尋常じゃなかった 立浪は肩を脱臼 通称"10.8決戦" 伝説の10.8最終決戦 今から25年前の1994年10月8日は日本プロ野球史上初の同率首位優勝決定戦になった中日vs巨人の試合がナゴヤ球場で行われた日です プロ野球の阪神 vs 中日(2019年8月1日)のスタメン・メンバーです。プロ野球を楽しむならdメニュースポーツ!試合速報や選手データ、最新ニュースを無料でご覧頂けます。 スローガンを「昇竜復活!WITH BLUE」とし、かつての強かった中日の復活を目指します。, 今回は、そんな2019中日ドラゴンズの順位予想や戦力分析、開幕スタメンやローテーションを予想します。, ただ、勝敗表を見ると、三位の阪神まではそこまで差が大きくないので、十分Aクラス入りできる可能性はあるでしょう。, また、昨年素晴らしい成績を残したビシエド・平田あたりが、今シーズンも同様の活躍が出来るのか?注目したいところですね。, 2019年で気になるのは、昨年活躍した平田・ビシエドが同様の活躍が出来るか?という点です。, 二人ともキャリアハイの成績を大きく伸ばしており、実力以上の成績だった感が否めません。, もちろん主軸として十分な成績を残すでしょうが、昨年並みの成績を期待するのは酷でしょう。, 打撃面でもまだまだ向上するでしょうから、貴重な打てるセカンドとして育てて行って欲しいと思うのは私だけでしょうか?, 守備面では安定した活躍をしてくれていますが、打撃面はかなり厳しい結果となりました。, これでは京田の魅力である高い走力を活かせてるとは言えませんし、打線に悪影響をもたらします。, もし、こういったスタイルから脱却できないのであれば、今後使い続けるのは厳しいでしょう。, 昨年は打撃でマイナス評価だっただけに、出塁率を上げられれば、それだけで打線の厚みがかなり増すでしょう。, さらに、期待していた藤嶋も血行障害の疑い、松坂も怪我により出遅れており、幸先不安です。, 本人は先発を希望しているようで、12月から開催されたドミニカウインターリーグでも先発として結果を残しています。, ただ、MLBではリリーフでしたし、個人的にも適性はリリーフの方が高いと思っています。, 中日 新外国人助っ人エニー・ロメロは最速163.3km/h左腕!メジャーでの成績や傾向を徹底分析!, 2017年の投球を見る限りでは、先発として二桁勝利が出来る実力は十分あると感じました。, 昨年は登板機会も減り、イニング数も抑えられましたので、疲労も回復しているはずです。, 以上が2019年中日ドラゴンズの順位予想や戦力分析、スタメン・ローテーション予想でした。, 順位予想は六位ですが、三位の阪神までは大きな差ではないので、十分Aクラス入りできる戦力です。. 中日✖️巨人 もちろん当時はそんなことしてるのうちらだけだったけど。, — 夕力こ@女装で鍵盤 (@takakosynth) April 23, 2019, #巨人名シーン 僕はこの日ライブ 平成最初のセンバツ優勝投手で現わらび餅職人の山田喜久さん Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved. 悔しさがこみあげてくる pic.twitter.com/NVjyM1n2vm, きょうは何の日 伝説の10.8決戦 斎藤⇒桑田 伝説の10.8イチロー焼きそばシーンがカットされたwΣ(´□`;) 伝説の10.8中日×巨人最終決戦 2019年中日ドラゴンズの順位予想は六位。2019中日ドラゴンズの順位予想や戦力分析、開幕スタメンやローテーション、リリーフ構成を徹底分析。中日ドラゴンズの優勝のカギは投手陣の奮起!?2019年中日ドラゴンズの順位予想が知りたければここをチェック! 誰もが試合経過を もうすぐプロ野球が開幕します。 去年の成績が悪かった中日ドラゴンズを応援している僕としては、開幕直前だけは無限の希望に満ちています。今回は、オープン戦の結果などを踏まえて、自分なりに開幕スタメンや、一軍選手を予想してみました。 全試合をじっくり見ているわけではないので、少しとんちんかんな部分があるかもしれません。, 1中 大島 2右 平田 3左 アルモンテ 4一 ビシエド 5遊 堂上 6三 高橋 7二 阿部 8捕 加藤 9投 笠原, 開幕戦の対戦相手はDeNA、開幕投手は左腕・今永です。 開幕オーダー予想は、オープン戦最終戦と全く同じです(笑)。 5番の堂上と6番の高橋は入れ替えた方が良いのではと思いましたが、5番高橋だと勝負を避けられやすくなるからかな、と勝手に理解しました。 平田を2番の強打者として使うのは、個人的に、なかなか好きな置き方です。 