中途採用されやすい時期があれば、その時期を狙いたい。, いつから就活を始めると、就職が決まりやすいのか。良い時期があるならそれから就活をスタートしたいものです。, 実際、既卒の就活時期によっては就職が決まりやすい時期、決まりにくい時期とがあります。, 既卒者を含め、フリーターなど職歴なし未経験者の需要が高い時期を逃すと、なかなか就職がきまらずに長期間、就活に苦労する可能性があります。, 新卒の就活と違い、既卒は中途採用枠を狙っての、通年採用ですからいつ就活を始めても良いです。, 新卒で就活が出来た時期と比べて、不利になることが多い既卒での就職活動。

そして僕自身も、このサイトから紹介された企業から内定を獲得することができました。 日本全国の求人を取り扱っているため、地方在住の就活生にとって使い勝手がいいことでも定評があります。

このような事を考えておられる既卒の方は 決して少なくないと思います。 既卒が面接で聞かれる定番の質問、「なぜ新卒で就職しなかったのか?」。答え方を間違えると評価を落としてしまうため、回答には細心の注意とコツが必要です。本コラムでは、タイプ別の上手な答え方をご紹介。面接を控えた既卒の方はぜひご一読ください。 この問いについて、7月に就活をはじめ、 既卒が就活をする時期は早い方がいい. そのため、いつから転職を始めればいいのか?内定を貰いやすい時期はあるのか?など色々と分からないことが多く、悩む人も多いでしょう。, 実は、就活時期が決められていない既卒にも、実は就活に適した時期があり内定が出やすい期間があります。, 内定が出やすい期間を狙って就活をすれば、就職が難しいと言われている既卒でも、案外すんなりと就活を決められるかもしれません。, この記事では、既卒がいつから就活を始めればいいのか、就活に適した時期はいつなのか?紹介していきます。, 通年採用とは、企業が年間を通して求人を出しており、良い人材がいれば時期を問わずに採用する採用方法です。, また、3月は退職者も多い時期で退職した分の人材を確保するために、たくさんの企業が求人を出します。, 既卒も採用条件を満たしているので、3月に内定を貰い、4月から働きだす既卒者が多いです。, 厚生労働省の指示によって、3年以内なら既卒でも、新卒枠で採用選考を受けられるようになりました。, そのため、既卒の人には通年採用・新卒採用のどちらからでも就活を始められることができます。, 既卒には、就職活動を始めるうえで、通年採用枠・新卒採用枠の2つの選択肢があります。, そのため、手厚い研修をうけられて、年齢もそれほど変わらないので打ち解けるのも早いでしょう。, しかしその反面、新卒枠には年衛生減があったり、既卒期間が長すぎてしまうと選考がそもそも受けられない場合もあります。, 新卒に比べてしまうと、既卒は就活に不利とされているので、希望の企業から中々内定が貰えないことも考えられるでしょう。, 通年採用枠の場合には、自分のタイミング・ペースで就活を進めていけて、時期のよっては転職者が少なく内定を貰いやすい時期があります。, しかし、1年通して自分が希望する職種の企業・優良企業が求人を出しているわけではありません。, そのため、就活を始めた時期に選考を受けたい企業が無くて、就活が始められない事態もあります。, また、自分のペースで就活を進めていくのは、場合によっては大きなデメリットになります, 内定が中々貰えず、応募したい企業の求人も稀にしか出ない、などが原因となりいつまでも内定を貰えない事態も考えられます。