ベルント・レノ(Bernd Leno、1992年3月4日 - )は、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州出身のサッカー選手。アーセナルFC所属。ドイツ代表。ポジションはGK。, 2003年からVfBシュトゥットガルトのユースチームに所属し、2011年にトップチームに昇格した。8月10日、レネー・アードラーが負傷離脱したバイエル・レバークーゼンにレンタル移籍した。8月14日、ヴェルダー・ブレーメン戦でプロデビューを果たした[1]。8月27日のボルシア・ドルトムント戦では昨季王者相手に無失点の活躍を見せた。, 2011年11月30日、レバークーゼンに完全移籍することが発表された[2]。アードラー復帰後も定位置を譲らず、33試合に出場。アードラーをハンブルガーSV移籍に追いやった形で背番号1を継承した。, 2018年6月19日、プレミアリーグ・アーセナルFCへの加入が発表された。一部報道によると移籍金は2500万ユーロ(約26億円)と推定される[3]。開幕当初はペトル・チェフの控えであったが、チェフが負傷離脱するとレギュラーポジションを掴み、チェフの復帰後も明け渡すことはなかった[4]。, 2019-20シーズンは終盤戦に負傷離脱を強いられたものの、プレミアリーグ7位となる113回ものセーブ数を記録。チームを幾度となくピンチから救い出した[5]。, ドイツ代表としてUEFA U-17欧州選手権2009、2009 FIFA U-17ワールドカップに出場した。UEFA EURO 2016の本戦においてA代表に初選出された。, 2017年5月、ロシアで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ2017の代表メンバーに選出された[6]。, "Bayer 04 verpflichtet Torhüter Bernd Leno", Unai Emery updates on Petr Cech injury and rates Bernd Leno's league debut, アーセナル、予想スタメン全選手紹介。新シーズンの幕開け、リバプールに立ち向かう若き戦士たちとは【コミュニティー・シールド】(フットボールチャンネル), Löw: "The 2018 World Cup stands above all else", https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ベルント・レノ&oldid=79477852. ベルント・レノ(Bernd Leno、1992年 3月4日 - )は、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州出身のサッカー選手。 アーセナルFC所属。 ドイツ代表。ポジションはGK 賃貸アパート大手のレオパレス21<8848>が経営危機に瀕している。5月10日に発表した2019年3月期決算は、補修工事費用の拡大で686億円もの巨額最終赤字に陥り経営の先行きが懸念されている。, 686億円の赤字はリーマンショック後の2010年3月期に計上した790億円の赤字に次ぐ水準で、2015年3月期以来の無配に転落。レオパレスは昨年5月、自社が手がけた賃貸アパートで建築基準法違反が発覚して以降、施工不良問題が経営を揺るがしている。, こうした状況の中で、レオパレスの株価は5月10日の終値222円から5月27日の高値438円まで約2倍に上昇した。, 株価上昇のきっかけとなったのは、投資会社レノ(東京都渋谷区)の「買い」である。レノは旧村上ファンドの関係会社であり、「モノ言う株主(アクティビスト)」として有名である。そのレノが5月14日に大量保有報告書を提出し、レオパレス株を買い集めていた事実が明らかになったのだ。, 村上ファンドが最初に世間から注目されたのは2000年。当時東証2部に上場していた昭栄(現ヒューリック)に、日本で初めて敵対的TOB(株式公開買い付け)を仕掛けたことで、一躍時の人となった。, 最盛期の村上ファンドの純資産総額は4000億円を超え、膨大な資金力を背景に東京スタイル、大阪証券取引所、阪神電気鉄道などの株式を次々と取得。ライブドアがニッポン放送株を取得できたのは「村上ファンド」との共闘があったことなどが明らかになっている。, 2006年にニッポン放送株のインサイダー取引容疑で代表の村上世彰氏が逮捕され、村上ファンドは解散。その後、村上氏は活動拠点をシンガポールに移している。, 今回レオパレス株を取得したレノの代表取締役に、村上ファンドで当時企画課長だった三浦恵美氏が就任しているが、実質的には村上氏が率いていると見られている。, レノはレオパレス株の買い増し、5月23日にグループの保有割合は16.18%まで上昇。保有目的を「投資および経営陣への助言、重要提案行為などを行うこと」としている。, レオパレス株はこれまで、英投資ファンドの「オディ・アセット・マネジメント」の動向が注目されていた。施工不良問題で株価が急落する中、レオパレス株を一貫して買い進めてきたからだ。オディは現在、15.62%まで保有割合を増やしているが、レノの保有割合には及ばない。, なぜレノは、レオパレス株を買い集めているのだろうか。まずはアクティビストファンドの手法から考えてみよう。