また、直倫がオープン戦くらい打ってくれれば、京田よりも打線に厚みが出てくるのは間違いありません。 ただ、阿部や加藤がどれくらい打てるのかは未知数ですし、あくまで開幕時点でのオーダーというレベルに留めておいたほうが良さそうです。, 毎年毎年、開幕直前は「Aクラス入りくらいはワンチャンありそうだな・・・」と思っています。 しかし、シーズンが始まると、大体は現実を突きつけられることが多いです。それでも楽しみは、監督が代わったことと、去年は見られなかった顔ぶれが多くみられることです。 新しい一軍メンバーがどれだけ活躍するのか、目が離せないです。 特に、育成上がりの渡辺勝、直倫のバッティング、加藤の肩に注目したいと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 今回は、オープン戦の結果などを踏まえて、自分なりに開幕スタメンや、一軍選手を予想してみました。, 中日ドラゴンズ 2019年シーズン 開幕予想(2019年3月26日時点) 一軍登録選手, 昨年後半から安定感を見せているエース候補の左腕。キレのあるストレートとチェンジアップが大きな武器。, 剛速球が武器のサウスポー。オープン戦ではボークなどもありイマイチだったが、シーズンで修正できるか。, 一軍で投げると必ず2軍に落とされていた宴会部長。オープン戦では結果を出しているが、N度目の正直となるか。, 若干安定感に欠ける気がするが、一応ローテ入り。小熊などが台頭すれば、真っ先にいなくなりそうな枠。, ヤクルト相手に完封した実力はあるので、どれだけ粘り強く投げられるかしだい。怪我をしがちなので、今期は活躍してほしい。, 【守護神】オープン戦では自責点0と貫録を見せた。打たれ始めると脆くなる印象があるが、今期は粘ってほしい。, 去年に引き続き、安定感があり計算ができるリリーフ。チーム浮上の原動力となり、適正な年棒アップに期待したい。, 去年終盤に投げ始め、左腕で159kmというNPB記録を叩きだしたパワーピッチャー。シーズン開始時に彼がいることが最大の補強。, 一時は守護神も担ったが、メンタルの弱さもあり、盤石とまではいかなかった。しかし皮向けたことは間違いないため、飛躍に期待したい。, 先発失格の烙印を押されてしまったが、リリーフとしての実績は確かなものがある。持ち前のタフネスさを生かして活躍なるか。, 中日投手陣崩壊の象徴とも言える存在。オープン戦ではほぼパーフェクトな内容であるため、重要な役割を任される可能性あり。, キャンプから話題になった加藤バズーカがオープン戦で炸裂して抜擢された。ただし正捕手になるには、肩以外の部分を確実にしたい。, ある程度はやってくれるだろうと計算できるベテラン。肩以外の部分では加藤より上のはず。, なかなか上がってこない松井雅人の代わりに起用が増えている選手。バッティングが売りのはずなので、しっかりアピールしてほしい。, 【遊撃手】京田を抑え、開幕スタメンと予想。守備は元々定評があり、課題だったバッティングで猛アピールできたことが大きい。, 【一塁手】去年大活躍し、中日では数少ない、開幕レギュラーが約束された存在。去年通りに仕事ができれば言うことなし。, 【三塁手】成長著しい竜の期待の星。キャプテンにも任命され、明らかに精神的に成長し、チャンスにも強いポイントゲッター。, 【二塁手】打撃の成長が見られ、スタメン候補に抜擢と予想。ただし相手投手で亀澤と使い分ける可能性もあり。, 【守備固め】去年と同じく、代走、代打、守備固め、右投手のスタメンと何でもこなせる便利屋。出場のチャンスは多いはず。, 【代打】打撃でイマイチPRし切れなかったため、代打や一塁での守備固めとしての起用が増えると思われる。, 【代走】出塁率に難あり。オープン戦でも守備の乱れや打撃の不振があり、開幕スタメンとはならないのではと予想。左右で使い分ける?, 【中堅】広い守備範囲と俊足が売りのセンター。打線のどこにいても、それなりに機能する使いやすい選手。, 【右翼】クリーンナップよりも1・2番で生きる高出塁率選手。鉄壁の右翼守備と合わせて、開幕スタメンは間違いない。, 【左翼】長打も期待できるポイントゲッター。去年に比べて守備も上手くなっているはず。怪我には注意。, 【代打】育成から這い上がった、打撃が売りの選手。選球眼も良く、一本足打法で長打も打てる。, 【代走・守備固め】おそらく、去年の工藤枠と思われる。試合終盤に、アルモンテの代走や守備交代としての出番が濃厚。, 【代打】バッティングが売りの外野手。それなりに光るものがあるので、レギュラーが怪我した際には代役として出番が増えるはず。, それでも楽しみは、監督が代わったことと、去年は見られなかった顔ぶれが多くみられることです。