しかし、季節や着用時の行動によって適切な洗濯回数は変わってきます。, 人間の身体は、約60%が水分でできています。そして、普通に生活しているだけで、約2500mlもの水分が身体から失われているのです。, 1日に身体から失われる水分2500mlのうち、1600mlは尿や便として排出されます。残り900mlが、呼吸と汗として体内から出ていきます。普通に生活をしているだけでこれだけの水分が失われますが、スポーツをしたときにはもっと大量に汗をかくことでしょう。毎日の通勤だけでも、思った以上に汗をかいているかもしれません。, スポーツ時に汗をかくのはわかりやすいことですが、日常的に900mlもの汗をかいていることにはなかなか気付かないことでしょう。帰宅後にちょっと着るだけだと思っていたルームウェアも、実は着ている間にしっかり汗をかいているのかもしれません。そして、ルームウェアを着る時点でも、すでに身体はしっかり汗をかいている可能性もあります。汗は気付かないうちにかいているものなので、汗をかく肌に触れるルームウェアやパジャマもこまめに洗濯するほうが良いでしょう。

家でくつろぐ時間をリラックスしたいのであれば、着心地の良いルームウェア・パジャマ選びが重要。ただ上質なルームウェアやパジャマを選ぶだけでなく、日頃からしっかりケアすることも大切。1回着たルームウェアやパジャマを洗濯するかどうか迷うことはないでしょうか。 All Rights Reserved. ルームウェアやパジャマを身につけると、なぜか体がリラックスします。というのも、パジャマやルームウェア、ナイトウェアを着ることで、日常と切り替わるスイッチが入るからです。パジャマ・ルームウェアは、やはり上質な商品が揃... 忙しい日々の中で、家での時間をもっと心地よくリラックスさせてくれるアイテムがルームウェアです。大人女子のルームウェア選びは、とにかくかわいく、かつ素材にはとことんこだわることがポイント。 この記事では、パジャマやルームウェアのおすすめブランドを7つ紹介します。 ニット・セーターの洗濯頻度とは? よくニット・セーターは、あんまり洗濯しない方がいいって聞きませんか?. 実際、あまり洗濯し過ぎると傷んでしまうことから、洗濯の専門家も1シーズン終わるごとのペースで服を洗うことを推奨しています。スーツや制服を長持ちさせるには、何度もクリーニングに出すよりも、ブラッシングや陰干しといった自宅でのメンテナンスの方が有効です。さらに、スーツや制服を複数枚持っているなら、同じものを着続けずに、ローテーションで着た方が傷むペースをゆるやかにできます。 一般的な洋服と違い、クリーニング店で洗ってもらわなければならないスーツや制服は頻繁に洗濯することが難しいものです。さらに、何度もクリーニングすると素材を傷めてしまう可能性もあります。しかし、仕事や学校に毎日着ていっているのに、長い間洗わなくても大丈夫なのか心配になることもありますよね。今回は一般的にスーツや制服はどれくらいの頻度でクリーニングに出されているのかについてのアンケート結果をご紹介します。クリーニングに出すタイミングで迷った時はぜひ参考にしてみてください。, 一番多かったのは「季節ごとに出している」という回答でした。スーツや制服は毎日着るものですから、頻繁に洗濯したくてもシーズン中はなかなか洗う機会がないようです。長期休みを利用してクリーニングに出すという意見が多く見られました。, 2位は「気づいた時にクリーニングに出す」という回答でした。いつ出すのかは特に決めず、汚れ具合を見て判断している方も多いようです。汗をよくかく夏とほとんどかかない冬では汚れやすさが全く違うため、夏は比較的クリーニングするペースが速くなる傾向にあります。, 3位は「半年毎に出す」という意見です。このくらいのペースで洗濯するのが丁度良いと考えている方が多いようでした。また、1位の意見と同じく、衣替えや長期休みに合わせて半年に1回のペースで出すという意見もたくさん見られました。, スーツや制服を洗濯するのは、年に数回程という方が多いようです。これらの服は1着しか持っていない場合が多いため、洗濯するタイミングが難しく、月ごとや週ごとに洗うという方は少数でした。クリーニングに出すのに最適なのは衣替えの時期で、多くの方が夏の終わりや冬の終わりを選んでクリーニングしています。 毎日家でリラックスして過ごすための大事な「ルームウェア(部屋着)」。みんなは部屋でもおしゃれをしているの?洗う頻度はどれくらい?寝るときと部屋で過ごす服は一緒?など、意外と知らないリアルなルームウェア事情をおしゃれに敏感なflag shopの会員に調査しました! 今回は、そんなあなたにぴったりのコンセプトを持った人気ルームウェアブランドから、本物の大人かわいいル... コーチストアにてCoach×Kiko Mizuharaカプセルコレクションが開催。水原希子ほかゲストが多数参加 インターネットで買い物をすることが当たり前になっている現在ですが、やはり店舗に赴いて実際に商品を手に取って選ぶことにも不動の魅... この記事では、大人のおすすめルームウェアについてまとめています。ルームウェアは、外出の際のファッションとは違い、部屋でリラックスできる服装を選ぶのが定番です。しかし、大人の女性だからこそ、ルームウェアにもこだわりを見せることが大切といえます。ルームウェアという外出以外の服装にこだわることに... 近年、メディアなどでも紹介されることの多いオーガニックコットン。自然にも肌にも優しいオーガニックコットンは、女性を中心に大きく注目されるようになりました。しかしながら日本におけるオーガニックに対する関心は、世界的に見ると非常に遅れているのも事実です。環境保護が叫ばれ始めた今こそ、オーガニッ... 「高級な服」と聞くと、どうしても外出時に着る洋服を想像してしまう人が多いかもしれませんが、洋服は必ずしも人に見せるものとは限りません。むしろ、生活の質を向上させるには、家の中で着る服が重要になります。せっかくなら質の良いルームウェアを身につけたい、大切な人に素敵なルームウェアをプレゼントし... この記事ではおすすめのシルクパジャマについてまとめています。 なかなか人に聞けないパジャマ・ルームウェアの洗濯頻度ですが、生活状況によっても変わってきます。本心では毎日洗濯したくても、一人暮らしや共働き夫婦の場合、なかなか毎日の洗濯は難しいものです。, 毎日洗濯する理由として「一度脱いだものを着る気になれない」と回答する人がいました。週2~3日の洗濯頻度と回答した人の中にも、「毎日洗いたいけれど時間がない」派と「着用時間が短いからそれくらいでちょうどいい」派が存在するようです。帰宅後に着るルームウェアは、外出着と違って着用時間が短いため、少しくらい洗濯しなくても気にする必要はないのかもしれません。 実は、その通りなんです。 ニット・セーターを洗濯する頻度は、1シーズンに1〜2回ほど。 Foo Style Magazineは、『ラグジュアリー×ナチュラル』をテーマに、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間... Foo Style Magazineは、毎日を頑張るオトナ女子のためのメディアです。家の中で「ふぅ」と一息つく時間に、明日を輝かせるためのアイデアなど、各分野の専門家の知見を交えお伝えしていきます。Foo Style Magazineは家での上質なライフスタイルを提案するブランド"Foo Tokyo"が運営しています。. 洗濯物の乾きが早い日と、なかなか乾かない日があって、「どうしてこんなに違うんだろう…」と疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?実は、洗濯物の乾きやすさにはいろいろな理由があるんです。