中学受験を考えているけれど、近くに進学塾がない、共働きで塾への送迎が厳しい…そんなご家庭もあるはず。塾に行かなければ中学受験には成功しないのか?というと、そうでもありません。そこで、塾に行かずに中学受験対策を行うポイントについてご紹介します。 いろいろな中学校を調べてきて、... 塾に通わずに国立中学合格を目指すなら、どんな問題集が良いのか?わが家が使っている問題集も含め、代表的な問題集の紹介と選び方をまとめています。, 国立中学受検で必須ともいえる作文力。向上させるための通信講座の代表的な6社の費用、仕組み、指導内容などを徹底比較してみました。, 受検本番にはまだ早い!4年生や5年生の下準備に必要な知識を身につけるには今!役に立つ学習漫画のまとめです。, 国立中学校受検の出題範囲である体育。体育の勉強は、どこをどのようにする?効率の良い勉強方法を考える。. jQuery(function(){ jQuery("#toc_container:not(:has(ul ul))").addClass("only-toc"); " />

}); }); (i[r].q = i[r].q || []).push(arguments) jQuery(this).addClass("st-ac-cat"); }); 四谷大塚・早稲田アカデミーの中心的テキストである「予習シリーズ」です。4年上下、5年上下、6年上下のように構成されています。, 6年生の学習には当然6年上下を使うべきかと思いがちですが、ここが落とし穴です。上位生はそれで問題ありませんが、下位~中位生の指導で最も出番が多いテキストは5年下です。, 予習シリーズ6年上になると、かなりの応用問題が中心になります。「必修例題」と言えどももはや基本問題の域を超えており、四谷偏差値で50以下の子には適さない問題が多くなっています。それよりも5年下に掲載されている問題をじっくりと取り組むことの方が学習効果が高くなります。, 確かに旅人算などは、6年上に載っているもので必須の解法もあります。しかし現在算数を苦手としているのなら、学習すべきレベルの問題は5年下の方に多く掲載されているはずです。四谷偏差値50~55の学校であれば、5年下の内容が高いレベルで理解できていればそれだけで十分に合格ラインを狙えます。, 表紙に大きく「5年」と書いてあるので抵抗感あるかもしれませんが、6年生向けの基礎教材としてとてもよくできています。本棚の奥底に眠らせておかず、時には再登場させてみてください。, 四谷・早稲アカ生にとって盲点になりやすいのが「点の移動」です。6年上にはほとんど載っておらず、5年下の最後に載っています。5年生の最後なので学習がおろそかになりやすい単元です。ここが抜けている四谷・早稲アカの6年生は多いです。17回図形の移動(1)の点の移動は、6年生上位生でも復習の価値アリの単元です。, 夏休み中のスポット授業の打診を多数の方よりいただいております。ありがとうございます。お声かけていただいたこと、嬉しく思います。ただ8月中はレギュラー生の家庭教師が多く、スポット授業の機会を設けるのは難しくなりそうです。9月になれば何回かスポット可能コマが出来るかと思います。また改めてメール・LINE公式・ブログにてお知らせさせていただきます。, 記事はここまでです。

