そのため、「爆発事故で市内は混乱していた」や「混乱した頭でいくら考えても良いアイデアは出てこなかった」などの文章で「混乱」の意味を示すことができます。, 「混乱」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。 この「混乱」を使った例文は、「球場で爆発テロが起こったことが引き金になり、1万人以上の観客が完全に冷静な判断と行動ができない無秩序な状態に陥ってしまったこと」を意味しています。, 「ショックで混乱した精神状態を整理することができれば、いつもの冷静な思考力と判断力を発揮できるようになるでしょう」

近い意味の言葉に「当惑」や「迷惑」がありますが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。 今回は、「困惑」の意味と使い方!「当惑」「迷惑」との違いは?【例文つき】についてご説明いたしま … 「混乱」は「色々なことが入り混じって思考力が低下すること」に意味の重点がありますが、「困惑」というのは「どうして良いのかの判断ができずに迷ったり困ったりすること」の方に意味の重点があるのです。, 「混乱」という言葉について徹底的に解説しましたが、混乱には「複数の物事・要素が入り乱れて秩序・安定をなくすこと」や「色々なモノ・要素が入り混じって収拾がつかなくなること」などの意味があります。 混乱する (こんらん する), 困惑する (こんわく する) 混乱する の類義語 ... 混乱する と 困惑する はどう違いますか?説明が難しい場合は、例文を教えて下さい。 「混乱」には、様々な物事が入り混じることで、秩序が崩れて安定が失われているという意味があります。 “I was mixed up by the tension. “disorder”(「無秩序・障害・乱れ」から、「混乱」を意味しています。) 「混乱」の類語・類義表現としては、「混迷・乱雑・混沌」「錯乱・狼狽・当惑」などがあります。

「混乱」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。, 当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。, 「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・混乱を使った言葉の意味・例文と解釈・類語や類義表現・混乱と困惑の違い」, 「色々なものが入り混じっていて、何が何だか分からなくなっている無秩序・パニックの状態」, “That mother was violently confused by daughter's traffic accident.”, “A strange event confused the situation.”, 「頭の中が色々なことでいっぱいになっていて、パニックでどうしていいか分からない状態(思考停止に近いような状態)」, 「複雑なことを言って、どうすれば良いか分からなくさせること(頭をパニックにさせること)」, 「球場で爆発テロが起こったことが引き金になり、1万人以上の観客が完全に冷静な判断と行動ができない無秩序な状態に陥ってしまったこと」, 「ショックで混乱した精神状態を整理することができれば、いつもの冷静な思考力と判断力を発揮できるようになるでしょう」, 「ショックで考える力が低下した乱れた精神状態を整理することができれば、いつもの冷静な思考力・判断力を再び発揮できるようになる」. 複数の物事が入り乱れているさまを示す「混乱」の類語として、「混迷・乱雑・混沌」を指摘できます。, 「混乱」の類語・類義表現として、「錯乱(さくらん)・狼狽(ろうばい)・当惑(とうわく)」があります。

「混乱」という言葉は「混(混じること)」と「乱(乱れること)」の漢字から構成されていることから、「複数の物事が入り混じること+今ある秩序・安定が乱れること」の意味合いを持っているということになります。

社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。, 「困惑」はどうしたらよいかわからなくてとまどう、「当惑」は事情がわからなくてとまどう, 「困惑している」と言うと「困ってとまどっている」という意味になりますが、「迷惑している」というと困っているだけでなく「不快に感じている」「不利益を被っている」という意味になるわけです。.

