(土・日曜日、祝日、弊社休業日を除く) document.write("©1995-" + new Date().getFullYear().toString() + " Brother Industries, Ltd. / Brother Sales, Ltd. All Rights Reserved.

使用済みカートリッジ回収のご案内. 2.届いたインクカートリッジ回収boxに使用済みのインクカートリッジを入れ、添付の着払い伝票の運送会社に集荷依頼を行う。 ※インクカートリッジはお客様へご返却できかねます。ご了承ください。 受付時間:9:00-12:00、12:45-18:00

電話のかけ間違いが増えております。 使用済みインクカートリッジの回収. 回収したカートリッジは、インクやトナーを詰め替えて再生カートリッジとしてご提供したり、プラスチック材料としてプリンターの部品やその他の製品に再活用するなど、エプソンはより価値の高いリサイクルを推進しています。 たてxよこx高さ(30cmx30cmx35cm), 下記の「回収箱請求フォーム」をクリックし、利用規約に同意していただくと「ブラザー使用済みインクカートリッジ回収ボックスご請求フォーム(PDFファイル)」が開きます。 プリンターメーカー共同による「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」はリサイクル活動を推進するため全国約3600ヶ所の郵便局にて共同回収箱を設置しています。, ブラザーではインクカートリッジを大量にお使いになるお客様向けに専用のインクカートリッジ回収箱(200個程度入ります)をご用意しております。 お電話を頂く際には、番号をよくお確かめの上、おかけください。, ブラザーは使用済みカートリッジの回収を通じてベルマーク運動に参加し、環境保全活動とともに教育支援に取り組んでいます。. インクカートリッジ回収プログラム とは. 1996年頃、環境という言葉がキーワードとして聞かれ始め、ちょうどその頃、お客様から「使い終わったインクカートリッジを捨ててしてしまうのはもったいない。 必要事項を記入、印刷の上ファクス にてお申し込みください。, 電話番号:052-824-2327 日本郵政グループは、平成20年4月8日より 全国の主要な郵便局(pdf1.82mバイト) で、家庭用プリンターの使用済みインクカートリッジの共同回収(※1)における一部物流業務の受託を行っています。 ¥å ´ã«ã¦ãƒªãƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã€ãƒžãƒ†ãƒªã‚¢ãƒ«ãƒªã‚µã‚¤ã‚¯ãƒ«ã€ã‚µãƒ¼ãƒžãƒ«ãƒªã‚µã‚¤ã‚¯ãƒ«ã‚’行ないます。, 新しく生まれ変わったカートリッジは再び店頭にならび、お客さまの元へ届きます。. 1990年、キヤノンは世界に先駆けて「トナーカートリッジ回収リサイクルプログラム」を開始し、1996年には「インクカートリッジの回収リサイクル」をスタートしま … 回収ボックスは製品取扱店舗、学校、公共施設等に設置されております。 使用済みインクカートリッジはこちらのボックスにお入れください。.

エプソン純正カートリッジの回収について. 互換インクなら純正インクの半額以下、詰替えインクなら1/5くらいだろうか。とにかく安い。また、回収したカートリッジにインクを詰めてリサイクル品として安く売るという商売も現れた。だから純正品のインクカートリッジは敬遠される傾向だ。

インクカートリッジ回収方法、使用済み消耗品回収のご案内をご紹介します。サポート情報のブラザーWebサイトです。インクジェットプリンター・複合機やレーザー複合機、レーザープリンターなど、ブラザー製品のお客様の課題・疑問の解決をお手伝いたします。 お客様向け専用インクカートリッジ回収箱のお申し込みは回収箱請求フォームに必要事項を記入、印刷の上ファクスいただきますようお願いいたします。, サイズ "); このWebサイトでは、JavaScriptの機能を有効に設定することで、最適なコンテンツをご覧いただけます。, オレンジ色の保護カバーを使用済カートリッジへ付け替えて回収場所へのお持ち込みをお願いいたします。, 少量のインクカートリッジの場合は上記店舗向け回収箱設置場所へのお持ち込みをお願いいたします。. ンガポール等のアジア圏を足掛かりに、ヨーロッパ諸国、アメリカへと拠点を進出させ、地球環境を守ります。そして世界の年間インクカートリッジ消費量の10%、約1億5000万個をリサイクル化し約11,000トンのCO2を抑制していきます。 私たちは世界中で廃棄されるインクカートリッジを減らし、1つでも多く再利用して価値ある商品として蘇らせ、未来の子供たちを守るために、世界中にリサイクルの輪を広げます。, インクジェットプリンタの普及や高性能化に伴い、使用されるインクカートリッジの数は年々増加しています。しかし、そのほとんどが家庭の一般ゴミとして焼却や埋め立てられてしまいます。インクカートリッジは焼却すると、1個あたりエプソンのインクカートリッジで約110g、キヤノンのインクカートリッジで約58gのCO2が排出されます。, ジットではこの問題に取り組み、廃棄カートリッジを回収し独自の技術で再生して繰り返し使う「インクカートリッジ再生事業」を行っております。インクカートリッジを回収してリサイクルすれば、焼却したときに排出されるCO2を抑制することができます。