, 二つの採用方法があることを説明してきましたが、既卒者の多くは通年採用枠で、就活する割合の方が多いです。, そのため、基本的には自分のタイミング・ペースで就活をしていくわけですが、就活に踏み切れない既卒者が多いです。, というのも、学校を卒業したのちに就職せずに、アルバイトやニートをしてきたわけです。, 様々な不信感を企業に与えってしまい、既卒の期間が長くなるにつれて、企業のふしんかんは大きくなります。, 既卒は新卒に比べて不利な点が多いものの、人によっては面接の経験があったり、様々なバイトを経験してきています。, 正社員として働いた経験こそないものの、ある程度の社会人経験をしてきているのは、唯一新卒に勝れる点です。, 無計画に就活を始めても、何から始めればいいのか分からない・どのように進めていけばいいのか分からない、などの事態が考えられます。, 効率的に就活を進めていくためにも、就活に入る前に、万全の準備をしてから就活を開始しましょう。, 自分がどのような職に就きたいのか、何の仕事が向いているのかが定まっていない人は、自己分析・業界研究から始めましょう。, 自己分析は、自分を見つめなおし、自分の価値観・仕事に対する意識・特性など分析する作業です。, 自己分析をしていく中で、自分が何に向いているのか・どういう職種の仕事がしたいのかが分かります。, また、自己分析がその後の自己PRや志望動機などに繋がるので、軽視せずに取り組みましょう。, 自分のやりたい仕事が見つかったら、その仕事にどのようなスキルが求められるのか、業界研究を通して理解しましょう。, 興味がある・やりたいだけの動機で就職先を決めてしまうと、働きだしてから仕事内容にギャップを感じ、すぐに退職してしまう恐れもあります。, それを防ぐためにも、業界研究をしっかりと行い、希望している職種の仕事内容や求められるスキルなどを理解しておきましょう。, 新卒はある程度、内定を貰える時期が決まっていたり、学校の進路担当のもとで就活を進めていきます。, しかし、既卒の場合には、内定を貰える時期がバラバラで、基本的に一人で就活を進めていきます。, 掲載期間も求人によってことなるので、求人に気付くのが遅くて応募ができない事態も考えられます。, 求人アプリに登録しておけば、企業の動向を察知できて、急な求人掲載にも柔軟に対応できるでしょう。, いつでも動き出せる準備をしていれば、他の既卒者よりも早く行動に移せて、有利に立てます。, 就活におけるサポートを全て無料で受けられるのも特徴で、内定後も初出勤までサポートを受けられます。, 内定を貰いやすい時期があるものの、既卒者が就活を始める時期は特に決まっていません。, 内定を貰いやすい時期を狙って、就活を始めないでいると。その待期期間が無駄になってしまいます。, そのため、既卒期間が長くならないうちに、いち早く就活を始めるのが何よりも大切です。.

リクナビネクスト 4.8 学生の場合は就活の時期が決められていましたが、既卒はいつから就活を始めたらいいのでしょうか?実はどの枠で応募するかによって就活をスタートさせる時期が異なります。既卒の入社日や内定がもらいやすい時期についても解説しています。

6月からでも既卒就活はできるのか。 リクナビネクスト 4.8 既卒の就活支援サービスランキング1位. Copyright© 2017 ジョブインフォ All Rights Reserved.

