一方でカメはかなり寿命が長く、種類によっては人間よりもずっと長生きをするカメもいます。, ゾウガメの中でも「ガラパゴスゾウガメ」については平均寿命が100年を越えていて、人間よりもずっと長生きです。 続く恐竜の栄えたジュラ紀、白亜紀は彼等にとっても繁栄の時代であり、陸棲種、二足歩行種、海棲種、植物食種、濾過摂食(プランクトン食)種、超大型種など多様な環境に適応した種を数多く生み出した。また、恐竜が絶滅に追い込まれた白亜紀末の大量絶滅を、恐竜と同じようなニッチを占めていた(代表はノトスクス類)彼らが(前述のような多様な種を失いながらも)なぜ生き延びられたのかについては解明されていない。, 長い吻と扁平な長い尾を持つ。背面は角質化した丈夫な鱗で覆われており、眼と鼻孔のみが水面上に露出するような配置になっている。コビトカイマン、ニシアフリカコビトワニなどの小型種では、1.5メートルほどで成熟する。大型種では体重1トンに達する個体も存在するなど、現生爬虫類としては最重の一群を含む。, 現生種は熱帯から亜熱帯にかけて23種が分布し、淡水域(河川・湖沼)および一部の海域(海岸を主とする海)に棲息する。水場からあまり離れることはない。, 現生種は、おもに魚類・甲殻類・貝類といった水棲生物や、水場に現れた爬虫類・哺乳類などを捕食する(上述のように絶滅種まで含めると、非常に多様性に富んだ分類群で、この食性に当てはまらない種も相当数ある)。非常に高い咀嚼力をもち、ココナッツやヘルメットをいとも簡単に噛み砕いてしまうほど。また胃の中の食物をすり潰して消化の助けとする他に水中で体重を調整する目的から「石を捕食する」習性があり、飲み込んだ石は胃石として砂嚢の中に蓄えられる。, 大型のナイルワニやイリエワニは頂点捕食者であり、成体となれば殆ど天敵はいないが、小型のオーストラリアワニやメガネカイマンは他の大型肉食動物(ジャガーやニシキヘビ)に襲われることがある[3]。, 水中では四肢を体側に密着させて、体を大きく波打たせ、尾を左右に振り、すばやく泳ぐ。水面に浮かび、岸辺に近づく動物を待ち構えていることが多い。尾の力を利用して水面上に垂直に後ろ足を水面に出すまで飛び上がることもできる。陸上では鈍重なイメージがあるが、短距離ならば走る事もできる。陸上で日光浴をしているときは、体温調節のために口を大きく開けていることが多い。ヒトが捕まえる場合、後ろ側から近づき背中の上に跨いで口にロープを掛ければ(閉じる力は大きいが開く力はそれほどでもない)無力化することが出来る。, 繁殖期のオスはメスを誘うために大きな鳴き声を挙げ、幼体は危険を感じると独特の鳴き声でメスを呼ぶなど、個体間のコミュニケーションが発達しており、爬虫類の中でもっとも社会性があると言われている。メスは産卵のために巣を作り、卵が孵化するまで保護したり、孵化直後の幼体を保護したりする種類もある。こうした子育ての習性は、ワニ類が度重なる気候変動を生き延びた要因の一つになっている[4]。また、トカゲやヘビのような有鱗目の交尾に用いられる雄性生殖器が1対の半陰茎であるのに対し、ワニでは対を成さない1本の陰茎である。, さまざまな爬虫類で見られるように、ワニでも胚の発生時の環境温度によって性別が分化し、特定の温度帯以外では片方の性に偏ってしまうという性決定様式を持っている。そのため地球温暖化の影響で性別のバランスが崩れることが懸念されている。, 現生のワニ目はすべて正鰐亜目に属し、アリゲーター科、クロコダイル科、ガビアル科の3科に分けられることが多い。このうちガビアル科は他の2科と比べて非常に特異な分類群とされ、古い形質を残しているとも、逆に特殊化が進んでいるとも言われてきた。しかし、形態形質の詳細な比較と再評価から、クロコダイルとガビアルが近縁であり、ガビアルはクロコダイル科に含まれるとする説もある。ワニの祖先である原鰐類は三畳紀に登場し、中生代の地層からはさまざまなワニの化石が発見されている。, 大陸との接触以降、古い中国語でイリエワニを指す語であった「鰐」という字・概念が輸入された。『和名類聚抄』では「鰐」を「和邇」と訓じ、, と解説している。このような生き物は当時の日本人にとって未知であったが、最もイメージの近い生物として「わに」、すなわち日本近海に見られるサメを連想し、「鰐」の訓を「わに」として結びつけたのであろうと推測される。とは言え、「鰐」がイメージのしづらい未知の生物であることに変わりはなく、長い間「鰐」とサメとは明確に区別されることがなかった。