トヨタのwishを購入しました。新車は最初に高速を走ると燃費がよくなると聞いたのですが、本当ですか?ちなみにWishは4ATです。車の慣らしというのはエンジンだけではなく、ミッション・サスペンション等いろいろなパーツに対しても行う ・ 新車の慣らし運転中 (1,000Kmまで)… 4,000rmp以下 ・慣らし運転後…タコメーター(エンジン回転計)のレッドゾーン未満 【参考】2018フォレスター(SK-E)取り扱い説明書より. ・取扱説明書に慣らし運転期間の記載が無い場合→1000km走行までを慣らし運転の期間, エンジン本体、駆動系などこの車両の持っている性能を十分に引き出すためには、ならし運転が必要です。 4.1 一般道路で慣らし運転; 4.2 高速道路で慣らし運転; 5 慣らし運転は一般道で行った方がいい; 6 まとめ; 慣らし運転とは.

慣らし運転は新車購入時に行う運転の仕方で、行っておくことで将来的にも不具合が少なくなると言われている:3,000kmまでは急加速をせず緩やかなエコ運転を心がけるなど、慣らし運転の意味や必要性 … 夏タイヤは80km/h以下で100km以上 車はとても高価な買い物です。購入したら大切に乗りたいと誰しもが思うはずです。しかし、大事に扱っているはずが、逆効果だったなんてことはよくある話です。今回は新車の購入直後に気を付けたいことをご紹介します。, 新車には慣らし運転が必要です。昨今の車には不要という意見も多くみられますが、精神衛生上行った方がその後も安心したカーライフを送れるでしょう。「短距離走行」という見出しにさせていただきましたが、少し分かりやすくするために市街地と高速道路で考えてみましょう。市街地では当然信号や、一時停止が多いので、発信と停止を繰り返すようになります。しかし、高速道路なら一定の速度で走り続けることができますね。新車は負担を避けた方が良いという考えから、慣らし運転をするなら後者の方が正しいようにも思えますが、慣らし運転中であってもある程度のメリハリは必要です。新車のエンジン内部には微細な凹凸があり、駆動ロスが発生します。この凸凹は一般的にバリという言い方をしますが、このバリを取ってエンジンにあたりをつけてあげるのが慣らし運転です。平坦な道をひたすら一定の速度で走り続けると、このバリがいつまでたっても残ってしまいます。慣らし運転で長距離ドライブに出かけるなら下道と高速をバランスよく走れば問題ありません。また、新車の内の2,000km程度は急発進、急加速は避け、高速道路の場合は回転数が高くなりすぎないように100km/hを超えない程度で走りましょう。1万km走るまでは慣らし運転だという人もいますが、そこまでシビアになることもないでしょう。慣らし運転だからと言って車を労り過ぎる必要もないということです。ただし、極端に負担のかかる運転はエンジン内部に傷ができてしまうので、注意してください。, オイル交換はおおよそ、5,000km走行毎か半年毎となっている(メーカーが推奨している)車が多いでしょう。(中にはロングライフオイルで1万km以上、1年以上という車も存在します)しかし、新車時のオイルは汚れやすいので早めのオイル交換が必要だというのはほとんどの方がご存じだと思います。初回のオイル交換の目安は1,000kmや3,000km走行後などの諸説がありますが、メーカーの推奨時期に実施しておいた方が良いでしょう。新車は前項で説明した、バリにより鉄粉でオイルが非常に汚れやすくなっています。オイル交換を怠ると、当然エンジンオイルは劣化していき、燃費や加速に影響が出てきます。また、本来持っている役割を果たせなくなるので潤滑不足になり、最悪エンジンが焼きつくこともあります。, 新車を洗車するのは良くないと言います。ボディがピカピカの内は車が汚れたらすぐ洗車したくなってしまうものですが、なぜ、新車を洗ってはいけないのでしょうか?それは新車の場合、塗装の溶剤が乾ききっていないためです。購入後約1ヶ月は洗車は我慢しましょう。特にメタリック系はクリアが馴染むのに時間がかかります。しかし、これは新車オーダーになる場合の話です。中古車の場合は、塗装はすでに馴染んでいますので、気にする必要はありません。, 初回点検の時期もメーカーによって差がありますが、納車から1ヶ月後や、1,000km~2,000km走行後という事が多いでしょうか。