既卒で内定をもらったときの入社時期はいつになるのかよくわからないと悩む人は多いです。実は既卒の入社時期は新卒採用か中途採用かによって入社時期が変わってきます。既卒で内定をもらったときの入社時期はいつになるのでしょうか?, 新卒採用枠に応募をしているのであれば、既卒であっても4月1日入社(春入社)が基本となります。早めに内定をもらっても4月になるまでは働くことはできませんが、アルバイトや契約社員として入社日まで働かせてくれる会社もあります。, 新卒採用枠で採用された場合で9~10月の秋入社も行っている企業の場合は、内定時期によっては秋入社となるケースもあります。, 企業が秋入社を行っているのは、海外留学経験者なども採用したいと考えているからです。海外の大学は日本の大学とは卒業月が違うので春入社だけだと海外留学生の新卒採用が難しいのです。, 例えば、アメリカであれば大学の卒業月は5~6月が多いですし、中国は9月が新学年のスタートが基本です。このように海外の卒業月に合わせた採用ができるように9~10月の秋入社も行っていることが多いのです。, また、既卒を採用した場合で4月入社まで待たすのは可愛そうだし早めに働いてほしいという企業の場合も、春入社ではなく秋入社を勧められるケースもあります。, 中途採用枠(既卒枠)であれば通年採用を行っているため、入社時期はバラバラとなります。内定が出ればすぐに働くケースもありますし、1ヶ月後に入社することもあるので、企業の採用スケジュールに合わせてください。, また、4月入社や10月入社に間に合う場合は、4月1日や10月1日が入社日と指定されるケースは多いです。4月入社や10月入社をすることで同期を増やす、採用後の教育をまとめて行いたいと考える企業が多いからです。, このように中途採用枠に応募をしたのであれば、入社時期は内定をもらった時期によって変わると覚えておきましょう。, 既卒が中途採用枠で内定をもらった場合は、1ヶ月以内に入社できるようにしてください。中途採用は内定を出したら早めに働いてほしいと思っているからです。, 入社までの期間が長くなると内定取消になるリスクもあるので注意してください。ただし、アルバイトをしている場合はアルバイトを辞める必要があるので、1ヶ月程度であれば入社を待ってくれる企業は多いです。, 既卒採用はやる気を見せることも重要なので、内定をもらったら1ヶ月以内に入社するようにスケジュール調整をするのがおすすめです。, 既卒の入社時期は新卒採用か中途採用(既卒採用)かによって変わります。新卒採用であれば4月入社(春入社)が基本となりますが、内定時期によっては10月入社(秋入社)となるケースもあります。, 一方、中途採用であれば通年採用となるため入社時期は様々です。内定をもらったタイミングによって変わります。, ただし、中途採用枠で内定をもらった場合は、1ヶ月以内に入社するようにしてください。入社時期を長くしてしまうと内定取り消しになってしまうケースもあるので注意しましょう。. 就職Shop 4.9 リクルート運営で安心!既卒から正社員になれる! 既卒の就活支援サービスランキング2位. 職歴をもたない既卒者が就職活動をする方法は、主に以下の3つです。 通年採用. All rights reserved. 「4月から正社員になれなかった…」 「6月からでも就活ってできるの?」 このような事を考えておられる既卒の方は 決して少なくないと思います。 6月からでも既卒就活はできるのか。 この問いについて、7月に就活をはじめ、 そ …

「6月からでも就活ってできるの?」 既卒の就活時期はいつが良いのでしょうか。 既卒は新卒と違い、就活の時期が決められているわけではありません。そのため、いつから転職を始めればいいのか?内定を貰いやすい時期はあるのか?など色々と分からないことが多く、悩む人も多いでしょう。実は、就…

