q 腸のポリープを切除後の食事. year(); 大腸ポリープは、遺伝的要因や食生活をはじめとする生活習慣が原因となってできると考えられています。もしもできてしまった場合でも、癌になる前に切除できれば予後に問題はありません。しかし、その後の生活ではどのようなことに注意しなければならないのでしょうか。 大腸のポリープの切除をしました。手術後3日目の夕食に、ピイナッツと日本酒(1合)飲んで休みました。その後午前3時ごろ腹痛と吐き気をもようしてしまいました。 術後の食事はどの様にしたらよいでしょうか。 ポリープ切除後に見られる出血の一番の原因は飲酒です。1週間は禁酒を必ず守ってください。アルコール摂取により大腸の血管は拡張しますので、出血が起こりやすくなります。また、重労働や疲労も避けるようにしてください 父が大腸ポリープの切除をしました。退院後4日目にノンアルコールを飲みだしました。母がダメだと話すと怒りだし、お酒じゃないから大丈夫だと飲みだしました。これってまずくないですか。また、ノンアルコールとか糖質ゼロという飲みも ポリープの切除はほとんどの場合、内視鏡で腹部(患部)を切らずに行えます。これをポリペクトミーといいます。腺腫の一部にできた初期のがんまで治療可能となります。, 胃の粘膜にできるキノコ状のできものを胃ポリープといいます。厳密にはがんなどの悪性腫瘍以外のものを指しますが、完全に区別できないこともあります。ポリープの一部が、がん化している場合もあります。, 胃にできるポリープのほとんどは、過形成性ポリープといって、本当の腫瘍ではなく、炎症による粘膜の盛り上りです。これはがんとあまり関係ありません。胃では比較的少ないものに、腺腫と呼ばれるポリープがあります。これは良性の腫瘍ですが、がんとの関連性もわずかではありますが知られています。, 大腸癌は胃癌と違い大部分がポリープから発生します。大腸癌はほとんどが良性の腺腫性ポリープが大きくなり癌へと進んでまいりますので、そのポリー プのうちに切除すれば、いろいろな臓器の癌の中で唯一、癌になる前に治療できる病気です。このポリープの段階なら、内視鏡的切除が可能です。しかし、この ポリープの段階では、症状が出ないのがほとんどですので、検査が必要となります。最も簡単な方法は、検便による便潜血反応ですが、この検査ではつかまらない癌・ポリープが非常に多く、信頼性に欠けます。かつて、日本人には比較的少ない病気と考えられていましたが、このところ急激に増加しています。欧米風の脂肪が多く、繊維の少ない食事がその一因と考えられています。, 内視鏡の先端から輪(スネアー)を出してポリープをとらえ、これに高周波電流を流しながら輪を引き絞るとポリープが完全に根元から切除できます。切除したポリープは回収し、良性か悪性かを判断するため病理検査を行います。, 大腸ポリープの80%は良性の腫瘍ですが、ポリープが大きくなるとがん化するリスクが高まっていきます。, 自分の腸で発見されたポリープの種類や大きさを知ることで、今後の適切な検査・治療に繋げることが可能になります。, 1.出血・穿孔等の合併症は、ポリープ切除後、翌日から発生することがあります。 切除後1週間は要注意です。2.ポリープ切除後の1週間は激しい運動や重いものを持たないで下さい。3.2~3日は、排便をいきまず自然に出すように心がけて下さい。 (ポリープを取った部分の腸壁は弱いので、下腹部に力を入れず圧をかけないようにする。)4.当日は入浴禁止。1週間はシャワー程度にして下さい。5.1週間は刺激物を避け、飲酒しないで下さい。 ポリープ切除後、1週間以内に赤黒い便や腹痛等があった場合は当院へ早めに連絡して下さい。, 大腸ポリープは「がんの芽」といわれています。ポリープを切除しがんの発生を防ぎましょう。通常、がんは早期発見が大切で、予防することまでは困難といわれていますが、『大腸がんはポリープを発見し、切除することで予防が可能です。』また、大腸ポリープには良性で癌化しないもの、良性だが癌化ポテンシャルをもつもの<大腸腺種>、悪性のもの<大腸がん>に分かれます。大腸腺腫や大腸がんは内視鏡手術の治療対象となります。大腸ポリープはサイズが大きくなると内視鏡では手術できなくなりますので、比較的小さいサイズのうちに、内視鏡で手術しますと、開腹手術にならずに済みます。, 病院によってはポリープを発見しても経過観察をする場合がありますが、当院では、患者さんの 負担を減らすためにも発見した際にその場で切除をします。, 大腸にカメラを入れて検査をすることに対して、抵抗のある方もいらっしゃるかもしれません。