4.1 選手スキル説明一覧; 4.2 ルーカスパケタに追加するおすすめのスキルは? プレースタイルなど徹底解説 2019年冬、アメリカの至宝と呼ばれているクリスチャン・プリシッチがドルトムントからチェルシーに移籍しました。 19歳という若さでアメリカ代表に選ばれ、19歳の時点で18キャップ・7ゴールと驚異的な数字を出しています。 #NeverFollow #X16 @adidasfr @adidasfootball, Lucas Mouraさん(@lucasmoura7)がシェアした投稿 – 1月 26, 2017 at 10:47午前 PST, ルーカスモウラの主なポジションはウイングフォーワード及びサイドハーフです。右サイドで起用されることが多かったですが、左サイドでもプレーできないことはないです。, ルーカス・モウラのプレースタイルで特徴的なのは「タッチライン際で発揮される圧倒的なスピード」、「切り返しを主体としたドリブルテクニック」です。, ルーカス・モウラはスピードとドリブルといういわゆる「ウインガーっぽい」長所を兼ね備えている選手で、個人技によって相手陣地を切り裂き、チャンメイクを行いタイプの選手だと言えます。, スピードは加速力、持続力共にステータスが高く、相手ディフェンダーの出した足と逆にちょこんとボールを出すだけであっという間に置き去りにすることが可能です。特に前方にスペースがあるときのルーカス・モウラのドリブルは圧巻で、少しでもマークが遅れてしまえば並のディフェンダーなら追いつくことはほぼ不可能ですね。, ブラジル人らしくドリブルタッチもユニークでヒールを使ったり、左足でボールをまたいでから残された右足のかかとでパスをしたりとアイデアも豊富です。, 現代サッカーでは利き足とは逆のサイドにウインガーを配置するチームが増えています。例えばロッベンがそうであるように、右サイドに左利きの選手を配置することで視野を内側に広く取りやすくし、カットインからのシュート成功率を高めるためですね。, 右サイドに右利きのウインガーを置くと内側への侵入角度はある程度限定されますが、ボールをより右足側の前のスペースに出しやすいですし、中に絞った相手ディフェンダーからも比較的遠い位置にボールを逃しやすいです。, そのためサイドの左右と同じ利き足でプレーする選手はドリブルの突破力に秀でた選手が多いですね。こういうタイプの選手はいわゆる「タッチライン際」で強みが出せる選手とも言われますね。こういった理由から上記のようにルーカス・モウラは右サイドで起用されています。, 現在のスパーズはサイドにソンとエリクセンが置かれることが多いです。ソンもドリブルとシュートが鋭い選手ですし、エリクセンも非常に技術の高い万能プレーヤーですよね。, ソンのプレースタイルはこちらも参考に→韓国代表ソンフンミンのプレースタイルは?アジア屈指の性能を誇るトッテナムのアタッカー, エリクセンのプレースタイルはこちらも参考に→デンマーク代表エリクセンのプレースタイルは?トッテナムの絶対的司令塔!, しかしこのルーカスモウラのように圧倒的なスピードで裏のスペースを蹂躙していくプレースタイルを持った選手はスパーズにはあまりいません。したがってルーカスの加入はスパーズにとって大きな攻撃オプションとなり得るでしょう。陣形が間延びしてはいけませんが、攻撃に奥行きを持たせられる選手は重要ですね。, またルーカス・モウラにはスピードで裏のスペースを積極的に使う選択肢を取る事によって相手の最終ラインを無理やり押し下げ、エースであるケインの負担を減らす役割も期待されますね。, ハリー・ケインのプレースタイルはこちらも参考に→プレミア2年連続得点王ハリー・ケインのプレースタイルは?トッテナムのエース!, いずれにしても2017-2018シーズンのスパーズは好調極まりないのでここにルーカス・モウラというスピードと個人技の切り札が加わるのは他チームにとって非常に脅威だと思います。, 若干視野の狭さ、スペースがない時のプレーチョイスの雑さ、左サイドへの適応という課題はありますが、指導力の高いポチェッティーノ監督の元での成長にも期待ですね。, ブラジル代表はあまりにも層が厚いのでロシアワールドカップメンバーに選ばれるかは微妙ですが、2018年のルーカス・モウラは飛躍の年になるかもしれません。. 公開日:2020/09/01 最終更新日:2020/11/04 ライター:攻略班. ルーカス・パケタ. 278 views / 2019年12月16日 / 2020年3月18日 / 81. 当ブログは、ミラニスタである皆さまとの穏やかな交流を目的として運営しております。少しでも興味をお持ちになりましたら、気軽にコメントをいただけると幸いです。, 昨冬にミランへ加入し、昨シーズン後半戦のミランを大いに助けてくれたピョンテクとパケタ。