, 和邇が鰐であることについては、丸山林平が1936年『国語教材説話文学の新研究』において『和邇伝説』と題した章を設け、和邇はサメであるとする説(以下、鮫説)を否定し、和邇はワニである(以下、鰐説)と断定している。同書の要約を示す。, 折口信夫は1942年『古代日本文学における南方要素』と題した講演において、ワニが日本にいないから和邇はサメだとするのは、短気な話で、日本人の非常に広い経験を軽蔑している旨述べている。, 近代以降、「わに」は学術的に再定義され、明確にワニ目の動物を意味することとなった。なお、シロワニ、ミズワニなど一部のサメは、漁業者の間で伝えられてきた呼称を採用し、「ワニ」の名を戴いたまま現在に至っている。, ワニが現れた奄美大島の風俗を描いた『南島雑話』では蛇龍という名前でワニを記している。[要文献特定詳細情報], 英語名 alligator(アリゲーター)はスペイン語: "el lagarto (de India)"(エル・ラガルト(・デ・インディア))「(インドの)とかげ」が訛ったもの。crocodile(クロコダイル)は元来「ナイルワニ」を意味した古代ギリシア語: κροκοδιλος(krokodilos; クロコディロス)から。gavial(ガビアル)はgharial(ガリアル)の誤植が定着したもので、成長したオス個体の吻端が瘤状に盛り上がる様子を『壺』に喩え、ヒンディー語 ghariyāl(ガリヤール)からの命名とされる。中国語では鼉(繁体字:ダ)が一般的で、これはヨウスコウアリゲーターを意味する。鰐で表記されるものは、古代中国南部に生息していたイリエワニなどを意味した。竜や蛟なども、特定の種を意味していたものと思われる。, ワニの棲息する地方では、水泳中の人間が襲われることもあり、ワニは邪悪な動物、魔性の動物とされていることが多い。一方で、ワニを神聖視する例もまた多く見られ、世界中にワニの姿をした神がいる。古代エジプトでは、ワニは豊穣や、ナイル川そのものを象徴し、テーベではワニの頭部を持つセベク神の信仰が盛んであった。神殿ではワニが飼育され、神官が餌を与え、多数のワニのミイラが作られた。ローマ帝国のハドリアヌス帝の広大な別荘であるヴィッラ・アドリアーナ (ティヴォリ)の池のほとりにはワニの像がある。インドにもワニを神聖な生き物として飼う寺院がある。日本の、船の守護神である海神の金毘羅権現も、サンスクリット語でワニを意味するクンビーラに由来するという。中国の伝説上の動物、竜のイメージの原型は、絶滅したマチカネワニではないかという説[5]もある。また、パプアニューギニア、インドネシア、カメルーンなど世界各地に、ワニを自分の氏族のトーテム(祖霊)として祀る人々がいる。ブラジルのアマゾン川流域では、ワニのペニスは幸運を呼び込むものとして祀られている。, 西洋では、ワニは涙を流して獲物を油断させるという伝承があり、「ワニの涙(英語版)」(英語crocodile tears)は、偽りを意味した。涙を流しながら獲物を食うという伝承もあり偽善の例えともされ、男をだます女の空涙、顔面神経麻痺の後遺症で食事中に出る涙(ボーゴラッド症、ワニの涙症候群)などで使われる。, イギリスでもワニがいない。古典の『ベーオウルフ』では冷たい沼から出てきて人々を襲うgrendelという怪物を退治する話になっているのだが、想像で描かれている(日本の「獅子」がライオンと似ても似つかぬ怪獣になっているのと似ている)。シェイクスピアも困ったらしく、『アントニーとクレオパトラ』(2幕7場)で、ローマの三巨頭がガレー船の中で酒盛りをしていて、酔ったレピダスがアントニーに聞く。アントニーは「体形は、いわゆるワニ形で、それなりの幅があって、しかるべき厚みもある。いつも自分の器官を使って動く。適量の栄養になるエサを取り、やがてその力がつきると、巡りめぐって生死のサイクルに戻る」と説明する[注 2]。, ワニの肉は淡白な味で、鶏肉のような食感をもつ。食用に飼育されたものは特に臭みはなく、高蛋白低カロリー食の健康食品として売り出されている。, キューバではワニ料理レストランが観光客に供されている。オーストラリアでは日常用の食材として、スーパーマーケットにワニ肉が並べられている。日本では静岡県湖西市で食用のための養殖が行われ、浜松市にはワニ料理も供するレストランがあったが[6]、養殖業者は2015年に廃業している。愛知万博では、オーストラリア館などでワニ肉が振る舞われた[7]。