その2ヶ月後に内定を獲得した僕の経験を踏まえ、 一般的な新卒の就職活動の時期は、大学3年頃に情報解禁がスタートし、4年の6月に採用解禁をおこない、いよいよ就職活動がスタートします。. 下手をすると就職できないまま1年、2年と過ぎてしまう可能性もあります。, 就職活動を有利に進めるためには、未経験者の中途採用の需要が高い時期を狙う事も大切です。, 既卒3年以内は新卒枠への応募も可能ですが、実際には新卒枠で既卒者が採用されるのは非常に難しいです。, 大企業へ就職したい、ということで既卒になってからも新卒就活のスケジュールに合わせて就活準備(エントリーシートの作成など)をされている方も多いかもしれません。, 大企業の多くは既卒者の応募も受け入れていますが、実際に内定が出るのは圧倒的に新卒学生です。, 待遇などが圧倒的に良いですから、大企業へ就職できたら・・・という希望も持ちつつも、既卒者が就職しやすい中小企業への中途採用も同時に就活を行うことが重要ではと思います。, もちろん、大企業への求人へエントリーとしたらそちらも全力で準備をする事は大切ですね。, 面接まで進めたら、全力で面接対策を行いアピールできることを棚卸しして準備したいです。, 欠員募集、新規事業開始にあたっての人材募集、業務拡大、新店舗オープンにつき、幹部候補育成のため、など。, 人手不足、若手人材の不足からくる将来のリーダー、幹部候補不足の心配などもあり、既卒、フリーター、大学中退者の採用に積極的な企業も増えてきていきます。, 2013年くらいまでは大手就職エージェントの調査などでは、既卒の内定率は20%台でしたからね。, ただ既卒向け正社員求人が増え、以前よりは既卒者も正社員就職しやすくはなったとはいえ、内定率は今でも50%を下回るくらいです。, 既卒になってから就職活動をする場合には、しっかりと就活準備をして求人への応募、面接対策、内定が出たらすぐに応諾の返事をする、など対応をしていく必要があります。, という事を思う方もいるかもしれませんが、就活スタート時期は、いつでも始めて良いということになります。, しかし、求人数が減る時期に就活を始めても、応募したい会社が見つかりにくいでしょうし長期休暇を挟む場合、選考がストップすることも多いです。, 厚生労働省では常用求人の集計を調査して発表をしていますが、それによると一年を通して新規求人数が増える時期は、, お盆明け8月、9月、10月と求人が増えて、12月で一旦落ち着きます(減るという意味です)。, 年明けの1月から急激に求人数が増えて、2月、3月は求人数が高い状況がキープされます。, 4月に合わせて新卒採用、中途採用を行ったものの採用しきれなかった企業が、継続して中途採用を行っているためです。, 5月はゴールデンウィークがありますから、それを前に求人がまた落ち着くことになります。, この時期を狙っての就職活動は、既卒者も採用されやすいオススメの就活時期といえるでしょう。, 業種によっては本当に人手不足です。 既卒の就活生で内定を獲得後の入社時期を知りたい人「内定を獲得すると今すぐに入社しないといけないのか?」「今すぐ入社したいは叶うのか?」「今、取り組んでいる活動の終わり時期と合わせて働き始めたいが可能なのか?」こういった疑問に答えます。 しかし既卒者の場合はどのシーズンが最適な時期かをご存じでしょうか。. 既卒就活生の割合は、全体の40%強に過ぎません。 残りの6割は、活動量が変わらない、 あるいは活動量が減っているという状態なのです。 こうした点から、 きちんと就活を行えば、 既卒でも6月から就活をしても問題はありませんし、

一般的な新卒の就職活動の時期は、大学3年頃に情報解禁がスタートし、4年の6月に採用解禁をおこない、いよいよ就職活動がスタートします。しかし既卒者の場合はどのシーズンが最適な時期かをご存じでしょうか。新卒や社会人経験者と比べると不利になる部分が多い既卒者の就職活動も、最適な時期を知ることで、よりスムーズに就職活動ができる可能性もあります。この記事では既卒者がうまく就職活動をおこなうために、最適な時期や就職活動の際に知っておきたい情報を織り交ぜてご紹介します。, 既卒者とは大学などの学校を卒業後、一度も正社員として働いたことがない人を指します。似たような分類として「第二新卒」という言葉もありますが、こちらは社会人経験が3年未満程度ある人を指すため、正社員として働いた経験のない既卒者とはわけて考えることが一般的です。卒業後、何年までが既卒者として扱われるのかにはさまざまな考え方があります。学校を卒業後3年以内と定めるところもあれば、25歳程度までなどと年齢で定めるケースもあります。公的な機関等の場合は35歳未満という数字が使われるケースも多いようです。はっきりとした決まりがないため、何歳までという括りはありませんが、シーンによって異なることがあることも覚えておいてください。, 既卒者が就職活動を行なう場合、まず何からはじめればいいのか。