メダカを飼育している場合、これらの川魚を混泳させるときには稚魚を捕獲して、メダカとサイズが同じになる3cm程度までにしましょう。 ... 2019.09.25 2020.10.26. google_ad_channel = "6823826608"; 今回はメダカと混泳出来る熱帯魚やエビを紹介したいと思います。 前提として、メダカと混泳できる熱帯魚の飼育環境として、 最低でも60cm水槽にフィルター(ろ過器)が備わっており室内飼育が条件で … こちらのペ� ミナミヌマエビを飼育していると一緒の水槽で他の熱帯魚も飼育したいことがあります(^^♪, 最後のまとめまでお読みいただければ、ミナミヌマエビはどんな生体と「相性がいいのか」、「相性が悪いのか」がわかりますのでミナミの混泳で失敗することはありませんよ(^^♪, 観賞魚と一緒に水槽内でよく飼われているのが貝類ですが、その中でも需要が多いヒメタニシやラムズホーン、石巻貝(イシマキガイ)、シマカノコ貝、フネアマ貝などは動きが遅いので生きているエビを襲う事がない為安心して飼えます。, 死んでしまったミナミを食べることはありますが襲うことはありません。貝系に熱帯魚:エビを襲えるスピードはないので安心ですよ。, ミナミヌマエビや他の小型エビも仲良しなので安心ですよ。同じ水槽でシュリンプを複数飼育することが可能です。, 店舗でもいろんな色のシュリンプを混泳したカラーシュリンプ水槽や、ミナミヌマエビとヤマトヌマエビを混泳している水槽をよく見かけますね。, 単独飼いでも多頭飼いでも可能です。ただし、稚エビは同じ品種や、ミナミヌマエビだけでも食べられてしまう事がありますので、隔離するなど対策が必要です。, 生活圏も水槽の上層~中層にかけて泳いで暮らしている為、ミナミヌマエビと接触する機会も少ないです。, そのため、お互いがストレスなく暮らしていける可能性も高いですので、安心して混泳できます。, ※ミナミが生きているメダカやグッピーを殺そうとしても、魚の方が動きは早いので不可能です。ミナミは死んでいるメダカを食べているということです。, メダカ&小型熱帯魚がミナミを襲う場合、大人のミナミヌマエビは口に入らないので襲ったり狙うことは少ないです。ですが、稚エビは口に入るので狙われて食べられてしまいます。, 稚エビを少しでも多く生存させたい場合は、シュリンプシェルターや隠れ家、水草を配置することをオススメします。これで少しは稚エビの生存率を上げることができますよ。, 小型熱帯魚の代表のネオンテトラ!!アクアリウムをしている人ならご存知の方も多いと思います。, メダカ同様に温厚でおとなしい性格なので、ミナミヌマエビの混泳にもオススメの生体です。, グッピーはミナミヌマエビを襲う事はありませんし、反対にミナミヌマエビがグッピーを攻撃し、ヒレをボロボロにするといった事もありません。, 生活圏もメダカと同じで上層~中層を泳ぐことが多いので、生体同士のストレスがなく飼育がしやすいです。, このオトシンクルス、オトシンネグロはエビさん達が苦手な水草の葉についたコケを掃除してくれます。, コケ取り生体としてはミナミヌマエビと同じですが、オトシンクルスはエビを捕まえて食べる事が出来ない生体であり、死んだ場合はお互い食べますが生きている場合は共食いの危険がありません。, 口が吸盤状になっていて、流木やガラス面についている苔を好んで食べる種類が多いです。, 生活圏はミナミヌマエビと似ているところがありますが、大人しい生体なので、もし混泳させる時は出来るだけ大きい水槽で飼育し、生体それぞれのの居場所を作ってあげる事が重要です。, 生まれたばかりのミナミヌマエビの赤ちゃんである稚エビはほとんど魚がエサと認識してしまいます…。, 上記で混泳におすすめと述べた生体でも、中には混泳に適さない場合もあるかもしれません。, 混泳させてみて、個体それぞれがどんな性格をしているのか、よく観察することが重要なポイントです。, 基本的には凶暴で口が大きく、エビを餌として好んでいる魚は不向きです。ここからはミナミヌマエビとの混泳注意の生体を紹介します。, エンゼルフィッシュは観賞魚の中でも人気が高く、日本でもかなり昔から家庭で飼われていました。流通も多く、取り扱い店舗も多いので購入もしやすいです。, しかし、エンゼルフィッシュはエビが大好物な上、凶暴な魚としても有名で、ミナミヌマエビだけではなく、他の魚との混泳も難しいと言われています。, グラミーの体長は種類によって異なりますが、5cm~中には50cmにも成長する生体もいます。50cmの生体からするとミナミヌマエビは本当に小さい小魚にしか見えません。, 小さい生体でも、基本的にミナミヌマエビよりは大きいので、ガブリとかぶりつかれてしまいます ( ;∀;), ミナミヌマエビだけでなく、他の魚とも相性があまり良くなく、同じベタ同士でもケンカをするケースもあります。単独飼育が無難な生体です。, ディスカスは大型の魚ですが、淡水で飼うことが出来、観賞魚として人気のある生体です。, 「ディスカス」とは日本語で「円盤」の事で、まさに円盤の様な平べったく丸い形をしています。. 混泳 レッドチェリーシュリンプは穏やかで、エビや熱帯魚を襲うなんてことはまずありません。 どちらかというと、グラミー等のエビが好きな熱帯魚と飼育すると捕食される可能性が高いため、繁殖を考えている方は混泳させない方が良いでしょう。 しかし、ミナミヌマエビと初めて混泳させたことで、美味しそうだから食べてみよう!という風になってしまう危険性がありますので少し気をつけてほしいです(*_*; ミナミヌマエビと同じ場所で生活している生体は、生活の場所を奪い合ってしまう可能性があります。それによって生体同士が過大なストレスを抱えてしまう場合もあります。, ミナミヌマエビは比較的水槽の下層に居る事が多く、底砂:ソイルの上や水草の上に居ます。, 少数なら問題ないかもしれない可能性もありますが、生活環境の違う生体を混泳させた方が無難です。, コリドラスをたくさんいれている水槽にエビさんもたくさんいると、底下に生体が集まってしまい居心地が悪くなってしまいます。できれば、エビさんたちの過ごせるスペースを確保してあげるといいですね。, 凶暴な性格の生体は、ミナミヌマエビを攻撃し、傷を負わせてしまったり、ストレスを与えてしまう場合があります。, 身体に出来てしまった傷口から病原菌や寄生虫が侵入し、やがて病気にかかりやすくなってしまう恐れや、他の生体に攻撃される事からストレスが積み重なり、やがて死因の原因にもなってしまいます。, このような凶暴なアベニーパファーとミナミヌマエビを混泳する裏技的な方法はこのあと紹介します!, エビはかなり神経質でなのでストレスを受けると体の色が変わります。レッドカラーのシュリンプでも1日輸送するだけでストレスが原因で色が抜けて白いエビになります( ;∀;), 基本的に魚はエビが好きなので、ミナミヌマエビを簡単に食べてしまうような大きな口をしている魚、アロワナ:レッドテールキャットなどとの混泳はNGです。, あっという間に食べられてしまい、気づいたころには水槽に一匹もエビさんがいない!という事態になってしまいます( ;∀;), 【エビで鯛を釣る】という、ことわざがありますが、実は本当にエビで鯛が釣れてしまいます。(笑)(意味は:小さな投資で大きな利益を得るという意味みたいです).