綺麗に片付いていない状態」を意味しているので、それと反対の意味を持つ対義語として「整頓=綺麗に片付けること」「統一=一つにまとまっている状態」を指摘できます。, 「混乱」の言葉の使い方は、「複数の事柄が入り乱れて秩序・安定をなくしている場合」や「色々な物事が入り混じっていて収拾がつかない時(パニック状態の時)」に使うという使い方になります。 その意味と反対の意味を持つ対義語として、「秩序=物事の正しい順序・筋道」「安定=物事が一定の落ち着いた状態にある」を上げることができます。 「混沌(カオス)」というのは、「色々なものが入り乱れていて秩序がないこと」を意味します。 © 2020 MEMOCO All rights reserved. 「困惑」というと困っている時や疑問を感じている時に使う言葉ですね。ネット上でもよく使われます。「困惑」には多くの類語がありますが、中でも紛らわしいのが「当惑」との違いです。今回は類語を中心に、「困惑」の意味や使い方を紹介します。 「混乱」の「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・混乱を使った言葉の意味・例文と解釈・類語や類義表現・混乱と困惑の違い」などについて、詳しく説明していきます。, 「混乱」の意味は、「複数の物事・要素が入り乱れて秩序・安定をなくすこと」や「色々なモノ・要素が入り混じって収拾がつかなくなること」「精神状態(思考力・判断力)が乱れて精神機能が落ちること」になります。 困り果てている場面や、気持ちの動揺を示す際に使われることが多い『当惑』という言葉ですが、非常に似ている言葉が多く存在します。似たような意味をもつ困惑との微妙な違いや、正しい使い方をあなたは把握できていますか?, この記事では、当惑についてさまざまな具体例を紹介しながら解説します。この機会に、ぜひ類義語との違いや正しい使い方をマスターしましょう。, 当惑とは、『どうすればよいのかわからなくて困ること』を指す言葉です。 また、困った状態や戸惑っている状態を指します。 当惑と似た意味の言葉や言いまわしは複数ありますが、当惑という言葉の成り立ちやニュアンスを知ることで違いを理解することができるのです。相手の気持ちに対して、どのような場面において当惑を使うことが適切なのでしょうか。, 当惑は、さしあたってのという意味をあわせもつ漢字である「当」という文字と、まどう、まどわす、まよいという意味を持つ漢字である「惑」という2つの漢字を組み合わせた言葉です。つまり、目の前の物事に対してとまどう様子を示す意味になります。, be perplexed be confused be embarrassed be puzzled be baffled 当惑する, 『当惑』は、物事にどう判断や処置をするかが分からずにうろたえる、迷って困り果てることを示します。, 「困惑」は、どうすれば良いか分からず悩むことを表す言葉です。一見似ている意味に思えますが、悩んでいるという具体的な行為の有無に違いがあります。困惑は困り果てたあげくに悩んでいる状況を含むことがポイントです。, このことからわかるように、特に悩んでいる様子が見られない場合には困惑を用いるのはやめましょう。困りごとに直面して動揺している、あたふたとうろたえているのであれば当惑を、さらに悩んでいる状況があれば困惑を使うといいでしょう。, どちらの言葉を使うべきが悩んだ際は、今一度、自分のおかれている状況をよく考えてみてください。, それでは、当惑を使った例文を見てみます。類義語である困惑などもあてはめてみると、互いの言葉のニュアンスの違いがわかるでしょう。, このように、当惑やその類義語である困惑は、どちらも困った状況の中で使われる言葉です。例文を参考に微妙なニュアンスの違いを読み取り、どのような状況なのかを見極めて、正しく使い分けられるようにしましょう。, この記事では『当惑』の正しい意味や使い方を解説しました。似ている意味を持つ困惑とは微妙にニュアンスが異なることをおわかりいただけたでしょうか。きちんと言葉の意味を理解して、さまざまなビジネスシーンや会話の中で上手に使い分けましょう。. 「混乱」という言葉は、「様々な要因が入り混じって無秩序・不安定な状態にある時」や「収拾のつかないパニック状態の時」に使うことができるのです。

“be mixed up”(「頭が混乱すること」を意味します。)

当惑は、どうすればよいのかわからなくて困ることを意味する言葉です。困った状態や戸惑っている状態を指します。当惑はどんなシーンで使うのが適切か、英語表現や似ている言葉「困惑」との違い、例文もご紹介します。ビジネスの場面で上手に使いわけましょう。

