秋山小兵衛(藤田まこと)は、浅草寺の境内で見かけた自分と同年配の老人のことがどうも気になった。若い娘の後を追うが、顔を見て人違いと分かったらしく頭を下げる。ととのった身なりに脇差を差しており、ただの町人には見えない。 「仕掛人・藤枝梅安」でお馴染みの香具師の元締、萱野の亀右衛門が登場する。「仕掛人・藤枝梅安」では、萱野の亀右衛門はすでに香具師の元締を引退している。, 本作では現役の香具師の元締として登場する点で、「仕掛人・藤枝梅安」と「剣客商売」の両シリーズの時代の差というものが分かる。, さて、本作であるが、暗殺者(仕掛人といってもよい)としての波川周蔵が使われる相手が二人いる。一人は萱野の亀右衛門であるが、もう一人が本作のキーパーソンである。, この人物の真意というものが、物語の最後の方にならないと分からないのが、本作のミソである。つまり、本作は最後まで読まないと、全体像が見えてこない。, また、最後にはどんでん返しがある。作者がどのような仕掛を講じたのか…本書でご確認、ご確認。, 浪人に五十両で殺しを頼む老人がいる。相手が手強いので、是非浪人に頼みたいというのだ。浪人は返事を渋っていた。老人は萱野の亀右衛門といって香具師の元締である。一方、浪人の名を波川周蔵という。, 秋山小兵衛が横山正元宅を辞してからのこと、この波川周蔵を二人の男が襲っていた。小兵衛はこの浪人を二度ほど見たことがあった。, その後、小兵衛は不二楼の主に招待されて、不二楼に久方ぶりに赴いた。その折りに、先日波川周蔵を襲っていた男の一人が不二楼に現れた。その者たちは隠し部屋のある蘭の間に通された。, 小兵衛がこの隠し部屋からこっそりと聞いていると、襲った男はどうやら誰かを襲うために波川周蔵を試したらしい。その報告をしているようだ。その相手は小田切と名乗っていた。だが、一体この者たちは誰を襲うというのか?, そのことはやがて分かった。不二楼の主・与兵衛がこの小田切某が蘭の間に入ったのを幸いに、こっそりと聞いていたら「秋山大治郎が…」というのが聞こえていた。, このことを聞いた小兵衛は、波川周蔵に襲わせる相手が大治郎だと直感する。波川周蔵は小兵衛の見るところ、息・大治郎と斬り合ってどちらが勝つか分からない腕前である。, その波川周蔵であるが、萱野の亀右衛門のところに赴いて、殺しの件を引き受けた。その代わり、妻子を人に見つからないような場所に移して欲しいと頼む。, この波川周蔵に秋山大治郎を襲わせる理由は何なのか?小田切の後にはまだ別の人物がいるようである。この人物の意中とは?そして、この波川周蔵と秋山大治郎の対決はどうなるのか?, 波川周蔵…浪人静…妻松平伊勢守勝義小田切平七郎平山…浪人稲垣忠兵衛萱野の亀右衛門…香具師の元締為吉…留守番役滝口彦右衛門…小兵衛の弟子, 北原亞以子の「深川澪通り木戸番小屋 第2巻 深川澪通り燈ともし頃」を読んだ感想とあらすじ, 宗吾霊堂(鳴鐘山 医王院 東勝寺)の参拝録(千葉県成田市)義民・佐倉惣五郎が祀られている寺院, エリス・ピーターズの「修道士カドフェル第1巻 聖女の遺骨求む」を読んだ感想とあらすじ, 風野真知雄の「耳袋秘帖 第3巻 浅草妖刀殺人事件」を読んだ感想とあらすじ(面白い!), 池波正太郎の「仕掛人・藤枝梅安 第4巻 梅安針供養」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!), 池波正太郎の「鬼平犯科帳第17巻 特別長編 鬼火」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!), エリス・ピーターズの「修道士カドフェル第10巻 憎しみの巡礼」を読んだ感想とあらすじ(面白い!), 大塚英志監修、山本忠宏編「まんが訳 酒呑童子絵巻」の読書備忘録(要約と紹介と感想と), 池波正太郎の「鬼平犯科帳第22巻 特別長編 迷路」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(最高に面白い!). 2020年3月13日20時からフジテレビで『剣客商売 婚礼の夜【人気シリーズ第6弾!池波正太郎原作・北大路欣也主演】』が放送されます .  幸右衛門宅を訪ねた小兵衛は、金蔵に案内される。千五百両もの金があるという。藤丸を雇った川田十兵衛とは、貸した金をめぐって問題もあるようだが…。. 剣客商売に関連する、スカパー!で視聴できる番組の放送番組一覧。今話題の番組やおすすめ情報はもちろん、チャンネル別の番組表や出演者情報もご確認いただけます。

 一方、幸右衛門は命を助けられたお礼にと不二楼で小兵衛に一席設けていた。幸右衛門の悩みは、昨年秋に一人娘・お順が、母親の墓参に出かけて女中のおうの(平沙織)とはぐれ、行方不明になったことだ。 ^ 第5シリーズは10話製作されたが、関西テレビ以外では7話しか放送されておらず、未放送の3話は『剣客商売スペシャル』として同年5月1日に放送された。 ^ “『剣客商売』が2年半ぶり復活 故・藤田まことさんから北大路欣也にバトンタッチ”. 本作では現役の香具師の元締として登場する点で、「仕掛人・藤枝梅安」と「剣客商売」の両シリーズの時代の差というものが分かる。 さて、本作であるが、暗殺者(仕掛人といってもよい)としての波川周蔵が使われる相手が二人いる。一人は萱野の亀右衛門であるが、もう一人が本作のキーパ 今回は第3シリーズをお届け。剣で生きる秋山小兵衛が、悪を懲らしめつつ、四十歳年下の妻・おはると悠々自適の暮らしを送る姿を描く。 