質問者: 一般 Beginner 登録番号2874 登録日:2013-06-07 アメリカシャガについて調べていたところ、その繁殖様式に疑問が生じました。 ネット上で調べたところ、栄養繁殖において、茎の基部から枝を出すののに匍匐枝(stolon)と走出枝(runner

茎と葉柄どう違いますか 茎には葉が出て、その根元に芽があります。その芽が条件次第で伸びだして枝になり成長します。葉柄は葉の一部で、茎と葉の本体をつなぐ部分。葉の一部ですから当然芽がなく、そこから枝 … 干し柿を作りたいのにヘタの所の枝がなくて吊るせない…干し柿は枝をt字に残して、そこに紐をくくり付けて吊るして干すのが一般的です。なのに肝心の枝がなければ干せないですよね。このような枝のない柿を干し柿にする為に干すにはどうしたらいいのでしょう 幹と枝 主軸から分枝した軸性の構造 (茎) を枝 (branch) という。 また木本の場合、主軸のことを幹 (trunk) という。. 茎の中心部に近づくほど(右)細胞が大きく、細胞壁が薄い。 草の茎の断面を見ると、繊維細胞や厚角細胞がところどころにあって茎の強さを支えていることが分かる。これらの細胞は維管束の近く、従って茎の周辺部にあることが多い。逆に、中心部(髄)では細胞は大きいが細胞壁も薄い傾向が� ‚±‚Æ‚ª‚ ‚éB, ‘–{‚É‚¨‚¢‚āA’n•\‚©‚çL‚тĐæ’[‚ɉԂâ‰Ô˜‚ð‚‚¯A•’Ê—t‚ð‚‚¯‚È‚¢Œs‚Ì‚±‚Æ‚ð‰ÔŒs (scape) ‚Æ‚¢‚¤B‰ÔŒs‚̓†ƒLƒmƒVƒ^‘® (ƒ†ƒLƒmƒVƒ^‰È) ‚âƒIƒ‰ƒ“ƒ_ƒCƒ`ƒS‘® (ƒoƒ‰‰È)AƒXƒ~ƒŒ‘® (ƒXƒ~ƒŒ‰È)AƒJƒ^ƒoƒ~‘® (ƒJƒ^ƒoƒ~‰È)AƒCƒ`ƒ„ƒNƒ\ƒE‘® (ƒcƒcƒW‰È)AƒIƒIƒoƒR‘® (ƒIƒIƒoƒR‰È)AƒLƒXƒQ‘® (ƒLƒXƒQ‰È)AƒNƒ‚ƒLƒŠƒ\ƒE‘® (ƒ‰ƒ“‰È) ‚È‚Ç‚ÉŒ©‚ç‚ê‚éBƒAƒYƒ}ƒMƒN (ƒLƒN‰È) ‚̂悤‚ÉŒs‚Ì—t‚ª’˜‚µ‚­¬‚³‚¢‚½‚߂ɉԌs‚̂悤‚ÉŒ©‚¦‚é‚à‚͉̂Ԍsó (scapoid) ‚Æ‚¢‚¤B, Œs‚Í‚Æ‚«‚É‘å‚«‚­•ÏŒ`‚µ‚Ä“ÁŽê‚È–ðŠ„‚ð’S‚Á‚Ä‚¢‚邱‚Æ‚ª‚ ‚éB. イチョウ、針葉樹及び広葉樹は無数の枝を 幹から分岐させており、それらの先には葉が 沢山着いて盛んに光合成を行い多様な同化産 物を生産している。幹と枝はその同化産物を 根まで送るときの通り道であり、また逆に根 から葉まで水や窒素、ミネラルが送られると きの通り道である。さら 「茎」は、高等植物に於いて、花や葉を支え根から水や養分を各部に送る器官のことです。, 「連理の枝」「枝を交わす(男女の契り)」「枝も鳴らさぬ御代なれや(太平の世の表現)」のように使います。, 英訳の場合、「A branch/ a bough/ a twig/ a spray/ a spring 」で訳されます。, 「茎の長い植物」「茎を切る」「茎にありがはっている」「茎の太さ」のように使います。, 「分かれ出でたもの」という意味から転じて「バラバラになる」「手足」「四肢」という意味が加わりました。, その形状から、茎の形をした「容器の柄」や「つか」や「刀の柄」を「茎」と称すようになりました。. では木の枝と木の幹の違いとは何かを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと木の枝と木の幹の違いとは、 その木の支えになっている部分かどうかということ です。 木の枝とは木の幹から分かれた部分のことで、 木の幹とは木の支えになっている部分のことを言います。 木の枝と言うと 期の境界の両側では枝の伸びた時期がほぼ1年違うために、枝の表面のようすが急に変わる。. 茎(くき)とは、高等植物において葉や花を支える部分である。 内部には根から吸収した水分や栄養素(ミネラルなど)を植物体の各所へ運び、葉で合成されたものを光合成できない部分へ運ぶためのしくみが備わっている。 「枝」は、多年性の維管束植物の幹から分れ出た茎の部分を指します。 