小林寅喆(いんてつ)教授のプロフィール 1962年 東京都生まれ(58歳:2020年5月現在) 1984年 北里大学 衛生科学学院 卒業 1985年 東邦大学 医学部 微生物学 教室 こんにちは。ハジイチです。 それが危険なことわからんやつは、とっとと感染しちまえ。 何×何のマス目になりますか? 世間のイメージとはそういうものなのでしょうか?, 40代で30万円の貯金ってすごいんですか?先日、同棲してる彼氏が『親が30万円の貯金があるからスポーツカー(WRX)買うらしい』と言ってきました。それも自慢げに。

東京電機大学の事務系職員の収入はどのような感じでしょうか…?私立大学職員の収入は(仕事内容から考えても)かなり良いとよく言われますよね。 All rights reserved. (ポスター) 2010/05/26, The increase of CTX-M-2 type ESBL-producing, 歯性感染症における起炎菌検出率と検査材料の新鮮度および疾患との関連性について (ポスター,一般) 2010/04/05, 腸管系病原菌新鮮臨床分離株の各種抗菌薬感受性 (ポスター,一般) 2010/02/05, 病院内で使用されている携帯電話(PHS)に存在する細菌に関する検討 (ポスター,一般) 2010/02/05, 福岡市における各種薬剤耐性淋菌の分離状況 (口頭発表,一般) 2009/12/12, 歯性感染症由来細菌のbiofilm形成と各種抗菌薬の影響 (口頭発表,一般) 2009/11/13, 消化器外科領域におけるサイクリング療法の検討 (口頭発表,一般) 2009/10/30, ハンドドライヤーのジェット温風による細菌飛沫について (ポスター,一般) 2009/09/14, Penicillin Susceptibility in Group B Streptococci (GBS) Isolates from Vaginal Specimens and Non-vaginal Specimens in Japan (ポスター,一般) 2009/09/12, ジェットタオルの菌汚染状況と飛沫菌による手の汚染 (ポスター,一般) 2009/08/26, 爪白癬菌の検出・同定における培養法とPCR-RFLP法の比較検討 (口頭発表,一般) 2009/08/19, 歯性感染症由来菌のbiofilm形成と各種抗菌薬のbiofilm形成抑制作用について (口頭発表,一般) 2009/07/11, 抗真菌薬の臨床効果の適切な判定方法に関する研究 (口頭発表,一般) 2009/06/20, 要介護高齢者の口腔ケアに必要な口腔細菌の検討-唾液内細菌叢の検討- (口頭発表,一般) 2009/06/20, 歯性感染症由来菌のbiofilm形成と各種抗菌薬のbiofilm形成抑制作用について (口頭発表,一般) 2009/06/04, Molecular Identification and Susceptibility Patterns of the, High Prevalence of Fluoroquinolone Resistance in Extended-Spectrum β-Lactamase-Producing Isolates of, 歯性感染症由来細菌のbiofilm形成とビスホスホネートの影響 (口頭発表,一般) 2009/04/23, 2例のMRSAアウトブレイクに対する環境調査とその重要性 (ポスター,一般) 2009/02/27, Carboxymethylcellulose-Zinc繊維(リパルス)の抗菌効果に関する検証 (ポスター,一般) 2009/02/27, 開院からの3年間における血液培養提出状況 (ポスター,一般) 2009/02/27, 病院内温水洗浄便座装置の細菌汚染に関する検討 (ポスター,一般) 2009/02/27, MRSAアウトブレイク2事例における検査室の対応 (口頭発表,一般) 2009/01/31, 血液培養陽性ボトルにおける塗抹標本グラム染色所見の有用性 (口頭発表,一般) 2009/01/31, Antimicrobial activity of Sitafloxacin, a Novel Fluoroquinolone, to, Double Zones of Inhibition to Amoxicillin/Clavulanic acid in BLPACR Strains of, Bacteriological characteristics of a rapidly spreading CTX-M-2 type beta-lactamase producing, PCR-RFLP法による爪白癬菌の迅速検出・同定に関する検討 (口頭発表,一般) 2008/07/05, 多剤耐性緑膿菌に対するfosfomycinの抗菌力に及ぼす測定培地の影響 (口頭発表,一般) 