一般的な就職活動でおこなうモデルケースをなぞるだけではなく、既卒者ならではの「できること」がないかを考えてみましょう。就職活動のセオリーをきちんと踏襲しながらも、既卒者だからこそやるべきことを重ねて丁寧にクリアしていけば、満足の行く結果へと導いてくれることでしょう。, 新卒者の場合は大学の就職支援を受けられますが、卒業してしまっている既卒者の場合、「ハローワーク」のような公的機関や民間の就活サイト・ 転職エージェントを利用して、第三者のアドバイスを受けながら効率的に進めていくことをオススメします。無料で登録できるところからはじめるのもいいでしょう。やること、考えることの多い就職活動において、情報共有を受けながら就活ができるのは心強いことです。公的機関でも民間のサービスでもうまく活用することで、次の一手を悩むことなく打てます。どうしたらいいかわからず悩んでいる時間はもったいないので、積極的に活用し、進むべき道を素早く見つけましょう。, ハンデがあると言われている既卒者の就職を、いかに効率よく進め、ライバルに打ち勝つかには、自分自身を見つめ直し徹底的に研究することも大切です。そこで既卒者の就職活動において、最初の段階でオススメしたいのは「職業適性検査」です。, ネット上にも手軽に、簡単に職業適性検査を受けられるサービスがあります。無料のものや有料のものもありますが、手はじめにというのであれば無料でできるものを利用してみてはいかがでしょう。, 職業適性検査は、深く考えずに直感で表示された質問に答えていくことで、自分自身の核となる本音の部分が見えてきます。上記で紹介したような大手の就職支援サービスが提供しているものは、今までに収集し積み上げてきたデータからはじき出した、豊富な診断結果があるため、自分の特徴を細かく明確に理解できるでしょう。, 診断結果からはじき出された結果をもとに、自分の弱みや強みを認識したり、向いている仕事をあらためて発見したりもできます。また就活の際の自己PRにも活用できますので、気軽に診断を受けてみてください。もちろん1つの診断結果だけではなく、複数の職業適性検査を受け、出揃った診断結果から自分自身を深堀りしてみるのもいいでしょう。, 就活では最初に求人情報を見て、どのような仕事があって、どのような募集がされているかの情報収集をおこなうと考える人も多いでしょう。しかし既卒者に限らず、就活をおこなうにあたって最初にやるべき行動は「自己分析」です。明確にやりたい業種や職種がある場合はさておき、曖昧なまま就活を進めてしまうといたずらに時間だけを消費してしまいます。そこでエントリーする企業を探す前に、自分の中にある仕事を選ぶための基準を自己分析で明確にしていきましょう。, 自己分析では過去から現在に至るまでの自分史を作り、節目ごとにおこった印象的な出来事をピックアップしていきます。なぜその出来事が起こったのか、なぜ興味を持ったのかや、その理由を書き出していきましょう。そうすることで自分の行動や思考のパターンを整理できます。結果、現在・過去・未来における自分自身の適性や長所・短所、やりたいことなどが把握しやすくなるでしょう。, 長所や嬉しかったり楽しかったりした出来事ばかりをピックアップするのではなく、失敗したことや短所、挫折したことや悔しかったことなどもバランス良く抜き出してください。ときには家族や友人などの第三者の人に協力してもらうこともオススメです。, 既卒者に限らず、就活をおこなう上で履歴書の作成や面接対策は必須となります。学生時代に就活を経験している人であればある程度は理解できると思いますが、既卒者としてはじめて就活をおこなわれる場合は、この項目をしっかり読んで参考にしてください。既卒者の就活におけるハンデを軽減させられるかのわかれ道となりますので頑張りましょう。, 既卒者の場合、履歴書と職務経歴書で注意したいポイントは、「職歴」です。正社員経験がない既卒者は、職歴・職務経歴書にはアルバイトの経験を書き入れてください。書き方としては「株式会社○○ 入社(アルバイト)」と入社の後に「アルバイト」とわかるように記入します。自己PRについても、学生時代のことを語るよりも、卒業後や学生時代にアルバイトで身につけた知識や体験、実績などをアピールするほうがいいでしょう。, 添削方法については、できれば第三者の人に添削してもらうことをオススメします。別の人に添削してもらうことで、自分だけでは見落としてしまうミスやマナー違反に気づけます。文章のわかりにくさなども、他人であるからこそ見つけ出してくれるでしょう。