歌詞は単なるギャグと言ってしまえばそれまでなんですが、反逆的なのもあり、意味不明だけど奥が深そうなのもあり、ドス黒い物語風のもあり、下ネタやユーモアもありって感じです。 とりあえず興味がある方は聞いてみてください。 三上寛 / 夢は夜ひらく 藤圭子の「圭子の夢は夜ひらく」歌詞ページです。作詞:石坂まさを,作曲:曽根幸明。(歌いだし)赤く咲くのはけしの花 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 [3], 歌詞の異なる様々なバージョンがあり、JASRACには20を超える作詞者による異なるバージョンが登録されている(2006年2月時点)。, レコードでは1966年に園まり(ポリドール)の歌で発売し大ヒットとなった[4]。それに追随する形で他社からカバー盤が出され[4]、緑川アコ(クラウンレコード)、藤田功(曾根幸明)と愛まち子(テイチク)、梅宮辰夫(コロムビア)、バーブ佐竹(キングレコード)の競作となった。緑川アコ版は園まりのオリジナル版相手に健闘した[4]。このうち梅宮版は要注意歌謡曲指定制度における旋律のみ使用可能なBランク指定となり、制度が1988年に失効するまで受け続けた[5][6]。1967年には、この曲をモチーフとした園まり主演の映画が公開されている(後述)。, その後多くの歌手にカバーされ、中でも1970年発売の『圭子の夢は夜ひらく』(石坂まさを作詞)は藤圭子の代表曲となった。1999年には石坂の作詞家生活30周年を記念し、藤圭子版の歌碑が花園神社(東京都新宿区)に建てられた。, アメリカ合衆国のデュエット曲『サマー・ワイン(英語版)』(リー・ヘイズルウッド作)との類似が指摘されることもある。発売順としては、1966年2月にヘイズルウッドとSuzi Jane Hokom歌唱のオリジナル版『サマー・ワイン』が米国で発売され、同年9月5日に園のオリジナル版『夢は夜ひらく』(SDR-1210)が日本発売、同年11月にヘイズルウッドとナンシー・シナトラのカバー版『サマー・ワイン』が米国発売されている。オリジナル版『サマー・ワイン』の音源は日本で注目されることはなく、またカバー版『サマー・ワイン』の日本発売(JET-1781)は翌1967年の8月であることから偶然であるとする意見が一般的である。, 1967年1月14日、日活により映画化。81分。監督は野口晴康。当時のザ・ドリフターズのメンバーがゲスト出演している。, 日活映画「男の紋章 竜虎無情」挿入歌 製作1965年12月19日、封切1966年01月14日。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=夢は夜ひらく&oldid=77755099. 夢は夜ひらく 緑川アコ そして三上寛のは3ヴァージョンあります。 まず、寛さん自身の作詞による過激歌詞ヴァージョンが2つ… 日本コロムビアの1stアルバム収録のヴァージョンと、URC盤 『ひらく夢などあるじゃなし』収録のヴァージョンです。 歌謡曲とフォークで「世の中クソだ」と吠えているようなのです。, 歌詞は単なるギャグと言ってしまえばそれまでなんですが、反逆的なのもあり、意味不明だけど奥が深そうなのもあり、ドス黒い物語風のもあり、下ネタやユーモアもありって感じです。, 三上寛のオリジナル曲ではないですが、最も人気がある曲でしょうか。 40年以上も前の日本にも破壊的で常識ハズレなミュージシャンがいたんだなあと嬉しくなりました。, パンクと言われることもあるようですけど1972年ですからパンク前に登場しているんですよねえ。, 三上寛の音楽は怨念フォークとか言われることもあるようですが、歌謡曲っぽいのやフォークミュージックに独特の歌詞が乗っている感じです。 『夢は夜ひらく』(ゆめはよるひらく)は、曽根幸明が作曲した日本の歌謡曲。 園まりが歌ったものと藤圭子が歌ったものが特に有名である。 藤圭子版のタイトルは『圭子の夢は夜ひらく』(jasrac届出の … そこが最高なんですけどね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, Sonic YouthのLive At Battery Park 2008とHold That Tiger, Queens Of The Stone Ageの…Like Clockworkがお気に入り、そのレコードについて, 「赤い疑惑」というバンドの「オレ達は日本で生きてる」というアルバムは素晴らしいです, Smashing PumpkinsのMachina/The Machines Of Godは埋もれた傑作. こういう風に書くと日本のバンドを馬鹿にしているような印象を与えてしまう気もしないではないですがそんなことはないですよ。, 日本人は「創るよりも真似する方が儲かることだけ知ってる」と歌った人もいましたが、勿論面白いことやっている人もいます。, 今日ご紹介するのは三上寛の「ひらく夢などあるじゃなし / 三上寛怨歌集」というアルバムです。, リリースは1972年なんで、もう40年以上も前の作品です。 洋楽至上主義者については以前書いた記憶があります。 園まりが歌ったものと藤圭子が歌ったものが特に有名である。藤圭子版のタイトルは『圭子の夢は夜ひらく』(JASRAC届出の題名)である。, 原曲は、東京少年鑑別所(練馬少年鑑別所、通称ネリカン)で歌われていた俗曲を採譜・補作し、曽根が自ら「藤原伸」名義で歌った『ひとりぽっちの唄』[1](1966年、テイチク、作詞:川上貞次(曽根のペンネーム))である。その後、歌詞・曲名を新たにつけかえ、園まりが歌うことになった[2] 「地球は言葉のテンプラよ」 理由は、もうロックはネタ切れ気味っていうのもあります。, ちょっと前にTame Impalaが気に入っているようなことを書きましたが、BeatlesやBlack Sabbathなどの元ネタのことを考えると笑ってしまうこともあります。, 新鮮さとか革新性を求めないならば、歌詞のわかる日本の音楽を聴いていた方が良いんじゃないかと。 「楽しい僕らの買い物かごにひと山幾らの堕胎児が」 私は「母さんを刺してから行け!」も面白くて笑ってしまいます。, 歌詞は意味不明なんですが、なぜか面白いです。

「死ぬな!ミミズ!」, この曲もギャグなのか真面目な曲なのか良くわからないです。 三上寛 の夢は夜ひらく の歌詞. 七に二をたしゃ 九になるが 九になりゃまだまだ いい方で 四に四をたしても 苦になって 夢は夜ひらく サルトルマルクス 並べても あしたの天気は わからねえ ヤクザ映画の 看 … 「ヌード写真に飛び散ったカルピス」で笑ってしまうと思います。 私はロックが好きなだけであって洋楽オンリーというわけではないですが、海外のロックを聴くことの方が多かったです。, でも最近は日本のバンドの音楽を聴く回数が増えてきました。