算田数太郎です。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。 2021年2月からレギュラー生として指導する生徒を募集いたします。 成績などは関係なく、先着順でお引き受けいたします。 来年2月から ... にほんブログ村, 2021年2月からの指導依頼を検討しているというご家庭がいらっしゃいましたら、メールやLINE公式からメッセージをお送りください。体験授業のご案内などさせていただきます。, 質問・相談・指導の依頼はこちらのメールアドレスまたはLINE 公式アカウントからどうぞ, 「弱点診断・テスト分析コンサル」というものも実施しています。詳しくはブログ上部のメニューバー内の説明記事をご覧ください。, 算田数太郎のLINE 公式アカウントの友達登録です。企業の公式アカウントと同じ仕組みです。(算田の個人アカウントではないのでご安心ください). m.parentNode.insertBefore(a, m) そろそろお盆休みになります。この期間を利用して弱点対策をしようと考えているご家庭も多いのではないでしょうか。単元ごとの復習をしようと思った場合に、サピックス生は大変です。製本されたテキストがないため、どの回のテキストを勉強すればいいのか探さなければならないからです。そんな中サピックス生におすすめしたいのが、土特で配られる分野別プリント(図形)です。土特の授業で毎回1枚配られています。表と裏に同じ問題が印刷されていますので、裏面はきれいなまま残っているかと思います。サピックスの下位生~中位生で夏に図形分野の ... 今年の3月~6月は本当にイレギュラーでした。サピックスや早稲アカ、日能研などほとんどの大手塾の授業が一時的にオンライン化されました。 zoomを使ったオンライン授業にしろ、動画配信の授業にしろ、慣れなくて学習に身が入らなかった子もたくさんいるでしょう。夏休みに入るこの時期にテストの成績が下がってしまい「休講期間に勉強できなかったから下がってしまった……」と嘆く声をよく聞きます。 しかしここで立ち止まって欲しいです!その成績低下、本当にコロナのせいだけでしょうか? 休講がなくとも、この時期に成績が下がる子は ... 今年の中学受験は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で異例尽くしです。一部の小学校では、早くも夏休みの短縮が発表されたようです。未発表の地域・学校についても、大なり小なり夏休みの短縮は避けられないでしょう。 これに伴って、中学受験生のご家庭は悩むことが増えます。学習の進度は大丈夫なのか、サピックスや早稲田アカデミー、日能研などの夏期講習に参加することは出来るのか。など…… しかし!これらも大事なのですが、見落としがちで、かなり大きな影響が出るのではないかと心配していることがあります。 それは「受験 ... 「第一志望の学校の学校の偏差値に全然届かないんです。志望校を変更したほうが良いのでしょうか?」という声におこたえしていきます。 学校別の「偏差値」とはそもそも何なのか? というお話からしていきます。結論から書くと、一般に塾の偏差値一覧表に書かれている偏差値は「80%偏差値」と呼ばれるものです。 例えば、2020年版の「四谷大塚入試案内」によると、開成中学の80%偏差値は71です。1年前に同じ模試を受けた受験生を追跡調査した結果、偏差値71を取っていた受験生の80%以上が開成中学に合格していた。という意味で ... 目を疑う光景がありました。 まさか……まさかSAPIXがこんなことをするわけが……いやしかし…… SAPIXのテキストにも、例の「勉強してはいけない問題」である「確からしさ」の問題が掲載されていたのです!!!信じられない!!! 本当に!!??「確からしさ」とはつまり言い換えれば確率のことです。移転前のブログの記事で、日能研の本科教室には未だに「確からしさ」という問題が掲載されていることを取り上げました。(参考:日能研の本科教室で絶対に勉強してはいけない単元!)確からしさを勉強してはい理由を説明します。一言 ... 第二回サピックスオープンが行われました。やはり今回も良問揃いです。「今の時期の受験生は間違えやすいが入試までには必須の知識」を詰め込んだような印象です。 算数A問題について、特筆すべき問題を簡単に講評していきます。他の単元との隠れた関連性や、保護者の方から見ると簡単そうな問題の意外な難しさなどに焦点を当てて書いていきます。 目次1 大問1 計算問題2 大問2速さと比3 大問3図形4 大問4売買損益5 大問6 場合の数 大問1 計算問題 最初の大問というと、単純な四則計算というイメージがあるかもしれませんが ... 算田数太郎です。 jQuery('.post h2 , .h2modoki').wrapInner(''); 中学受験の算数専門で家庭教師をしています。

jQuery(".st-ac-box ul:has(.cat-item)").each(function(){ 四谷大塚予習シリーズの算数は、 の4つからなっています。 時間があってすべてができるのであればそれでいいんですが、時間がない、もしくは難易度が合ってないと感じる場合は、切り捨ててもいいかなと思っています。 わが家の場合、志望中学校の算数がそれほどヘビーな問題が出ないので、練習問題は切り捨て。 させているのは基本問題のみです。 ガイダンス部分で大まかな内容把握と、例題や類題で解き方を知る。 そのう … jQuery(this).addClass('st-btn-open-click');

参考【生徒募集】2021年2月からの生徒を募集します。 })(window, document, 'script', '//www.google-analytics.com/analytics.js', 'ga'); 塾なし中学受験をする場合の使用教材は 「予習シリーズ(四谷大塚)」 か、もしくは 「新演習(栄光ゼミナール)」 がおすすめです。

jQuery('.st-star').parent('.rankh4').css('padding-bottom','5px'); // スターがある場合のランキング見出し調整

i['GoogleAnalyticsObject'] = r; 【お知らせ】2021年2月から指導する生徒を募集しております。詳しくはこちらの記事をご覧ください。 m = s.getElementsByTagName(o)[0]; 詳細は下の指導方針からご覧ください。. jQuery(function(){

四谷大塚の予習シリーズは一般販売がされているのが魅力ですね。 小学5年生の3月から6年生の10月までに「中学入試 算数 塾技100 新装版 」と「ステップアップ演習」を進めましょう。