添削については転職エージェントなどの無料で受けられるサービスを利用することもオススメです。友人知人でもいいですが、プロの目で添削してもらうほうがメリットはあるはずです。, 既卒者の場合、「就職しなかった理由」と卒業後から現在に至るまでの「空白の期間」について面接で聞かれることが多いようです。すべてを正直に話す必要はありませんが、自分をよく見せるために嘘をつくようなことは避けましょう。嘘をついてしまった部分だけを深堀りされた場合、言い淀んだり辻褄が合わなかったりするような返答をしてしまうと信頼を失いかねません。, 履歴書や職務経歴書に記入したことも聞かれると考え、どのように答えるかを事前に準備しておきましょう。アルバイトでの経験やエピソード、資格取得の勉強をどれぐらいしたかなどは、既卒者にとって自分を強くアピールできる部分ですので、しっかりと準備して受け答えできるようにしてください。, 基本はすべてに置いて、仕事をしたいという熱意とやる気をアピールすることです。ネガティブな内容でも別の角度から見ることでポジティブに変換することが可能です。まずは思うままに回答を考え、ポジティブな言い方に修正していくといいでしょう。, 既卒者が就活を開始する時期には「よい時期」などが存在するのでしょうか。新卒者の場合は一斉にスタートするイメージもありますが、既卒者の場合は通年採用を狙うケースが多いため、あまり開始時期にこだわらなくても大丈夫です。しかし求人が出やすい時期・内定をもらいやすい時期はありますので、その辺りについてお話ししていきましょう。, 既卒者の就活開始時期として1年の前半で見てみると、1月から4月頃にかけて求人募集率が高くなると言われています。1年の前半で就活をスタートする場合は、この時期に集中して就活のスケジュールを組むといいでしょう。とくに3月は転職や中途採用のピーク時期とも言われており、次年度から働ける人材を4月になるまでに獲得したいと考え、採用率もアップすると言われています。, フリーターを含む既卒者の就活の動き出しも3月がピークを迎えます。確実に就活に挑むのであれば、3月に内定が獲得できるよう動き出すことをオススメします。既卒者向けの求人も3月に内定が出せるように動く企業も少なくはありませんので、逆算して1月ごろから下準備をしていき、3月の内定獲得を目指しましょう。求人情報をチェックしたり、就職エージェントなどへの登録は、早めの12月頃からスタートしておいても大丈夫です。周りが動き出すタイミングよりひと足早く時期を定め動き出すことで、心に余裕も生まれます。, 1年の後半戦となる7月以降に就活を開始する場合は、10月から11月にかけて求人が増加する傾向にあるので、この期間に的を絞って就活の準備を開始しましょう。なぜ10月から11月にかけての求人や内定獲得が多くなるかというと、夏のボーナスが出る6月から7月を皮切りに退職者が出るため、その補充を考えると10月頃の採用を目指し動きはじめる企業があるからです。転職準備期間にはおよそ3カ月程度を費やすこととなります。10月頃の内定獲得・入社を目指すのであれば、7月頃には準備をはじめましょう。7月頃から準備をはじめていれば求人が増えてくる10月頃、すぐに応募できる状態になるはずです。もう少し早く動きたい場合は、夏のボーナス支給後に的を絞り、6月頃から動き出してもいいでしょう。ただし大手企業を狙っている場合は、もう少し早い4月頃から準備をスタートし、十分な準備期間を設けておきましょう。, 既卒者の就活は不利な部分が多く、困難を強いられるという話をよく耳にします。しかし既卒者には既卒者なりの戦い方があることを知っているか知らないかで、結果に大きな差が出るでしょう。1人ですべてをおこなうのではなく、転職エージェントや就職支援サービスなどを上手に利用して、自分だけでは見つけられなかった自分の魅力や特性を、企業に最大限にアピールしていきましょう。そうすることで、既卒でも満足のできる就活が行えるはずです。, ©SERAKU ECA All Rights Reserved.運営会社株式会社SERAKU ECA. 既卒の場合は就活を始める時期が 早ければ早いほど内定がもらいやすい傾向がある ので、就活を始めようとしてもタイミングがわからず、ダラダラと時間だけが過ぎてしまっている人は要注意です。 JAIC 4.6 既卒向けの就職講座が充実しており就職率は80%超え! 既卒でも利用可能な転職サイト.