2008/07/04, PPI投与による便中抗原測定法への影響-UBTとの比較- (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2008/06/26, ピロリ菌の胃粘膜への侵入と胃所属リンパ節への流入 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2008/06/26, ブロッコリースプラウトに含まれるSulforaphaneのin vitroにおける抗, 各種抗菌薬の歯性感染症起炎菌に対する抗菌活性とその経年的推移 (口頭発表,一般) 2008/06/06, Direct Detection and Identification of Causative Fungi of Onychomycosis by Nested PCR Amplification and RFLP Analysis (ポスター,一般) 2008/06/01, The Influence of Inoculum Size and Incubation Time on Macrolide Susceptibility Results for, 福岡市における各種薬剤耐性淋菌の分離状況と男子尿道炎に関するアンケート調査結果について (口頭発表,一般) 2008/04/25, 歯性感染症患者から分離された起炎菌の変遷と主要分離菌の抗菌薬感受性推移 (口頭発表,一般) 2008/04/17, 爪白癬菌の検出・同定における培養法とPCR-RFLP法の比較検討 (口頭発表,一般) 2008/04/17, 当医療センターにおける開院からの各種耐性菌モニタリングについて (ポスター,一般) 2008/02/22, 入院下痢患者における便培養の必要性に関する検討 (ポスター,一般) 2008/02/22, 血液培養から検出された緑膿菌の各種性状に関する検討 (口頭発表,一般) 2008/02/01, 多剤耐性緑膿菌に対するfosfomycinの抗菌力 (口頭発表,一般) 2008/02/01, 多剤耐性緑膿菌アウトブレイクにICTとして対応した1事例 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2008/02/01, 臨床分離緑膿菌3233株に対するMonte Carlo Simulationを用いたカルバペネム薬の治療効果予測 (口頭発表,一般) 2008/02/01, 各種増菌培養法を用いたGBSスクリーニングの評価 (ポスター,一般) 2008/01/26, 新規ドライプレート”MIC192”を用いた各種耐性菌の検出について (ポスター,一般) 2008/01/26, 尿道炎患者における咽頭クラミジア・トラコマティス検出に関する検討 (ポスター,一般) 2007/12/01, 福岡市における各種薬剤耐性淋菌の分離状況 (ポスター,一般) 2007/12/01, 尿輸送用キット「ユーリンカルチャーキット」を用いた尿中細菌数の安定性 (口頭発表,一般) 2007/11/17, 臨床分離嫌気性菌に対するLinezolidの抗菌活性に関する検 (口頭発表,一般) 2007/10/26, Antimicrobial susceptibility testing of gram-negative bacilli using a novel micro-well plate (ポスター,一般) 2007/09/17, First susceptibility surveillance of MRSA for telavancin in Japan. 参考にして頂けたら幸いです。

よろしくお願いします。, 【アナと雪の女王2】あらすじ・キャスト・ネタバレ・口コミ・動画配信サービスの紹介!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 今まで感染することを恐れていましたが、自分が移す側の立場になり、他人に移さないようにするための行動をと言う事ですね。, マスクの着用徹底と「手で目、鼻、口を触らない!」を徹底することがとても重要と言うことですね。, BS-TBSの報道1930の中でこのメッセージは特に中高年に向けて発信したと言っていました。, 感染した時に備えて、栄養と睡眠を十分にとり、重症化のリスクが高い喫煙はやめるべきと言うことですね。, ツイートを発見して家族や友人にも伝えました。確かに乱暴な言葉ではありますが、わかりやすく心に響きました!実際共感者が続出しています。. 私は見えなくて気が付きませ... 旦那が東大卒なのを隠してました。 