独自の解釈や深い考察の加わった長文レビューが多く掲載されています。内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。, レビューンは、作品についての理解を深めることができるレビューサイトです。小説・漫画・映画・ドラマ・アニメなど、自分が大好きな作品について深く考察して感想を投稿したり、他の人の解釈を読んで疑問を解決することでよりいっそう作品を楽しむことができるでしょう。さあ、あなたも一緒にレビュー生活をはじめてみませんか?, 当サイトではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。.

ラストや映画全体の考察・解釈.

「モテキ」に関するTwitterユーザーの感想。満足度86%。総ツイート162,606件。派遣社員を卒業し、晴れてニュースサイトのライター職として正社員になった藤本幸世(森山未來)。波乱の“モテキ”を経て成長したかに見えたが、結局未だ新しい出会いもないまま。 © 2020 パカログ All rights reserved. 戸惑い、何とかしようとする幸世に対して目も合わせず、体育座りでうつむいたまま、みゆきが放ったこのセリフにハッとさせられた方も多いのではないでしょうか?!, ダイスケ主催のフェス本番。みゆきはダイスケから妻と別居することになったと報告を受けます。嬉しいはずの展開に浮かない顔をしていたみゆき。インタビューをした以上、幸世も同じフェスに仕事で来ていました。幸世を見かけたみゆきは思わず逃げ出してしまいます。思うがまま追いかけた幸世に対して、追いつかれたみゆきが放った切ない一言です。 派遣社員を卒業し、晴れてニュースサイトのライター職として正社員になった藤本幸世(森山未來)。波乱の“モテキ”を経て成長したかに見えたが、結局未だ新しい出会いもないまま。しかし、ある日突然“第二のモテキ”が訪れる。年下の雑誌編集者・松尾美由紀(長澤まさみ)、美由紀の親友で清楚系OLの桝本留未子(麻生久美子)、ガールズバーの美人店員・愛(仲里依紗)、毒舌のSキャラ先輩・唐木素子(真木よう子)など全くタイプの異なる4人の美女の間で揺れ動く幸世。果たして、幸世はモテキの波を越えて本当の恋愛にたどり着けるのか…? 昨年、TVドラマとして放送され話題を呼んだ久保ミツロウ原作による人気漫画「モテキ」を映画化。, そういやモテキ、真木ようこさんの出番少なくて残念だった。映画としては面白かったんだけど、もっと真木ようこさんみたかった;;;;;, やば!この歌!モテキにつかわれてたうただ!(((o(*゚▽゚*)o)))(笑)格好悪いふられ方(笑), まぁ20もとうに過ぎた子にお子様扱いしすぎと自覚しているので脳内でイイ子イイ子するにとどめる。モテキ頑張れ、頑張れモテキ。最悪会社が傾く重大なミスだが、そんなこともあるさ!, 「モテキ」は小道具で僕の清志郎さん写真使用されているしクレジットも入れて頂いてるけど、いつも信用している内本さんが酷評されるなら1つの意見としてそれも大肯定。, モテキ、うんある意味1人で見て良かった(^O^)そいや、ゆりこに影響されてゆうやとパワーストーン買った今日この頃。石に頼る時が来るなんて、、, 今日モテキ見てきた。ウチの姪も昨日見てきたらしいケド・・・ 中学生があんなん見たらアカン!というか理解できないだろ。, モテキ前半おもしろかったけど後半微妙だったな〜(´Д` ) 板垣巴留「BEASTARS(ビースターズ)」感想と考察レビュー。面白い理由は獣表現の裏に隠された人の本能か, 彼氏がいないってことは世界中がライバルだ。でも、彼氏がいるってことはライバルがたった一人ってことなんだ。. 上手くいく確証はなくとも、どこか背中を押してくれる言葉ですね。, みゆきの家に初めて乗り込んだ幸世。「ごっこ」ではなく本当に一線超えるチャンスと意気込んだが、彼氏帰宅という緊急事態で逃げ出した帰り道に走り抜けた時に出たフレーズ。 好きだという感情の狭間で揺れ動くみゆきが精一杯強がる姿は、全人類必見!偶然が重なり合って成り立つ恋愛の不遇さが身に染みるワンシーンです。, 『モテキ』に登場する名言10選をご紹介しました。 走り出したくなる寸前まで爆発した好意、日常のスパイスとして重要なものではないでしょうか?, みゆきへの気持ちが一方的に走り出してしまって止まらない幸世。仕事中もヘッドホンでアイドルソングに溺れ、職場から走り出そうとした幸世を跳び蹴りで止めた素子(真木よう子)に加えて、同僚の三浦(伊達暁)が放った一言です。 DVDで観た映画「モテキ」の感想です。 個人的お気に入り度:5/10 一言感想:面白かったのにラストが・・・ あらすじ モテない31歳・幸世(森山未來)はニュースサイト「ナタリー」のライターとして就職 というのも、モテる女子のしぐさや言動、逆に男性に引かれてしまうしぐさや言動、本当に学べます。