「4月から正社員になれなかった…」 明確な就活時期が決まっていないがために、卒業してからなにも行動できずにいる人が多いのも既卒の特徴でもあります。, このように、既卒者のなかにはいつ就活をスタートすればいいのか戸惑っている人も多いのではないでしょうか。, ですが、既卒の場合は新卒とは違い年間を通して就活をすることができるので、就職するチャンスはいくらでも存在しているのです。, 今回は、既卒の人が就活を始めるベストな時期を紹介していきます。 既卒だからこそ狙える採用枠も紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。, 既卒の場合は就活を始める時期が早ければ早いほど内定がもらいやすい傾向があるので、就活を始めようとしてもタイミングがわからず、ダラダラと時間だけが過ぎてしまっている人は要注意です。, 卒業をしてから就活を始めることもせずに時間が経過してしまうと、それまでの何もしていなかった期間が企業にとってマイナスに働いてしまい、採用されるのが難しくなってしまいます。, また、年齢を重ねてしまうと即戦力になるかどうかが判断基準となり、経験やスキルをみられてしまうので、採用されるハードルも高くなってしまいます。, 既卒を採用する動きは増えてきているものの、やはり新卒を採用する企業の方が多いため、少しでもマイナスとなる要素は排除しておくようにしましょう。, 既卒になったら就活するタイミングを伺うのではなく、すぐに行動に移すことがベストです。, 既卒の人が狙える3つの採用枠について、それぞれどのような特徴があるのか詳しく解説していきます。, 就活するタイミングがわからずに悩んでいる人は必見ですので、一緒にみていきましょう。, 通年採用枠の募集要項には、良い人材がいたら採用したい企業やすぐにでも人材が欲しい企業などの用件の幅が広く、応募条件がない企業が多いため内定も狙いやすいです。, 多くの既卒者はこの通年採用枠を利用して就職をしているため、既卒の人が狙うべき採用枠であると言えます。, まずは自分の希望する業界を絞り、常に企業の求人情報をチェックするクセを付け、応募し続けましょう。, 既卒者でも卒業後3年間は新卒として扱うことを、平成22年度に厚生労働省が発表したため既卒でも新卒の求人に応募することは可能です。, 新卒採用枠にエントリーする場合は、新卒と同じスケジュールで動かなければいけないため、3月1日から就活をスタートさせましょう。, 当然、新卒者との戦いとなり内定をもらえるハードルも高くなるので、既卒者が新卒枠を勝ち取るケースは非常に稀であると言えますが、大企業へ就職を成功させるチャンスでもあります。, 新卒向けの求人には条件が良い企業が多いため、どうしても新卒枠にこだわりたい人は既卒を選んだ理由やこの期間で培ったスキルや経験などをアピールし、ライバルである新卒者をリードする必要があります。, 聞き慣れない人も多いかと思いますが、司法試験などの関係で春採用を見送った人材の獲得や、海外留学者の卒業時期に合わせて秋採用枠を設けている企業が増えています。, そのため、秋採用では専門知識のある有能な人材やグローバルな人材と競うことになり、既卒者でも応募できる枠はありますが厳しい戦いとなることが予想されます。, ですが、4月に採用予定だった新卒者が内定を断った際の穴埋めとして求人を出す企業も多いので、求人情報のチェックを欠かさず積極的に狙っていきましょう。, 既卒の場合、新卒枠で就活をしてしまうと現役の新卒者と比較されてしまうので、どうしても不利に働いてしまいます。