一部の入学志望者が多い学校を除き、8割以上の中学校で実施されています。 }); (2018年3月5日 更新)塾なしで中学受験をすることを元塾講師が真剣に考えてみました。今回は受験学年である小学6年生の1年間を考えてみます。『前回までの流れ』塾なし中学受験をする方法を元塾講師が考える(小3までの期間)塾なし中学受験をする わが家は、冬期講習などに一時的に通うことはあれども、定期的に塾に通ってるわけではありません。, 使用しているのは、中学受験組の多くが使っていると言われている四谷大塚の予習シリーズ。, 基本的には私立難関中学を狙っている子が使うものでもあるので、国立狙いのわが家は少し応用して使っています。, 教科書以上の内容が出ることは確かですが、それほどの難問が出るわけではないんですよね。, 難関中学は親でさえ一昼夜考えてもひらめかないような難問が並びますが、国立の場合はそういうのではなく、どちらかというと思考力重視。, 高い教養レベルの知識の上で、どのように考えていくか?というのが一つのポイントになるかと思います。, 部活や習い事、生活態度などなど、勉強以外にもがんばらなくちゃいけないことが多いです。, 「学校のことはほどほどで、受験勉強だけがんばればいい」というのでは、国立中学は難しい気がしますしね。, ということで、塾からの指導やレクチャーがない我ら塾なし組としては、親の分析が超重要。, 要するに「どんなことをがんばって勉強した子を入学させたいか?」と言うことなのだと思いますが、その把握をまずは親がすることから始まります。, 時間があってすべてができるのであればそれでいいんですが、時間がない、もしくは難易度が合ってないと感じる場合は、切り捨ててもいいかなと思っています。, わが家の場合、志望中学校の算数がそれほどヘビーな問題が出ないので、練習問題は切り捨て。, 基本問題を一度で全問正解なんてわが家ではありえないので、間違った問題に関しては数日後にもう一度挑戦させます。, そして国立中学では必要になると思われるのが、単元の最後についている「漢字や言語要素の学習」の部分。, 国立中学では高い教養知識を求められる出題がけっこう多く、言葉を知っているかどうかもかなり重要な要素になります。, 時間を決めて読み込むような練習を、適当な時期からは始めておいたほうが良いだろうなと思います。, しかもサラッと教養問題みたいなので、社会の知識を問うてくるものも多くて、一番警戒しているのが社会だし、うちの子が一番苦手なのも社会です。, 暗記科目という面もあるので最終的には詰込みになるのかもですが、国立中学の場合は詰込みがあまり意味をなさないような気もしています。, 「○○=△△」という知識ではなく、前後関係も踏まえた知識を問うものが多いように感じるから。, 学校で工業について学んでいれば、四谷大塚テキストの順番をとばしたとしても工業についての勉強を。, 少しでも身につくように、忘れない知識を得られるようにと、そういう方法で行っています。, また、食卓でもつながることがあれば話題に出したり、その場で何かを調べたりもします。, デザートで桃を出したら、「この桃の産地は○○ですが…ほかに有名な桃の産地はどこでしょう!」みたいな。, 理科についても、わが家の志望校の出題内容はそれほど難問ではなく、小学校の内容プラスアルファといった感じ。, とはいうものの、ずいぶん前に習ったような気がする実験内容などがふいに出題されているので、まんべんなく学ぶ必要があります。, 正直、後回しになっている感がすごいので、もう少し理科の時間をとらねばと思っているところ。, 覚えていないとどうにもならない部分も多い教科なので、6年夏休み以降からは詰め込んでいくことも考えていかなきゃですね。, もちろん志望校によってはそんな副教材も使っていったほうがいいとは思うんですが、わが家の場合は必要性は感じないので使っていません。, できるのならやったほうがいいと思いますが、わが家はそこまで手が回らないのが正直なところ。, というのも、わが家の志望校の過去問を見れば見るほど、私立中学対策と同じ勉強法では歯が立たないなと思うことが多いからです。, ベースとなる学力はもちろん必要だけど、読書や図鑑を見て教養をつける時間をもたないと、どうにも点数につながらないような気がします。, それ以外に、例えば昆虫図鑑や植物図鑑(最近は高学年でも楽しめるようなものがたくさん!)なども一緒に見たりもします。, 四谷大塚の予習シリーズは、スモールステップで進めるようになっているので、塾に行っていない子でも少しづつ知識を深めていくことが可能…とは言いますけどね。, 実際のところ、誰にも教えてもらわずに、平均的な頭脳の子どもが一人で解いていくのは不可能です。, ガイダンス部分でさえもつまづくことがあるくらいなので、親がある程度は教えてあげられないと無理。, 加えて難易度も、「私立難関校狙いなら難易度が少し足りない」「国立中学狙いなら難易度が高すぎる」という面もあります。, 子どもの志望校に合わせて、どこまでさせるか、何を付け足していくか、親が決めていかなくてはいけません。, 親の手間としては少し大変ですが、ベース教材として予習シリーズが使えるのは非常に助かります。