, 当院では静脈麻酔によって非常に落ち着いた状態で、痛みなく検査を受けて頂くことができ、患者さんの多くは「あっという間に終わった」とおっしゃいます。, 検査当日は2リットルの洗腸下剤を飲んでいただくか、錠剤を服用していただき、数回以上の排便後、便汁がほぼ透明になって、初めて検査が可能になります。, つまり検査は準備を含めて、1日がかりとお考え下さい。 検査後は、食事制限の為に、低血糖になっています。また洗腸下剤のために脱水症状になっています。 帰宅される前に甘いものや水分を補給してください。, 〒208-0013 東京都武蔵村山市大南3-68-3TEL 042-590-2266. 大腸ポリープは、遺伝的要因や食生活をはじめとする、生活習慣が原因となってできると考えられています。, ポリープの大きさにもよりますが、傷口が痛むということも術後はあまりないと言われていますので、つい術後すぐに無理をしてしまいがちになります。, しかし、術後すぐに無理をして家事をしたり、走り回ったりと体を酷使してしまうと、傷の回復が遅くなるだけでなく、傷口から出血してしまうこともありますので、まずは安静にするということが重要です。, 入院している場合にも、退院すれば動き回って良いかというとそうではないので、安静に、食事も消化の良いものに限定して摂取することが重要です。, ポリープができたから今後一生アルコールは厳禁という訳ではありませんが、少なくとも術後の1か月間は控えましょう。, 次にタバコですが、タバコは発がん性があるとも言われていますし、一般的に胸焼けを誘発するとも言われていますので、できれば禁煙が好ましいです。, しかし、禁煙によるストレスが過度に溜まってしまう状態も体にはよくありませんので、無理せずにまずは本数を減らすなどから試みてはいかがでしょうか。, ただ、その後については自分の体の調子を見て無理のない程度に付き合いのゴルフはOKです。, 内視鏡手術は体に負担のない術式ではありますが、少なくとも体の中に傷があるということを忘れずにいたわって生活しましょう。.

術後すぐに無理をして家事をしたり、走り回ったりと体を酷使してしまうと、傷の回復が遅くなるだけでなく、傷口から出血してしまう. 医療法人社団もかほ会 武蔵村山さいとうクリニック All Rights Reserved. Copyright © 2016 All Rights Reserved. 大腸ポリープ切除後の食事や注意点、大腸ポリープ切除について記載をしているページになります。大腸ポリープ切除後は脂っこいものを避けたり、炭酸や唐辛子、お酒(アルコール)などは避けるようにして … Copyright© 胃にできるポリープは、胃の粘膜が隆起しただけで、がんになるものはほとんどありません。一方、大腸のポリープは大きくなると、がん化するリスクがあります。, ポリープを切除した後は、どんな生活をしていても良いわけではありません。2日間安静にし、食事も3日間程は柔らかく、繊維質の少ないものを選び、量も少なめにします。, 大腸癌は胃癌と違い大部分がポリープから発生します。大腸癌はほとんどが良性の腺腫性ポリープが大きくなり癌へと進んでまいりますので、そのポリープのうちに切除すれば、いろいろな臓器の癌の中で唯一、癌になる前に治療できる病気です。このポリープの段階なら、内視鏡的切除が可能です。しかし、このポリープの段階では、症状が出ないのがほとんどですので、検査が必要となります。最も簡単な方法は、検便による便潜血反応ですが、この検査ではつかまらない癌・ポリープが非常に多く、信頼性に欠けます。. 大腸ポリープ切除後の食事や注意点、大腸ポリープ切除について記載をしているページになります。大腸ポリープ切除後は脂っこいものを避けたり、炭酸や唐辛子、お酒(アルコール)などは避けるようにして … ポリープ切除の後の注意. 男性に限定するとがんの中での死亡原因の第一位が胃がんから大腸がんに取って代わられています。 大腸がんを予防するには食生活を野菜中心にすることが重要です。 しかしながら大腸がんは早期発見をすれば治癒率の高いがんでもあります。 定期的な健康診断によって早期発見に努めること 大腸ポリープ手術後の食事で気をつけたい事!どれ位の手術時間と期間病院で過ごすのか. 腸の病気.net , 大腸ポリープ切除後の食事【ヨーグルトは問題ない?】 大きなポリープを切除した場合など、出血の可能性が高い場合は手術後から絶食となる場合があります。 それはどうしてでしょうか?