呼吸器感染症由来の各種耐性菌に対するpiperacillin抗菌活性-MRSA, PRSP, BLNAR, 臨床分離β-lactamase産生菌に対するfaropenemの抗菌力 2000/03, Antimicrobial activity of gemifloxacin (SB-265805), a newer fluoroquinolone, against clinical isolates of, Inhibitory effect of the oral administration of bifidobacteria on norfloxacin-induced verotoxin production in germ-free mice infected with, The effects of water extracts of CagA positive or negative, Rare incidence of interspousal transmission of, 各種新鮮臨床分離多数株に対するlevofloxacinおよびその他抗菌薬の抗菌力に関する検討 1999/09, ヒトスルホ化免疫グロブリン製剤の臨床分離ペニシリン耐性肺炎球菌に対する各種抗菌薬との併用効果 1999/07, ELISA法による腸管出血性大腸菌O157由来LPS IgMおよびIgG抗体測定の基礎および臨床的検討 1999/06, Faropenemおよび各種抗菌薬の臨床分離株に対するMICおよびMBC 1999/05, Mycobacteria Growth Indicator Tube (MGIT)を用いた自動抗酸菌検出装置の検出能力に関する検討 1999/02, Genotypic evolution in a quinolone-resistant, 歯科口腔外科領域から分離された嫌気性菌とそのβ-lactamaseについて 1999, 腸管出血性大腸菌によるマウス腸管感染モデルに対する抗菌薬の影響 -第2報 Fosfomycin高用量投与群における治療効果- 1998/11, Analysis of quinolone resistance mechanisms in a sparfloxacin-resistant clinical isolate of, Oral streptococciのニューキノロン薬耐性化に関する検討 1998/09, Development of fluoroquinolone resistance and mutations involving GyrA and ParC proteins among, カルバペネム系抗菌薬, imipenem/cilastatin, panipenem/ betamipron, meropenem点滴投与時の抜歯後菌血症 1998/04, Reduced clinical efficacy of pazufloxacin against gonorrhea due to high prevalence of quinolone-resistant isolates with the, 腸管出血性大腸菌によるマウスの腸管感染モデルに対する抗菌薬の影響、抗菌薬による腸管内verotoxinの遊離とマウスの致死作用について 1998/03, Analysis of quinolone resistance mechanisms in, Incidence of transient bacteremia after tooth extraction using clindamycin intravenously 1998, Dissemination in Japanese hospitals of strains of, 口腔外科領域感染症における検査試料の品質、臨床的重症度と原因菌検出率との関連性について 1997/12, 新経口ペネム系抗菌薬faropenemとその他経口抗菌薬の各種臨床分離株に対する抗菌力 1997/11, 1996年夏期に主として関東地方およびその他の地域の臨床施設において分離された下痢原性大腸菌に関する検討,特に大腸菌O157について 1997/06, 細菌性肺炎に対するprulifloxacinとofloxacinの二重盲検比較試験 1997/05, 慢性下気道感染症に対するprulifloxacinとofloxacinの二重盲検比較試験 1997/05, Azithromycinの腸内細菌叢におよぼす影響,小児臨床例における検討 1997/04, A new Semi-solid agar dilution method for determining amoxycillin, clarithromycin and azithromycin MICs for, Classification of 1145 strains of odontogenic infection causing organisms, Identified from March 1993 to December 1995 1997, Drug-resistance patterns of clinical isolates of, Study on potentialization of FOM and cephems (SBT/CPZ and CAZ) on, Tosufloxacinと他のニューキノロン薬の新鮮臨床分離株に対する抗菌力の比較検討、11カ月にわたる精度管理下での測定結果 