洗濯物が乾く時間をあるていど把握できれば、予定を組みやすくなりますね。 そして、洗濯をせずにいつまでもニット・セーターを着ていると、少しずつ溜まっていった汗が酸化し、それがニオイの原因になってしまいます。, 先ほど、あまり洗濯しない方がいいと言いましたが、そのまま放置しておくのは嫌ですよね。, ニット・セーターから約1㎝ほど離してスチームを5秒〜10秒間当てるだけで大丈夫ですよ♪, アイロンのスチームを5秒〜10秒間当てるので、とても熱くなっている可能性があります。, 先ほども言った通り、ニット・セーターは1シーズンに1、2回ほどしか洗濯することができないので、一回一回汚れを落とすことはとても大切ですよ。, 洋服専用のブラシは1つ持っておくとニット・セーターだけでなくスーツなどにも使用することができるので、まだ持っていないという方はこの機会にぜひ買ってみてくださいね。, 「クリーニングに出したら1回につき約500〜1,000円ほどかかるし、わざわざ出しに行くのは面倒…。」, このように、洗濯できる洗濯表示があったら自宅で洗濯可能ですが、洗濯できない洗濯表示があったらクリーニングに出してくださいね。, こちらに、ニット・セーターの洗濯方法が詳しく乗っているので、参考にしてみてくださいね。, ニット・セーターは、汚れてきたりニオイが気になり始めたら洗濯をするように心がけましょう!, お気に入りのニット・セーターをいつまでも着れるように、日頃からお手入れしてくださいね♪, 会社、学校などでいつも着ているワイシャツ。日常生活でもファッションアイテムとして使ってる方も多いのではないのでしょうか? そんなワイシャツですが、干し方などに気を配れば、自宅で洗濯した後の仕上がりにもずいぶんと差が出てく […], 洋服には、素材によってシワができやすい素材とできにくい素材があります。 シワができてしまうとせっかくの洋服も台無しですよね。 洋服のシワを取る方法はいろいろありますが、外出先でできたシワを取るには『シワ取りスプレー』が便 […], みなさん、普段のお洗濯でつけおき洗いをすることはありますか? つけおき洗いって少し手間がかかるし、面倒くさいなあ。 なんて思うかもしれませんが、とってもメリットが満載なんですよ♪ それではさっそくみなさんに、つけおき洗い […], みなさん、洗濯は好きですか? 「大好き!」なんていう人は少ないはず。毎日の家事の中で、ついつい面倒に思ってしまいがちです。 中でも、悩みが多いのが下着の洗濯。 洗濯しても黄ばみが取れなかった、生地がごわついた…なんてこと […], 夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […], 毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […], 洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […], 上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […], コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […], みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […], 洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […], 私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […], お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […], 今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […], 久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […], エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […], 湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […], 毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […], 洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […], お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […], 排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […], スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […], 干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […], いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […], 「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […], 白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […], 会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […], 新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […], 寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […], あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […], 帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […], 軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […], 日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […], ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […], 靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […], とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […], 急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […], もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […], どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […], スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […], お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […], 身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […].