『大河ドラマ』(たいがドラマ)は、1963年(昭和38年)から放送されているnhkのテレビドラマシリーズ。略称は大河。. 大河ドラマ「麒麟がくる」で注目!越前・一乗谷の秘密をタモリさんがブラブラ歩いて解き明かす 戦国時代に繁栄した城下町はなぜ“消えた都市”となった?※アンコール放送 「ブラタモリ#124 福井」(初回放送2019年2月2日)をアンコール放送。

『葵 徳川三代』(あおい とくがわさんだい)は、NHKで2000年1月9日から12月17日に放送された39作目の大河ドラマ。20世紀最後のNHK大河ドラマ。, 豊臣秀吉の死の翌朝から、江戸幕府を樹立した徳川家康・秀忠・家光の3代の治世を、関ヶ原の戦い、豊臣政権の消滅、朝廷との関係、徳川幕府の成立の過程を中心に描く。初期は戦国ドラマ、中期と末期は政治劇の要素が強くなる。放送年である西暦2000年が関ヶ原の戦い(西暦1600年)から400周年に当たることから、第1回は「総括関ヶ原」と銘打って関ヶ原の戦いをダイジェストで放送し、第2回から13回まで関ヶ原に至る内容を遡る形で描かれた。関ヶ原の戦いの合戦シーンは多額の制作費をかけた映画並みの迫力となり、映像や甲冑は史実再現性も高い。CGが効果的に使われたことも特徴である。大河ドラマ初の全編ハイビジョン作品[1]。, 物語の中期と末期は政治劇の様相が強く、歴史書並に「○○がM月に亡くなった」云々など細かい事項まで取り込んでいる。劇中の解説は中村梅雀演じる徳川光圀が担当した。第2回の登場シーンに表示されたテロップ「明暦三年(1657年)」は光圀が『大日本史』編纂に着手した年である。, 主人公がリレー形式となるのは、1993年から1994年にかけて放送された『炎立つ』以来となる(ただし、『炎立つ』のように複数部に分けた構成とはなっていない)。家康が主人公の作品で省略されがちであった家康の生母(於大の方)の死も描いた珍しい作品でもある。ただし、脚本のジェームス三木は、実質的な主人公は家康と家光に挟まれて影の薄い秀忠であるとノベライズ版の終盤に書いている。実際、家康は人生の晩年しか描かれておらず、秀忠の死は最終話の1話前であり、家光が単独で主人公となるのは最終話のみで嫡男家綱の誕生までがダイジェスト的に描かれるのみである。, 家康はアクの強い強面と強烈な肉親愛を兼ね備えた人物、秀忠は親父と妻の板ばさみになる人物(閨房[2]での会話場面が多い)、家光は情緒不安定な人物として描かれている。特に家康に関しては、かつての大河ドラマ『徳川家康』の原作ともなった山岡荘八の小説『徳川家康』に代表される「天下のために私情を殺した」家康像や、山岡以前の単なる「狸おやじ」像とも異なる、謀略主義と短気な面が強調されて描かれている。津川雅彦が大河ドラマで家康を演じるのは『独眼竜政宗』に続き2回目(大河以外も含めると4回目)であるが、山岡の原作による『独眼竜政宗』の家康と本作の家康とでは、性格面の描写がかなり異なる感じに演出されている。また、単独主演ではないものの津川は2015年までで、大河ドラマ史上最年長での主演となっている(津川は1940年1月2日生まれで、放送開始時点で60歳0ヶ月7日だった)。, 主演の津川雅彦、西田敏行をはじめ、岩下志麻、江守徹、小川真由美、夏八木勲、細川俊之、小林稔侍、西郷輝彦、宇津井健、佐藤慶、樹木希林、草笛光子、山田五十鈴等ベテラン俳優陣の演技がドラマを盛り上げ、20世紀最後の大河ドラマに相応しい重厚さと風格を示した。1950年代以前に生まれた俳優が大河主演を務めたのは2019年現在本作が最後となっている。, 光圀の与力である「助さん・格さん」は女優が演じた。これは「戦国時代に比較し、光圀の時代の武士は骨格が華奢になっていた事を表現するためである」とジェームス三木は語っている。なお、大河作品で女性が男性を演じたのは本作が初めてではなく、『太平記』における後藤久美子(北畠顕家)の先例がある。