なお、広島県の一部地域には郷土料理として「ワニ料理」が存在するが、この「ワニ」はサメの方言名で、爬虫類のワニではない。, ワニの革は丈夫さなどの理由から盾や甲冑に貼られるほか、鞄・ベルトなどに加工されるが、かつて主に皮革用として乱獲されており、棲息数は激減した。現在では野生個体は保護され、全種がワシントン条約にリストアップされている。各地で養殖が行われており、個体数が回復したケースもあるが、密猟と棲息地の開発のため、絶滅が危惧されている個体群や種も少なくない。, ワニは人間よりもはるかに強力な免疫機構を持ち、負傷しても血液中の抗体が殺菌することが知られているうえ、大きく負傷したり四肢を失った場合も重篤な感染症になることはないと言われている。その強力な免疫力[8][9]を応用し、ワニの血清をHIVの治療に役立てようとする動きもある[10]。. しかし、老衰で死ぬ直前になると海底に沈んでからさなぎのような状態になります。, そして、その状態になった後はどんどん細胞が若返っていき、ある程度まで若返るとまた成長を始めるのです。 きくちゆうき … 「ウニの寿命はかなり長い」ということで、ウニにまつわる雑学を紹介します。 その結果、平均寿命は少なくとも272歳と見積もられ、なかでも体長4.93メートルと5.02メートルの大きな2匹はそれぞれ335歳、392歳と推定された。 これまでに脊椎動物では最も長寿とされたホッキョククジラの211歳を上回り、無脊椎動物を含めてもアイスランドガイの507歳に次ぐ記録だ。 自分が生まれた時に一緒に飼い始めたとしても、飼い主の方が先に死んでしまうんですね。, また、ガラパゴスゾウガメはとても生命力が強く、飲まず食わずだったとしても一年近く生きることが出来るのです。 しかし、全く別の環境で生きるウニについて調べてみると、実は環境によっては200年も生きることが判明したんですね。, そのため、天然のウニを食べた場合には、そのウニが自分よりもずっと長生きをしている可能性もあるのです。 また、子孫を残すために生殖をおこなうと、その後に死んでしまうケースもあります。, 他にも、こんな雑学がお勧めです。 (Lindsay E Zanno:2015), Reassessment of the evidence for postcranial skeletal pneumaticity in Triassic archosaurs, and the early evolution of the avian respiratory system

そして、最も長生きをしたものには、推定で250年以上を生きたガラパゴスゾウガメも存在しています。, 過去には、人間が知らないだけでもっと長生きをしたガラパゴスゾウガメがいたのかもしれませんね。, 続いて「ムカシトカゲ」について解説していきます。 It is shaped, sir, like itself; and it is as broad as it hath breadth: it is just so high as it is,and moves with its own organs: it lives by that which nourisheth it; and the elements once out of it, it transmigrates. 北大西洋に生息する大型のサメ、ニシオンデンザメが400年近く生きることがわかり、デンマーク、コペンハーゲン大学の博士研究員であるユリウス・ニールセン氏らが科学誌「サイエンス」に発表した。, ニシオンデンザメ(Somniosus microcephalus)は体長5~6メートルにも成長する一方で、1年に成長するのは約1センチと遅い。そのため長寿であると推測されていたが、軟骨しかもたないサメには石灰化する骨などの組織がないため、従来の方法では簡単に分析できず、その年齢や寿命は謎に包まれていた。(参考記事:「【動画】超貴重!巨大深海ザメの撮影に成功」), 今回、ニールセン氏らはニシオンデンザメ28匹の眼の水晶体を使って放射性炭素年代測定を実施。その結果、平均寿命は少なくとも272歳と見積もられ、なかでも体長4.93メートルと5.02メートルの大きな2匹はそれぞれ335歳、392歳と推定された。これまでに脊椎動物では最も長寿とされたホッキョククジラの211歳を上回り、無脊椎動物を含めてもアイスランドガイの507歳に次ぐ記録だ。