, レノは旧村上ファンドの流れをくむ「アクティビストファンド」。アクティビストファンドは、イベントドリブン型のヘッジファンドとも呼ばれる。イベントドリブンとは、企業のM&A(合併・買収)、経営破綻、事業再編などのイベントを利用して収益を得る手法をいう。このようなイベントが引き金となり、株価が激しく上下する。その値動きを収益機会とするのである。, アクティビストファンドは、値ごろ感のある上場企業の株式を取得し、株価が上昇した段階で手放し、利ザヤを稼ぐ。株主の権利をフルに活用し、事業提案を行うなど経営陣にも積極的に働きかける。, 株主総会に合わせて増配や自社株買いなどの要求を突きつけることもあれば、役員を送り込んだり、経営にタッチするケースもある。, 時には無理な増配などの要求をしたり、リクエストが通らないと取締役の解任を迫るなど、高圧的な態度や姿勢を見せることがある。このような態度をとるアクティビストファンドは、悪名高い「グリーンメーラー*」と大した違いはない。, *グリーンメーラーとは、経営に参画する意思はないのに経営陣に揺さぶりをかけ、割安な価格で手にした株式を高値で買い取らせて利ざやを稼ぐ業者のこと, アクティビストが投資対象とするのは、株価が割安でキャッシュを比較的豊富に持っている企業だ。株価が一定水準まで上がった時点で売却し、投資収益を得るのが目的で、平均的な投資期間は1年から2年半程度である。, 2020年10月の大量保有報告書の提出状況を調べたところ、DCMホールディングスとニトリホールディングスによる買収合戦に発展している島忠を巡って、11回の報告書の提出があった。, M&A Onlineは、M&A(企業の合併・買収)、またそれに関する身近な情報を広く一般の方々に提供するメディアです。情報の収集・発信を行いながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を見届けたいと思います。 【e24231】株式会社レノ. 会社情報 IR・有報 大量保有銘柄 : 同社が提出した大量保有報告書 . 今後の開発と成長目標についてお話しします。こちらのスライドは以前からお示ししているレノバの成長イメージです。太陽光のベースはほぼ仕上がってきました。バイオマスについてもほぼ建設に着工してきました。 レノバの成長イメージ. レノは旧村上ファンドの関係会社であり、「モノ言う株主(アクティビスト)」として有名である。そのレノが5月14日に大量保有報告書を提出し、レオパレス株を買い集めていた事実が明らかになったのだ。 詳細および運営会社についての情報は 株式会社レノヴァンス 代表者 代表取締役 藤原 一史 電話番号 043-276-7753 FAX番号 043-332-9618 メールアドレス [email protected] 本社所在地 〒261-7102 千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1 WBGマリブウエストタワー2階 本店所在地 千葉県千葉市美浜区幕張西 免許番号 こちら>, この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。, 「ニトリ」の参入で「島忠」株に活発な動き「HIS」の澤田氏も2度提出 10月の大量保有報告書, 2010年11月15日:三菱UFJ、英国の大手銀行RBSからプロジェクトファイナンス事業を取得. 住友重機械工業(東京都品川区)は11月6日、鹿島建設(東京都港区)と共同企業体を設立し、レノバ(東京都中央区)などが出資する杜の都バイオマスエナジー(東京都中央区)から、バイオマス専焼発電所の建設工事を受注したと発表した。建設地は宮城県仙台市、出力は74,950kWで、2023 … 当サイトで公開しているデータ・情報について、その信頼性、完全性、正確性、有用性、第三者の権利を侵害していないこと等について、いかなる保証も致しません。, 当サイトで公開している内容につきましては予告なく変更させていただく場合がございますので、予めご了承ください。. 提出日 銘柄 保有割合(提出前→提出時) 報告書; 2020-10-20: 株式会社ヨロズ: 10.22% → 11.25%: 変更報告書: 2020-10-09: 株式会社レオパレス21: 12.08% → 8.31%: 変更報告書: 2020-09-02: 株式会社ヨロ … 当サイトの情報は金融庁のホームページ(EDINET)やTDnet等で開示されたXBRLを元に算出・加工編集した情報であり、金融商品取引法上の公衆縦覧ではありません。, 当サイトは、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、弊社は一切の責任を負いません。, 当サイトへのリンクは自由におこなってください。ただし、データそのものや、チャート・イメージ図などのページの一部を構成するものへの直リンクは禁止いたします。, 本サービスにおいて弊社が提供するすべてのコンテンツ(Webコンテンツに含まれるその他情報、資料、画像、音声およびソフトウエアを含みます。以下「コンテンツ」といいます。)の著作権は弊社その他の権利者に帰属するものとします。弊社その他の権利者の許諾を得ることなく、コンテンツの全部または一部の複製、転載、改変、公衆送信、頒布、出版、再使用許諾などは禁止いたします。