, 【貴重な1ポイント】ミラン対エラスヴェローナ【2020-21シーズン・セリエA第7節】 (11/10), 【トゥモローイズアナザーデイ】リール戦、雑感【2020-21シーズン・EL第3節】 (11/08), ダニエル・マルディーニに懸かる期待 ~偉大なる先人の後に続けるか~ (11/04), 【カンピオーネとは】ウディネーゼ対ミラン【2020-21シーズン・セリエA第6節】 (11/02), alt:難航するチャルハノールとの契約延長交渉~要求額は妥当なのか~ (11/14), すくろう:難航するチャルハノールとの契約延長交渉~要求額は妥当なのか~ (11/13), Hiromiffy:難航するチャルハノールとの契約延長交渉~要求額は妥当なのか~ (11/13). ファンからはランプスと呼ばれており、現役時代はチェルシーに数々のタイトルをもたらしました。18-19シーズンから監督業を行い、19-20シーズンから古巣チェルシーの監督をしています。, など、ランパードについて調べている方に向けて、ランパードを思いっきり紹介しています。「もっとランパードについて詳しくなりたい!」という方は、ぜひ参考にしてください。, ランパードは、アウトフィールドプレイヤーとして164試合連続出場記録を持っています。怪我や累積警告もないので、これはとてつもない数字です。, しかも、ランパードは攻守に併走する選手でしたので、この記録をより凄いものにしています。FWやDFが作る記録とは訳が違います。, そのタフネスさから「鉄人」と評され、チェルシーのみならず多くのサッカーファンから愛された選手です。, ランパードは、プレミアリーグ609試合に出場して歴代4位となる177ゴールを決めています。プレミア史上150ゴールをマークしたミッドフィルダーの1人。, 試合にも出場する、走る、ゴールも決める、アシストもする、控えめに言って完成された理想のミッドフィルダーと言って良いでしょう。, ランパードは、ウェストハムで活躍したフランク・ランパード・シニアの息子として注目されておりました。2世としての才能も見込まれ、なおかつ少年時代はIQ150と頭脳明晰だったそうです。, 天はランパードに二物を与えたと言って過言ではないでしょう。頭も体もサッカーに必要なものをすべて持ち合わせていました。, キャリアのスタートも親と同じくウェストハム。98-99シーズンにウェストハムを歴代最高の5位に貢献し、その活躍が認められてチェルシーへと移籍。, ランパードといえば、ジェラードと切っても切れない関係です。共に結果を残し、レジェンドと言われている2人です。, 現役時代は、どちらもクラブで輝かしい結果と記録を残し続けていましたが、なぜかイングランド代表になるとソリが合わない。プレースタイルが似ていることが原因と言われています。, 結果、ランパードとジェラードがいたイングランド代表は、大きな功績をあげることはありませんでした。, プレミアリーグへの昇格は果たせませんでしたが、チームをリーグ6位かつプレーオフ決勝進出させた手腕は将来性を感じました。, リーグ開幕前は、監督実績が乏しいランパードに不安を抱える方が多くいましたが、結果、就任初年度は4位フィニッシュ。 群雄割拠のプレミアリーグでチャンピオンズリーグ出場権を獲得しています。, サッカーのサラブレッドというプレッシャー、ジェラードとの比較、常に圧力がかかっていたランパードでしたが、それらを跳ね除けて偉大な記録を作った選手です。間違いなく後世に語り継いでいくフットボーラーと言えるでしょう。, 現在は監督業ということで、選手時代同様にチェルシーへトロフィーを捧げて欲しいと思います。, さいごに、ランパードのようなレジェンド選手を知りたい方は「海外サッカーのレジェンドたち【プレースタイルや経歴を紹介】」こちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみてください。, 海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!. リヨンは9月30日、ミランからブラジル代表mfルーカス・パケタ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 復活のためには~プレースタイルの改善~ こうして見ていくと、やはり今のパケタに出番がないのは致し方ないかなと。今のシステムにおいては、どのポジションにも彼より適任の選手がいますしね。 チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントのプレースタイルをまとめました。マウントは、”ランパードの後継者”と呼ばれる逸材で、19-20シーズンは序盤から強烈なインパクトを残しています。 本記事では、メイソン・マウントの凄さや特徴を紹介しています。同選手について調べている方は、ぜひ読み進めてください。 目次メイソン・マウントのプレースタイル前線のゲームメイカー小細工をしないダイナミックなプレー得点力があるMFメイソン・マウントのプロフィールオランダのフィテッセでクラブ年間最優秀プレイヤーに選出代表 ... チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハムのプレースタイルをまとめました。ランパード監督の元、19-20シーズンでブレイクした若手選手です。 本記事では、エイブラハムの特徴や凄さを紹介しています。どういった選手なのか気になっている方は、ぜひ読み進めてください。 