(参考記事:「507歳の貝、年齢調査で死亡は誤解」、「最も高齢な動物たち、6つの例」), ニシオンデンザメの最大記録ははっきりしないが、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストのページには少なくとも6.4メートルと書かれており、そうなると寿命は400年をゆうに超えるだろう。(参考記事:「のろいサメ、眠ったアザラシを捕食?」), さらに重要なのは、ニシオンデンザメのメスが成熟する年齢が150歳を超えると示された点だとニールセン氏は指摘する。近年、ニシオンデンザメは急激に減少しており、成熟するまで長い時間がかかることはその大きな要因のひとつと考えられている。, サメを専門とする沖縄美ら島財団総合研究センターの佐藤圭一氏は、「1世代がこれほど長いとすれば、人間の活動がこの種の存続に与える影響は極めて大きいはずです。すでに、オンデンザメの数はかなり危険な領域まで減少している可能性が高いので、他のサメ類より保護の優先度を上げるべきだと考えます」と言う。(参考記事:「300匹を妊娠!ジンベエザメの繁殖の謎に迫る」), 現在、ニシオンデンザメはホホジロザメやジンベエザメなどと比べて、IUCNではより下位の「近危急種」(near-threatened)に位置づけられている。「これら一般に“認知度が高いサメ”だけでなく、オンデンザメや一部の深海ザメなど、人間の眼の届かない海域でひっそりと暮らす生物にも目を向けるべきだと私自身は思います」と佐藤氏。(参考記事:「ニシオンデンザメと奇跡の機器回収」), ニールセン氏もニシオンデンザメの保護が強く求められると警鐘を鳴らす。「北極圏やその周辺での漁でニシオンデンザメはよく混獲される魚です。そして、その地域で漁業を開発しようという計画が複数存在するのです」(参考記事:「大海原の王者 ヨゴレはどこへ?」), Q:おたふく風邪のワクチン認可は史上最速といわれていますが、その期間は次のうちどれでしょう。, 別の調査のため、タグ(標識)を打たれてからリリースされたニシオンデンザメ(Somniosus microcephalus)。グリーンランドのウマナック・フィヨルドで撮影。(photograph by Julius Nielsen), グリーンランド南西部で混獲された個体を調査船で計測中。(photograph by Julius Nielsen), ニシオンデンザメの数は危険なレベルまで減っている可能性が高く、優先的な保護が望まれるという。(photograph by Julius Nielsen). ワニ(鰐、鱷)は、ワニ目(ワニもく、学名:ordo Crocodilia) に属する、肉食性で水中生活に適応した爬虫類の総称。, 中生代三畳紀中期に中間捕食者(メソプレデター)として出現して以来[1]、初期を除く全ての時代を通して、ニシキヘビ等の大蛇と並ぶ、淡水域の生態系の生態ピラミッドにおける最高次消費者の地位を占めてきた動物群である。, ワニ目は、中生代三畳紀中期に出現した絶滅グループ・スフェノスクス亜目を始原とし、原鰐亜目・中鰐亜目などを経て、唯一の現存亜目である正鰐亜目につながっており、分類学上はそれら全てを「ワニ」と言う。, 現生の動物群の中で鳥類とは進化系統上最も近縁の関係で、ともに主竜類に属する。なお、同じ主竜類中には絶滅した翼竜や鳥類の祖先である恐竜も含まれる。ワニ目は、恐竜(鳥類を含む)や翼竜が属する鳥頸類と並んで主竜類を代表する二大グループであるクルロタルシ類の唯一の現生動物である。, 三畳紀より大きさの違いはあれ、形態的にはほとんど変化していない。パンゲア大陸ならびゴンドワナ大陸の分裂により生じた浅瀬の海や沼沢地に適応するために今日の形態に進化した。恐竜よりもわずかに古い時代から地球上に存在し続けている動物群である。三畳紀末期において大量絶滅が起きたことで、繁栄の絶頂にあったクルロタルシ類は、そのほとんどが絶滅。これ以降、恐竜が繁栄していくことになるが、クルロタルシ類の中においてワニ類は唯一、絶滅を免れていた。おそらく半水生に適応した時点で、気嚢システムを二次的に退化させていたと思われる[2]。 不死の生き物は「ベニクラゲ」と呼ばれるクラゲであり、理論上は永遠に生きていられるものだと考えられています。, 不死といっても年老いない訳ではなく、年齢を重ねると他の動物と同様に老衰していきます。 