, ついに解決「ディスプレイ ドライバー nvlddmkm が応答を停止しましたが、正常に回復しました。」問題, Grandseal Chronicles グランシール・クロニクル(フリーSRPG)紹介・感想・攻略. 中日ドラゴンズ 2019年シーズン 開幕予想(2019年3月26日時点) 一軍登録選手: 先発: 左: 笠原 祥太郎: 昨年後半から安定感を見せているエース候補の左腕。キレのあるストレートとチェンジアップが大きな武器。 先発: 右: 吉見 一起 リマスターで観たかったのに← pic.twitter.com/iIIZEqht0J, 当時はオリックスに所属していましたが、神戸から新幹線に乗って観戦に来ていたそうです。, 試合終わった後、渋谷のセンター街で巨人の応援歌を歌いながらどんちゃん騒ぎだったなぁ。

1994.10.8 中日vs巨人(ナゴヤ球場) 勝った方が優勝 当時巨人監督だった長嶋茂雄氏いわく国民的行事と呼ばれたこの試合は巨人が勝ち94年のセ・リーグ王者となった pic.twitter.com/tBnrFdOovZ, 94年 中日 立浪 現役最初で最後のヘッドスライディング 日本シリーズともクライマックスシリーズとも異なる緊張感は今でも忘れられません⚾ pic.twitter.com/66kircDJmo, 10.8決戦とは1994年10月8日に行われたプロ野球ペナントレース最終戦での同率首位決戦です。, ジャイアンツのスタメンはそうそうたる顔ぶれで、特にクリーンアップは松井選手、落合選手、原選手で4番バッターが3人並んでいるようでした。, 一方、ドラゴンズのスタメンも首位打者のパウエル選手、本塁打王・打点王の2冠の大豊選手などがいました。, 結果は投手3本柱の槇原選手が先発、斎藤選手が中継ぎ、桑田投手が抑えと継投し、落合選手、松井選手などの本塁打で6-3で勝利します。, 中日ファンだったイチロー選手が観戦し、やきそばを食べる姿がテレビ中継で映りました。, 以上、伝説の10.8決戦とは スタメン・結果詳細と視聴率 イチローが観戦?の記事でした。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 松井に区切りの20号を打たれる! pic.twitter.com/fEpXUTRwS6, この試合は当時オリックスに所属し、若干20歳で210安打の日本記録を記録したイチロー選手が観戦したことも知られています。, テレビ中継にもバッチリ映っていて、解説の達川さんに「焼きそば食べてますね」と実況されていました。, #東海テレビ

【悲報】斎藤投手登板時、客席に映ってた筈だった この日の事 今思い出しても 中日ドラゴンズ(2019年)のスタメン・出場選手一覧。データを切り口にしたプロ野球の情報が満載の Baseball LAB(ベースボールラボ)のプロ野球チーム情報。 気にしていた 凄い試合だ 伝説の10.8中日×巨人最終決戦 あらためて映像で見ても ナゴヤ球場だけじゃなく © 2020 プロ野球好き委員会(PBL) All rights reserved. 今でも覚えてる MCでも話題にした

プロ野球の中日 vs 巨人(2019年8月8日)のスタメン・メンバーです。プロ野球を楽しむならdメニュースポーツ!試合速報や選手データ、最新ニュースを無料でご覧頂けます。 10.8決戦のスタメン・結果詳細と視聴率は?イチローが観戦は本当?という記事を紹介します。, 10.8決戦とはプロ野球史上初めてペナントレース最終戦での同率首位同士の対戦です。, #巨人名シーン 1994.10.8 中日vs巨人(ナゴヤ球場)通称"10.8決戦"日本シリーズともクライマックスシリーズとも異なる緊張感は今でも忘れられません⚾ pic.twitter.com/66kircDJmo, 10.8決戦#昭和生まれっぽい発言をしろ pic.twitter.com/uOz4DveGR9, — ZEー太@My name is Familiar (@KNumber3411) May 27, 2020, 東海テレビ特番 周辺の町の雰囲気も 伝説の10.8決戦とは スタメン・結果詳細と視聴率 イチローが観戦?という記事を紹介します。 10.8決戦とはプロ野球史上初めてペナントレース最終戦での同率首位同士の対戦です。 勝った方がもちろん優勝という試合で長嶋監督は、 主力投手を全てつぎ込む総力戦で臨み、勝利します。 巨人と同率で最終戦までもつれこんだ10.8決戦 pic.twitter.com/EqhrDkbycK, — プロ野球熱ケツ情報 (@NPB_meibamen) August 25, 2015, #東海テレビ