“be chaotic、in tumult”(「混沌としている」や「激動・落ち着かない」から、「混乱している」を意味します。), 「混乱」の対義語は、「秩序」「安定」「整頓」「統一」などになります。 先輩、昨日、とんでもないミスをしてしまって。もう何をどうしたらいいかわかりません。, 会社のいきなりの決定に、私も驚いているところだよ。契約中の取引先にどう説明すべきか、正直, シュールの意味をわかりやすく!「シュールな笑い」「シュールな光景」の使い方を例文から解説, 以降とはいつから?以降の範囲って?当日は含む?含まない?詳しい意味から英語表現まで徹底解説!, CHEWYではメルマガサービスの用意を進めております。メルマガでは、編集部選りすぐりの読者プレゼントやアンケートの募集、最新記事や特集記事など、お得な情報をお届けする予定です。サービスが開始しましたらメールをお送りしますので、配信を希望される方は下記よりご登録ください。, 困りごとに直面して動揺している、あたふたとうろたえているのであれば当惑を、さらに悩んでいる状況があれば困惑を使うといいでしょう。. “confusion”(「混乱」を意味するもっとも一般的な英単語になります。) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 “be confused by〜”(〜で混乱している。“confuse”は「混乱させる」を意味する動詞です。) 「混乱」は「色々な物事が入り混じってバラバラになっているさま。 “He is in confusion. 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文)

「混乱」 とは、 「複数の物事・要素が入り乱れて秩序や安定をなくすこと」 です。 「混乱」 の 「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・混乱を使った言葉の意味・例文と解釈・類語や類義表現・混乱と困惑の違い」 などについて、詳しく説明していきます。

「混迷」とは「複雑に入り混じっていて見通しがつかない」を意味し、「乱雑」とは「入り乱れていて整理されていないこと」を意味しています。 この「混乱」を使った例文は、「ショックで考える力が低下した乱れた精神状態を整理することができれば、いつもの冷静な思考力・判断力を再び発揮できるようになる」ということを意味しています。, 「混乱」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「混乱」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。, 「混乱」の類語・類義表現として、「混迷(こんめい)・乱雑(らんざつ)・混沌(こんとん)」があります。

「当惑」とは「複雑な事態を前にして、迷ったり途方に暮れたりすること」を意味します。 ”(彼は混乱してます。)

「錯乱」とは「ごちゃごちゃして秩序が無くなること」を意味し、「狼狽」とは「冷静さを失って、慌てふためくこと」を意味しています。 ”(私は緊張で、頭が混乱していました。) 「混乱」の言葉は、「色々なものが入り混じっていて、何が何だか分からなくなっている無秩序・パニックの状態」を示唆しているのです。 困惑(こんわく)とは。意味や解説、類語。[名](スル)どうしてよいか判断がつかず迷うこと。「困惑した表情をみせる」 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

更に、「混乱状態」は「頭の中が色々なことでいっぱいになっていて、パニックでどうしていいか分からない状態(思考停止に近いような状態)」も意味しています。, 「混乱させる」の意味は、「事態や状況・人間関係を余計にややこしくすること」や「複雑なことを言って、どうすれば良いか分からなくさせること(頭をパニックにさせること)」になります。 複数の事柄が複雑に入り乱れることを示す「混乱」の類義表現として、「錯乱・狼狽・当惑」が上げられます。, 「混乱」と「困惑」の違いは、「混乱」は「複数の物事が入り乱れて秩序を失う・精神的に乱れて思考力が低下する」を意味していますが、「困惑」の方は「どうして良いか分からずに困る・迷う」を意味しているという違いがあります。 例えば、「大勢の人々が一斉に意見を言い合ったため、議場は余計に混乱しました」や「施設内で火事が起こったため、人々は混乱とパニックに陥りました」などの文章において、「混乱」の言葉を正しく使用できます。, 「混乱」を使った代表的な言葉である「混乱状態」や「混乱させる」の意味を、解釈していきます。, 「混乱状態」の意味は、「色々な物事や要因が複雑に絡まり合っていて何が何だか分からなくなっている状態」になります。