Early crocodylomorph increases top tier predator diversity during rise of dinosaurs ワニ(鰐、鱷)は、ワニ目(ワニもく、学名:ordo Crocodilia) に属する、肉食性で水中生活に適応した爬虫類の総称。. ウニの寿命は長くても30年程度だと考えられていたが、環境によっては200年近く生きることが判明した。 ウニ以外でも自然界には人間よりも寿命が長い生き物が存在しており、ガラパゴスゾウガメについては推定で250年以上生きた個体もいると考えられている。 一旦死んだような状態から若返って生き返るなんて、まるで不死鳥のような生き物ですよね。, ただし、絶対に死なないという訳ではなく、捕食されたりダメージを負うと当然ながら死んでしまいます。 日本人の平均寿命は80歳以上ととても長く、あらゆる生き物の中でもかなり長生きをする方なんですね。, しかし、自然界には人間よりもはるかに寿命が長く、長生きする生き物がいます。

ウミガメが産卵で涙を流す理由は、苦しいからではなく塩分調整。 ニュージーランドに生息するムカシトカゲや、北極に生息するホッキョククジラも寿命が200年となっている。 ガララワニ 43 名前: ... 『100日後に死ぬワニ』をいいねした約7万人のうち、計算上200人はワニ ... 午後7:46 ・ 2019年12月19日・Twitter Web App . また、一般的に体温が低い動物ほど長生きすると考えられており、ホッキョククジラが長生きをするのもその環境が関係しているそうです。, ホッキョククジラはその名前の通り、北極に生息していることから、水温にあわせて体温もとても低いことで知られています。

「鶴は千年、亀は万年」という言葉がありますが、実際に鶴や亀の寿命は長いのでしょうか?, もちろんそんなに長生きする訳ではなく、鶴に関しては寿命が大体30~40年程度となっています。 ウニ以外でも自然界には人間よりも寿命が長い生き物が存在しており、ガラパゴスゾウガメについては推定で250年以上生きた個体もいると考えられている。

このスタンスのままやっとけばええのに . 海産物の中でも高級食材として知られているウニですが、なんとその寿命は200年にもなるのです。, 環境によって寿命の個体差が大きいため、少し前まではウニの寿命は長くても30年程度だと考えられていました。 そのため、ホッキョククジラは他の動物と比べても長生きをすることが出来るんですね。, 長生きをするどころから、実は世界には不死の生き物ものもいます。 ちなみに、人間の生殖能力は年と共に衰えていきますが、ウニは100歳を超えてもほとんど生殖能力が衰えることが無いそうです。, 続いて「ウニ以外で寿命の長い生き物」について解説していきます、 また、ムカシトカゲに非常によく似た生き物は約2億年前のジュラ紀から生息していました。, その姿がほとんど変わっていないことから、ムカシトカゲはサメやワニと同様に「生きている化石」と称されています。, 海に住む生き物の中でも「ホッキョククジラ」はとても長生きで知られています。 ホッキョククジラは全長20メートルほどのクジラであり、150年~200年ほど生きることが判明しています。, 確認された個体の中で最も長生きしているものは、少なくとも210年~220年ほど生きていると考えられています。 (Richard J Butler:2012), 「See a python swallow an Australian freshwater crocodile whole」, Crocs’ better parenting skills could make them more resilient to climate change, https://www.australiangeographic.com.au/topics/wildlife/2020/07/see-a-python-swallow-an-australian-freshwater-crocodile-whole/, https://www.bath.ac.uk/announcements/crocs-better-parenting-skills-could-make-them-more-resilient-to-climate-change/, Alligator blood may put the bite on antibiotic-resistant infections, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ワニ&oldid=80447870.