1996/07, Tazobactam/piperacillinの腸内細菌叢におよぼす影響,4菌種定着マウスにおける検討 1996/06, Blood culture positive rate of 3 media (Bactec®, FAN®, and VITAL ANA®) after tooth extraction using imipenem 1996, Mutation in DNA gyrase of norfloxacin-resistant clinical isolates of, 浅在性化膿性疾患に対するazithromycinとcefaclorの二重盲検比較試験成績 1995/11, エアーウォーターシリンジから供給される水の細菌学的検討 第2報 -エンドトキシン濃度について- 1995/10, 産婦人科領域におけるritipenem acoxilの基礎的、臨床的検討 1995/10, 新しい抗菌薬感受性測定法:E Testの有用性について、(Ⅲ)口腔レンサ球菌および嫌気性菌に対する検討 1995/10, 新しい抗菌薬感受性測定法:E Testの有用性について, (Ⅱ)栄養要求性の厳しい, 新しい抗菌薬感受性測定法:E Testの有用性について, (Ⅰ)測定値の信頼性および臨床分離, Transient bacteremia after tooth extraction using Ceftriaxone intravenously 1995, 細菌性肺炎に対するS-1108とcefotiam hexetilの薬効比較試験成績 1994/04, 慢性気道感染症に対するS-1108とCefteram pivoxilの薬効比較臨床試験成績 1994/04, 浅在性化膿性疾患に対するS-1108とcefaclorの二重盲検比較試験成績 1994/03, 臨床分離緑膿菌の抗緑膿菌薬によるserotypeの変化と生物学的性状、薬剤感受性および外膜蛋白の関連性について 1994/02, Transient bacteremia after tooth extraction using ampicillin intravenously 1994, 各種の臨床分離菌のコロニーレベルにおける生物学的性状, (Ⅳ)緑膿菌の特定細胞の産生する増殖抑制因子について 1993/05, Cytotoxic effect of hemolytic culture supernatant from, Co-existence of colonies with different serotypes and other biological characteristics in clinical isolates of, 各種の臨床分離菌のコロニーレベルにおける生物学的性状, (Ⅲ)緑膿菌の単一菌株に共存する感性細胞による多剤耐性細胞の増殖抑制 1992/06, 各種の臨床分離菌のコロニーレベルにおける生物学的性状と薬剤感受性, (Ⅱ)緑膿菌について 1991/08, ヒト及び動物におけるCefpirome sulfateの蛋白結合及びビリルビンとのアルブミン結合競合性 1991/02, 各種の臨床分離菌のコロニー・レベルにおける生物学的性状と薬剤感受性, (Ⅰ)呼吸器感染症分離菌について 1991/02, 実験的に惹起した腎及び肝障害ラットにおけるCefpirome sulfateの体内動態-排泄機序との関連- 1991/02, MRSAのOfloxacin耐性を用いた環境感染評価, 小児科病棟と内科病棟の比較 1991, MRSAに対するImipenemとAmpicillinの併用効果の検討 1990/10, Fosfomycin耐性MRSAに対するImipenemとFosfomycinの併用効果の検討, Killing-curve methodによる成績 1990/03, 抗緑膿菌用β-ラクタム剤による緑膿菌のβ-lactamase誘導と薬剤感受性について 1989/12, Ceftriaxone(CTRX)の口腔組織および唾液への移行と正常唾液細菌叢への影響 1989/05, 抗菌剤の唾液中移行と正常唾液細菌叢への影響,clarithromycinについて 1989/04, セフェムおよびペニシリン系抗菌剤のヒト腸内細菌叢に及ぼす影響-CephalexinとAmoxicillinの比較- 1987/08, 第1章 抗菌薬・抗ウイルス薬 22.腸内細菌叢と抗菌薬の影響・ヨーグルトの効用「歯科におけるくすりの使い方2019-2022」 2018/10, 感染制御に関連した微生物検査-アウトブレイクに備えて アウトブレイク時の保菌者検査 MRSA「臨床と微生物」 2018/09, 細菌培養検査-有意義な検体の採取法と留意点「小児臨床検査のポイント2017」 2017/11, 感染症診断に使われるバイオマーカー 【エンドトキシン】「臨床検査」 2016/04, 1章 抗菌薬、抗ウイルス薬, 12.ファロム「歯科におけるくすりの使い方 2011-2014」 2010/12, 1章 抗菌薬、抗ウイルス薬, 6.