, 実際に22歳の新卒者と23歳の既卒者を比べると、1年しか差はありませんが22歳の新卒者の方が物事を素直に吸収し、社風に早く馴染んでくれると企業は捉えるからです, たった1年ではありますが、その間なにも行動していなかったことは新卒枠において深く影響してくるので、新卒枠ではなく既卒枠で就活をした方が賢明です。, また、卒業後3年間は新卒として扱われますが、企業によっては純粋な新卒者のみをターゲットにしているところも多いため、既卒者にとって新卒枠は狭き門となってしまいます。, こうした理由から、既卒なら新卒枠ではなく既卒枠で就活をした方が内定を取れる可能性が高いので、いち早く内定が欲しい人は既卒枠を狙って就活をしましょう。, 9月前後の時期は秋採用と言われおり、求人が増えるタイミングとなっているので、卒業してから少し時間をあけたい人はこの時期を狙うのがベストです。, 9月前後のこの時期は、転職者などを対象とした中途採用の求人がほとんどだと思う人も多いかと思いますが、未経験者の応募も受け付けている企業も比較的多いです。, なにより、応募できる企業が多ければ多いほど内定をもらえる可能性は高くなるので、求人が増える9月の時期は既卒者にとっても狙えるタイミングと言えます。, 既卒者にとって、年間を通して9月前後が比較的狙いやすい時期でもあるので、しっかりと自分が行きたい業界を事前に調べて準備をしておきましょう。, とにかく卒業してから就活を始めるまでの期間を空けず、なるべく早めに就活をスタートさせましょう。 空白の期間が長ければ長いほど、企業へマイナスな印象を与えることになります。, 一般的に既卒の場合では、内定がもらいやすい通年枠を狙う人が多い傾向があるので、1年を通して求人を探し続けることが大切です。, 既卒になった理由や就活するまでの期間なにをしていたのかを問われることが多いので、簡潔に答えられるようしっかりと準備をしておくことも大事なポイントです。, 最近では既卒を採用する企業も増えてきているので、早めに行動することをおすすめします。, ベンチャー企業でインサイドセールスを経験後、Webメディア運営における企画およびプロジェクトマネージャーを経験。社長直下で複数の新規事業の立ち上げに従事。2019年、あなたのシゴトを創刊、編集責任者に着任。最終学歴は高卒。, 就活で知っておきたいメールの正しいマナーを既卒向けに紹介しています。今更聞けないメールのマナー、既卒の就活には必須です。メールしだいで採用意欲をあげることができる?!内定をつかむために参考にしてください。, 既卒の就活!内定を勝ち取るやり方を紹介しています。既卒だからといって引目を感じる必要はなく、大手企業に応募することも可能です!既卒の最大の武器、若さをいかして内定を勝ちとりましょう!, 既卒が就活を成功させるために、必要なポイント4選を公開しています!既卒でも就活のやり方次第で就職することは可能です!大企業への就職も可能!?, 就活で失敗して学校を卒業した場合など、このままニートになるのではという不安を持つ人は多くいます。また就活の失敗につかれて実際にニートになってしまった場合の対処方法など具体的に解説していきます。, 就活で既卒が不利かどうかを解説しています。既卒は不利と思われがちですが、就活できないわけではありません。既卒の採用に前向きな企業が増えていますし、やり方しだいで大手企業に就活することも可能です。, 既卒の就活は本当に厳しいかを掲載、既卒の人が内定を勝ちとるためにやるべきこと3選を紹介しています。既卒の人にとって嬉しい情報も掲載。, 22歳の新卒者の方が物事を素直に吸収し、社風に早く馴染んでくれると企業は捉えるからです, たった1年ではありますが、その間なにも行動していなかったことは新卒枠において深く影響してくる.