個人的意見だと、とにかく長澤まさみさん、可愛すぎます!森山未来さん演じる幸世とカフェや居酒屋で話ている時の笑顔は、女性でも悩殺されてしまいます笑!あと、ファッションにも注目できる映画で、長澤まさみさん演じるみゆきちゃんはカジュアルな服装だけど、どこかフォーマル感も忘れてない。得に、幸世初めて会った日の服装で、花柄の短パンにグレーのジャケット、ヒールの赤いウェッジソールの組み合わせや、フェスの時の派手なピンクの上着をサラッと着こなしていたり、とても参考になります。また、麻生久美子さん演じるOLるみこの不器用だけど、よくいるなーっていうちょっと重たい女子。真木よう子さん演じる幸世の会社の先輩素子のカッコイイ男まさりなキャリアンウーマン女子。仲里依紗さん演じるガール...この感想を読む. いや面白かったんですが。, 映画「モテキ」の主人公が自己中心的でクソ野郎で感情移入出来ないと書いたが自分が正にそんな人間であることに気づき あの感情は近親憎悪であることが分かった. 登場人物たちの言葉は、日々仕事に趣味に翻弄される私たちが生きていく中で、不安を肯定してくれるものばかりです。

三十路というひとつの節目を機に不器用で痛々しい草食系の主人公・藤本幸世(森山未來)が、仕事に恋に右往左往しながら奮闘する物語。キャッチフレーズは「人類、必読。心に刺さる恋物語」。 加速する気持ちをコントロールできなくなるほどの恋愛を経験した方も、そうでない方もこのインパクトのあるフレーズに心つかまれた方も多いのでは?!, みゆきへの気持ちに悶々とする幸世に上司の墨田(リリー・フランキー)が与えた言葉。

出典:映画『モテキ』公式Twitter ... 映画 (16) 現実逃避できるファンタジー映画 (11) 絶対観たい神アニメ (11) 絶対観たい神映画 (12) 考察したくなる難解映画 (18) 迫力満点アクション映画 (30) HOME. 急にモテ始めた成年男子のオーバーポテンシャルをどう穴埋めして行くのかってのが面白いんじゃないかと。 モテキ(2011)の映画情報。評価レビュー 2594件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:森山未來 他。 突然やってくるモテモテの時期“モテキ”が訪れたさえない男を『世界の中心で、愛をさけぶ』などの森山未來が演じ、深夜の放送ながら話題を呼んだ異色の恋愛ドラマを映画化。 モテキは原作を見てから映画を見ると物語の展開の違いなどを実感することがあると思います。原作は女性目線が多く心情なども描かれていますが、映画版はサブカルチャーの文化がふんだんに盛り込まれています。 自分の気持ちばかり一方通行では成り立たないのが恋愛。需要と供給のバランスの思考にとらわれても進むことはできないですが、自分が求められるシーンがあるというのは自信に繋がりますよね。, 幸世に好意を寄せ続けるるみ子と、みゆきから乗り換えることに気が乗らない幸世の、ちぐはぐな関係がピークを迎えたシーンです。それまで控えめだったるみ子の感情が一気に駄々洩れ、幸世を押し倒して泣きじゃくりながらるみ子が放つ懇願フレーズ。 恋愛成就への道のりは人生の修行同然。嬉しいも悲しいも悔しいも、面倒を理由に避けては勝ち取れません!幸世に共感した方もそうでない方も、これらの言葉を心の中の引き出しにしまっておくと、いざというときに役立つでしょう。. 長澤まさみが可愛いかった, 映画モテキ観て来た。 原作では各話のタイトルに実在する楽曲を元ネタとして用いています。劇中流れる曲は「モテ曲」と総称され、今も愛される名曲揃い! 冴えない男性が突然やってくるモテキに翻弄されるコメディタッチな異色の恋愛映画です。もともとは漫画で深夜ドラマで放送され話題になり映画化されました。興行収入が20億円になるなど製作者ですら驚くほどの功績だったのだとか。不器用ながらも恋に人生を左右される、男性の物語です。カラオケのような演出もモテキの魅力だといえるのではないでしょうか。モテキならではのおもしろ名言も多数登場します!, 急にモテモテになる主人公の藤本幸世を演じているのは「森山未來」さんです。主人公と絡んでいく女性役にきれいかわいいの代表「長澤まさみ」さん、きれいなお姉さん「麻生久美子」さん、明るく元気な「仲里依紗」さん、大人の女性の色気「真木よう子」さんなど、とにかく豪華な出演者がたくさん登場します。コメディタッチの映画ではあるのですが、演技派の人たちばかりなので見ていて感情移入できたり楽しめるはずですよ。, 藤本幸世は金なし夢なし彼女なし。派遣社員を卒業してニュースサイトのライター職として新しい人生の一歩を踏み出します。恋愛などのプライベートは全くで出会いもなく恋することも忘れた毎日を送っていました。そんな藤本にいきなりモテキが訪れます!全くタイプのことなる女性との出会いが藤本を変えていきます。