目次タミー・エイブラハムのプレースタイルポストプレーでチャンスメイク高い決定力タミー・エイブラハムのプロフィールチェルシー待望のエースストライカー代表過去のクラブチームまとめ タミー・エイブラハムのプレースタイル ポストプレーでチャンスメ ... チェルシーのドイツ代表MFカイ・ハフェルツのプレースタイルをまとめました。ハフェルツはエジルの後継者として期待が寄せられている選手です。 本記事では、ハフェルツの凄さや特徴を紹介しています。同選手について調べている方は、ぜひ参考にしてください。 目次カイ・ハフェルツのプレースタイルエジルのような優しいパス高い得点力トップ下・ウイングなど複数のポジションをこなせるカイ・ハフェルツのプロフィール代表過去シーズンの記録19-20シーズン過去のクラブチーム カイ・ハフェルツのプレースタイル エジルのような優しいパ ... チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーのプレースタイルをまとめました。RBライプツィヒでブレイクし、期待の若手選手として注目されています。 本記事では、ヴェルナーの凄さや特徴を紹介します。同選手について調べている方は、ぜひ参考にしてください。 目次ティモ・ヴェルナーのプレースタイルスピードを活かした攻撃ハマれば得点量産19-20シーズンティモ・ヴェルナーのプロフィール代表過去のクラブチームまとめ ティモ・ヴェルナーのプレースタイル スピードを活かした攻撃 ヴェルナーの持ち味は、何と言ってもスピードで ... チェルシーのイングランド代表MFルーベン・ロフタス=チーク(以下:ロフタスチーク)のプレースタイルをまとめました。 ロフタスチークはチェルシーならびにイングランド代表でも将来を期待されている選手です。 本記事では、ロフタスチークの身体能力の高さとボールキープ力、そして今後の課題について触れています。 目次ロフタスチークのプレースタイルパワーとテクニックを兼ね備えた万能型191cmという体格を生かしたボールキープパスのアイディアが増えれば手がつけられないロフタスチークのプロフィール過去のクラブチームまとめ ... チェルシーのイングランド代表MFロス・バークリーのプレースタイルをまとめました。バークリーは、ユースからエヴァートン一筋でプレーをしていましたが、2018年1月にチェルシーに加入しました。ランパードが付けていた背番号8を継承し、チェルシー期待の選手として知られています。 それでは、バークリーのプレースタイルをみていきましょう。 目次ロス・バークリーのプレースタイル攻撃型万能MFどっしりと構える司令塔タイプミドルシュートが武器ロス・バークリーのプロフィール過去のクラブチームまとめ ロス・バークリーのプレース ... チェルシーのイングランド人カラム・ハドソン=オドイのプレースタイルなどをまとめました。18-19シーズンで一気にネームブレイクした、将来有望の若手選手です。 2019年冬にはドイツの名門バイエルン・ミュンヘンが、オドイに3,500万ポンド(約50億円)を提示しました。契約は認められなかったものの、バイエルンはそれほどオドイを評価しています。 オドイは将来有望であるため、覚えておくべ選手です。本記事では、もっとオドイについて理解を深められる内容となっています。 目次ハドソン=オドイのプレースタイル左サイドか ... チェルシーのイタリア代表ジョルジーニョのプレースタイルなどをまとめました。 ジョルジーニョはどのようなプレーをするのか?と、同選手についてもっと知りたい方にピッタリの内容になっています。今よりもジョルジーニョについて詳しくなれますので、ぜひ読んでみてください。 目次ジョルジーニョのプレースタイル・特徴ピルロのようなパスセンスと試合コントロール瞬時にスペースを見つけられる視野の広さジョルジーニョの欠点・課題ジョルジーニョのプロフィール過去のクラブチームまとめ ジョルジーニョのプレースタイル・特徴 ジョルジー ... 2019年冬、アメリカの至宝と呼ばれているクリスチャン・プリシッチがドルトムントからチェルシーに移籍しました。 19歳という若さでアメリカ代表に選ばれ、19歳の時点で18キャップ・7ゴールと驚異的な数字を出しています。クラブであるドルトムントでも、レギュラーの座を勝ち取り評価を上げていました。 「将来有望な選手がプレミアリーグに来るのだから調べないわけがない!」ということでプリシッチのプレースタイルなど調査しました。 目次プリシッチのプレースタイルアザールのような鋭いドリブルでボールを運ぶフィニッシュ精度 ... 出場機会を求めレアル・マドリードからチェルシーしたクロアチア代表マテオ・コバチッチ。 精確なショートパス、キープ力、ドリブル、ゲームメイク。中盤に活力を与える選手で、インテル時代から注目されていた選手です。 「クロアチアの大器」と呼ばれるほどのプレイヤーですから、ここでしっかりコバチッチを覚えておきましょう! 目次マテオ・コバチッチのプレースタイル精確なショートパスとドキッとするスルーパス高いキープ力とドリブルでチームの推進力となる19-20シーズンマテオ・コバチッチのプロフィール過去のクラブチームまとめ ... 監督実績が乏しいランパードに不安を抱える方が多くいましたが、結果、就任初年度は4位フィニッシュ。.