まだほとんど乗っていないのに、点検に行くのは面倒、受けなくとも問題ないと思っている方もいるようですが、人によっては初回点検時がオイル交換のタイミングとなったり、納車直後には見受けられなかったトラブルが出てくることもあります。放っておけば、もちろん症状は悪化する恐れがあります。購入店なら初回点検は基本無料ですし、受けて損をするということはないでしょう。また、初回点検を受けなければ、その後の保証が受けられなくなるというメーカーや販売店もあります。, そして、何よりも大事なのは事故を起こさないこと。新車を購入すると浮かれてしまい、納車着後は周囲の状況を正確に把握できなかったり、無謀な運転をしてしまいがちです。納車直後の事故というのは意外に多いのです。気持ちを落ち着かせて、安全運転を心がけましょう。この安全運転が、新車の慣らし運転にも直結するのです。, ポルシェに認められたネクセンタイヤ…オールシーズンタイヤ”エヌブルー4シーズン”を飯田裕子氏が徹底解説, 車のコーティング剤おすすめ27選【効果別での比較や選び方、カー用品店のおすすめ品をご紹介!Amazon、楽天の売れ筋ランキングも!】, 車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ30選!【自動車のプロが厳選!】. また、慣らし走行中は“急”のつく行動や路肩へのラフな侵入などは避けるように心がけてください。(注4), 新品タイヤは使用初期、寸度成長し発熱もしやすいので過酷な使用は避ける 高速道路で慣らし運転をするのはデメリットがあるんです。 慣らし運転の基本は変化させること 慣らし運転はエンジンやトランスミッションなど動く部分に過度の負担をかけずに馴染ませるために行います。 では過度の負担をかけなければ良いのかというと、そ

・急加速、急発進をしない, というやり方で取扱い説明書に慣らし運転が指示されていた。同じスポーツカーといえどもさまざまな慣らし運転が必要のようだ。, 輸入車はどうなのかというと、一例としてベンツCクラスとポルシェの各車は取扱説明書に慣らし運転が記載されている。一部抜粋してみた。, 最初の 1500 km は、さまざまな車両速度およびエンジン回転数で走行してください。フルスロットルで走行するなど、この期間は車両への大きな負担は避けてください。, 手動でギアをシフトするときは、タコメーターの針がタコメーターのレッドゾーンに到達する前に適時シフトアップしてください。, オートマチックトランスミッション装備車両は踏み応えがあるところを越えるまでアクセルペダルを踏むこと(キックダウン)は避けるようにしてください。, 1500 km 後は、最大負荷およびエンジン回転数まで、車両を徐々に加速することができます。, ベーシックなCクラスでも慣らし運転が必要なベンツ。工作精度だけ考えればドイツ車もかなり高いのだが、そこには哲学の違いもありそうだ, 3000kmまでの慣らし運転中はなるべく長距離を運転することを推奨いたします。できるだけ冷間始動と近距離運転の繰り返しは避けてください。, 自動車レース、スポーツ・ドライビング・スクールなどに参加しないでください。エンジン回転数が4,000rpmを超えないようにしてください。エンジン冷間時は低回転域で運転してください。, ドイツ車2台を見ても上記のように指示されており、ベンツもポルシェも精密なクルマだけに慣らし運転も必要ということなのだろう。, 慣らし運転が指示されているクルマがあるのを見ると、慣らし運転の指示がなくても慣らし運転はしておくべきだろう。, やり方としては諸説あるが、取扱説明書に指示がなければ、よく言われる「500kmまでレッドゾーンの半分のエンジン回転、その後100kmごとに500回転づつ回転を挙げ、レッドゾーンの回転数に達したところで慣らし終了」という方法でいいだろう。, 前述したとおり工作精度が向上していることもあり、そこまで厳密に神経質になる必要はない。, なお、新車は慣らし運転が終わった頃の1カ月点検か1000km点検の際に「鉄粉をエンジンから流すためにエンジンオイルを交換すべき」と言われるが、これも現在はメーカーによって見解が異なる。, 新車を頻繁に買うことはないが、タイヤやブレーキなどは車検などで交換するケースも多いだろう。タイヤとブレーキについての慣らしにも触れておこう。, 【タイヤ(ブリヂストンWebより)】