Ⓒ松竹. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/05 15:47 UTC 版), 1998年10月14日から2010年2月5日までフジテレビ系で放送された。前2作が東宝との共同制作だったのに対して、今作は松竹との共同制作。レギュラー5シリーズ(計47話分)とスペシャル6作が制作された。, 上記のうち、島田・徳井・蟹江・梨本の4名は、別の役でのゲスト出演もしている(詳細は、各シリーズゲスト出演者の項を参照)。, 剣客商売 (テレビドラマ)のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 第5シリーズは10話製作されたが、関西テレビ以外では7話しか放送されておらず、未放送の3話は『剣客商売スペシャル』として同年5月1日に放送された。, https://www.sanspo.com/geino/news/20200223/geo20022305020006-n1.html, https://www.oricon.co.jp/news/2123922/full/, http://www.sankei.com/entertainments/news/150901/ent1509010005-n1.html, All text is available under the terms of the, 第1シリーズでは雷鳴の中で小兵衛が複数の忍者と思しき相手に斬り合いを演じるのに併せて, 第2シリーズは雷雨の中で小兵衛と大治郎が複数の剣客相手に斬り合いを演じるのに併せて橋爪功のナレーションがかぶり、サウンドロゴの後にオープニングで出演者・スタッフ紹介。, 第3シリーズは本放送では渡部が降板したこともあり、タイトル表示が替わり、渡部シーンはカットされたが、再放送以降は第2シリーズと同一のものを使用。, 橋爪によるナレーションは、「戦国乱世は遠い昔のことながら、武士の魂、やはり剣。敢えて戦がなければこそ、腕に覚えの剣客どもは売り込み合戦に明け暮れる。いや、まさしく昨今、剣術は商売なり」。第1シリーズと第2・第3シリーズとでは口調が若干異なる。, 第4シリーズからはオープニングナレーションが無くなり、タイトル表示の後、小兵衛宅を中心とした映像をバックにレギュラー出演者と主要スタッフのみを紹介するオープニング。このシリーズのみエンドロールがあり、出演者・スタッフはそこで紹介される。(但し、ナレーターの橋爪だけは紹介されない。)バックの曲は穏やかな曲調。, 第5シリーズはタイトル表示の後、オープニングで出演者・スタッフを紹介。エンドロールは再びなくなった。, テーマ曲は、第1 - 3シリーズまでは共通。第4シリーズで変わり、第5シリーズでは更に変更された。第5シリーズのテーマ曲は、第2シリーズ劇中で使用されたことがある。, 第3シリーズでは大治郎(渡部)が「恩師・辻平右衛門の墓参の旅に出た」という設定で出演しなくなり、第4シリーズで大治郎が渡部から山口馬木也に、三冬が大路恵美から寺島しのぶに、それぞれ交替した。, こうした事情もあり、第1・第2シリーズでは、主演が藤田と渡部の両名という扱いになっていた(次回予告ナレーションでもそのように言う)が、渡部が降板してから後のシリーズでは、一貫して藤田のみが主演という立場である。, 医師・小川宗哲は、第3シリーズまでとスペシャル版に於いて島田順司が演じているが、第4・第5シリーズに於いては奥村公延に演者が交代している。, 第4シリーズの途中で大治郎と三冬が結婚し、同最終話で三冬が長男・小太郎を懐妊する設定(小太郎の登場は第5シリーズから)になっている。他に飯田粂太郎が第4シリーズから大治郎の一番弟子という形で登場している。また、同じ第4シリーズからは三冬の老僕・嘉助も江戸家猫八から多賀勝一に交代した。, 第5シリーズは10話製作されたが、関西テレビ以外では7話しか放送されておらず、未放送の3話は『剣客商売スペシャル』として同年, 藤田は自ら、「『鬼平』やったら次は『剣客』どっしゃろ」と思い、秋山小兵衛役にオファーを出していた。, テレビと同じキャスティングで何度か舞台化もされているが、2008年の明治座公演では藤田まことが降板し、平幹二朗が小兵衛の代役を務めた。, 第3シリーズまでと第5シリーズは画面アスペクト比4:3の標準画質での制作であったが、第4シリーズは画面アスペクト比16:9の標準画質制作、その後ハイビジョン制作に移行された。. Do NOT follow this link or you will be banned from the site.

 三冬から悪の道に入ろうとしていたのを諌められた藤丸は雇い主に金を返しに行くが、それが仇となって殺されてしまう。雇い主は川田十兵衛(富家規政)という御家人で、弟の平四郎(林統一)と暮らしていた。  その老人が小兵衛行きつけの不二楼で一人で酒を飲んでいた。おもと(梶芽衣子)によれば、老人は浅野幸右衛門(米倉斉加年)という高利貸しだという。小兵衛は、店を出た幸右衛門をつける浪人を見つけ、後を追う。浪人は人通りのない夜道で幸右衛門に襲いかかるが、小兵衛によって阻まれる。浪人は名を藤丸庄八(阿南健治)と言い、三冬(大路恵美)の知り合いだった。剣術の稽古にも出ない藤丸を心配した三冬が、藤丸の長屋を訪ねる。藤丸は、人を斬る仕事で金を貰ったが、腕のたつ老人に邪魔されたと話す。三冬は、その老人とは小兵衛だと察する。