そしていつまででしょうか? 【大腸ポリープ切除後禁酒が必要なわけ】 大腸ポリープは大腸内視で切除することが可能であるために、切除後も外見上大きな変化はありません。 ですが、大腸には傷が出来ている状態です。 アルコールは血行をよくするため傷口か� 大腸内視鏡検査前日はアルコールと何がダメなのかの紹介ページです。大腸内視鏡検査ならたまプラーザ南口胃腸内科クリニックへお越しください。苦しくない無痛内視鏡検査を取り入れた世界最高水準の医療を行っております。日曜診療も実施。皆様のお越しをお待ちしております。 ポリープ切除後に見られる出血の一番の原因はアルコール摂取によるものです。 ... 出血があった場合には、大腸からの出血かどうかを判断するため以下のことが行なわれます。 ... 胃カメラ(上部消化管内視鏡) (23) 胃透視(バリウム検査) (21)

大腸内視鏡検査は検査前から準備があり、検査を終えほっとするのも束の間・・・検査後も不安になる症状や注意する点などが出てくる場合があります。, そこで、検査後に不安にならないために大腸内視鏡検査後の注意点を事前に知っておくと安心です。, 例えば、うどんやおじや、食物繊維が少ないもの、ヨーグルト、プリン などがおすすめです。, 上記のように何らかの治療・処置を行った場合は出血する可能性がありますので、多少の食事制限が必要となります。, 特に熱い物や刺激物は全体的に血流を良くし出血を起こしやすくなるため摂取しない方が良いでしょう。, 大腸ポリープのできやすい人はもともと濃い味付けが好きな傾向にありますので、この機会に薄味を心掛け塩分を摂りすぎない食生活に改善していきましょう。, タンパク質を摂ることも大切ですが、消化する際に内臓に負担がかかりやすいイカや貝類などは控えてください。, また、食物繊維の多いおからや大豆の水煮は消化されずに腸に負担がかかりますので1週間は控えます。, これは大腸の血管がアルコールを摂取することで拡張し、出血が起こりやすくなるためです。, また、ファイバースコープの検査の場合は、検査時点でレーザーによってポリープをつまんで切除します。, しかし、切除時に出血をした場合にはクリップで留めることになり、その場合には治癒するまではアルコールは2週間ほど禁酒となります。, 検査をした時にファイバーで肛門のところや腸内の粘膜をこするので出血することはあり、問題はそれが自然に止血するか出血が続くかということです。, これは検査の際に入れた空気の影響ですから問題はなく、お腹をさするなどしてガスを出すと楽になることがほとんどです。, また、検査中に使用した薬剤により口の渇きがあったり少し目がかすんだりすることがありますが、徐々に元に戻りますので心配はありません。, 治療に時間を要したなど腸に負担があった場合は消化不良が続き下痢になる場合もあります。, 大腸内視鏡検査では穿孔も稀に起こり腹膜炎症状のため時間と共に痛みが増す場合もあります。, 検査の前処置で便を完全に出し切った事と食事が摂れていないことが原因となる事が多いです。, また、大腸を観察するために空気を送り込んで膨らませていますので、吐き気が起こる事もあります。, 大腸カメラをしたときに腸に穴を開けることが稀にあり、その場合には腹膜炎を起こして発熱することがあります。, もしポリープが見つかった場合でも散歩などの軽い運動は検査翌日からでも可能ですが、腹圧のかかるゴルフやテニス、ジョギングなどは 1週間は避ける様にして下さい。, 同じ検査をしても検査の結果でその後の食事の注意点も変わるものだとお分かりいただけたと思います。, タグ : アルコール, 体調不良, 出血, 大腸内視鏡, 検査後, 注意, 運動, 食事, 出血があった場合には、大腸からの出血かどうかを判断するため以下のことが行なわれます。, 体調不良があっても心配いらない場合もありますが、もし不安があったり腹痛や熱が続く場合は速やかに病院へ行くようにして下さい。, 何らかの治療・処置を行った場合は出血する可能性がありますので、多少の食事制限が必要となります。, 生検検査やポリープ切除など何らかの治療を行った場合は出血の可能性があるので、多少の食事制限がある。, 検査後の体調不良は心配ない事も多いが、不安な点や腹痛や熱が続く場合は速やかに病院へ行くこと。.

1.出血・穿孔等の合併症は、ポリープ切除後、翌日から発生することがあります。 切除後1週間は要注意です。 2.ポリープ切除後の1週間は激しい運動や重いものを持たないで下さい。 アルコール.