, ぜひぜひ過去問と予習シリーズをにらめっこしながら、どの範囲までを取り組むかを考えてみてください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 子どもの国立中学合格を目指している主婦。 そして、子どもたちがつまづくことが多いのも作文なんですよね。 「市販の教材だけで中学受験の勉強が出来るのか」といわれると、不可能ではありませんが厳しいと思います。, また、科目ごとに注意することがあるので、漠然と勉強しても効果は薄くなってしまいます。, 塾に通っている人たちと受験で勝負するので、1週間の勉強時間は塾の授業数+宿題をする時間数くらいは必要です。, 今回は、小学4年生のお子様が塾なし中学受験をすることを想定して、使用教材や勉強法、時間数についてを考えてみましょう。, 多くの塾では、2月から新学年のカリキュラムがスタートするので、4月からでなく2月からスタートすることをおすすめします。, 塾なし中学受験をする場合の使用教材は「予習シリーズ(四谷大塚)」か、もしくは「新演習(栄光ゼミナール)」がおすすめです。, 上記の理由から四谷大塚の「予習シリーズ」、栄光ゼミナールの「新演習」をおすすめします。, 小学4年生の塾なし中学受験の勉強に必要と考えられる教材として、最低限「予習シリーズ」「計算」「漢字」があります。(「予習シリーズ」は科目ごとに分かれています), まずは「予習シリーズ」「計算」「漢字」で始めてみて、余裕があるようでしたら「演習問題集」「週テスト問題集」を追加してみましょう。, 小学4年生の塾なし中学受験の勉強に必要と考えられる教材として、「新演習」「計算日記」「漢字日記」があります。(「新演習」は科目ごとに分かれています), 「新演習」「計算日記」「漢字日記」も1週間ごとに単元分けされているので、スケジュールが立てやすくなっています。, ※小学5年生からは、「新演習」「計算日記」「漢字日記」にプラスして「実力アップ問題集」を追加することをおすすめします。, 中学受験の勉強は、学校の勉強とは違うので予め進め方や内容を確認しておくことが大切です。, 漢字は覚えておくと確実に点数が取れますので、小学6年生になっても毎日覚えることが大切です。, 中学受験の勉強で覚える「慣用句・ことわざ・四字熟語」は量が多いですので、少しずつ覚えていくようにしましょう。, そういったお子様に対しては、「何行目を読んでその答えにしたの?」と聞くようにして下さい。, その場所を読んで答えの理由になっていなければ、答えが合っていても再度場所探しをする必要があります。, 計算がしっかり出来るようになりましたら、特殊算(植木算・周期算)などに慣れていきましょう。, そこで、小学4年生のうちに「図形好き」になっておくと、小学5・6年生になってから有利です。, というのも、中学受験をしないと見る機会がなかったりすること(春の七草など)まで覚える必要があるからです。, 小学4年生の理科のテキストには多くの写真やイラストが掲載されていますので、語句だけではなく視覚でも確認するようにしましょう。, 完璧に覚えられなくても小学5年生以降に再度学習する機会がありますので、心配は無用です。, 生物以外にも「化学」「地学」「物理」の分野もありますが、こちらも小学5年生以降に再度学習する機会がありますので、完璧に理解出来なくても大丈夫です。, しかし、嫌いにならないために勉強時間を短くしたりするのは逆効果ですので注意して下さい。, 使用教材が準備出来、各科目の勉強方法(注意点)の確認が終わりましたら、具体的に1週間のスケジュールを立ててみましょう。, 他の習い事との兼ね合いもありますので、お子様に任せるのではなく、保護者の方が中心となって一緒に計画を立てるようにしましょう。, 塾の授業であっても2時間程度となっていますので、そのレベルで計画を立てるようにしてみましょう。, ※日曜日は各科目の1週間分の直しの時間にし、直しがない場合や早く終わった場合は自由時間にしても良いでしょう。(小学6年生になると日曜日に模試が入ってきます), また、小学6年生になると毎月模試を受けることになると思いますので、嫌でも試験慣れをしていきます。, 「どうしてもテストをして確認したい」という場合は、テキストに付属している確認テストを行うようにしてみましょう。, 中学受験を目指すのであれば、小学4年生(実際には小学3年生の2月)からスタートをするようにしましょう。, 小学5年生からでも間に合わなくはありませんが、繰り返し勉強する機会がなくなってしまうので、余裕を持って進めることが出来ません。, また、勉強習慣を身につけるまでに時間がかかるので、小学4年生からスタートした方が良いでしょう。, 市販教材を補助教材とし、メインは「予習シリーズ」「新演習」のどちらかを進めるのが効果的だと思います。, どうしても1週間で覚えきれなかったことや、理解出来なかったことは、夏休みや冬休み、春休みなどの長期休暇で復習をすれば問題ありません。, 長期休暇中は学校がありませんので、普段のスケジュールとは別スケジュールで進めるようにしましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.