該当のエリア・駅が見つかりませんでした。入力内容を変更して、再度検索してください。, 夜の予算 因みに、...人数が揃ってない場合は入店ができず 2組目になった場合は更に1時間は待つそうです。 入ってから焼き鳥など一品料理は20分もしないで出てきます。鰻はだいたい30分後くらいです。 そのうち何人かは過去に食べたことがあるとの事...で、とにかく美味しいと勧められましたが、本当に酷い店だと思いました 飛ばされて更に1時間待つ事になってる方が多くいました。 南千住にある鰻屋さん。売り切れ御免のため、並んで入ります。鰻重は二種類。他には白焼きやうざく、う巻きなど。, 夜のオープン前に伺いました。 その後は照りが眩しい蒲焼きのうな重! 待ったかいあり美味しい鰻が ¥6,000~¥7,999, リクエスト予約希望条件をお店に申し込み、お店からの確定の連絡をもって、予約が成立します。, 最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら, *****評価変更により修正投稿です*****荒川区は南千住にある鰻の名店「尾花」自宅から近いせいもあるが、以前は年に数回は利用していたが昨今の鰻が高騰してからは初めての訪問。いつものようにララテラスの駐車場に車を置き尾花へ徒歩で行く。(帰りに京成ビブレや角上魚類で買い物をして駐車料金をただにするため)駅前の通りを渡り回向院を右折し常磐線の線路沿いに歩くとすぐに「尾花」がありお店の前はいつもは行列が出来ているが今日は運よく店前には誰も居らずすぐに入れる。と、いうか店内もガラガラ。今日は何があったのか?と疑問に思いながら席に着き(座敷に座る)メニューを眺める。なんだ~、この価格!自分の目を疑いました。うな重が\5300、そしてうな重の小が¥4300と考えられない値上がり。確か、昨年の夏に食べた時はうな重が¥3500でうな重の小は¥3000だったはず、うな重の大でも\4000だったはずと頭の中で走馬灯のように記憶を思い出し勝手に頭の中でそろばんをはじく。確かにウナギが高騰し多少の値上げはしかたがないにせよ、うな重は\1800の値上がり、うな重の小は\1300の値上がり、そしてうな重の大は廃止、ほかのメニューも大幅な値上がり。白焼き ¥3300→¥4500う巻き ¥1800→\2500さすがに焼き鳥や茶碗蒸し・肝吸いは¥100の値上げにとどまったが財布の中の予算は完全にオーバーヒートのエンスト状態!「これではサイドメニューは頼めないし大好きな鰻は思い切り大きな口をあけて食べれない」と心の中で叫びしぶしぶうな重と肝吸いを注文する。待っている間もお客はまばらで以前なら食べ終わった客と新しいお客がひっきりなしに出入りし活気があったが今日は寒いせいもあるのか大きな大広間がやけに寂しくワイワイガヤガヤ賑わっていた時代が懐かしい。そして、うな重が出来上がり運ばれ蓋をあけ香りを楽しみ山椒をかけ鰻に箸をつける。(この瞬間がたまらない至福の時)さすがに値は上がったが味は落ちていない。(だてにミッシュランで星を頂いているだけはある)相変わらず尾花の鰻は柔らかく上品で美味しいと私は思う。(人によっては賛否両論で関西風が好きな方は蒸しが強すぎるという声も聞く)お米も立っていて甘さ控えめのタレと長時間蒸し軽めに焼いた柔らかいバランスも申し分なく私は大好きである。肝吸いもしっかり出汁が出ていて美味しい。そして、今日の鰻は当たりである。昔、天然ウナギを扱っていた時代は時々小骨の多い鰻に遭遇し、今日は当たり、今日は外れと言っていた違った意味の楽しい時代があったが、今はすべて養殖ウナギに変わっているので小骨の多い鰻に当たる確率は少ないのではないか。しかし、改めて会計を済ますと財布に与える値上がりのダメージはかなり大きく次にいつ来るか少し考えてしまう。そして、改めて値上げの影響で尾花名物の行列が消えた意味が理解出来た。「尾花」といい箱根の「友栄」といい値上げ・値上げで頻繁に好きな鰻屋に食べに行けなくなるのが悲しい、そして、私の経済力ではせいぜい大好きな尾花のウナギでも一年に一度、いや二年に一度に来訪を制約するしかないと考える。評価の方だが、純粋に料理だけを採点すれば4・3点を与えるがあまりにも1年で\1800の値上げはCP的にもかなり悪く、江戸の大衆文化を感じさせる佇まいなど雰囲気が良いものの総合では4.2とさせていただく。追伸・・・最近は又混雑しているが大陸系の客もかなり増えた様に感じる。, 利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する, 釜めし むつみ(163)(浅草(つくばEXP)、浅草(東武・都営・メトロ)、田原町 / 釜飯、割烹・小料理), パンダジュース(18)(とうきょうスカイツリー、押上、本所吾妻橋 / カフェ、ジュースバー), ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?, 「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 多いに堪能しました

飛ばされて更に1時間待つ事になってる方が多くいました。 それにしても年々高騰する鰻、我々庶民にはなかなかお目にかかれない時代になり、つぎにこちらに来る時はあるのでしょうか⁈ それにしても年々高騰する鰻、我々庶民にはなかなかお目にかかれない時代になり、つぎにこちらに来る時はあるのでしょうか⁈ 再訪決定です。, その間ビールからお酒に変わり、焼き鳥や鰻巻き、鰻ざくにお新香をいただきながら待つ事4-50分 揃ってからの入店になるので わたしはギリギリ1組目で入れました。 ¥8,000~¥9,999, 昼の予算 荒川区は南千住にある鰻の名店「尾花」 ... 16:00~19:30 ※2016年4月1日より、土・日・祝日の営業時間変更 いずれもウナギがなくなり次第終了. 夜のオープンは16時から。 昨夜はお招きいただき土用の丑の日には1週間早いですが鰻三昧を大いに楽しませていただきました その後は照りが眩しい蒲焼きのうな重!

焼き鳥やう巻も美味しかったです, 弊社サイトの現バージョンは、日本の日本語の利用者を対象としています。 別の国や地域にお住まいの場合は、ドロップダウンメニューから、国または地域別のサイトを選択してください。 詳細, 人数が揃ってない場合は入店ができず

ふわふわで最高に美味しく、待った甲斐があります。 2月26日(火)第二食 さて。 今日は、南千住の[尾花]へ行ってみることにした。 夕方は16時から。 自転車で出かける。 南千住まではどういったらよいのだろうか。正しい道順で行ってみようか。 南千住は江戸期旧奥州街道の千住宿、小千住。小塚原(こづかっぱら)などともいわれていた。 さすがに東京の東の横綱、蒲焼きや白焼きは客が着座して注文してから鰻を捌くのは昔と変わらない

開店11時半に行ったら遅いです 次回ちゃんと数人で楽しみに来ます。, 3年振りでしょうか? 月曜日. 定休日. オープン前から行列ができていました。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

尾花(南千住)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!尾花は南千住で1位(225件中)、4点の評価を受けています。 ふわふわで最高に美味しく、待った甲斐があります。 詳しくはこちら, 食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!, 会員登録する