また、外観上分枝構造になっているものを指します。 本体から分れ出た部分を言います。 さらに、人や獣の四肢の部分のことです。 古事記(中)には、「待ち捕らへてつかみひしぎて、その枝を引きかきて」とあります。 「連理の枝」「枝を交わす(男女の契り)」「枝も鳴らさぬ御代なれや(太平の世の表現)」のように使います。 英訳の場合、「A branch/ a bough/ a twig/ a spray/ a spring 」で訳されます。 茎の形茎は、芽・花・葉などをつけて、上へ上へと伸びていきます。茎を手にとってみると、これらのものが、みな規則正しくついていることがわかります。茎は、1本だけで枝わかれのしないものもありますが、たいていの植物は枝わかれしています。枝は、わき芽 イチョウ、針葉樹及び広葉樹は無数の枝を 幹から分岐させており、それらの先には葉が 沢山着いて盛んに光合成を行い多様な同化産 物を生産している。幹と枝はその同化産物を 根まで送るときの通り道であり、また逆に根 から葉まで水や窒素、ミネラルが送られると きの通り道である。さら 茎や枝による栄養繁殖の違い. 根枝は特定の領域からは発生しませんが、根枝は深在性または内生性です。 解剖学 : 幹では、表皮細胞が皮膚化されます。 ... 茎と根の主な違い . 樹木の枝や多年草の地下茎は、複数年にわたって生き続けるシュートだ。 温帯地域の樹木では、シュートの成長にはっきりとした季節変化がある。 (1) 冬の間は茎の伸長がほとんど止まり、茎頂近くの茎・葉は芽の状態で休眠している。 匍匐茎(ストロン)或いは走出枝(ランナー)は、節から定根・不定根を伸ばす点や、通常上方向ではなく地面と水平に伸長する点などで、通常の茎と異なる。. 茎(くき)とは、高等植物において葉や花を支える部分である。内部には根から吸収した水分や栄養素(ミネラルなど)を植物体の各所へ運び、葉で合成されたものを光合成できない部分へ運ぶためのしくみが備わっている。, 茎は、高等植物においてはやや細長い棒状の構造で、内部に物質輸送を行う維管束を備える。方向性があって、両方向の先端に分裂組織があるが、上方向へは茎と葉を作り、下方向へは根を作る。茎の地下部は次第に根に移行する。, 茎という呼び名は主に草本に対して使われ、木本の、木質化した茎はたいてい幹(みき)と呼ばれる。通常、腹背性はない。, 茎は、葉や花を支える器官というふうにも見られるが、それ自身が植物の本体であるとも見ることができる。乾燥や水の不足などが生じた場合、花や葉を切り捨てる(落葉)ことによって茎の生存を確保しようとする。茎の周囲に葉や花が配置したものが植物の構造の上で単位になっていると考えられ、たとえば標本(押し葉標本)を作成する場合、この単位で採集することが要請される。, また、無性生殖において、新しい個体の形成を担うのは、匍匐茎であったり、根茎であったりと、茎の変形であることが多い。さらに言えば、葉や花(花の構成要素は葉起源)は、すべて茎の変形によって形成されたものと考えることもできる。, 表面を表皮に覆われ、内部には維管束が特定の形で配置する。木本では表面に樹皮が形成される。また、表面から一定の深さに分裂組織があり、肥大成長を行なう。, これらの配置は、分類群によって大きく異なる。大ざっぱには、裸子植物と双子葉植物がほぼ共通で、単子葉植物が独特。シダ植物では、いくつかの特殊な構成のものが知られる。, 茎の構成としては、2つの考え方がある。一つは表面を表皮が覆い、内部に維管束が配置し、そのまわりを基本組織が埋めるとするもの、もう一つは、表面部分を皮層、その内部の維管束の配置した部分を中心柱と見なす。単独に維管束などの配置形式の意味で中心柱を使う場合もある。, 茎は、茎頂が細胞分裂することにより伸長生長し、その伸長に応じて新葉を求頂的順序で展開する。母茎の葉腋にある腋芽が伸長してできたものは側枝となる。肥大生長は、形成層の細胞分裂による。, 若い緑色の茎は表皮で呼吸や光合成を行う。植物の種によっては茎に光合成産物を貯蔵することもある。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=茎&oldid=75828521.