, 徳川家康を演じた津川雅彦は、家康の癖であると伝えられている「爪を噛む」仕草として、「嫌らしく見せよう」と噛んだ爪を近習が持ってきた懐紙の上にプッと吐き出す芝居を頻繁に演じたが、視聴者から「食事時に気分が悪い」と抗議が続出した。これに対し津川は「行儀云々を言う前に、テレビを見ながら食事をするのを止めたらどうだ」と反論した。だがこの抗議にNHK側が折れ、まず「プッ」という吐き出す音が消され、やがて爪を噛む演技自体が封印させられた。15話では家康のかかった病について解説した際、「寸白」「口から虫を吐く」といった表現が用いられたため、光圀が「失礼。お食事はお済みでござったか」と述べるシーンがある。, 音楽は岩代太郎が手掛けた。オープニング映像は戦闘を強調するものではなく(戦闘の描写は中盤に少し登場するのみ)、春夏秋冬を表現して、時の流れを表現するものとなっている。群馬県利根郡利根村(現・沼田市)の吹割の滝、奈良県宇陀市の瀧桜、日光東照宮などの風景が使われている。, 慶長3年8月18日(1598年9月18日)、太閤豊臣秀吉は巨万の富と幼い遺児・秀頼を残しこの世を去る。五大老筆頭・徳川家康はこれを天下獲りへの絶好の好機と睨み、秀吉の残した数々の遺訓に背いていく。, そんな家康の専横を阻もうと一人の男が立ち上がった。五奉行・石田三成である。そして天下分け目の戦い・関ヶ原へ向かって家康と三成の激しい謀略戦が始まった。, 家康の孫にあたる水戸光圀は父祖の正しい歴史を伝えるべく、秀吉の死後から徳川三代の物語を語る。, 第1回は1時間25分の拡大版。第25回は第42回衆議院議員総選挙の開票特番を放送するため地上波放送が繰り上げ(午後7:15-)、第37回・第38回はシドニーオリンピックにともなう特別編成のため地上波放送がそれぞれ繰り下げ(第37回が午後8:20-、第38回が午後8:15-)、9月24日はオリンピックで放送せず。最終回は1時間の拡大版。, 大河ドラマでは初となる全編ハイビジョン撮影作品であるため、ハイビジョン試験放送(BS9ch)でも日曜20時(総合テレビと同時間帯)に放送していた[4]。なお、2000年12月1日からBSデジタル放送が開始したため、12月3日以降の最後の3話はNHKデジタル衛星ハイビジョン(BShi)の放送に移行した(BShiでの放送時間は21:30 - 22:15)[5]。また、NHK衛星第2テレビジョン(BS2)においてもアナログ・デジタルの同時放送となった(BS2での放送時間は22:45 - 23:30)。, 2019年4月から2020年3月まで、NHK BSプレミアムで毎週日曜6:00 - 6:45に放送された。, 「今宵も、おなじみの顔でござる」が決め台詞。ただし、22話までは特に台詞はなく、時々ししおどしの音に合わせて軽くお辞儀するだけであった。変形としては「今宵も、おなじみの顔ぶれでござる」「今宵も、おなじみの面相でござる」というものもあった。, 同じジェームス三木の大河での前作『八代将軍吉宗』でも、近松門左衛門を同じような解説役で登場させており、続けてこの手法が用いられた。演じた梅雀曰く、「(ドラマの中での)光圀はドラマのエピソードをつなぐ役割で、時空を飛び越え縦横無尽に活躍」した。, MOONLIGHT to DAYBREAK - トゥルー・ラブストーリー〜恋のように僕たちは〜 - 心に私がふたりいる - 負けない愛がきっとある - 遠い日のメロディー - 青い鳥 - Birthday - 愛してる (高橋克典 with 仲間由紀恵名義) - 恋のダウンロード (仲間由紀恵 with ダウンローズ名義) - 恋は無期限 (仲間由紀恵 with ダウンローズ名義) - 北陸ロマン -プレミアムデュエットバージョン- (谷村新司×仲間由紀恵名義), 青い夏 - 世にも奇妙な物語 - 坊っちゃんちゃん - もう我慢できない!