, 例えば見た目も趣味もど真ん中ですが彼氏持ちの雑誌編集者の「みゆき」、その友人で清楚系のOL「るみこ」、ガールズバーの派手系ギャル「愛」、クールビュティーな先輩社員「素子」それぞれ美女の間で翻弄されていきます。不器用な主人公がどうなっていくのか、その行く末に期待してくださいね。, ロックバンドの「フジファブリック」による、「夜明けのBEAT」は、ドラマでも主題歌を務め好評だったこともあり続投となりました。メインテーマに新人バンドの女王蜂の「デスコ」が起用されています。当時ワンマンライブでメジャーデビューが決まったばかりで、独創的で強烈なライブシーンがモテキの映画でも楽しめると話題になりました。女王蜂にあたってはモテキのなかで本人役としても出演しています。モテキの作品も印象強いのですが、作品に負けない刺激的な主題歌になっています。モテキの映画のなかに20代~30代の男性が好きそうなマニアックな音楽を散りばめているそうです。, モテキは主に東京・千葉・長野にて撮影が行われました。例えば主人公の藤本幸世が住んでいる「山田マンション」は、大田区の池台にある実在するマンションです。下北沢にある“ヴィレッジヴァンガード”は幸世とみゆきが待ち合わせをしていた場所ですし、その後飲みに入った居酒屋も下北沢にある“ととしぐれ”です。映画の中で愛の母親がやっているスナックも出てきますが、映画内ではシーズになっていて、本当の名前はニュースエヒロで、CGで名前を修正したと監督も話していたようです。ロケ地が比較的集中しているので聖地巡りも兼ねて巡ってみるのもいいかもしれません。, モテキの原作は漫画です。講談社のイブニングにて連載されていて「人類必読の書」というキャッチコピーがあるように、時代を超えて読まれる漫画だと言われています。映画よりももっとコメディタッチのものになり、登場しているみゆきのキャラが変わっているなんて声もあります。原作ではどちらかというと女性に共感できるポイントをたくさん取り入れているようです。, モテキの出演者の演技レベルは全く問題ありません。特に主演の藤本幸世を演じている森山未來さんは、他にも主演をはった経験のあるほど演技力には定評があります。俳優としてはもちろんダンサーとしての活躍するなどマルチな才能を発揮しています。2016年には日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞しました。また長澤まさみさんも数々の作品に出演する有名女優さんになり、前作の世界の中心で、愛をさけぶでは森山未來さんと共演するなど2度目になりました。モテキは脇役を固めた出演陣もとても豪華で、みゆきの彼氏役を演じた金子ノブアキさんも独特の雰囲気がある俳優さんとして人気があります。, モテキは原作を見てから映画を見ると物語の展開の違いなどを実感することがあると思います。原作は女性目線が多く心情なども描かれていますが、映画版はサブカルチャーの文化がふんだんに盛り込まれています。例えばロックフェスなどもまさに現代人っぽいといえるのではないでしょうか。そのため若者に取り入れやすい映画でもあるといえます。, モテキでは登場人物の心情の変化をミュージカル調でも表現していて、新しい映画だと思います。正直モテキというタイトルで考えると主人公がモテモテで…というのを想像しますが、決してそんなことはなく主人公の成長やみゆきとのやり取りから考えさせられることもたくさんあります。, 決してそんなことはなく主人公の成長やみゆきとのやり取りから考えさせられることもたくさんあります。, 例えばみゆきが幸世に言った「幸世くんじゃ成長できない」からは、全く自分に自信を持てないみゆきがダメなままの自分でいられる、本当の幸せな相手を見つけられたこともわかりますね。, モテキの監督は大根仁さんです。映画だけでなくドラマの演出家としても活躍しています。テレビドラマ版のモテキの演出・脚本・撮影も努めています。他にもドラマではTRICKやまほろ駅前番外地、2019年には大河ドラマのいだてんも担当しています。映画監督としてはSUNNY 強い気持ち・強い愛、アニメでは打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?などの脚本も手がけています。ミュージックビデオにも関わるなど、幅広い分野で活躍しています。, 映画モテキは漫画やドラマとの内容の違いを比較しながら見るのも面白いと思います。森山未來さんが甘々な主人公を演じていて、この役は他の人では再現できなかったのではないかなと感じます。最後の展開がもともとの原作とは違うこと、出演している女優さんや俳優陣も豪華なので贅沢感もあります。ミュージカル調で進んでいきますので気軽に映画を楽しめます。, 2020年2月22日放送 王様のブランチ-1,000円以下で食べられる絶品グルメ- レビュー.